Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月29日

女性はノーメイクか化粧か?|賛否両論な意見11を紹介

女性であれば常に綺麗でいたいものですが、毎日のようにメイクをするのは大変です。肌への負担も気になるでしょう。女性はノーメイクの日があっても良いのでしょうか。それとも毎日メイクをするべきなのでしょうか。女性のメイクについて、さまざまな意見をご紹介していきます。

女性はノーメイクか化粧か?|賛否両論な意見11を紹介

女性はノーメイクでもいいのか

女性はノーメイクか化粧か?|賛否両論な意見11を紹介

女性はノーメイクがいいという声もあれば、ノーメイクはマナー違反だという声もあります。今回の記事では女性がノーメイクでもいいのかどうかについてご紹介していきます。皆さんは女性のメイクについてどのように考えていますか。

男性目線の意見や女性目線の意見など、さまざまな意見をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ネットで度々議論になる

女性はノーメイクか化粧か?|賛否両論な意見11を紹介

女性はノーメイクでもいいのか、化粧をするべきなのかについてはネット上でも度々議論になっています。また、ノーメイクといっても人によって基準が異なることもあります。

よくSNSにすっぴんの画像を載せる方がいますが、カラコンやまつエクをしていてもファンデーションを塗っていないければノーメイクだと捉える女性もいるでしょう。しかし、一般的には素顔そのままというイメージをもつ方が多いです。

ビジネスシーンでは化粧はマナーとされる

女性はノーメイクか化粧か?|賛否両論な意見11を紹介

ビジネスシーンでは、化粧はマナーだといわれています。女性がノーメイクで会社に行くことはマナー違反なのでしょうか。一般的な意見としては「女性はナチュラルメイクをすることがビジネスマナー」という意見が多いです。

しかし、やむを得ない事情がある場合はこの限りではありません。例えば「ノーメイクでも清潔感があれば問題ない」「肌が弱いなどの理由から化粧ができない場合は問題ない」という意見もあります。

ノーメイク女性は好きか嫌いか・意見11つ

女性はノーメイクか化粧か?|賛否両論な意見11を紹介

ここからは、ノーメイク女性が好きだという意見と嫌いだという意見をご紹介していきます。一般的に、ビジネスシーンとプライベートシーンではノーメイクがどこまで許されるのか参考にしてみてはいかがでしょうか。

意見1:すっぴんは可愛いと思う

すっぴんは可愛いと思う人もいます。こちらはノーメイクに賛成の意見です。すっぴんが可愛いと思う人は、化粧をした顔ではなく本質を見る傾向があります。また、化粧とノーメイクのギャップがいいと感じる人もいます。

意見2:メイクで全く違う顔になるのが怖い

メイクで全く違う顔になるのが怖いという人もいます。こちらはノーメイクなのか化粧をするのか統一してほしいという意見です。ノーメイクと化粧をした顔が全く違う女性を見て気まずい思いをしたことがある方もいるのではないでしょうか。

パートナーではない女性の化粧した顔とノーメイクの違いを知りたくないという人は多いでしょう。化粧で全く違う顔になることを知りたくないという心理は理解できるのではないでしょうか。

意見3:マナー違反な気がする

女性はノーメイクか化粧か?|賛否両論な意見11を紹介

マナー違反な気がするという人もいます。こちらはノーメイクに反対の意見です。女性はナチュラルメイクをすることがビジネスマナーだということは広く知られています。これは日本独特の価値観です。

フリーランスなどの個人事業主は別ですが、会社勤めをされている方は会社の規定で身だしなみの一環として、ナチュラルメイクを求められることが多いです。このことからノーメイクの人はマナー違反な気がしてしまうのでしょう。

意見4:だらしない印象がある

だらしない印象があるという人もいます。こちらもノーメイクに反対の意見です。ほとんどの会社の規定では、身だしなみの一環としてナチュラルメイクが求められます。このことからノーメイクの人にたいして身だしなみが整っていない・だらしないという印象をもってしまいます。

意見5:たまにならすっぴんも良い

たまにならすっぴんも良いという人もいます。こちらは頻度によってはノーメイクに賛成の意見です。基本的には化粧をするべきですが、たまにならノーメイクでもいいという人もいます。

例えば、体調が悪い日や寝坊してしまったときなどはノーメイクでも仕方がないと感じるそうです。

意見6:プライベートなら別にいい

女性はノーメイクか化粧か?|賛否両論な意見11を紹介

プライベートなら別にいいという人もいます。こちらもノーメイクに賛成の意見です。毎日化粧をしていると肌荒れも気になるでしょう。ビジネスシーンでマナーを守っていればプライベートシーンは気にならないそうです。

意見7:清潔感があればすっぴんでもいいのでは

清潔感があればすっぴんでもいいのではないかという人もいます。こちらもノーメイクに賛成の意見です。清潔感といっても、ただ清潔にしていればいいというわけではありません。

清潔感を意識するということは、相手に不快な思いをさせないために配慮するということです。具体的には、髪型・肌の状態・ニオイ、服装などを総合的にみて他者がどう感じるかということです。ノーメイクでも総合的に清潔感があれば問題ないでしょう。

意見8:敏感肌で化粧が出来ない人もいる

敏感肌で化粧ができない人もいることをご存知でしょうか。こちらも事情があればノーメイクに賛成という意見です。敏感肌用の化粧品なども開発されていますが、それでも肌荒れしてしまう人がいます。

普段は化粧をしていても、花粉症の方は花粉が飛散する時期になるとアイメイクができないこともあります。ものもらいができてしまうこともあるでしょう。このようにやむを得ない事情があればノーメイクでも問題ないそうです。

意見9:すっぴんが綺麗なら別にいい

女性はノーメイクか化粧か?|賛否両論な意見11を紹介

すっぴんが綺麗なら別にいいという人もいます。こちらもノーメイクに賛成の意見です。一般的にすっぴんが綺麗だと思われる条件には以下のようなものがあります。「肌が綺麗」「目の大きさ・鼻筋などのパーツバランス」「眉毛」です。

化粧をすることが負担になるのであれば、肌のケアをしっかりする・まつエクをする・カラコンを入れる・眉ティントを使うなど、化粧をしなくても綺麗にみえる状態にしておくのもいいでしょう。

意見10:せめて眉毛ぐらいは書くべき

せめて眉毛ぐらいは書くべきという人もいます。こちらはノーメイクに反対の意見です。眉毛がないと人の印象は大きく変わります。眉毛を書かなくても眉毛がある人はいいですが、ノーメイクだと眉毛がない人もいます。

アイメイクや口紅、ファンデーションは色味を調整する化粧です。眉毛は色味の調整の前に、パーツとして備わっていないと周囲の人に違和感を与えてしまいます。

意見11:女性のノーメイクは失礼

女性のノーメイクは失礼だという人もいます。こちらもノーメイクに反対の意見です。これも日本人独特の価値観だといえるでしょう。同じアジアでも、海外でこのような発言をするとびっくりされるそうです。

日本では長年、化粧をすることがマナーだという風潮があるので、現状ではこのような意見があっても不思議ではありません。

会社の規定に納得がいかないあなたにおすすめ

会社の規定で身だしなみの一環としてナチュラルメイクが求められていることにうんざりしている方は多いのではないでしょうか。仕事に行くだけなのに化粧をする意味がわからないという方は、化粧が求められない仕事を選択してみるのはいかがでしょうか。

転職エージェント「マイナビエージェント」は、数ある転職エージェントの中でもさまざまな非公開求人を扱っています。転職にお悩みの方は検討してみてはいかがでしょうか。

女性が化粧をしなければならなくなった背景

女性はノーメイクか化粧か?|賛否両論な意見11を紹介

そもそも女性は、なぜ化粧をしなければいけないのでしょうか。これには歴史が関係しています。ここからは「かつては男性もしていた」「男女の性別役割のためという説がある」という2つの項目から、女性が化粧をしなければならなくなった背景について解説していきます。

かつては男性もしていた

かつては男性も化粧をしていたことをご存知でしょうか。平安時代の貴族は権威を見せつけるためにおしろいを使っていました。当時、おしろいは高貴の象徴でした。

また、戦国時代の武士は戦に敗れた際、顔を白くすることで敵に醜い姿を見せないようにしたといわれています。その後、明治政府が文明開化と富国強兵を進めた結果、男性は化粧をしなくなったといわれています。

男女の性別役割分担のためという説がある

女性はノーメイクか化粧か?|賛否両論な意見11を紹介

男女の性別役割分担のために女性は化粧をするようになったという説もあります。明治維新によって男女の性別役割分担が国によって行われました。男性は、化粧をやめてお金を稼ぐことに専念し、女性はお金を稼ぐこと以外の部分を担当することになりました。

女性はお金を稼ぐ力のある男性にふさわしい、品格がある見た目が求められるようになりました。これには化粧も含まれています。その歴史が現代でも続いているといわれています。

女性のノーメイク論争は終わらない

女性はノーメイクか化粧か?|賛否両論な意見11を紹介

いかがでしたか。女性のノーメイク論争はなかなか終わりません。それには男女の性別役割分担を重視した時代が終わり、男女平等が重視される時代になったことが影響しているといえるでしょう。

過去の歴史を重んじる人もいれば、新しい価値観を重視する人もいます。時代の移り変わりによって女性のノーメイク論争も終わるのでしょうか。まだまだ先の話になりそうです。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

女性のノーメイク・化粧に関連する記事もチェックしてみましょう。下記の記事では「顔がかゆい時の対策10個」「まゆ毛の整え方とメイク方法」についてご紹介しています。こちらの記事も、あわせてぜひご覧ください。

Related