Logo
menu
感情的にならないための方法5つ|感情的になった場合の対処
更新日:2020年08月28日

「ついつい気持ちが高ぶってしまう」「感情がうまくコントロールできない」など、感情的になってしまう自分を変えたいという人は少なくないでしょう。この記事では、感情的にならないための方法と、感情的になってしまった場合の対処法を解説しています。

感情的にならないための方法5つ|感情的になった場合の対処

感情的な人とは

感情的な人は、喜怒哀楽の表現がとても豊かです。そのため、感情的になっている時は大勢の中にいてもとても目立ってしまいます。そんな自分に嫌気がさし「感情的にならないようにしたい」と考えている人も多いでしょう。

この記事では、感情的にならないための方法5つと、感情的になった場合の対処法3つを紹介します。「感情的で困っている」という人は、この記事を通して改善する方法を見つけましょう。

元来の性格や育った環境が原因

人が感情的になってしまうのには、元々の性格や育った環境が関係しています。

元々感情に対して忠実で、感じた気持ちそのままを表現する性格である場合や、親が感情豊かなタイプでその様子を小さい頃から見て育ち、それが無意識のうちに自分に根付いている場合があるでしょう。
関連
感情的にならないための方法5つ|感情的になった場合の対処
育ちが悪い人の特徴9こ/育ちが良い人との違い・改善方法 - 悩み・不安に関する情報ならCutee

感情的にならないための方法5つ

感情的にならない方法が気になり、知りたいと感じる人も多いでしょう。ここからは、感情的にならない方法を解説します。

感情的になる場面はさまざまです。みなさんも「感情的になっている」あるいは「感情的になりかけている」と感じたらぜひ実践してみましょう。

まずは出来ることから始める

感情的にならないためには、無理をしないのが大事です。始めから意気込んで途中で挫折するより、少しずつコツコツとこなしていきましょう。

また、全部一気にやろうと思わないことです。あれもこれもやろうとすると全てが中途半端になってしまう可能性もあるので、まずはできることから始めてみましょう。あくまでも無茶をしないようにするのが鉄則です。

方法1:口を開く前に深呼吸

「言葉が出そうだな」と感じたら一旦深呼吸をすることです。深呼吸には、気持ちを落ち着かせる効果が期待できます。

また、感情的にならないために普段から深呼吸を取り入れるのも効果的です。深呼吸を癖にすることで常日頃から落ち着きのある精神を保て、いざ感情的になりそうという瞬間にも自然と深呼吸が出てくるでしょう。

方法2:焦らない

感情的にならないためには、焦る気持ちを抑えることです。早まるといいことはありませんので、まずはできるだけ落ち着く努力をしましょう。

焦ってしまうのは自分自身にプレッシャーをかけている状態です。意識を違うところに向かせるようにわざと違うことを考えたり、気分転換をしたりするとよいでしょう。

方法3:すぐに決めない

感情的にならないためには、即決しないように心がけましょう。生じた感情に対しての結論をすぐに決めてしまうと、その答えで頭がいっぱいになってしまいます。また、自分の感情に対していちいち結論を出す必要もありません。

方法4:他人に振り回されない

感情的にならないためには、何を言われても動じない強い自分を作り上げることです。これができれば、他人に振り回されることがなくなります。

強い自分を作り上げるというのは、自分を確立するということです。そのためには自分との対話が必要です。納得するまで自分と向き合いましょう。

方法5:虚勢を張らない

感情的にならないためには、ありのままでいることが大事です。勢いに任せて大げさなことを言うなど、虚勢を張っても得をしません。むしろ後で自分を苦しめる事にもなりかねません。

自然体でいるためには、自分に自信をつけることです。ありのままの自分に自信が持てれば、虚勢も必要なくなり、ナチュラルな自分でいられるでしょう。

感情的にならない予防策

何事においても対策が肝心です。ここからは、感情的にならないための予防策を紹介します。事前に予防策を知っておくことで、感情的な言動をセーブすることができるでしょう。

