Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月11日

ペーパーフラワーの作り方7選|ペーパーフラワーのアレンジ5つ

ペーパーフラワーを作ってみたい人におすすめの記事です。作る時に必要な道具から花ごとの作り方紹介、アレンジまで詳しく載せています。初めて作る人でも動画つきなので分かりやすいと思います。お部屋を華やかに飾るペーパーフラワーを皆さんも作ってみませんか。

ペーパーフラワーの作り方7選|ペーパーフラワーのアレンジ5つ

ペーパーフラワー制作に準備するもの

ペーパーフラワーの作り方7選|ペーパーフラワーのアレンジ5つ

ペーパーフラワー用の紙は市販されており、「薄葉紙」や「おはながみ」と呼ばれています。100均では「フラワーペーパー」や「花飾りペーパー」という名称で販売されており、折り曲げた状態でパックになっています。

もし専用の紙がない場合でも、さまざまな方法でペーパーフラワーを作ることができます。紙質を変えると印象の違う花ができますので、飽きることなくDIYが楽しめます。紙質に合わせたツールもまた必要になってきますので、制作を始める前に準備しておきましょう。

1:紙ナプキン

紙ナプキンは多種多様な柄・色があり、薄い紙である上に破れにくいのが特徴です。デコパージュとしても使われています。

正方形ですので、そのまま使えます。広げる際に2枚重ねになっているのを利用しますとかさが増えますのでボリュームが出ます。柄を変えることで印象が変わってきますので、柄選びが重要になってきます。

丈夫なので基本の作り方の他に別の作り方にも対応でき、デザインの幅が広がります。

2:ホチキス

ホチキスは画用紙や折り紙を留める時に役立ちます。特に画用紙で大きなサイズの花を作る際には必須になってきます。

糊や接着剤は接着力が弱く、直ぐには接着しませんのでホチキスで留めるほうが手っ取り早いでしょう。その他、ホチキスはアレンジにも使われます。ガーランドを作る際にペーパーフラワーを繋ぎ合わせる時にホチキスを使うと楽にできます。

3:紐

紐はDIYには欠かせないアイテムです。あるとなにかと便利なもので、細いものから太いものまで揃えておくとよいでしょう。

紐はペーパーフラワー作りに役立ちます。薄葉紙で基本の花を作る際に中央を結ぶ時にも使用しますし、ガーランドとしてアレンジする時やフラワーポンポンを上から吊るす時にも役立ちます。

糸でも使えますが強度に欠けますので、紐があったほうがよいでしょう。

4:クレープペーパー

ペーパーフラワー用の紙として紙ナプキンの次におすすめの紙です。ギザギザしている表面ですが柔らかく、花びらの雰囲気をこの紙で再現できます。

カラーも豊富でヨレにくいですし、花びらにくせをつけることができます。葉や茎、雌しべ・雄しべにも使え、花全体をクレープペーパーで作ることができます。

特におすすめはゆりの花をこちらのペーパーで作ると綺麗に仕上がります。

5:画用紙・折り紙

比較的扱いやすい紙といえば画用紙と折り紙です。保育園・幼稚園などでよく使われています。

子供でも作りやすいですし、初心者にもおすすめです。色のバリエーションが多く加工しやすいことが長所で、カラフルでポップな花の飾りものを作るにはベストなアイテムです。薄葉紙にはサイズの限界がありますが、画用紙ですと大きなサイズの花を作ることが可能になります。

6:接着剤・グルーガン

接着するアイテムはクラフトやDIYには欠かせません。花を作成する際や壁などに接着する際に重宝します。

テープだけでは補強力が足りませんし、見た目もあまり良くありません。やはり、しっかりした接着を求めるなら接着剤かグルーガンでしょう。特に重量のあるものや、接着剤が付着しにくい質にはグルーガンが大活躍します。一家に一つはグルーガンがあった方が修理や補強のためにも何かと便利です。

ペーパーフラワーの作り方7選

画像だけでは分かりづらい作り方の工程を動画で紹介しています。動画は静止させることでゆっくり学びながら作業できますので、初心者でもステップ・バイ・ステップよく見ながら作れます。

誕生会やパーティー、結婚パーティーなどのイベント時や、お部屋のイメチェン、ウェルカムスペースなどの日常時などTPOに合わせて紙質や色を変えましょう。花は空間を華やかにする他、印象をも変えてくれます。

1:桜

和のテイストを加えたい時や春の雰囲気を取り込みたい時には桜がおすすめです。作り方は紙質によって変わってきますが、一番簡単の作れる方法として折り紙をカットする方法があります。

今回紹介するのは桜の形にカットする方法です。同じ折方で斜めに真っ直ぐカットすれば星型にもなります。桜の場合は斜めに曲線を描きながらカットし、最後に角の部分を少しカットすると桜の花びらの形になります。

2:ガーベラ

100均で売られている「フラワーペーパー」と文房具店で売られている「薄葉紙」で作るガーベラです。黄色とベビーピンクを使っています。

まず花の中心になる部分を黄色を使って作ります。その後花びらの部分としてピンクの薄葉紙を使いアコーディング形式で折っていきます。折った紙を一度広げ、黄色と組み合わせます。一緒に折ったら、中心部分を折り曲げワイヤーで留めます。両端を丸くカットしたら紙を広げていきます。

3:バラ

表面がギザギザしているクレープペーパーは伸縮性があり、表面にカーブをつけることができますので、立体的な花の作成に向いています。

クレープペーパーは花びらの曲がった縁を上手く表現できます。バラやユリは花びらが曲がっていますので、こちらの紙を使うのがおすすめです。茎や葉の部分まで同じ材質で作れますので、少ない材料でも完成できます。

4:ユリ

こちらもクレープペーパーを使ったペーパーフラワーです。本格的にするなら、雄しべの部分も立体的に作りましょう。

まず花びらをカットし、全ての花びらを動画のように重ねて糊で貼り合わせます。雄しべを作ったら、まとめて緑のクレープペーパーで包み茎を作ります。花の中心部分の穴に茎を通し、下を糸で縛ります。縛った所から緑の紙をクルクル巻きながら糊で貼ります。花びらの一つづつ鉛筆を使って外側にカーブをつけます。

5:ダリア

カラーコピー用紙も花の作成に活躍します。材料がなくてもオフィスにあるもので花が作れます。

まずコピー用紙を動画のように大中小に分けてカットします。花の形にカットしたら、花びらの中心に折り線をつけていきます。大中小全て同じ工程で花びらを作ります。小サイズのみ花びらを一枚づつ爪楊枝でしごいてカーブをつけます。

大中小の順番で花の中心に糊をつけて隙間を埋めるように少しづつずらしながら貼り付けていきます。

6:カーネーション

カーネーションのペーパーフラワーをお部屋に飾るのも素敵です。心がこもった母の日のギフトとしてもいががでしょうか。

花びらの部分はダリアの花びらのカットの仕方の応用で、切り方をジグザグにしただけです。こちらを5枚用意し、中心に穴をあけておきます。茎と花の軸になる箇所を作ります。茎の下から花を通し、軸に糊で貼り付けます。一枚一枚同じように作業していきます。

花の下のガクと葉をつけることで本格的になります。

7:ひまわり

花作成に慣れてきたら、ひまわりのペーパーフラワーがおすすめです。少し手間がかかりますが、手間をかけた分完成度が高い作品になります。

基本的な材料の他、針金と針金を曲げるためのペンチが必要になりますので用意しておきましょう。花びらは薄い黄色のクレープペーパーを使います。表面がギザギザのクレープペーパーはこちらのひまわりには使いません。

ペーパーフラワーを作るならこちらがおすすめ

おはながみ 京花紙 5色各500枚入りセット(赤、紅桃、黄、水色、白)

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

いろんな色がありお花はもちろんですが、丸めてパネルに貼り付けたら配色が綺麗な工作もできました。

おはながみを使ったペーパーフラワーは、ペーパーフラワー作りの基本中の基本です。こちらの商品は5色各500枚入りのボリュームパックで、パーティーなどの飾りつけに適しています。

枚数がたくさんあるので、足りなくなって買い足すことがなくなります。鮮やかな色揃えで5色セットが嬉しい商品です。ぜひおすすめします。

ペーパーフラワーのアレンジ

ペーパーフラワーを作れるようになったら、次はアレンジに挑戦してみましょう。花を単独で飾るのも良いですが、集合体にするとより華やかに素敵な飾り物になります。

ペーパーフラワーを使った飾り物は結婚式やパーティーにも使われており、特に海外ではポピュラーです。洋風にも和風にもアレンジできますので、写真撮影のバックとして使ったりするとフォトジェニックになります。

斬新なアイディアでよりセンスアップしましょう。

1:リース

リースは花を使った壁飾りの定番アイテムです。ドライフラワーやペーパーフラワー、ファブリックフラワーやリボンで飾ると可愛らしいリースになります。

ペーパーフラワーでは、薄葉紙やクレープペーパー製の花がリースには似合います。優しい色で上品にしたり、明るい色で華やかなリースにしたり、またはシーズンやイベントに合わせた色合わせにしてもよいでしょう。クリスマスなら緑と赤、バレンタインデーならピンクです。

2:トピアリー

トピアリーとは、球状の形をした盆栽のような飾り物のことで、「植物を人工的に剪定した室内用植木鉢」のことをいいます。元は植物ですが、売られている多くのトピアリーは造花で作られているものがほとんどです。

トピアリーのボールの核には発砲スチロールの球状ベースを使います。作り方は簡単で、ベースの表面にグルーガンでペーパーフラワーを貼っていくだけです。土台はポットに限らず、キャンドルスタンドでもおしゃれです。

3:ナプキンホルダー

ナプキンはお客をもてなすアイテムの一つですが、ナプキンホルダーを使うといっそうおしゃれになります。ナプキンホルダーに花が使われているととても華やかになりますので、気軽に作れるペーパーフラワーでホルダーを作るのがおすすめです。

ナプキンホルダーはリング状のものが多い中で、リボンや紐を使っているものもあります。ペーパーフラワーをホルダーにする場合は、紐かリボンにするのが良いでしょう。

4:花冠

女の子が憧れる「花冠」をペーパーフラワーで作ってみませんか。市販でも売られていますが、するとお好みの花で作ることができます。

シンプルに薄葉紙かおはながみで作るか、ポップにしたいのならカラフルなデザインのペーパーナプキンでも作ることができます。

上品な色・柄を選べば、大人可愛い花冠になりますので、年齢問わず楽しめます。使用済みの花冠はリースとしてお部屋に飾ることもできますので、無駄がありません。

5:ガーランド

ハニカムボールとペーパーフラワーポンポンのガーランドをお部屋飾りにいかがですか。天井から吊らされた丸い花飾りはとてもおしゃれです。

ポンポンをシングルで飾るより、ハニカムボールなどと一緒に飾るのが海外では定番です。また、壁に飾られた花の帯は華やかで目を惹きます。上品な花のガーランドは特に結婚記念日などのイベントにおすすめです。

ペーパーフラワーの作り方をマスターしよう

ペーパーフラワーの作り方7選|ペーパーフラワーのアレンジ5つ

皆さんもおうちを花でいっぱいの魅力的な環境にしてみませんか。ペーパーフラワーは枯れることがなく美しさを保てるので、長時間飾っておけるのが良いところです。

作り方をマスターしてしまえば、気兼ねなくペーパーフラワー作りに専念できます。材料費はさほどかかりません。100均で揃えることができます。まずは簡単なものから作り始め、慣れてきたら少しハードなものにチャレンジしてみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう

ハンドメイド好きの方に、以下の記事をご紹介します。1つは、折り紙で作る花束についての記事です。もう一つは、ワックスペーパーの作り方・ラッピングについての記事です。

ハンドメイドで、世界でひとつだけのオリジナルの作品を作ってみましょう。

Related