Logo
menu
食費の節約のポイント8つ|一人暮らし/二人暮らし/四人暮らし
更新日:2020年08月28日

食費は生活する上で必ず必要になる支出です。そのため、節約することは難しいと考えている人もいますが、節約の方法次第では、思っていた以上に節約できる場合もあります。ここでは、食費を節約する方法を詳しく紹介しているので参考にしてください。

食費の節約のポイント8つ|一人暮らし/二人暮らし/四人暮らし

節約とは

節約とは、無駄な出費をはぶくことです。無駄な出費の額は節約する対象によって異なりますが、少額な場合が多いです。しかし、継続して節約することで大きな金額になります。節約して得たお金は自分へのご褒美として使ったり、貯金することができます。

上手く節約し継続していくためには、無駄な出費を見つけることから始め、ストレスを感じないようにすることが大切です。

エンゲル係数

エンゲル係数とは、家庭の支出の中の食費の割合のことです。一般的にエンゲル係数の数値が高いと生活水準が低いです。その理由は、食費以外に対する支出が少ないため、生活するだけで精一杯の場合が多いからです。

また、エンゲル係数を左右する食費は節約しやすい支出でもあるため、まず食費を節約しようと考える場合が多いです。節約を成功させるためには、エンゲル係数を指標として行うことをします。
関連
食費の節約のポイント8つ|一人暮らし/二人暮らし/四人暮らし
家族構成で見る食費の平均値|食費の節約の工夫5選 - cutee

食費の節約の8つのポイント

食費は節約しやすい支出であります。食費は毎日必要になる費用ですが、努力次第では支出を切り詰めることも可能です。食費を継続的に節約することができれば、生活に余裕を持つことができます。

普段から安い食材を購入しているため、食費の節約はできていると思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、効率よく節約できていない場合もあるため、次に紹介する節約のポイントを参考にしてください。

ポイント1:食費の節約を楽しむ

食費を節約する前に節約することを楽しむ必要があります。節約は楽しく行わないとストレスが溜まってしまい、途中で挫折してしまう可能性が高まります。肩の力を抜き気持ちに余裕を持って行うようにしましょう。

食費の節約を楽しむには、食事の質や量を下げないことが大切です。いままでと同じ料理で節約することが理想的なため、極端に料理内容を変えないようにしましょう。

ポイント2:自炊する

食費を節約するためには、まず自炊することをします。外食やできあがった料理ではどうしても食費が嵩んでしまういます。そのため、外食する回数を減らし、できるだけ自炊することをします。

自炊することは手間がかかってしまいますが、それだけ食費を節約することができます。3食外食する場合と自炊する場合を比較すると、食費に2倍以上の差がつくことも珍しくありません。
関連
食費の節約のポイント8つ|一人暮らし/二人暮らし/四人暮らし
一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選 - cutee

ポイント3:お弁当を作る

学校や通勤先で外食やコンビニで購入したお弁当を食べている人も多いのではないでしょうか。外食したりコンビニで購入するとどうしても食費が多くなってしまいます。お弁当を用意していない場合は、お弁当を作ることで食費を軽減することができます。

お弁当を作ることは手間と考えてしまう事もありますが、前日の夜にある程度準備をしておくことで忙しい朝でもお弁当を作ることができます。栄養バランスも取りやすく、健康的な食事も取れます。

ポイント4:まとめ買いする

食材は、まとめ買いしたほうが割安になることが多いです。そのため、頻繁に購入していた食材をまとめ買いすることがです。また、こまめに買いに行くより一度にまとめて購入すれば、交通費を節約することも可能です。

しかし、まとめ買いをする場合は使い切る必要があります。割安だからといって使いきれずに腐らせてしまっては節約していることにはならないので、購入する量には気をつけましょう。

ポイント5:値引きに惑わされない

値引きされている食材を購入することは食費を節約するためには欠かせない方法ですが、値引きに惑わされないようにすることも大切です。値引きされている食材はどうしても魅力的に思えますが、必要でない食材まで購入してしまう事もあります。

その結果、必要でない食材まで購入してしまい、無駄な食費を増やしてしまう場合も少なくありません。一見得をした気分になりますが、買い方を間違えると損をしていることになります。

ポイント6:外食も楽しむ

先ほど外食を控え、自炊することで食費を節約できることを説明しましたが、たまには外食を楽しむようにしましょう。外食を合間に入れることで、食費節約に対するストレスを感じにくくします。外食する曜日を決めておくことで節約に対するモチベーションを維持することができます。

