Search

検索したいワードを入力してください

2018年09月15日

DIY本棚の基本的な作り方5ステップ|リメイクで簡単DIY

DIYが流行りを見せていますが、DIYは一昔前より取り組みやすくなっています。それはホームセンターに専門工具や材料が多く並び、素人でも本格的な工作ができる環境が整ってきたことが一つの要因と言えるでしょう。そこでDIYの入門的な本棚のつくり方をご紹介します。

DIY本棚の基本的な作り方5ステップ|リメイクで簡単DIY

DIY本棚の魅力とは

本が増えてくると新しい本棚が欲しくなり、自分の部屋に合う本棚をお店に探しに行くことが多いでしょう。しかしその意外に高い金額と、自分の理想としたデザインがお店にないことが多いでしょう。

本棚は、四角い箱を作るので、初心者にも取り掛かりやすいDIYといえます。本棚をDIYするプロセスは基本的なことが多く、本棚が作れれば、次のDIYへステップアップさせることも可能です。

自分で好きなデザインにできる

DIY本棚は、置きたい場所のサイズや、自分の考えているデザインに仕上げることができるメリットがあります。

置きたい場所の雰囲気を壊さないように本棚の色使いを気にしながら塗装をしたり、本棚の棚の数や棚の大きさも自由自在に組み立てることができます。

また、DIYの良いところは、仕事として本棚を作成するわけではないので、時間に追われることなく自分が納得できるまでデザインに時間を費やせます。

DIY本棚基本的な作り方5ステップ

本棚をDIYするのは、他のDIYの基本となる作業が多くありますから、ここでDIY本棚の基本をマスターできれば、もっといろんな木工製作を手掛けることができるでしょう。

そこでDIY本棚の基本的な作り方を5つに分けて、初めてDIYを行う方にもわかりやすく解説していきます。

用意するもの

DIY本棚の基本的な作り方5ステップ|リメイクで簡単DIY
DIYで本棚を作るには木材を調達する必要がありますが、木材にはいろんな種類があるので、2×4材や1×4材が便利で使いやすい木材です。

DIYに使う道具は、電動工具を持っていた方が作業効率も良く便利で、ホームセンターに行けば、DIYコーナーに安価な電動工具が売られていますから、その中から選んでも良いでしょう。

基本的には、差し金、メジャー、鉛筆、電動ドライバーがあれば作ることが可能です。

ステップ1:設計図を作る

本棚DIYで製作するには、構想を練ってどんなデザインの本棚を作るか考えることから始めますが、それだけでは本棚を作ることはできません。

そこで、置く場所の寸法を測り、実際に置く本棚のスペースにどの程度の本棚を置くのかを、正確に設計図を書いていきます。本棚の高さや奥行き、そして棚の数に棚のサイズなどを細かく記入していきましょう。

サイズの記入忘れがあると、木材の切り出しができなくなります。

ステップ2:材料をカット

木材をカットする道具には、のこぎり、ジグソー、丸のこなどがあります。初めてDIYで木工をするなら、のこぎりかジグソーのどちらか一つ購入すればよいでしょう。

材料のカットは、ホームセンターでも行ってもらえるので、設計図を参考にホームセンターで切り出してもらっても良いでしょう。

自分でカットする場合は、設計図を見ながら木材に鉛筆などで印をつけながらジグソーなどでカットしていきます。

ステップ3:穴開け

木材を組み合わせて、接合していくには木ねじを使うのが強度もあり便利です。ただし、下穴をあけてからネジを打たなければ木材が割れたり、ネジが曲がるトラブルに見舞われてしまうでしょう。

下穴の開け方は、二通りの方法があります。それは、キリを使い下穴をあけていく方法と、ドリルビットを使う方法です。

どちらの場合も打ち込むネジより細めを利用し、開ける下穴の深さは、ネジ長と同じか浅めにします。

ステップ4:ネジ打ち

最近のネジは、コースレッドという先端がとがっていて、自ら木材に食い込みながら打ち込むことができるネジが主流です。

コースレッドには、全ネジタイプの、溝が全部に刻まれたネジと、反ネジタイプのネジの溝が半分しかないタイプに分かれますが、木材のネジ打ちには、反ネジのほうが木材の密着が上がるのでお勧めです。

ネジ打ち方法は、垂直に打ち込むのではなく、少し斜めに打ち込むのが強度を増すネジ打ちの方法です。

ステップ5:仕上げ

木の素地のみの仕上げでは、汚れの面で不都合が起きるので塗料やオイルステンを使うことをすすめます。

塗装は、材料切り出したあとに行う方法と、組上げてから行う方法がありますが、これはやりやすい方法でよいでしょう。

ただし、本棚のくみ上げ後に塗装をする場合は、裏板を貼る前に塗装しなければ、塗り残しができるので、裏板は一番最後に取り付けるようにしなければきれいに仕上がりません。

リメイクで簡単DIY本棚

身近にある日常的に使うモノで、本棚を作成することができます。その中で今DIYで流行っているのが、すのことカラーボックスを使った木材加工です。

そこで、すのこやカラーボックスをどう使えば本棚にリメイクできるのかを、詳しく見ていきます。

すのこ

すのこは、DIYの活用の仕方で色んなモノを作るれる可能性を秘めた商品です。すのこはすでに木材を組み合わせて作られているので、そのまますのこを組み合わせるだけで簡単に本棚を作ることができます。

特にすのこの裏のゲタ部分は、棚板を載せるのにちょうどよいので、すのこを裏側を向かい合わせて組み立てるだけで本棚にすることができます。

またすのこは解体も簡単なのもDIYに向いている理由です。

カラーボックス

カラーボックスを収納用に買ったけど、使い道が無くなり邪魔な家具と化しているご家庭も多いのではないでしょうか。

カラーボックスは、壁に合わせて奥行きも幅も自由自在に変えることができるので、本棚として使うには便利なアイテムです。

カラーボックスは縦において使いますが、このカラーボックスを横に並べておくだけで、子供でも取り出しやすい本棚に早変わりします。

簡単で分かりやすい木工テクニック集

超画期的 木工テクニック集

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

高価なソーガイドを購入しないですみました。 とはいえ、アサリのないノコギリとの組み合わせ、が必要でしたが。全てを求めるのは酷でしょう。 目から鱗が落ちる、の印象です。

DIY本棚は、初心者でも簡単に作れるとはいえ、道具の使い方や組み付けるテクニックなどを全く知らない方も多いでしょう。

特に電動工具を怖いと感じたり、機械に疎いので使い方に不安を覚える方もここで紹介する書籍を参考にすれば、電動工具を使わずに木工ができる技術が習得できます。

また写真展数も多く、DIYをする上でのコツを学ぶことができるので、DIYを上達させたい方にはおすすめの一冊です。

デザイン性の高いおすすめ本棚

デザイン性に優れた本棚は、ありきたりのつくり方ではなく、一風変わったアイディアで作られたものが多くなります。

その中には、イスに取り付けられた本棚や、タワー型でまるで本屋さんにあるような本棚など、工夫次第でデザインをおしゃれにすることができます。

そこで、一般にある本棚を、ディスプレイラック、ワイヤーラック、マガジンラックに分けて、デザイン性に優れた本棚をみていきます。

ディスプレイラック

ディスプレイラックは、デザイン性に優れた商品を選ぶと部屋の雰囲気が一変します。

デザイン性に優れたディスプレイラックのおすすめの本棚は、オープンラックや壁面一面をディスプレイラックとした本棚などがおすすめです。

オープンラックなら、部屋の仕切りとして利用もでき、本以外のディスプレイをすることで、おしゃれにすることもできます。

ワイヤーラック

ワイヤーラックとしておしゃれにディスプレイできる本棚は、メタルラックを使用すると良いでしょう。

メタルラックは、繋げることで簡単にサイズを大きくできるので、憧れの壁面ラックを簡単に作ることができるでしょう。

ただし、ワイヤーラックは、棚板と載せる部分に隙間がいくつもあるので、薄い本はすり抜けてしまいます。そこで横板にはすり抜けないよう新たに横板を付けるなど工夫が必要でしょう。

マガジンラック

マガジンラックには、木製やスチール製、そして異素材を組み合わせたものまで、いろんなデザインのマガジンラックがあります。

マガジンラックは、部屋に散らかりがちな新聞や雑誌をまとめておけるだけでなく、部屋のアクセントにもなるので、おしゃれなマガジンラックを選びたくなります。

マガジンラックをDIYでおしゃれに」するには、スチールで製作するより木製で製作した方が、簡単でデザインに自由度が出るでしょう。

DIY本棚は好きなデザインに改良できる

DIY本棚の魅力は、好きなデザインにできるだけでなく、製作する工程もわかっているので、後からデザインを変更して改良を加えることもできます。

そのためには製作した設計図は捨てないようにしまっておくようにしましょう。また、組み立てもネジを使い、分解が容易にしておくことで改良が加えやすくなります。

DIYで収納を工夫する

一般に売られている本棚でも、DIYで工夫をすれば、もっとおしゃれに収納できる本棚と生まれ変わるでしょう。

また、本棚を本を入れておくだけの棚として使用するのではなく、他の小物も収納できるスペースを設けるなど工夫すれば、おしゃれな複合的な本棚にすることができるでしょう。

Related