Logo
menu
生きるのが辛いと感じたときにやるべきこと8つ|名言と本
更新日:2020年08月28日

生きることが辛いと感じたことが一度でもあるという人は、意外と多くいます。生きることが辛いと思う原因には、家庭や仕事、さまざまな人間関係など多くの悩みを抱え込んでいる人も少なくないでしょう。生きるのが辛いと感じたときにやるべきこと8つと名言・本をご紹介します。

生きるのが辛いと感じたときにやるべきこと8つ|名言と本

生きるのが辛い原因

人生を生きていく中で生きるのが辛いと思う瞬間が誰にでも訪れることがあるのではないでしょうか。そんなときに自分をどのようにコントロールしていくかでその後の人生の生き方が変わっていく人も多くいます。

生きることが辛いという気持ちに打ち勝つためにどのようなことを考えて行動すればいいのでしょうか。生きるのが辛いと感じたときにやるべきこと8つと名言、本をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

原因1「人間関係の悩み」

人生を送る中で人間関係は、重要で必要不可欠な関係といえるでしょう。日常生活は、家庭や仕事、友達など人間関係のコミュニケーションで成り立っています。さまざまな人間関係が悪化することで悩みを抱えてしまう人も多くいます。

自分ひとりでは、解決が難しい人間関係を考え込んでしまい自分を責めてしまう人も少なくありません。人間関係に思い悩むことで生きることが辛くなってしまう原因にもなります。

原因2「仕事の悩み」

社会人となり日常生活の大半を過ごす時間は、会社という人が多いのではないでしょうか。会社での仕事が上手くいかなかったり、失敗などをしてしまうと気持ちが落ち込むことが誰にでもある経験です。

仕事での悪い状態が続くことで仕事に自信を失い、仕事に対する意欲さえも無くなってしまう人もいます。仕事が思うように進まない悩みを抱えることで生きるのが辛いという感情が高まってしまうことがあります。

原因3「お金の悩み」

さまざまな家庭環境の中で働いても働いても手元にお金が残ることがない状態が続くことで精神的にも肉体的に疲れてしまいます。自分の他に養う家族などがいる場合は、責任感から将来を悲観して生きる力さえも失ってしまうこともあります。お金の悩みは、生活苦に直面するため生きることが辛いと感じてしまう人も多いでしょう。

原因4「孤独の悩み」

最近では、結婚にこだわらない男性や女性も増えてきています。自分なりの人生を楽しむスタイルを貫く人も多いでしょう。しかし、若いうちは、楽しく自由に人生を生きてきてもある程度の年齢を過ぎると孤独を感じでひとりで生きることが辛いという気持ちに変化する人も少なくありません。将来の孤独の想像して耐えられないという感情が生きることが辛い原因になります。

原因5「身体の悩み」

人間は、年齢を重ねることであたりまえに身体が老化します。若い頃に比べれば、体力なども年齢とともに劣っていくでしょう。高齢になるほど健康面に悩む人も多くなり、治療をして痛みを和らげることができても完治をすることが難しくなる場合も多くなります。自分の身体の不調や痛みなどに耐えることが困難で生きるのが辛いと感じてしまうことがあります。

生きるのが辛いと感じたときやるべきこと

人生で生きるのが辛いと感じてしまったときにどのようにしたら自分の気持ちを前向きに切り替えができるのでしょうか。生きることに少し疲れてしまったときにやるべきことをいくつかご紹介します。ぜひ、参考にして自分の気持ちを前向きにコントロールしてみてはいかがでしょうか。

その1「体と心を休ませる」

生きることが辛いと感じているときは、心身ともに疲れがピークに達していることを意味します。一旦、さまざまな物事を考えることをやめて、ゆっくりと体と心を休ませる時間が必要でしょう。思い切って体を休ませて心を解放することで気持ちに少しゆとりができます。生きるのことが辛いという気持ちも少しずつ前向きに変化するきっかけになるでしょう。

その2「好きなものを傍に置く」

生きることが辛いときには、「癒される」ということが気持ちを切り替えることに繋がります。自分を癒してくれる好きなものを傍に置くといいでしょう。何かに思い悩んでいても目に留まるところに好きなものを置くことで気持ちが癒されます。好きなものを見たり、触ったりすることで自分の不安が和らぎ安心する気持ちになります。

その3「部屋を綺麗にする」

沈んでいる気持ちを切り替えるには、部屋を綺麗にすることも有効的です。部屋をすっきりして綺麗に模様替えすることで新たな気持ちに変えていくきっかけになります。生きることが辛いという気持ちを簡単に切り替えることはできないでしょう。しかし、自分ができる身近な気分転換からしていくことが重要です。

その4「辛くなったきっかけを明確にする」

多くの悩みを抱え込んでしまって生きることに辛くなったきっかけを見失ってしまっている人も多くいます。なぜ、自分が生きることが辛くなってしまったのかという原因を明確にすることが大切でしょう。原因を明確することで悩みを軽減することができます。他のさまざな悩みと切り分けをして自分の考えや行動を整理し前向きな気持ちにコントロールできます。

その5「些細なことでも出来ることをする」

生きることが辛くなってしまっていることは、何事も頑張り過ぎている状況といえるでしょう。意識的に気持ちをゆったりと持って自分でできそうな些細なことからやってみることも大切です。何事も頑張ってしまうと息詰まってしまうことがあります。自分ができることが何か、自分がしたいと思うことは、何なのかを前向きに考えるチャンスでもあります。

その6「人との比較をやめる」

人生で家庭や仕事、友達関係などで悩むことも多くあるでしょう。しかし、さまざま面で悩んでしまうきっかけになる原因としてどうしても自分を人と比較してしまうことが挙げられます。人との比較をすることで自分に自信が無くなってしまうこともあります。人は人、自分は自分というように人との比較をしないことが大切です。

その7「音楽や映画で思い切り泣く」

生きるのが辛いと感じてしまうときは、好きな音楽や思いっきり笑える映画などを見るのもいいでしょう。音楽を聴いて気分転換をしたり、映画を見て笑ったりすることも気持ちの切り替えができます。また、思いっきり泣くことも自分の思い悩んでいるストレスを発散することができます。すっきりした気持ちになって前向きな考え方ができるでしょう。

その8「散歩など自然に触れる」

生きることが辛いなどのどん底に気持ちが沈んでしまった場合は、何も考えずに散歩に出て自然に触れる時間も大切でしょう。気持ちが落ち込んでいるときは、頭の中で物事を考え続けることしかできない状況で何を考えても解決することはありません。いつもと違う環境に身を置いて気持ちを落ち着かせてリフレッシュしてみましょう。

「癒されて笑える映画はこちら」

「デット」は、見た目がかわいいクマのぬいぐるみだけど中身は、ダメなおじさんというクマと8歳の少年ジョンとのお話です。誰にでも楽しめる映画でアメリカンコメディの代表作ともいえる作品です。ブラックジョークもあり、ユーモア満点で笑えるとです。ぜひ、沈んだ気持ちを癒したい人に映画です。

生きるのが辛い時に効く名言

生きることが辛いときにさまざまな名言を知ることで心が救われることも多くあるでしょう。シンガーソングライターの美輪明宏さんの「人生はロマン。自分は不幸だと悩むのではなく、試練を与えられた物語の主人公だと思えば、人生をエンジョイできる。」という名言があります。物事の見かたを変えてみたり、気持の切り替えをすることで心が前向きになります。

生きるのが辛い時に本

生きるのが辛いと感じたときに「あなたが生きづらいのは自己嫌悪のせいである。」を読んでみてはいかがでしょうか。生きづらさを感じてしまっているのはなぜなのか、どうしたらいいのかを考えるきっかけを与えてくれます。また、自己嫌悪についても深く考えさせられる本です。

なにか生きづらいあなたに手にとってほしい!他の著作もあわせて読みましょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RG1CO7SDNMJQ... |

生きるのが辛い時は誰にでも一度は訪れる

生きるのが辛いときは、誰にでも一度は訪れるといわれています。人生を送る中で多くの辛いことや悩みを抱え込むこともあるでしょう。悩みに打ち勝つには、自分の気持ちを上手にコントロールすることが重要です。また、何事も頑張り過ぎないこということも心がけることも大切でしょう。

小さなことでも目的を見つけてみよう

沈んだ気持ちを切り替えることができたら小さなことでも目的を見けてみるといいでしょう。「生きる目的がない・失った時の対策・本・見つけ方」や「生きていけない人の特徴と自信の付け方」をご紹介します。ぜひ、参考にして前向きに物事を考えてみましょう。
関連
生きるのが辛いと感じたときにやるべきこと8つ|名言と本
生きる目的がない・失った時の対策・おすすめの本・見つけ方-自分磨きならuranaru
関連
生きるのが辛いと感じたときにやるべきこと8つ|名言と本
生きていけない人の特徴と自信の付け方|社会/職場/彼氏/彼女-自分やみんなの性格を深く知るならuranaru
初回公開日:2018年08月19日

記載されている内容は2018年08月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED