Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月07日

ワイヤーネットで作る棚のアイデア10選|補強方法は?

ワイヤーネットで作る棚は誰でも手軽に作ることができます。DIY初心者であっても女性や親子一緒に簡単に作ることができるので、欲しかった収納がすぐに出来上がります。今回はワイヤーネットを利用した棚のアイデアを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ワイヤーネットで作る棚のアイデア10選|補強方法は?

100均のワイヤーネットのサイズ

100均のワイヤーネットは100均でもかなりの優秀アイテムと言えるくらい使い道がたくさんあり、DIY人気にさらに火を付けた存在と言ってよいほどののすぐれものアイテムです。

ワイヤーネットの使い道は無限にあります。これを作りたいと頭に浮かんだらすぐ購入できサイズも豊富なので、自分の欲しいものが小さいものから大きいものまで簡単にでき上がります。DIY未経験の人もぜひ、ワイヤーネットを使ってDIYチャレンジしてみましょう。

ダイソーのワイヤーネット

ダイソーのワイヤーネットのサイズは100円で販売されているものは約5種類ですが、店舗や季節によって変動があります。大きいサイズや種類別では150円や200円のものもあります。店舗によっては取扱いがない場合もあります。

100円以外でも素材や大きさによって取り扱っているアイテムも多数あります。サイズを一種類ではなく数種類欲しいときなど、100円ではなくても一緒に購入できることができて便利です。

ダイソーのワイヤーネットのサイズ(100円)耐荷量
約29.5㎝×29.5㎝約3㎏
約33㎝×33㎝約3㎏
約40㎝×40㎝約3㎏
約44㎝×29.5㎝約3㎏
約51㎝×26㎝約3㎏

セリアのワイヤーネット

セリアのワイヤーネットはダイソーとは違いサイズ数が少ないですが、だいたいのセリアへ行くと同じ商品が揃っているので取り扱いが無いということはほとんどありません。

セリアとダイソーはサイズが被っている種類が数種類しかありません。そのため自分の必要なサイズのニーズを考えて購入することが必要です。両方のメリットを利用して購入してみてください。

セリアのワイヤーネットのサイズ耐荷量
約29.5㎝×29.5㎝4~10㎏(壁使用の場合素材による)
約19.5㎝×51㎝4~10㎏(壁使用の場合素材による)
約15.5㎝×58.5㎝4~10㎏(壁使用の場合素材による)
約26㎝×40.5㎝4~10㎏(壁使用の場合素材による)
約30.5㎝×59㎝4~10㎏(壁使用の場合素材による)
約40.5㎝×51.5㎝4~10㎏(壁使用の場合素材による)

ワイヤーネットで作る棚のアイデア10選

ワイヤーネットを使っていろいろな棚ができ上がります。賃貸マンションや古い家では収納が不足していることが多いです。

そこでワイヤーネットを壁に掛けたり、数枚を組み合わせてみたり、アイディア次第で大きな収納棚を作ることが可能です。ワイヤーネットを変形させたり、他のものとの組み合わせたりして、自分だけの棚が完成するDIYもおすすめです。

ここからは、ワイヤーネットのアイデアを紹介していきます。

1:曲げて使う

ワイヤーネットで作る棚のアイデアの1つ目は、曲げて使うことです。スリッパは玄関の隅や専用ラックに収められている家が多いです。ですが、ワイヤーネットで安価で手軽に収納棚を作ることができます。

乱雑に広がっているスリッパを片付けることができるとストレスを軽減することができます。ワイヤーネットを折り曲げてちょっとした収納棚を手軽に作ると、すぐに収納ができ上がります。ぜひ参考にしてみてください。

2:重ねて使う

ワイヤーネットで作る棚のアイデアの2つ目は、重ねて使うことです。ワイヤーネットを数枚重ねて使うとこうした大きな収納棚を作ることができます。

特に洗面所は収納が不足している家庭が多いです。ですが、それに反して洗面所付近には収納したいものが多くあります。それをワイヤーネットを使って簡単に棚を作ってしまうことができます。ぜひチャレンジしてみてください。

3:板とコラボして使う

ワイヤーネットで作る棚のアイデアの3つ目は、板とコラボして使うことです。ワイヤーネットと板を組み合わせて、「あったらいいな」というアイテムを作ることが可能です。

段ボールが多く出てしまう家では、段ボールを整理しておく場所の確保が意外と大変です。ですが、ワイヤーネットと板を組み合わせてDIYで便利なグッズも作ることができます。段ボールだけではなく他の収納にも使えるアイデアです。

4:ランドセル収納棚

ワイヤーネットで作る棚のアイデアの4つ目は、ランドセル収納棚です。多くの小学生がいる家庭では、机の上や横、また椅子にランドセルを掛けていることが多いです。

ランドセル収納棚はランドセルだけではなく、服や学校で使うものを自発的に整理させることも目的として、お片付けを常に意識させることができます。こうしたアイデアも、ぜひ参考にしてみてください。

5:シューズラック

ワイヤーネットで作る棚のアイデアの5つ目は、シューズラックです。靴の収納が不足している家は意外と多いです。

古い住宅であればあるほど靴収納が足りない場合が多いので、そんなときはワイヤーネットでシューズラックを作って靴収納を補ってみましょう。シューズラックを置く場所を考えてワイヤーネットのサイズを選ぶことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

6:ハット収納棚

ワイヤーネットで作る棚のアイデアの6つ目は、ハット収納棚です。帽子マニアにとって帽子の収納は悩みの種です。帽子の形を崩さず、かつ大好きな帽子をすぐ使えて収納できる収納は、意外と難しいことでしょう。

そんなときにもワイヤーネットが活躍します。帽子が増えるたびに棚も増設することができますし、アイデア次第で便利な収納にすることができます。ぜひ、大好きな帽子をきれいに収納してあげましょう。

7:キッチン収納棚

ワイヤーネットで作る棚のアイデアの7つ目は、キッチン収納です。どうしてもキッチンは収納が不足する場所です。そういった場所では、ワイヤーネットで作る収納棚が便利です。

またキッチンは、デットスペースが出る場所でもあります。収納を無駄なく作るためにも、デットスペースをぜひ有効活用するとよいでしょう。その活用にもワイヤーネットが使えます。スペースに合わせたワイヤーネットで棚を作り無駄なく利用してください。

8:ペットボトル収納棚

ワイヤーネットで作る棚のアイデアの8つ目は、ペットボトル収納棚です。ミネラルウォーターのストックなどは箱のまま保存していることが多いです。

そんな箱のままでもストックには十分ですが、収納棚によって取り出すときなどのストレスが軽減されることは間違いありません。パントリーが充実していない家ではこうした収納も楽になるでしょう。ペットボトルは重みがあるので補強もしながら棚を作ってみてください。

9:マガジンラック

ワイヤーネットで作る棚のアイデアの9つ目は、マガジンラックです。雑誌や新聞はテーブルや部屋に乱雑に置かれていることが多いです。

読み終わった雑誌や本はラックによっておしゃれな部屋のインテリアになります。なかなか雑誌や新聞の整理が苦手で部屋が乱雑になっているという人はぜひ参考にして、すっきり収納をしてみて欲しいアイデアです。

10:メガネ収納ラック

ワイヤーネットで作る棚のアイデアの最後は、メガネ収納ラックです。メガネ好きにとってその日のファッションに合うメガネ選びは意外と大変です。

そこでメガネがひと目で選ぶことができると、ストレスなくその日のファッションが決まるでしょう。メガネを取り出しやすく、そして収納しやすくなるラックはメガネ選びも楽になりますし、ファッションも楽しくなります。ぜひ、参考にして欲しいアイデアです。

ワイヤーネット好きにおすすめの本を紹介

ワイヤーネットでいろいろなものを作ることは無限にできます。ワイヤーネットのサイズが豊富に販売されていることも、DIYを後押ししてくれていると言ってもよいでしょう。

自分の家を自分だけのアイデアでおしゃれにしたい人に、ぜひ読んで欲しい一冊です。ワイヤーでつくるインテリアや、ガーデニンググッズなどのヒントがたくさん紹介されています。ぜひ、参考にして自分だけのグッズを作ってみましょう。

ワイヤーネット棚の補強方法

ワイヤーネットは使い道がある分、補強も必要です。収納したいものが重ければ重いほど補強をしっかりすることが大切です。

ここではワイヤーネットの補強方法を紹介していきます。ぜひこれからのDIYの参考にしてみてください。

結束紐で補強

ワイヤーネット棚の補強方法の1つ目は、結束紐での補強です。ワイヤーネットで作るときの補強は結束紐の利用が一番多いです。

結束紐を使うことが、ワイヤーネットの棚作りを流行らせたと言っても過言ではありません。また、結束紐の種類も多数あることから強度もあり、しっかりした棚を作ることができます。ワイヤーネット初心者の人は、まずは結束紐で手軽に作ってみましょう。

針金で補強

ワイヤーネット棚の補強方法の2つ目は、針金での補強です。結束紐を使えないときや、デザインによって針金が合う場合に向いている補強です。

特に、ガーデニンググッズなどには外で使うことが多いので針金が向いていますし、DIYに慣れてくるとオリジナルの作品を作るような本格的なグッズができ上ります。本格的に作ってみたい人は、ぜひ針金補強でチャレンジしてみましょう。

突っ張り棒で補強

ワイヤーネット棚の補強方法の3つ目は、突っ張り棒で補強です。突っ張り棒での補強は隙間収納やデットスペースを利用した棚作りに便利です。

特に、キッチン周りの収納が不足しているときの収納に突っ張り棒補強は向いています。大きな棚を作るときは、太い突っ張り棒を選んで強度を強くして作ってみましょう。

ワイヤーネットで機能的な棚を作ろう

いかがでしたでしょうか。ワイヤーネットは自分が必要としているものを作り出せるアイテムです。作りたいとおもうものは無限に作ることが可能です。

欲しいと感じたものが安く手軽に作り出せるので、DIY初心者でも手作りが楽しく始めることができます。ぜひ、ワイヤーネットで機能的な棚を作ってみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう

収納に関連する情報は下記の記事も併せてチェックしてみてください。収納に悩む人のためにヒントやアイデアの参考になる記事が多くあります。ぜひ収納上手になりましょう。

Related