Logo
menu
似顔絵を上手に描く14のコツ|似顔絵が似ない原因とポイント
更新日:2020年08月28日

他人に喜ばれる似顔絵を描くスキルは、持っておくと意外と便利と言われています。最初は上手に描く事さえ難しいですが、コツを掴めば絵が得意でなくても特徴を掴んだ味のある似顔絵を描く事が可能です。今回は似顔絵の上手な描き方とそのコツについて学んでいきましょう。

似顔絵を上手に描く14のコツ|似顔絵が似ない原因とポイント

似顔絵が似ない原因

街中やイベントの際によく見かける似顔絵師の方を見ていると、特徴を良く掴んだ上手な絵を描いているのがわかるでしょう。しかし自分も似顔絵師のように似顔絵をかいても、中々上手には描けません。

似顔絵には経験や再現力に差がある事で上手下手が別れると思われがちですが、コツを掴めば絵が下手でも上手に似顔絵を描く事ができます。まずは似顔絵が似ない原因について探っていきましょう。

原因1:パーツの形が違う

人間の顔は、目・口・鼻などの複数のパーツでできています。上手な方はそのパーツの特徴を掴み、紙やデジタルで再現する事ができるでしょう。しかし似顔絵が得意でない方は、パーツを捉えるのが苦手な傾向にあると言えるでしょう。

特に目・鼻の目立つパーツは似顔絵の重要なポイントです。構造がとても複雑で特徴を捉えづらい事もあるせいか、似顔絵が不得意な方はパーツの形を本来の形になぞらえずに描いてします事があります。
関連
似顔絵を上手に描く14のコツ|似顔絵が似ない原因とポイント
顔のバランスを整えて美人顔になろう!顔バランスの整え方4選 - モテ女に関する情報ならCutee

原因2:パーツのバランスが悪い

パーツ同士のバランスは、似顔絵を描く上でも特に重要なポイントと言えるでしょう。パーツの位置が本来の位置に近似していると、パーツの形が少し違っていても似ているように見える事も少なくありません。パーツ同士の比率や距離感・輪郭からみた配置などを意識しない似顔絵は、やはり上手な描き方でも似ていない似顔絵に仕上がる事もあり得ます。

原因3:特徴を再現できていない

千差万別の人の顔には、一人ずつ特徴が存在します。鼻が高い・目がクリクリとしている・彫りが深いなどの特徴がある顔を表現できれば、プロのような完成度の高い似顔絵を描く事ができるでしょう。

それとは反対に、特徴を再現できない似顔絵は、他人から見て誰を描いたのかわかりにくい作品になりがちです。目・鼻・口が輪郭の中にあると言う浅い観察では、誰から見てもわかる似顔絵を描く事はできないでしょう。

似顔絵を上手に描く14のコツ

ここからは実際に、似顔絵を上手に描くコツを具体的に紹介していきます。絵が上手ではない人・苦手な人でも、コツさえ掴めば味のある似顔絵を描く事が可能です。また、絵は得意だけど自分の絵で他人を表現できないと言う方も、自分の絵柄を人の顔に近づけていけるようコツを応用する方法を学んでいきましょう。

コツ1:目立つパーツを探す

モデルとなる人を一番特徴づけるのは、その人の目立つパーツです。印象深いと感じるパーツをメインにしてその人の顔を描いていくと、特徴を捉えた良い似顔絵になるでしょう。

先程も紹介したように、目や鼻などの顔の中でも特に目立つパーツは似顔絵を特徴づける材料として大変重宝されます。また輪郭や髪型も、その人を表す際に重要となるでしょう。目鼻口を捉えるのが難しいと言う方は、まずは髪型だけも挑戦してみてください。

コツ2:デフォルメする

絵があまり得意でない方は、リアルに描こうとするあまりその意気込みがから回ってしまう事も少なくありません。絵が得意でない・苦手だと感じている方には、モデルの顔をデフォルメして描く方法をします。

顔の簡略化が難しいと言う方は、目を細めて視界をぼやけた状態にしてから相手を観察し、書いてみてください。肌の皺やパーツの細部などの細かな情報を削ぎ落し、大まかな情報を頼りに似顔絵を描いていきましょう。

コツ3:バランスをチェックする

似顔絵を描くのに重要なパーツのバランスは、逐一チェックしながら仕上げていくと失敗がなく描く事ができます。一度描いて遠くから見るを繰り返しながら、描いていきましょう。

またパーツを一つずつ丁寧に描いていくと、失敗した時に消さなければならないショックでモチベーションを下げる事に繋がります。まずはパーツの位置を決める、次に大まかな大きさと形を決める、最後に描き込むなどして各パーツ同時進行を目指しましょう。

コツ4:性格を表現する

似顔絵は大抵、笑顔を浮かべている様子が描かれます。しかし、普段あまり笑わない方を笑顔の似顔絵にすると、印象の無さから似てないと感じられる事も少なくありません。

雰囲気から似顔絵を似せていくコツは、普段の性格や顔つきを似顔絵に反映させる事です。表情の動きを普段のものに近づけると、その人らしい特徴のある似顔絵になるでしょう。
関連
似顔絵を上手に描く14のコツ|似顔絵が似ない原因とポイント
性格を表す顔6選・性格と顔のメカニズム・顔と性格に関する名言 - 性格・タイプを調べるならCutee

コツ5:万人受けする描き方をする

描く人のタッチは人それぞれなので、似顔絵には描き手の画風が大きく反映されます。中には劇画調のタッチやグロテスクな描き方を好む方もいらっしゃるでしょう。

しかし、似顔絵の大前提はモデルが喜ぶ描き方をする事です。万人受けしないようなタッチの似顔絵は、たとえ似ていても喜ばれない事があります。喜ばれる似顔絵に仕上げたいなら、万人受けする事を意識するのがコツでしょう。

コツ6:描く前によく観察する

似顔絵を描く前のコツは、相手をよく観察して特徴やポイントを敏感に捉える事です。プロの方でも、デッサンなどをする前には必ずモデルを観察し、特徴や雰囲気・陰影・果ては面の隆起などを観察しています。

プロではない一般の方ならさらに、観察の段階は重要になると言えるでしょう。短くても10分以上は観察し、描き始めてみてください。

コツ7:特徴や描く事を先に書き出す

先ほど紹介したコツに付け加えて、似顔絵を描く前に行えるコツについて紹介していきます。観察する際に実践すべきなのが、捉えた特徴などを書き出す事です。

特徴などを書き出す事によって気を付けるべきポイントが可視化される上に、描く際に自分の中で整理がつけやすくなるので描きやすさも向上するでしょう。行き詰った時にも確認できるので、描けない事によるストレスの抑制にもつながります。

コツ8:定規などでパーツの位置を測る

似顔絵初心者の方は、パーツの位置を決める際にフリーハンドで行うと、上手にパーツを決める事が難しいと推察されます。プロの方でもフリーハンドが難しいと言う意見があるので、初めて描く方ならなおさらでしょう。

パーツの位置を上手に決めるコツは、定規などの計測できるもので測ってから描き込む事です。写真などでモデルのパーツの比率や距離を測り、紙などに描き表す事で、パーツの狂いが少ない似顔絵に仕上がります。

コツ9:デフォルメの場合は描き込みすぎない

初心者にも描きやすいデフォルメで似顔絵を描く際のコツは、線や特徴を描き込みすぎない事です。簡略化して描くのがデフォルメの醍醐味なので、このコツには理解も多いと推察されます。

特に初心者や経験が浅い方が陥りやすいのが、線を多く描き込んでしまう事です。一見プロのようでかっこいいですが、清書する際に線が定まらないなどのトラブルになるので、デフォルメの際は控えるようにしましょう。

コツ10:自分の中でパターンを作る

ある程度絵が描けて似顔絵を描く機会も多い方は、パーツごとにパターンを作っていく事をします。大きい鼻の描き方・二重の目の描き方などのように、パーツのデザインを選択していく方法で描くと良いでしょう。

コツは、多くのレパートリーを持ち過ぎない事です。大まかな母体となるパーツのデザインを作り、それに付け加えて個々の特徴を真似ていくように描くと良いでしょう。

コツ11:服装や格好で雰囲気を作る

どうしても似顔絵が上手に描けない・上達しないと言う場合は、服装や雰囲気でごまかすと言うコツがあります。顔以外のパーツは比較的真似やすく、描きやすいので、もっと似ている似顔絵を描きたいと言う方にもです。持ち物やポーズ・恰好はコツを掴めば簡単に描く事ができるので、顔が苦手だと言う方は他の部分で補う事も視野に入れましょう。

コツ12:特徴を誇張する

パーツの大きさは、性格であればあるほど本人に似てきます。しかしユーモアにあふれた似顔絵を目指すのであれば、特徴を誇張するのも魅力的な似顔絵を目指すコツとなるでしょう。

特にデフォルメした似顔絵は、この方法が有効に働きます。しかし、本人がコンプレックスとしている所を強調してしまうと不快感を感じる似顔絵になってしまうので、気を付けてください。

コツ13:得意な顔の角度を見つける

上手に気持ちよく似顔絵を描くためには、モデルをどの角度から描いていくのかも重要なポイントになります。スムーズに描いていくコツは、自分が最も得意とする角度から描いていく方法です。

特に人間が顔を描く上で得意とする角度は、正面~相手の左半分が正面に来る角度です。顔写真を真似せず似顔絵を描いていかなければならない場合は、上記を参考にしてみてください。

コツ14:自分が使った事のある画材を使う

似顔絵は普通の絵と違い、モデルが存在しているので気を付けるべきポイントがたくさんあります。そのため使いにくい画材を使うと、ポイントをしっかりと抑えて描く事ができないなどのトラブルにも繋がりかねません。

似顔絵に使用する画材はなるべく扱いやすいもの・扱ったことがあるものに限定し、描けない事によるストレスやトラブルを避けましょう。色鉛筆や水彩・アクリル絵の具などは初心者でも比較的扱いやすいです。

似顔絵を上手に描きたい方へ

トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色 CB-NQ36C

口コミ
今年の年賀はがきも自作でした。その際この色鉛筆は非常に役立ちました
似顔絵で描く際に重要となるのは、画材選びです。扱い方が手軽で慣れているものの方が、似顔絵を描く際には向いています。

比較的扱いが簡単で、重ね塗りも可能な色鉛筆は、初心者~プロの方までできる画材です。こちらの色鉛筆は色が36色もあり、比較的塗り心地は薄めなので、慎重に塗りたいと言う方にもします。

似顔絵を描くときのポイント

似顔絵を描く時には、どのように描き進めるか・パーツの位置や形・いかにバランスなどを正確にするかがコツです。しかし、それだけが似顔絵の重要なコツではありません。

正確性や描き方の他にも、似顔絵を描く際に必要となってくるポイントがいくつかあります。ここからは、似顔絵を描く時のポイントについて紹介していきます。

ポイント1:相手が喜ぶ絵を描く

似顔絵を描く理由の多くは、モデルにプレゼントするためなのではないでしょうか。描かせてもらった相手へのプレゼントとして贈るのであれば、相手が喜ぶ似顔絵を描いた方が相手に対しても失礼でないでしょう。

相手が好んでいる絵柄を採用する、笑顔の絵を一生懸命描くなどして、相手が喜ぶ似顔絵を描いてあげてください。明るい色合いやタッチを目指すのがコツです。

ポイント2:相手の気持ちになって考える

似顔絵を描く際は、相手の気持ちになって考えるのもコツの一つです。相手が自分の似顔絵に対してどのような期待をしているのかを汲み取り、絵にしていきましょう。

相手が望むものに反して自己満足で描いた絵を押し付けると、相手が不快に感じる事も少なくありません。自分の気持ちを押し付けた似顔絵を描くのではなく、相手の気持ちになって描き進めていきましょう。

ポイント3:前向きな似顔絵を心がける

著名な漫画家さんや似顔絵師さんの方の中には、独特な絵柄でモデルを表現する方もいらっしゃるでしょう。そのような方々は自分の絵柄を売りにしているので個性的な絵柄でも喜ばれますが、素人の方が後ろ向きで個性に溢れた絵を描くと、モデルに失礼になる事もありえます。

素人の方が良い似顔絵を描くコツは、前向きな印象を目指して描く事です。ホラーチックな絵よりも、誰からも好かれる明るい絵を描く事をします。

ポイント4:クオリティにこだわりすぎない

絵の上手な方が陥りやすいのは、クオリティにこだわりすぎて似ていない似顔絵に仕上がってしまう事です。自分の絵柄に自信があるからこそ、「似顔絵」と言う意識が薄くなってしまうのでしょう。

絵の上手な方はまず、自分の絵柄を捨てる覚悟を持ってください。似顔絵はクオリティにこだわらずとも、良い作品をつくる事ができます。無駄な自信で似ていない絵を描くよりも、一つクオリティを落として似ている似顔絵を描きましょう。

ポイント5:たくさん練習する

絵の上手な方・下手な方関係なく、良い似顔絵を描くために練習をする事はとても大切な努力の一つです。味があり、魅力のある絵を描くためには、隠れた努力をする事も大切と言えるでしょう。

何度も描く・パターンを作る・よく観察する癖をつけるなどして、練習を繰り返してください。似顔絵は一長一短で上手になるものではないので、根気強い練習で自分のレベルを上げていきましょう。プロの絵を解析するのも、上達方法の一つです。
関連
似顔絵を上手に描く14のコツ|似顔絵が似ない原因とポイント
ボールペン画を描くコツ3つ・上級者技法/おすすめボールペン - 趣味に関する情報ならCutee

最初から上手に描くのは難しい

今回は似顔絵の描き方や似顔絵を描くコツ・ポイントなどについて紹介していきました。自分でも実践できそうなコツやポイントは見つかりましたか。

似顔絵は持っておくと喜ばれるスキルの一つです。人間関係が向上したり、プレゼントの選択増えたり、仕事をもらえたりなどのメリットもあります。最初から上手に描くのは難しいですが、コツやポイントなどを活かせば、誰からも喜ばれる魅力のある似顔絵が描けるようになるでしょう。

プロの絵を見て練習してみよう

何度も似顔絵を描いたり練習したりするのは良い事ですが、自分一人の力で上達するのはやはり難しいものがあります。先程も紹介したように、他人の絵やプロの絵を見て参考にするのが効率の良い上達方法です。

おしゃれな絵だけでなくさまざまな絵を見て、真似していくと、自然に絵の描き方が分かってくるでしょう。下記のサイトなどを参考にして、プロの人の絵を学んでみてください。
関連
似顔絵を上手に描く14のコツ|似顔絵が似ない原因とポイント
おしゃれイラストが載っているサイト7選・イラストレーター6選 - cutee
関連
似顔絵を上手に描く14のコツ|似顔絵が似ない原因とポイント
ファッションイラストのサイト5選|人気のイラストレーター3人 - cutee
初回公開日:2018年11月07日

記載されている内容は2018年11月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED