Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月07日

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

今回は「おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ」と題して、「おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ」についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな「おしゃれな部屋を演出するコツ」についてご紹介します。

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

おしゃれな部屋とは

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

皆さんにとっておしゃれな部屋というのはどんな部屋でしょうか。おしゃれを表す基準は当然個別で違ってくるため、10人いれば10人とものオリジナリティによってその「おしゃれな部屋」の表現方法も違ってくるでしょう。

今回はこのような「おしゃれな部屋」の感覚を踏まえた上で、一般的に見られているおしゃれな部屋のコーディネートを幅広くご紹介していきます。おしゃれな部屋を作る差異のセンスを高めましょう。

インテリアにこだわりがある

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

まず「おしゃれな部屋」の質を高める際には、このような「インテリア・置き物・家財の置き方にこだわりがある」という点が大事になってきます。インテリアというのは基本的に「おしゃれな部屋」を表現するときのレイアウトにも通じる基本的な土台となるため、ぜひこの「レイアウトの方法」を把握しておきましょう。

あまり物を置かないレイアウトや、自分のお気に入りのインテリアを程よく置くことを心がけてみましょう。

カラーやテーマが統一されている

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

先述での「おしゃれな部屋を表す際のレイアウト・インテリアのコーディネート」から引き続きの内容となりますが、インテリア・レイアウトを表現する際に「統一カラーを作っておき、それを徹底してお部屋の模様を作る」という点も非常に重要なテーマになります。

基本的に「お部屋の色」というのは見た目にストレートな感覚を与えるとともに、その「おしゃれな部屋」を示す際の最も大きな影響力を持ち合わせることになります。

テーマ別に見るおしゃれな部屋25選

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

さて、先述では「おしゃれな部屋」を作る際の基本的な工夫や、一般的に見られるおしゃれな部屋を表現する場合のセンスなどについてご紹介しました。ここからは「テーマ別に見るおしゃれな部屋25選」と題して、それぞれのおしゃれな部屋を示す場合のテーマに焦点を当てていきます。

部屋の間取りやその部屋の印象に配慮する上で、この「統一感を示すテーマ」を先に決めておきましょう。

北欧風

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

まず「おしゃれな部屋」を表現する際に、どのようにすれば「北欧風のおしゃれな部屋」を上手く表現できるかについてご紹介していきます。北欧風のインテリアというのは基本的に「和風テイスト感」がたっぷりあって、非常にくつろげるスペース配分がなされています。

このような「落ち着く北欧風のインテリアコーディネート」を心掛けた「おしゃれな部屋」の表現をする場合はまず色合いとレイアウトへの工夫が大切になります。

1:モノトーンでシックなおしゃれな部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

北欧風のおしゃれな部屋をコーディネートする際の工夫として、この「モノトーンでシックなおしゃれな部屋」という表現方法も非常に効果があります。この場合はモノトーンですから、まず部屋を統一する脚色へのアクセントの付け方が大事になります。

一般的なモノトーン色というのは「黒」、「グレー」、「白」などの「白黒」を基準にした配色のコーディネートが大切になり、配色に配慮した「おしゃれな部屋」を工夫しましょう。

2:ベージュを主にしたおしゃれな部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

次は先述の「モノトーンでシックなおしゃれな部屋」から少し趣向を変えた感じの「ベージュ色で統一したおしゃれな部屋」のご紹介になります。ベージュの色というのは主に暖色に近い色合いが出せる効果があるため、その色合いで統一された部屋は非常に落ち着く環境を作ってくれます。

この北欧風のおしゃれな部屋の特徴はこのように、誰でも「落ち着く環境・スペース」を作ることにあります。

3:グリーンの家財道具をそろえた部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

次はこの「グリーンの家財道具をそろえたおしゃれな部屋」についてのご紹介です。この場合の「グリーン」というのは基本的に「モスグリーン」を示す色合いとなり、部屋全体を薄い緑で包み込んだ色彩の部屋になります。この「グリーン」は自然色ともされるため、北欧風のおしゃれな部屋の感じを引き立たせる際でも非常に効果をあげてくれます。

グリーンに配慮した「お洒落な部屋」のコーディネートをぜひ工夫してみましょう。

4:物をあまり置かないお洒落な部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

次はこの「物をあまり置かないお洒落な部屋」のご紹介ですが、北欧風のおしゃれな部屋の特徴の1つにこの「レイアウトする際に家財道具を必要以上置かず、すっきりとした感じにおしゃれ感を工夫したコーディネート」という方法が見られます。

部屋に物が散乱している状態でも落ち着き感を引き出すことはできますが、その場合でもなるべく部屋が片付いている感じの方が「落ち着きスペース」はさらに引き立ちます。

5:低めの照明のおしゃれな部屋

次は北欧テイストに配慮した上での、「低めの照明のおしゃれな部屋」についてのご紹介です。低めの天井・ライトというのはそれだけで北欧の感じを浮き立たせるコーディネートになり、その上でさらに部屋の模様替えを兼ねて「部屋をすっきりさせること」によって、誰でも落ち着けるスペース作りを引き立ててくれます。

「落ち着くスペース」がこの場合の「おしゃれな部屋」の要素となってくれるため、まずはこの点を追究しましょう。

ガーリーな部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

次は「おしゃれな部屋」のコーディネートを工夫する上での「ガーリーな部屋」についてのご紹介です。まず「ガーリーな部屋」というのはその名のとおりに「女の子・女性らしい河合おしゃれな部屋」のことを意味しており、基本的にこの場合も配色やレイアウトなどに配慮する形となります。

ガーリーでおしゃれな部屋の特徴は、「女の子らしい可愛い置き物」や、ややシンプルなレイアウト方法が魅力となるでしょう。

6:ピンクと白で統一したおしゃれな部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

まず「ガーリーな部屋」を想定した上でのこの「ピンクと白で統一したおしゃれな部屋」についてのご紹介です。ピンクというのはどの女の子・女性にでも好まれやすいイメージの色であり、さらに白を入れて部屋を統一させることによって、すっきりとした可愛い部屋のアレンジができます。

白というのはこの場合、ピンクの派手さを緩和させるイメージあるため、部屋全体を引き締めてくれる役割を果たします。

7:ナチュラル感を生かしたおしゃれな部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

次は「ナチュラル感を生かしたおしゃれな部屋」についてのご紹介です。この「ナチュラル」というのも先述でご紹介しました「シンプルでおしゃれな部屋」をコーディネートするための重要な要素として活躍してくれます。どちらかと言うと「シックな感じ」をそのテーマに掲げたおしゃれな部屋になりますが、レイアウトによって可愛らしくできます。

自分のお気に入りの家具・置き物を、ナチュラル感あふれるテイストで脚色しましょう。

8:アンティークを含むおしゃれな部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

ガーリーな部屋をコーディネートする場合でも、このようなアンティークを可愛らしく演出することによって、かなりまとまったおしゃれな部屋のコーディネートを工夫することができます。この場合はクラシックな感じが非常に浮き立つ様子となるため、やはりレイアウトする家財によって部屋の印象が違ってきます。

アンティークを上手く使い、ガーリーな部屋ならではのクラシカルの魅力を出してみましょう。

9:安定した可愛らしさを含むおしゃれな部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

次は「安定した可愛らしさを含むおしゃれな部屋」のご紹介で、つまり「安定感のあるレイアウト」をまずテーマに掲げておき、その上でおしゃれな部屋のコーディネートを柔らかく工夫するアレンジになります。

ガーリーな部屋と言ってもピンクやぬいぐるみなどの「可愛い系の物」ばかりの演出が必要ではなく、このような「安定感を存分にアピールしたおしゃれな部屋」でも十分引き立たせる要素になります。

10:コンパクトにまとまったおしゃれな部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

次は「ガーリーな部屋」をコーディネートする上で、いろいろなレイアウトをコンパクトにまとめた上でのおしゃれな部屋の演出についてのご紹介です。コンパクトにまとめるというのはレイアウト・配色を含めたアレンジ工夫を指しており、この場合は比較的「背丈の低めの家具」を揃えて置くことがポイントになります。

また派手な演出はなるべく避け、日常的な物をレイアウトしてみましょう。

シンプルな部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

次はこの「シンプル感」を十分引き立たせた上での「おしゃれな部屋」のコーディネートについてのご紹介です。先述でも少しご紹介しましたが、「シンプルな部屋」というのは基本的に「何もない部屋」というイメージを彷彿させる部屋のアレンジになるでしょうか。

しかし「落ち着いた部屋」をコーディネートする場合は、このシンプルな部屋のニュアンスがとても魅力的になります。

11:観葉植物で魅せるシンプルな部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

この「観葉植物で魅せるシンプルな部屋」の魅力を引き立たせた上で、いかにおしゃれな部屋へのアレンジをしていくかにポイントを置いた場合のご紹介です。シンプルな部屋というのは特に「家財道具があまりないこと」や「多くの脚色アレンジをしていないこと」などが含まれるため、自然な感覚を示す植物の置き物は別となります。

このような植物をレイアウトの基準に置く形で「おしゃれな部屋」のコーディネートを工夫しましょう。

12:収納ボックスをあえて全面に出す

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

この場合の「収納ボックスをあえて全面に出す」というのは、収納ボックス・衣装ケースなどをあえて部屋の全面に引き出して置き、それを部屋のコーディネートの一部にするという試みになります。つまり、収納ボックスそのものを部屋の置き物とする形になります。

収納ボックスを部屋のレイアウトにすることによって、その中にいろいろな物をしまい込めるメリットが増え、シンプルな部屋を作りながらおしゃれな部屋を表現できます。

13:シンプルにポスターを貼ってレイアウト

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

一般的に「ポスターは空間のアクセントになる」という言葉がインテリアコーディネーターのうちでも非常に多くの場面で使われる標語になっており、そのようにポスター飾りをしていくための集中講座などもあります。

デザインのシンプルなポスターを部屋全体のコーディネートに・重要なエッセンスに落ち着けておき、そのシンプルなイメージを部屋全体に行き渡らせる形でおしゃれな部屋を工夫してみましょう。

14:対照観を引き立たせたシンプルな部屋

次は「対照的(シンメトリー)に飾る」というおしゃれな部屋作りのご紹介です。このシンメトリーというのは具体的に「部屋の全体的なバランスを左右するほどのインテリアコーディネート」となるため、どの場合でもポスターの絵柄・ロゴへの配慮をあらかじめしておくことが大切になります。

多くのシンメトリーに配慮した部屋作りの場合では、同じような絵柄・まるきり逆のテーマを持つ印象などを対照させる形が見られます。

15:1つの物を目立たせたシンプルな部屋

この場合は「何かお気に入りの家財道具」を1点だけ決めておき、それをメインにした形であと他の物はできるだけ収納した感じの部屋作りになります。このような「1つの物」を浮き立たせた感じのシンプルな部屋というのも、おしゃれな部屋作りの際には重要なポイントとなるでしょう。

人の視線を一点に集中させることによって印象の強弱を付けておき、その上で部屋全体をすっきりとした空間に引き立てます。

個性的な部屋

次は「個性的な部屋」をテーマにした「おしゃれな部屋」をコーディネートする場合のご紹介です。個性的な部屋の特徴はまず「他の部屋では見られない、その人ならではの趣味の物が置かれた部屋」であったり、または「普通の人なら集めない小物グッズなどが置かれた部屋」であったりと、何か珍しい物が置かれている印象があるでしょうか。

さらには部屋の脚色そのものが変わった景色を彩る、風変わりな印象も重要点となるでしょう。

16:お気に入りの物を一杯並べた部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

基本的に個性的な部屋を作り、それをさらにおしゃれな部屋としてコーディネートする際には、特に「部屋の片付けや清潔感」を引き出す必要はありません。とにかく「自分が気に入っている小物グッズ」などをできるだけ多く集めておき、それを部屋全体のコーディネートにすればそれでOKになります。

ただしこの場合も「印象に注意すること」は大切で、部屋の全体的なレイアウトには多少こだわりを持つとよいでしょう。

17:奇抜なポスターで脚色した部屋

次は「奇抜なポスターで脚色した部屋」についてのご紹介です。この場合のおすすめは、「1つの額の中に複数のポスターを入れておき、それをインテリアとして装飾する」という方法です。

この場合でもポスターの魅力を最大に引き出すための工夫がなされており、「1つ額の中で部屋全体のバランスを図る」という、支点的なインテリアコーディネートが織り成されています。

18:テイストを拡張したおしゃれな部屋

次はこの「テイストを拡張したおしゃれな部屋」についてのご紹介ですが、この場合の「テイスト」というのは「和風テイスト」や「北欧テイスト」などといった、部屋全体の印象を決めるテイスティング(味わい)のコーディネートのアレンジについてのご紹介です。

和風テイストと北欧テイストを上手く調和させたテイストの部屋にすることによって、たとえば異国情緒が上手く緩和された「おしゃれな部屋」ができ上がるでしょう。

19:いろいろな物を利用したおしゃれな部屋

次は「いろいろな物を利用したおしゃれな部屋」についてのご紹介です。「いろいろな物」というのは主に家財道具のことを指し、たとえば本棚の代わりにソファを利用して本棚を作ったり、あるいはテレビを載せる台を机やベッドにしてみたりするという、普段ではあまり利用しない道具をあえて活用するコーディネートになります。

このように「普段では見慣れない部屋」の工夫することで、個性的でおしゃれな部屋が演出できます。

20:アロマテラピーを活用したおしゃれな部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

次は「アロマテラピーを十分に活用したおしゃれな部屋」についてのご紹介です。アロマテラピーというのは花であったり芳香であったりまた動物(ペット)であったりと、実にいろいろな種類のアロマテラピーが利用されています。

この場合のコーディネートでは、そのようなアロマテラピーに利用される物をさらに多く部屋に迎え入れ、自分や他の人が癒される独自スタイルの部屋に仕立て上げたおしゃれな部屋にします。

和風レトロスタイル

さて、次は「和風レトロスタイル」の魅力的でおしゃれな部屋のご紹介です。和風スタイルというのはそれだけで「レトロな魅力・感覚」を演出してしまえるテイストを持っていますが、この和風感にさらにアレンジを加えることによって、個性的でなおかつ独自スタイルを存分に演出させた部屋のアレンジに成長させます。

特にこの場合も「和風を表現する小物」や配色が重要で、まずはその辺りのアレンジを試みましょう。

21:昭和レトロの魅力的なスタイル

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

まず「レトロ」と言えば日本の場合は「昭和スタイル」というニュアンスが強いもので、戦前・戦後スタイルなどと言われる非常に「懐かしいスタイルを醸した部屋作り」が想定されるでしょうか。

この場合は単純に「昭和時代に使われていたあらゆる家財道具」を揃えておき、それを普段どおりの家財として使用するだけでOKで、他には特別注意すべき点もありません。そのままの魅力を演出しましょう。

22:レトロな文化を感じさせる演出

次に「レトロな文化を感じさせる演出が施されたおしゃれな部屋」のご紹介です。この場合は特に「昭和や大正文化」を彷彿させる家財道具・グッズを用意しておき、それらをそのままおしゃれな部屋作りの演出にしてしまうといったアレンジになります。

たとえば「昔に流行ったポスターや写真」、また「古来ずっと使われてきた日用道具」などを一色揃えておき、それを部屋のレイアウト用品として活用します。

23:大きな置時計を置いたおしゃれな部屋

昔で言う「ぼんぼん時計」の種類になりますが、かなり大きな置時計を部屋の中心に置いておくだけで、その部屋全体はかなり昭和レトロ・和風レトロな色調を奏でてくれます。この場合、なにも本当に部屋の真ん中に置時計を置くのではなく、部屋の印象をよく支えてくれる位置に置くとよいでしょう。

24:ちゃぶ台を置いたおしゃれな部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

昭和レトロ・和風レトロと言えばこの「ちゃぶ台」がまず登場するでしょう。ちゃぶ台は日本の古き良き文化を支えてきた家具の1つでもあり、その印象を部屋に備えるだけで十分和風レトロのセンスは引き上げられます。

非常に落ち着いた感じの部屋のテイストとなるため、おしゃれな部屋のコーディネートもしやすくなるでしょう。

25:レトロな配色のおしゃれな部屋

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

次は「レトロな配色のおしゃれな部屋」についてのご紹介です。この場合の配色と言えばやはり「昭和時代に流行していた色」や「実際に昭和において使用されていた家具」などをそのまま取り入れることで、そのおしゃれな部屋のコーディネートができるでしょう。

実物を用意することがむずかしい場合は、ヤフオクや古道具屋などで買い揃えることもできますが、あえて色調だけを演出する意味で、色紙などでポイント的に配色できます。

さらにおしゃれな部屋アレンジを追究したいあなたに

さて、先述では「おしゃれな部屋」のコーディネートについて多角的にご紹介してきましたが、ここでは「さらにおしゃれな部屋のコーディネート・アレンジを追究したい」と言うあなたにおすすめの一冊をご紹介します。

今回ご紹介するのは『実例おしゃれな部屋は収納でつくる』(ムック)で、本書ではまず「収納することの大切さ」とその収納によっておしゃれな部屋デザインの方法を、とても詳細に紹介しています。

おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

一般的に「おしゃれな部屋」のアレンジを工夫する際には、主に「コンセプトを決めておくこと」、「自分らしいオリジナルの観点を含めておくこと」、そして「部屋全体のバランスを工夫しておくこと」などの3つのポイントが大事とされます。

おしゃれな部屋をコーディネートできても、実際に生活する上でその部屋があなたにとって気に入らない部屋であれば意味がありません。その辺りのアレンジ方法をしっかり学び取りましょう。

1:コンセプトをしっかり決める

まず「おしゃれな部屋を作る差異のコンセプトをしっかり決めておくこと」についてのご紹介です。この場合はまず「どんな部屋にするか」といった基本的なアイデアを絞っておき、その想定した部屋デザインに近付けるようアレンジに配慮していきます。

つまり「部屋デザインの設計図」となるため、おしゃれな部屋をコーディネートする際には必ず先に組み立てておくステップと心得ましょう。

2:自分らしさを取り入れる

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

次に「自分らしいオリジナルセンスを生かしたおしゃれな部屋」のコーディネートの大切さです。先述でもご紹介しましたように、オリジナルデザインというのは「自分がお気に入りの部屋・お気に入りのグッズ」などを想定した上でコーディネートする部屋デザインとなるため、まずはそれらのレイアウト用品の収集が必要となります。

そして先述の「部屋のコンセプト」に照らし合わす形で、理想的な部屋デザインに近付けていきましょう。

3:全体のバランスを意識する

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

「部屋のコンセプト」と「オリジナルセンスのあり方」が決まった後は、この「部屋全体の調和・バランスを調整していくこと」に配慮する必要があります。部屋全体のアレンジ方法は非常に多くありますが、基本的にまずは「自分がそれで落ち着けるスペースを確保できる」といったステップでOKです。

この場合は家具選びが大切で、それぞれの家具の魅力を最大限に引き出すことを心掛けましょう。

自分のスタイルを見つけておしゃれな部屋にしよう

おしゃれな部屋25選|おしゃれな部屋を演出するコツ3つ

今回は「おしゃれな部屋のいろいろなアレンジ方法・コーディネート」についてご紹介してきました。部屋のデザインというのは一般的に「自分がその場にいて落ち着ける空間の確保」がまず大切となり、その上でオリジナルセンスを生かしたコーディネートが重要になるでしょう。

このようないろいろな「おしゃれな部屋のデザイン」を工夫する際には、まず多くの「部屋コーディネート情報」を参照しておきましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

先述では「おしゃれな部屋のコーディネート」についてさまざまなアレンジ方法をご紹介してきましたが、どのようなコーディネート・レイアウトをする場合でも、まずは「そのデザインに必要な基礎的な情報」を獲得しておくことが大切です。

そのためにもいろいろな「部屋デザイン方法」についてネットなどで調べておき、いざ「自分のおしゃれな部屋をデザインする」という際のアイテムとしておきましょう。

Related