味方を作っておく

感情的にならないためには、支持してくれる仲間をあらかじめ作っておくことです。仲間はいざという時にはあなたをフォローしてくれるでしょう。

味方がいると思うと心強くなり、自分に自信が持てるようになります。また、自分を肯定してくれる味方がいることで安心して物事に取り組め、気持ちも安定します。味方の存在が感情的になるのを阻止してくれるでしょう。

一つ一つ解決していく

感情的にならないためには、溢れ出すまでマイナスな気持ちを溜めておかないことです。感情が爆発する前に、問題を一つ一つ解決していきましょう。

気持ちを少しづつ発散しておけば、感情的な言動の予防につながります。

好きなことを作っておく

感情的にならないためには、好きなことを作っておくのも効果的です。好きなことの方に意識を向かせるということです。

人は好きなことをしたり、そのことを思い浮かべたりすることで、幸せな気持ちになります。心が穏やかになれば、感情の爆発も防げるでしょう。
関連
感情的にならないための方法5つ|感情的になった場合の対処
自分に合った趣味探し7つの方法・見つかる趣味一覧 - 趣味に関する情報ならCutee

違う角度からの解決方法を探そう

思い切って感情的にならない方法を占ってみるというのも解決手段の一つです。「ヴェルニ」は口コミで当たると評価されている電話占いです。豊富な占いの種類から、自分に合った占いを選ぶことができます。
電話占い(ヴェルニ)

感情的になった場合の対処法

ここからは、感情的になった場合の対処法を解説します。どんなに「感情的にならないようにしよう」と気をつけていても、人間なので感情的になってしまう時もあるでしょう。

感情的な言動をしてしまった時には、一体どうするのがよいのでしょうか。

対処法1:相手の言い分を聞き直す

相手が何を言っているのか、もう一度確認しましょう。気持ちが高ぶっているせいで、相手の言い分がよくわからなくなってしまっている場合もあります。

ずっと感情的になっていたら自分のことでいっぱいいっぱいで、冷静に考えることができません。相手の言い分を聞き直すことで、改めて相手が言っている内容について考えられます。

対処法2:自分の感情を正しく理解する

感情的にならないためには、一度冷静になり、自分の感情を正しく理解する必要があります。冷静になるためには、感情的になっている自分を一歩引いて俯瞰して見ることです。

高まっている気持ちに自分で冷水をかけるようなイメージを持つなど、普段から自分なりに冷静になれるようにイメージトレーニングをしておくのも大事です。
関連
感情的にならないための方法5つ|感情的になった場合の対処
感情を上手にコントロールする10の方法|得られるメリット5つ - ライフハック情報ならCutee

対処法3:一人になって落ち着く

感情的になってしまったら、強制的にその場から離れるとあらかじめ決めておくのもいいでしょう。一人になって落ち着けば、物事を客観的に見ることができます。

一人になって少し時間を置くことで、平常心を取り戻せ、それ以上に状況を悪くするのを防止できるでしょう。職場や家の中など、日常生活を送る空間であらかじめ一人になれそうな場所を探しておきましょう。

感情的にならない人は芯を持ってる

人間は感情を持っている生き物なので、感情的になってしまうのはある程度仕方のないことでしょう。感情的にならない人は、感情的になってしまった数々の経験から学び、左右されない強い心を作り上げた努力家とも言えます。

どうしても感情的になってしまうという人は、まずはこの記事で紹介した対処法を実践してみて下さい。少しずつ意識し、継続することで、徐々に感情的な言動が改善していくでしょう。

理想の自分に近づくヒントを探そう

みなさんは、理想の自分像をお持ちですか。「優しい人になりたい」「マイナスの感情を手放せる人になりたいけど、その方法がわからない」という人も多いでしょう。

理想の自分になるためには、どうすればいいのかリサーチし、実践することです。以下のリンクからそのヒントを探しましょう。
関連
感情的にならないための方法5つ|感情的になった場合の対処
怨みの感情の晴らし方3つ|怨みの感情のメリット2つ - cutee
関連
感情的にならないための方法5つ|感情的になった場合の対処
優しい人の特徴8コ・本当に優しい人の見分け方5コ・目指し方 - cutee
初回公開日:2018年10月15日

記載されている内容は2018年10月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED