Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月11日

頑固な茶渋の取り方8つの方法|茶渋を防ぐコツも紹介

お茶やコーヒーを日常的に飲んでいる人は、いつの間にか茶渋が付いてしまい苦労した経験もあるのではないでしょうか。茶渋は取ることが難しいイメージがありますが、取り方を把握すれば綺麗にすることができます。ここでは、茶渋の取り方を紹介しています。

頑固な茶渋の取り方8つの方法|茶渋を防ぐコツも紹介

いつの間にかつく茶渋

頑固な茶渋の取り方8つの方法|茶渋を防ぐコツも紹介

日本ではさまざまなお茶を飲む習慣があり、緑茶や麦茶を飲む機会が多く、料理や季節に合わせて飲む場合が多いです。お茶の種類によって味が異なりそれぞれ美味しく飲むことができますが、コップなどに茶渋が付いてしまいます。

茶渋は知らない間に付いていることが多く、茶渋が付いていることに気付いた時には簡単に取ることができないくらいこびり付いてしまっています。茶渋が付いていると不衛生なイメージがあります。

茶渋はなぜ付くのか

茶渋が付いてしまうと簡単に取ることができず、取り方が分からない人も多くいるのではないでしょうか。茶渋の取り方が分からない人と同じように茶渋がなぜ付くのか把握していない人もいます。

茶渋が付いてしまう原因はステインという成分が食器についてしまうからです。ステインはお茶以外にコーヒーや赤ワインにも含まれていて、食器以外にも歯にも付着してしまい歯が黄色なる可能性もあります。

茶渋が付きやすい飲み物

頑固な茶渋の取り方8つの方法|茶渋を防ぐコツも紹介

上記でも紹介したように茶渋という言葉が使われていますが、茶渋はお茶だけではなくコーヒーや赤ワインでも茶渋が付いてしまいやすいです。そのため、コーヒーや赤ワインを習慣的に飲む場合は、食器の手入れを忘れないようにしましょう。

コーヒーや赤ワインは味だけではなく色も楽しむ飲み物であるため、白色のコップを使われやすいですが、白色は違う色が付着しやすい特性があり、茶渋が目立ちやすいです。

身近にある物を使う茶渋の取り方8つ

頑固な茶渋の取り方8つの方法|茶渋を防ぐコツも紹介

コップに茶渋が付いてしまい普通に洗うだけでは取ることができません。そのため、茶渋の取り方を把握していないといつまでも茶渋が付いているコップで飲み物を飲まなくてはなりません。

家庭で使う場合は影響が少ないですが、来客者用のコップに茶渋が付いていると相手からするとあまりいい気分にはなりません。茶渋の取り方をする際には特別な道具が必要ではなく身近にある物を使用することでも簡単に取り除くことができます。

1:重曹

重曹は細かい粒子でできているため、掃除をする際にも使われる機会が多いです。重曹を使用した茶渋の取り方は、コップの底が見えないくらい重曹を入れ、お湯を入れて漬け置きします。後はスポンジでこすることで茶渋を取ることができます。

重曹を使用した茶渋の取り方を行うメリットは、漂白剤などが使えない金や銀の食器でも使うことができることです。また、掃除用より食用の重曹の方が粒子が細かいのでおすすめです。

2:塩

頑固な茶渋の取り方8つの方法|茶渋を防ぐコツも紹介

茶渋の取り方で手軽に行うことができる方法が塩を使うことです。塩が5大調味料の一つでもあるため、キッチンに置いてある割合が高いです。また、経済的で元々口に入れても問題ないため、安心して使用することができます。

塩を使用した茶渋の取り方は、茶渋が付いている場所に塩を付け、スポンジでこするだけです。塩のザラザラした粒が茶渋の原因であるステインを削り落すことができます。

3:お酢

茶渋を酢に漬けておくことで綺麗にはがすことができます。酢は水に薄めることで少しの量ですむため経済的です。冷たい水よりも熱い熱湯の方が効率的に茶渋を落とすことができます。

酢を入れた熱湯が冷めるまで放置し、後は軽くスポンジでこすって洗うだけで綺麗にすることができます。

4:歯磨き粉

頑固な茶渋の取り方8つの方法|茶渋を防ぐコツも紹介

茶渋の原因であるステインは、上記でも紹介したようにコップなどの食器だけではなく歯にも付着します。ステインが付いてしまった歯は簡単に落とすことができませんが、ステインを落とせる歯磨き粉も販売しています。

コップに付いている茶渋もステインの成分なため、歯の黄ばみを落とせる歯磨き粉を使用することで、コップに付いた茶渋も取ることができます。粒子が大きい歯磨き粉では傷が付く可能性もあるため注意しましょう。

5:アクリルたわし

アクリルたわしとは、アクリル100%でできたたわしであり、一見毛糸でできたたわしに見えます。アクリルは細かい繊維でできているため、茶渋を綺麗に取ることができます。アクリルたわしはさまざまなデザインやカラーがあるため、キッチン周りをおしゃれにすることも可能です。

おしゃれな茶渋の取り方をしたい人におすすめです。茶渋の取り方にはさまざまな方法がありますが、アクリルたわしを使用した取り方は手が荒れません。

6:ナイロンたわし付食器用スポンジ

食器を洗う際にナイロンスポンジを使用している人が多いですが、スポンジの一面に固い素材が貼り付けられているスポンジを見たことがある人も多くいるのではないでしょうか。固い素材がナイロンたわしであり、スポンジより固いため頑固な汚れを落とす際に使用します。

ナイロンたわし付きのスポンジがある場合は、たわしの面で茶渋を擦ることで茶渋を落とすことができます。塩や重曹を付けることで効率よい取り方になります。

7:メラミンスポンジ

メラミンスポンジとは、少し前から需要が大幅に増えているスポンジです。見た目は普通のスポンジと同じですが、細かな繊維で編み目状になっていることで、頑固な汚れを落とすことができます。メラミンスポンジは柔らかいため、お気に入りのコップを傷つけることなく茶渋を取ることができます。

そのため、傷つけたくない物の茶渋の取り方には、メラミンスポンジを使用することをおすすめします。

8:柑橘類の皮

頑固な茶渋の取り方8つの方法|茶渋を防ぐコツも紹介

柑橘類の皮を使用することでも茶渋を取ることができます。みかんやレモンの皮は捨ててしまう場合が多いですが、茶渋の取り方で使用することができるため、茶渋が付いてしまっているコップがある場合は捨てないようにしましょう。

柑橘類の皮にはリモネンという成分が含まれており、リモネンには消臭効果や汚れを落としやすくする効果があります。普通に擦るだけではなく、強く落ちつけて皮から汁を出しながら擦りましょう。

スポンジが届きにくい茶渋の取り方

頑固な茶渋の取り方8つの方法|茶渋を防ぐコツも紹介

コップの茶渋のさまざまな取り方をする際にスポンジを使用することが多いですが、コップの形状によっては綺麗にすることができない場合があります。特殊な道具を使えば綺麗にすることもできますが、スポンジが届かない茶渋の取り方は漬け置きすることが一般的です。

スポンジが届かない茶渋はいつまでも残ってしまうため、完全に綺麗にすることができません。次に、スポンジが届かない場所の茶渋の取り方を紹介します。

漬け置き洗いが効果的

スポンジが届かない場所の茶渋の取り方は、上記でも紹介したように漬け置きすることが効果的です。漬け置きする場合はただの水では茶渋を取り除くことができないため、水にさまざまな成分を入れることをおすすめします。

上記で紹介した重曹などを入れて1時間ほど漬け置きし、洗い流すことで茶渋を綺麗に落とすことができます。手間がかからない茶渋の取り方でもあり時間がない人におすすめの方法です。

酸素系漂白剤がおすすめ

汚れを落とす際に漬け置きする場合には漂白剤をしようするイメージが強いですが、漂白剤には種類があることを知っているでしょうか。塩素系と酸素系の漂白剤に分けることができ、塩素系の方が強い汚れを落とすことができますが、臭いがきついデメリットがあります。

酸素系の漂白剤はきついにおいがなく、環境にも優しく、色物のコップにも使用することができ、漬け置きの取り方をする際におすすめの漂白剤です。

おすすめの酸素系漂白剤は?