また、高級な外食を取ってしまうと節約した金額を全て使いはたしてしまう事もあるため、リーズナブルな値段で納まる外食をしましょう。

ポイント7:食材を使い回す

食材を使いまわすことで、食材を無駄にしなくてすむようになります。使いまわすことをしないと一度使用した食材を腐らせてしまう可能性があります。使いまわすためには、多くの料理方法を身に付ける必要があります。

無駄なく食材を使用することができれば、食費の節約につながります。さまざまな料理方法を学び、残った食材を使いまわすように心がけましょう

ポイント8:冷蔵庫の中身を把握する

冷蔵庫の中身を整理した時に、昔の食材が出てきた経験がある人も多くいるのではないでしょうか。そのような事になる原因は冷蔵庫の中身を把握していないからです。冷蔵庫の上の棚や奥は目が届かなく、しまっている食材を忘れてしまう可能性があります。

冷蔵庫に何が入っているかをメモするだけでも、食材を無駄なく使用することができます。食材を腐らせる行為は食費の無駄遣いになるため、気を付けましょう。

食費を節約できるレシピを学ぼう

食費節約に効果ありっ!!1週間使いっきり!献立

口コミ
どの本屋さんにも平積みしてあるので手に取りました。 裏をちょろっと見たら、大庭英子さんなどの料理家のお名前が載っていたし、購入。
食費を節約できるレシピを身に着けることで、日々の食費を削減することができます。いままで学んだレシピとは調理方法や食材が違うため、一から学ぶことをします。普段あまり使われない食材を使用していたり、捨ててしまっていた食材を活用するレシピが多く掲載されています。

数多くの節約レシピが掲載されているため、飽きない献立を毎日作ることができます。

家族の人数で違う食費の節約

家族の人数により食費を節約する方法が変わります。そのため、家族の人数によって節約する方法や考え方を見直す必要性があります。次に、家族の違い別に食費の節約方法を紹介するので参考にしてください。

一人暮らし

一人暮らしの食費は元々少ないですが、節約できる可能性はあります。一人暮らしだとできあがった料理や外食をとってしまいがちです。そのため、自炊をすることを心がけるだけで食費を大幅に食費を削減することが可能です。

また、大量に食材を購入してしまうと使用しきれずに腐らせてしまう可能性もあるため、一度で使いきれる食材を購入するように心がけましょう。

二人暮らし

二人暮らしの場合は、一人暮らしに比べて2倍の食費がかかってしまうと考えてしまいますが、節約の仕方によって、2倍以下にすることも可能です。二人用の量をまとめて調理することで、手間と食費を節約することができます。

そのため、別々の献立をたてるのではなく、同じ献立にすることをします。
関連
食費の節約のポイント8つ|一人暮らし/二人暮らし/四人暮らし
二人暮らしでかかる食費を抑えたい!すぐできる節約方法6つ - cutee

四人暮らし

四人暮らしの場合は、まとめて食材を購入することをします。また、割引される時間帯を把握して安く食材を購入することも大切です。上記でも紹介したように多すぎる食材をまとめ買いしてしまうと使いきれない場合もあるため、よく確認してから購入するようにしましょう。

割引された食材をまとめて購入するだけでも大幅に食費を削減することができます。また、お買い得の業務用の食材を購入することもです。

食費を節約しよう

食費を節約するだけで生活にゆとりを持つことができます。食費はこれ以上節約することはできないと考えている人もいますが、食費を無駄遣いしてしまっている場合が多いです。誰でも無駄な出費はなくしたいと考えているため、食費を一度見直してみてはいかがでしょうか。

食費を節約することができれば、趣味に使えるお金が増えたり、美味しい料理を食べることができるなど、好きに使えるお金が増えます。

食費の節約で金欠を乗り切ろう

食費を見直すだけでも大幅に支出を削減できる場合もあるため、金欠の状態を改善することができます。そのため、日々の生活に余裕がない場合は食費を節約できるか一度考えてみましょう。冷蔵庫で腐らせてしまっている食材がある場合は、節約できる見込みがあります。
関連
食費の節約のポイント8つ|一人暮らし/二人暮らし/四人暮らし
金欠を乗り切る方法8つ・金欠時のNG行動・金欠生活の見直し - cutee
関連
食費の節約のポイント8つ|一人暮らし/二人暮らし/四人暮らし
子供が大人になるまでにかかるお金・養育費/教育費10種 - cutee
初回公開日:2018年10月12日

記載されている内容は2018年10月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED