Logo
menu
お金の管理を上手にできる方法11選・管理する手法
更新日:2020年08月28日

収入を増やすことが厳しい今の時代、お金の管理を上手にできる方法を見に付けて貯金を増やせば、収入が増えたのと同じ効果が得られます。お金の管理が苦手な人も、お金の管理を上手にできる方法や、お金の管理する手法をご紹介します。

お金の管理を上手にできる方法11選・管理する手法

お金の管理が苦手な人の特徴

お金の管理が上手になりたいと感じている人は多いのではないでしょうか。

今の時代、収入を増やすことはなかなか厳しいけれど、お金の管理を上手にできる方法を見に付けて貯金を増やせば、収入が増えたのと同じ効果が得られます。

そのためにはまず、自分の習慣を見直すことが必要です。お金の管理が苦手な人の特徴は、「計画性がない」「面倒くさがり」「自制心がない」などです。

あなたにあてはまる特徴はありませんか。

計画性がない

お金の管理を上手にするためには、「お金を使う」「お金を貯める」の両方に対して計画性が必要です。

思い付きで洋服を買って家に帰ったら、同じようなアイテムが既に家にあった、あまりお金を使ったつもりはないのに、いつのまにか月末に厳しくなっている、これらはお金を使う計画性がないと言えます。

お金を貯めるときに、ざっとでも良いので計画が必要で、計画がなければ貯めるのは難しいでしょう。

面倒くさがり

お金を袋ごとに管理するとか、毎月余ったお金を別の銀行に預けるとか、面倒くさくて無理、と言う人はお金の管理が苦手でしょう。

しかし、面倒くさがりの人がお金の管理が一切できないという事ではありません。面倒くさがりの人でもやれる方法でお金を管理すれば良いです。

そのためのコツは、「できるやり方で良いので、やってみることを面倒くさがらない」ということです。
関連
お金の管理を上手にできる方法11選・管理する手法
LINEがめんどくさいと思う場面10・面倒なLINEの対処法 - cutee

自制心がない

欲しいものを見つけるとつい衝動買いをしてしまう自制心のないタイプの人も、お金の管理が苦手な人でしょう。

ストレスが溜まってしまうとだれでも自制心が無くなる傾向があるので、休息をとったり、スポーツをしたり、好きな音楽を聴くなどでストレスを軽減しましょう。

買う前に、「それは本当に必要な物か」を常に考える習慣をつけることも衝動買いを抑える効果があります。

お金の管理を上手にできる方法11選

お金の管理が苦手な人の特徴3つ全部あてはまったという人も、あきらめる必要はありません。

お金の管理の専門家になるわけではないので、お金の管理が今より上手になる方法を実践すれば、それだけで貯金の上手な人になれます。

お金の管理を上手にできる方法11選をご紹介します。全てを一度に実行する必要はないので、自分がやりやすいものから実践してみましょう。

1:複数の銀行口座もうまく利用する

お金の管理が上手になる方法の1つに、銀行口座の使い分けがあります。一番単純な口座別お金の管理方法は、使う口座と貯める口座を分けることです。

面倒くさがり屋でない人は、給与振り込みの銀行口座から、口座引き落としや家計に必要な分を残して、貯金専用の口座に毎月お金を預け替えましょう。貯金の目標額を月初めに貯金用の口座に入金するのでも良いです。

面倒くさがり屋の人は、まずは少額から、積み立て貯金をしましょう。

2:計画性を持ってお金を使う

計画性を持ってお金を使う第一歩は、固定費を確認することです。

保険代、家賃、スマートフォンの基本料金、通勤費など、毎月絶対必要な費用を確認して、毎月の収入から引いてみましょう。また、光熱費や基本料金以外のスマートフォン料金など、金額は固定ではないけれど、毎月必ず出費する費用の目安も引き算します。

ある程度自由になるお金を把握し、そこから貯金やレジャー費などを割り当てることで、計画的にお金を使えます。

3:お金の使い道をハッキリ決めておく

ボーナスなどの臨時収入や、お金に余裕が出るとつい使ってしまう人は、項目別の使い道をはっきり決めておきましょう。

例えば家賃など、毎月定額で支払いが必要な分を合計して、別の銀行口座に移しておくのもいいでしょう。また、洋服代に使ってしまう人は、毎月いくらまでと枠を決めて、その額を超えたら、購入を来月にするというやりかたも良いでしょう。

使い道をはっきり決めることで、上手にお金を管理できます。

4:欲しいものを出来るだけ安くで手に入れる

今はメルカリやアマゾンの中古本やネットオークションなど、欲しいものを安く手に入れる方法が色々あるので、上手に利用しましょう。

ただし、これらはつい衝動買いしやすいように作られているので、毎月いくらまで洋服代に使うというように、購入金額枠を決めておく方がよいでしょう。

買う前に本当に必要かどうか確認することも必要です。

5:常にポイントを貯めておく

ポイントを上手に管理すれば、ポイント交換によってお金の節約につながり、お金の上手な管理と同じことになります。

ポイントを貯めるときに重視するポイントは以下の点です。
・有効期限があるかどうか
・必要なものの交換や割引に使えるほど貯まるか
・還元率がよいかどうか

有効期限までに商品や割引に使えるほどポイントが貯まらなければ、見直しましょう。自分のライフスタイルから、使えるポイントに集中して常に貯めましょう。

6:自炊で食費を浮かしている

たとえ一人暮らしでも、常に外食したりお弁当を買っていれば食費は高くついてしまいます。

例えば親子どんぶりの場合、お弁当と手づくりで同じ値段になったとしても、具材の多さや添加物の量には違いがあります。たまには外食やお弁当もいいですが、工夫して自炊する方が、結局安上がりで栄養面でも良くなります。

ご飯は多めに炊いて、ラップに巻いて冷凍するなどの工夫をし、レンジでチンだけでパックご飯を買わなくて済みます。
関連
お金の管理を上手にできる方法11選・管理する手法
食費の節約のポイント8つ|一人暮らし/二人暮らし/四人暮らし - cutee

7:家計簿やアプリを駆使する

面倒くさがりの人は、まず1か月だけ家計簿やアプリの家計簿をつけてみましょう。何にどれだけ使っているか知ることは大切です。

1か月家計簿をつけるのも無理な人は、1か月レシートを貯めておき、食費や雑費などの項目別に分け、カード請求と口座引き落としを合わせて、どの項目にどれだけ使っているか把握しましょう。

家計簿やアプリを利用し、自分のお金の使い方を把握することがお金の管理の第一歩です。

8:お弁当や水筒を持参する

お弁当や水筒の持参は、お金の管理にとても有効です。

面倒くさがりの人は、まずマイ水筒を持参しましょう。ピッチャーにパックの麦茶と水を入れ、冷蔵庫に入れるだけで麦茶ができます。それを水筒に入れて持っていくだけです。ただし傷むのが早いので、新しく作ったものを持参しましょう。

ペットボトルドリンクはスポーツ飲料が必要な時などのみにしてお茶は持参すれば、ずいぶん節約になります。

9:節約術を常に考えておく

節約術は色々な方法があります。他の人に合ったやり方でも、自分に合うとは限らないので、常に節約術を考えて、試してみましょう。

生命保険や自動車保険を見直す、光熱費を節約する、食費を工夫するなど、節約術には多くの方法があふれています。

節約術を考えてやってみて、自分にあわなければやめてよいです。その代わりまた別のやり方を試してみましょう。

10:クレジットカードは極力使わない

クレジットカードはお金の管理としては賛否両論でしょう。請求明細により出費を把握できる、ポイントが貯まり節約になるなど使いこなせる人にとってはメリットも多くあります。

しかし、クレジットカードは使ってから請求までのタイムラグがあり、通帳に残高があると気が大きくなって使いすぎる人には向いていません。

クレジットカードだとお金を使っている自覚がなく、使いすぎるという人はカードを極力使わないようにしましょう。

11:食費を見直してまとめ買いをする

お金の管理を上手にする1つとして、食材のまとめ買いはとても有効です。

日替わり特価品を買いに行って、つい無駄なものを買ってしまうように、人間の心理として、買い物に行けばそれほど必要でないものも買ってしまうからです。

食費を見直し、毎日していた買い物を2日に1回に減らすだけでも節約になります。食材リストを作り、買い物を計画的にまとめて、できるだけリストの物以外買わないようにしてみましょう。

ほめられて育つタイプのあなたに家計簿

「家計簿をつけてもぜんぜん続かない」、「挫折するたびだめな人と言われているようでつらくなる」というあなたに家計簿です。そもそも完璧な家計簿なんてつけられる人はごく一部の人です。

本書は書き込み式のシートで家計を管理できるようになっているので気軽に続けられます。アドラー心理学に基づき、著者に励まされているような感覚の本なので、自分にも家計簿がつけられると自信が湧いてくる本です。

お金の管理する手法3つ

お金には色がついていません。つまり、使う目的が決まっていません。お金を管理する手法の根源はお金に色を付ける、つまり使う目的をはっきりさせることです。

お金を管理する手法を3つご紹介します。まずはできるものからやってみましょう。

1:家計簿をつける

完璧な家計簿である必要はありません。簡単な家計簿で良いので日々記録し、項目別の出費を把握しましょう。まずはどんな事にお金を使っているのかを自覚することがお金の管理の第一歩です。
関連
お金の管理を上手にできる方法11選・管理する手法
3日坊主は卒業!づんの家計簿で無理なく楽しく貯める方法とは? - cutee

2:袋ごとに管理する

大まかな項目別出費を把握したら、それぞれの項目ごとに袋を作り、必要なお金を分ける方法です。項目毎の封筒も販売されていますので、利用した方がやる気が出る人は使ってみると良いでしょう。

王道的なやり方ですが向き不向きがあるので、やってみて合わなければ他の方法を試した方がよいでしょう。

3:銀行を分けて管理する

給与振込の銀行と貯金用の銀行を分けるのが一般的です。また、家族旅行の資金を捻出するため毎月定額を別の銀行に貯金する、将来の教育費を別の銀行に貯金するなど色々な管理方法があります。

毎月の固定費を別の銀行に確保しておく、というやり方もあります。袋ごとの管理よりも手間がかからないので、面倒くさがりの人にも実践しやすいでしょう。積立貯金として、同じ銀行の中で別枠でお金を確保する方法もあります。

上手にお金を管理する方法を身に付けて貯金しよう

お金を上手に管理する方法を色々ご紹介してきました。お金の管理方法を身に付けるには、まずはやってみることです。やってみて自分に合わなかったら合うようにアレンジするなど、どんどん別の方法を試してみましょう。

お金を管理する方法を実践することでお金の管理がどんどん上手になります。

お金に関する対策・問題にはしっかり向き合おう

人生お金がすべてではありません。しかし、お金に関する対策や問題の解決はしっかりとしておきましょう。

医療費などお金が必要になった時に困ったり、やりたいことが出てきたときにお金がないとできないこともあります。

今はお金の管理が上手でない人も、家計簿をつけて自分の出費を意識したりお金の管理方法を知ることで、自然と貯金が増えお金の管理も上手になります。
お金のおすすめの管理方法
同棲に必要なお金の平均金額
初回公開日:2018年08月16日

記載されている内容は2018年08月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED