Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月11日

重曹でベタベタ五徳を簡単にキレイにしよう!使い方5つのコツ

油などがこびりついてしまったガスコンロの五徳はきれいにしづらく、掃除方法に悪戦苦闘しがちです。そんな五徳も、重曹を使って簡単にきれいにする方法があります。今回は、そんな重曹の特徴や性質、掃除での使い方などをまとめてみました。

重曹でベタベタ五徳を簡単にキレイにしよう!使い方5つのコツ

ガスコンロの五徳の油汚れを落としたい

重曹でベタベタ五徳を簡単にキレイにしよう!使い方5つのコツ

油汚れをはじめとしたガスコンロの五徳の汚れは落ちにくいので、いざ掃除をはじめようとしても、なかなか手に付きません。今回は、ガスコンロの五徳などの頑固な汚れを、手軽できれいにできる方法をまとめてみました。

重曹なら簡単にキレイにできる

ガスコンロの五徳の油汚れをきれいに落とす方法、それは重曹を使用して掃除することです。重曹は研磨剤や洗浄剤として優れている上、人体にも優しいので、食べ物を扱うキッチンでも安心して使用できます。そんな重曹の使用方法を見ていきましょう。

重曹で五徳などのキッチン周りを掃除しよう

重曹でベタベタ五徳を簡単にキレイにしよう!使い方5つのコツ

重曹は、ガスコンロの五徳の掃除用としてだけでなく、キッチンの掃除全般において、優れた能力を発揮します。重曹を使えば、油汚れや焦げ付きから、茶渋やカビなどまで、簡単に落とすこともできます。そんな重曹の特徴をご紹介していきます。

重曹とは

重曹とは、炭酸水素ナトリウムや重炭酸ソーダともよばれる、弱アルカリ性を示す物質で、主に粉状で販売されています。人体にはほぼ無害で、水に溶けにくく、洗浄剤として用いる場合は油脂のある程度乳化や、タンパク質のある程度までの分解を得意とします。

また、粒子が細かいため研磨剤としての利用や、水を入れて加熱する場合に発生する二酸化炭素の泡を利用しての五徳などから焦げを浮かせる、といった利用方法もあります。

100均ショップでも入手できる

重曹でベタベタ五徳を簡単にキレイにしよう!使い方5つのコツ

掃除用の重曹は100円均一ショップの掃除用品のコーナーでも売っているため、安価で入手しやすいのも特徴の一つです。大量に使用する場合には、通販やスーパー、ホームセンターなどで掃除用に大容量のものを売っているので、そちらを利用した方が安く済む場合もあります。

ただし、掃除用の重曹はほかのものも入ってる事もあり、調理としては向きません。食用には使用しないようにしましょう。

重曹の性質

重曹の性質として、粒子が細かく水に溶けにくい、人体に無害、加熱すると炭酸ガスを発生させる、常温では安定しており長期保存が可能、などがあげられます。

掃除の際には主に研磨剤として利用しますが、アルミ製のものに使うと変色するのでアルミ製品には使用できません。また、漆器やプラスチックなどは傷をつけてしまうことがあるので注意します。

保存の際は、湿気を吸うと固まってしまうので涼しくて乾燥した場所に保存します。

五徳を洗ってみよう

五徳の汚れは油由来のものや焦げ付きが多いため、落ちにくいのが特徴ですが、ゴシゴシ強く擦ると表面の塗装が傷つき、後で余計に汚れが付きやすくなってしまいます。

汚れた五徳も重曹を使って洗えば、塗装の傷みを最小限に防いだまま洗うことができます。そんな重曹での五徳の洗い方をご紹介します。

洗い方手順

重曹を使った五徳の洗い方の手順は、以下のとおりになります。

まず、外した五徳が入るくらいの洗い桶を用意し、ぬるま湯1リットルを入れ、そこに大さじ4の重曹を溶かします。そこに、五徳を沈めて約1時間付け置きします。すると汚れが浮き上がってくるので歯ブラシなどで汚れを落とし、水でよく洗い流してから乾燥させます。

手軽に重曹水を使いたい方におすすめ

カネヨ石鹸 重曹ちゃんクリーナー 液体 本体 400ml

¥ 376

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

色々な所の掃除に重宝しました。スプレーになっていて便利でした。

重曹水を使いやすいスプレータイプにしてあるのが、カネヨ石鹸の重曹ちゃんクリーナーです。

この商品は、重曹をイオン交換水に溶かしたもので、天然由来の抗菌剤と消臭剤も入っていますが、アルコールや界面活性剤といった余計なものが入っていないので安心して使用できます。主に、キッチン周りの清掃で活躍します。

重曹の使い方5つのコツ

重曹でベタベタ五徳を簡単にキレイにしよう!使い方5つのコツ

重曹は五徳を洗うだけでなく、キッチン周りの掃除でも活躍します。軽い汚れから部分的な汚れの落とし方、頑固な汚れまで、掃除での重曹の使い方のコツをを5つに分けてご紹介します。

1:軽い汚れには重曹水をスプレー

重曹でベタベタ五徳を簡単にキレイにしよう!使い方5つのコツ

軽い汚れの場合には、重曹を水で溶いた重曹水をスプレーして掃除すると汚れが落ちやすいです。

重曹水の作り方は、密閉容器に入れた水100mlに対し、小さじ1杯ほどの重曹をいれてよく振り混ぜます。重曹が溶けにくい場合は、水をぬるま湯にすると溶けやすいです。作る時は必ず使う分だけ作り、作り置きはしないようにしましょう。

また、重曹水は既製品も売っているので、既製品を使用するという手段もあります。

2:重曹には研磨効果もある

粉のままの重曹は、研磨剤としても使用できます。粉のままの重曹をふりかけて擦れば、カビや茶渋、排水口のぬめり、焦げやこびりつきをきれいに落とせます。

ただし、アルミ製品や天然素材のもの、傷のつきやすいものは、変質したり傷がついたりするので使用できません。また、水周りの汚れには効果が薄いことがあります。

3:頑固汚れには付け置き

重曹水のスプレーや重曹の粉で擦っただけで汚れが落ちない場合には、ぬるま湯1リットルに大さじ1の重曹を溶かしたものに1時間ほど付け置きし、汚れが浮きあがってきたところをスポンジや歯ブラシで擦って汚れを落とします。

4:部分汚れは重曹ペーストでパック

部分的な頑固汚れなら、重曹を少量の水で溶いて固めのペースト状にしたもので、汚れた箇所をパックします。パックしてしばらくおくと汚れが浮いてくるので、その状態で水拭きするか、水で洗い流します。

ペースト状にする重曹はすぐに使い切るか、余ったら大量の水に溶かしてから排水口に流します。水を含んだ重曹は固まってしまうので作り置きはできませんし、そのまま流すと排水口が詰まってしまう恐れがあります。

5:最終手段は重曹水で煮る

重曹でベタベタ五徳を簡単にキレイにしよう!使い方5つのコツ

どうしても汚れが頑固で落ちない場合には、大きめの鍋に重曹水と汚れた五徳などを入れて加熱し、発生した炭酸ガスで汚れを落とします。

この時注意しなければならない事は、重曹を入れるタイミングは必ず水から入れる事です。煮沸してから重曹を入れてしまうと、ふきこぼれることがあります。

また、フッ素加工の鍋やアルミ鍋は傷がついたり変質したりするので、煮沸にはステンレス鍋やホーロー鍋が適しています。

年末の五徳掃除に重曹が大活躍

重曹でベタベタ五徳を簡単にキレイにしよう!使い方5つのコツ

ガスコンロの五徳を掃除するのには、軽い汚れなら重曹水でスプレー、部分汚れなら粉をふりかけるかペーストでパックして研磨、頑固な汚れなら付け置き洗いか煮てしまう、といったように、重曹で大体の汚れが落とせるので適しています。

五徳のような普段あまり手をかけられない部分も、年末の大掃除で重曹を使ってきれいにして、気持ちのいい新年を迎えましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

重曹が活躍するのは、ガスコンロの五徳の掃除の時だけではありません。重曹はナチュラルクリーニングや台所以外の大掃除でも活躍しますので、ぜひおすすめの関連記事もご一緒にチェックしてみてください。

Related