シャボン玉 酸素系漂白剤 750g

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

これまで塩素系漂白剤を用いて洗濯槽のカビ取りに勤しんできましたが、 洗濯槽を覗くたびに失望に襲われておりました。

酸素系漂白剤は、環境面だけではなく身体にもよい漂白剤なため、食器などに漂白剤を使用する際には酸素系漂白剤がおすすめです。漂白剤は高いイメージがありますが、お買い得な値段設定です。そのため、家中を綺麗にすることも可能です。

めんどうな茶渋を予防する方法

頑固な茶渋の取り方8つの方法|茶渋を防ぐコツも紹介

茶渋は知らない間に付いている場合が多く、取り方を把握しても面倒に感じてしまうことが多いです。茶渋を取ることは家事の時間を大幅に取ってしまうため、他の家事が遅れてしまう原因にもなります。

面倒な茶渋を取ることがしたくない人はできるだけ茶渋が付かないように努力することが大切です。茶渋は長期間使用しているどうしても付いてしまいやすいですが、予防することも可能です。

使ったらすぐ洗うか水に浸す

お茶やコーヒー、赤ワインなどを飲んだ後はすぐに水につけるか洗うようにしましょう。すぐに水につけたり洗うことが面倒に感じてしまう場合もありますが、茶渋を取る方法を行うことを考えるとかなりを楽することができます。

使用後すぐに水につけたり洗うことでステインがコップの内側に付着する時間を与えないため、茶渋も付きにくくすることができます。お気に入りのコップを使用した際におすすめの方法です。

米のとぎ汁で茶渋を防ぐ

せっかく綺麗にした食器に再び茶渋をつけたくない場合は、米のとぎ汁を使用することをおすすめします。米のとぎ汁は米を研いだ時に出る白い水で、一般的には捨てることが多いです。しかし、米のとぎ汁に綺麗にした食器を入れて煮込むことで汚れが付きにくくすることができます。

陶器などにしか使用することができませんが、小さなヒビなども目立ちにくくすることができるため、使い古した陶器におすすめの方法です。

茶渋が付きにくい食器を選ぶ

茶渋をつけたくない場合は、使用する食器を選ぶことも大切です。茶渋が付いてしまう食器は陶器であるため、ガラス製品の食器を使用することで、茶渋を付きにくくすることができます。陶器は表面がざらざらしていますが、ガラスはすべすべしているため、茶渋が付きにくいです。

しかし、普通のガラスではレンジで温めることができないため、耐熱ガラスの食器を購入することをおすすめします。

茶渋の取り方を知って食器をピカピカにしよう

頑固な茶渋の取り方8つの方法|茶渋を防ぐコツも紹介

茶渋の取り方を知るだけで、さまざまな食器に付いている茶渋を取ることができ、食器全体を綺麗にすることができます。茶渋が付いていても衛生上あまり問題はありませんが、見た目がよくないため、綺麗に茶渋を取ることをおすすめします。

また、茶渋が付かないように努力することで、茶渋を取る苦労を軽減することができます。いままで強い洗剤で擦っていた人も今後は手間なく茶渋を落としてみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

茶渋が付いた食器を綺麗にすることができたら、キッチン周りも綺麗にしてみてはいかがでしょうか。その際には上記でも紹介した重曹やオキシクリーンをしようすることで簡単に綺麗にすることができます。

下記では重曹を使った掃除道具やオキシクリーンについて詳しく紹介しているため、参考にして家全体を綺麗にしましょう。掃除することが苦手な人でも手間なく綺麗にすることができるのでおすすめです。

Related