Logo
menu
頭の回転が速い人の14特徴|頭の回転を速くする7つの方法
更新日:2020年08月28日

「頭の回転が速い」と言われる人には明確な理由があり、それは多くの特徴に現れます。そして、誰でも訓練次第で「頭の回転が速い」と言われるようになることができます。ここでは「頭の回転の速い」人の持つ14の特徴と頭の回転を早くする7つの方法を紹介しましょう。

頭の回転が速い人の14特徴|頭の回転を速くする7つの方法

頭の回転が速いとは

「頭の回転が速い」というのは、直感がいいとか勘が鋭いということではありません。本当の頭の「回転の速さ」には、その裏付けとなる理由がちゃんと存在しています。

自分の頭の回転を速くしたいと思うのであれば、「頭の回転が速い」人の特徴を良く観察し、頭の回転を速める方法=訓練を地道に積むことが大切になってきます。

今回は頭の回転が速い人の特徴以外に、頭の回転を速くする方法についても触れていきます。
関連
頭の回転が速い人の14特徴|頭の回転を速くする7つの方法
頭の回転が遅い人の特徴7つ/原因・頭の回転を早くするコツ6つ - キャリアに関する情報ならCutee

頭の回転が速い人の14特徴

「頭の回転が速い」人には、共通する特徴があります。特徴はいずれも、頭の回転が速いことを裏付ける合理的な思考法にもとづいています。

「頭の回転が速い」人の思考法は、その特徴を観察すれば見えてきます。「頭の回転が速い」人にはどんな特徴があるのか、14のパターンを説明しましょう。

特徴1:話がどんどん広がっていく

頭の回転が速い人は話しながら、その先に話がどう展開するか、その可能性を常に考えています。つまり、頭の回転が速い人は常に会話の選択肢を複数用意して話をしているということです。ですから、彼らは次々に新しい話題を広げていくことができます。

また一つの話題から複数の話題に広げることも得意です。話題は変わっても、話の本質は変わらないため、聞いている側も理解に苦しむことはありません。

特徴2:早口

頭の回転が速い人は話す時、常に次に話すことを用意しています。話したい内容を先へ先へと用意しながら話しているため、話したい内容の情報量が多くなり、その情報量を限られた時間で相手に伝えようとするため、話し方が早口になる傾向があります。

特徴3:話の要点をすぐに理解する

人によっては、会話をするときに回りくどい言い回しをしたり、必要なこと以外の情報が多くて何を言いたいのか掴みづらいこともあります。しかし頭の回転が速い人は、相手の言いたい要点を会話の中から抜き出し、すぐに理解することが得意です。

またすぐに理解するだけでなく、それを自分なりに噛み砕いて説明することも得意としています。

特徴4:話しをまとめるのが得意

「要点をすぐに理解する」という特徴は、言い換えれば、話の中の重要な要素を把握してそれを頭の中ですばやく組み立てることができるということです。

ですから、自分が聞き手側から話し手側に回った際には、その能力が自分の話す内容をまとめることにも役立ちます。しがたがって、頭の回転が速い人は、話をまとめることを得意とします。

特徴5:決断が早い

頭の回転が速い人は、ものごとをすばやく判断する能力にも長けています。何が重要で何が不要か、メリットとデメリットの比較など、すばやく頭の中で選別できるからです。ですから、何かを決めなければいけないときに、頭の回転の速い人は、すばやく決断を下すことができます。
関連
頭の回転が速い人の14特徴|頭の回転を速くする7つの方法
優柔不断な人の特徴11コ・判断力を身につける方法6コ - 性格・タイプを調べるならCutee

特徴6:常に優先順位を意識する

話の要点をつかんだりすばやく決断するためには、何が重要であるか=物事の優先順位を理解している必要があります。頭の回転の速い人は常に物事の優先順位を意識しているから、話をまとめたり決断することが得意です。

特徴7:仕事を効率的に行う

頭の回転が速い人は、物事の優先順位意識することが得意です。仕事においても、自分のToDoリストを処理するために、優先順位をつけて作業することができます。結果的に、頭の回転が速い人は、仕事を効率良く進めることができます。

特徴8:人間関係を見抜ける

頭の回転が速い人が相手の話をすばやく理解したり、物事の優先順位を意識することができるのは、洞察力に優れるからです。

これは人間関係にも当てはまります。頭の回転が速い人は、他人の言動をよく観察し、洞察することができるので、他人同士の人間関係がどうなっているか、見抜くことができます。

特徴9:知識が豊富

物事の優先順位を考えるために必要なのは知識です。あるものの良し悪しを判断するためには、対象となるものに関する知識が必要不可欠です。

頭の回転が速い人は、物事について良し悪しの判断材料となる豊富な知識を持っています。また、知識が豊富であれば、それだけ話題を広げるきっかけが増えることにもつながります。

特徴10:自慢しない

ただ知識をひけらかして自慢しても、それ自体には何の生産性もありません。知識は実際にそれを活用して初めて意味を持ちます。

頭の回転が速い人は、そんな生産性のない=時間を無駄にするだけの行為には興味を持ちません。だから、彼らは自分の知識を自慢したりしないです。

特徴11:記憶力が良い

すばやく物事の話の要点や物事の優先順位を判断するための基準は知識です。物事の良し悪しや優先順位を判断するためには、その基準となる知識が必要だからです。

つまり、頭の回転の速い人は、瞬時に的確な判断をするために、より多くの情報を記憶しています。頭の回転が速い人が記憶力に優れていることが多いのはそのためです。

特徴12:常に情報収集している

物事を的確に判断するためには、常に新しい情報を集めることが必要です。世の中には常に新しい情報が生じており、古い知識に偏っては、物事を的確に判断することはできません。

だから、頭の回転が速い人は、自分の判断力を常時更新するために、常に新しい情報を集めることを重視しています。

特徴13:好奇心旺盛

新しい情報を知りたいと思う欲求は好奇心から生じます。なにかに興味を持ち、好奇心を抱くことで、その対象となる事柄をより知りたいという欲求が生まれてくるからです。

頭の回転が速い人が情報収集を欠かさないのは、彼らが好奇心旺盛であり、常に新しい物事に関心を持ち続けているからです。

特徴14:答えを予測できる

頭の回転が速い人は、物事に関する知識が豊富で、その知識に基づいて筋道を通し、先を予想して考えることに長けているので、会話や行動の答えをすばやく予想することができます。

そうして、瞬時に予測した答えに対し、先回りして行動できるから、さらに頭の回転が速いと思えます。

頭の回転を速くしたいあなたにサービ

頭の回転を良くするためには、よりやりがいのある職場でキャリアアップを目指すことが有効です。「マイナビエージェント」はそんなあなたに最適な、営業・エンジニア・経理などのスペシャリストを目指す方のための無料転職支援サイトです。

大企業からベンチャーまで豊富な求人案件を用意、レベルの高いキャリアアドバイザーがあなたの転職をしっかりサポートしてくれます。
マイナビエージェント

頭の回転を速くする方法

「頭の回転が速い」とは、決し生まれつきの能力で決まることではありません。

前述の事柄からわかるように、頭の回転を速くするために必要なことは「より多くの知識を持つこと」「筋道を通して考えること」「常に思考し先を予測すること」が重要であり、それらの能力は訓練することで伸ばすことができます。

普段の生活の中で、頭の回転を速くするためにできる7つの方法を紹介します、

方法1:日記をつける

頭の回転を速くする方法の基本は、物事を整理して考えることを身につける事です。そのために有効な訓練手段となるのが「日記をつける」ことです。

1日にあったことを日記として整理しながら文面にしていくことは、物事を整理して順序立てて考える良い訓練となります。また、過去の日記を読み直し、頭の中の記憶を整理しなおすことも、思考力を身につけるのに役立ちます。

方法2:普段から考える癖をつける

どんなスポーツでも、うまくなるためは日々の練習が欠かせません。同じことで、物を考える能力も、日々練習を繰り返して初めて身についていきます。普段からものごとをきちんと整理して考えるクセをつけることで、思考力は次第に向上していきます。

方法3:睡眠を十分とる

日頃考えるクセをつけても、いざという時に寝不足では思考力も働きません。睡眠不足は思考力を落とすだけでなく、身体的な健康への影響も大きく、とっさの物事に対する判断力や決断力を奪う原因にもなってしまいます。

十分に睡眠をとることも、頭の回転を速くするためには大切です。

方法4:ストレッチをする

頭の回転が速い人には、スポーツが得意な人が少なくありません。スポーツすることで、血液のめぐりがよくなり、脳に酸素が行き渡ることで脳が活性化します。つまり、頭の回転を速くするためは、体を動かすことも重要になるということです。

ストレッチなどの軽い運動でも十分効果が得られますので、習慣的に行うクセをつけましょう。
関連
頭の回転が速い人の14特徴|頭の回転を速くする7つの方法
寝る前におススメのストレッチ8つ・部分別|ストレッチの効果 - 筋トレ・ダイエット情報ならCutee

方法5:人と接する時間を増やす

スポーツやストレッチなどに並んで、脳を活性化するのに有効なことは、他人とのコミュニケーションを取ることです。他人と会話することで脳が刺激され活性化するので、頭の回転を速めるために効果が見込めます。

また、他人とコミュニケーションを取ることで、自分の知らなかった情報を得ることができるのも大きな利点です。

方法6:新しいことにチャレンジする

日常がルーチン化してしまうと、脳に対する刺激がなくなり、思考力減退のもとになってしまいます。常に新しいことにチャレンジすることを心がけることで、日常のルーチン化を防ぎ、思考力の減退を防ぐことができます。

また、知らなかったことにチャレンジすることは、それまで知らなかった知識を得るチャンスにもなりますので、頭の回転を速くすることに有効です。

方法7:脳に負担をかける

楽をしすぎると体がなまってしまうのと同じように、脳も楽をして疲れないようにしているとその働きが鈍り、思考力の低下につながってしまいます。頭の回転を速くするためには、脳に適度な負荷をかけることが大切です。

脳に負荷をかける簡単な方法としては、「倍速で音声を聞く」というのがあります。録画した番組を倍速再生で見るのが有効です。脳トレーニング用のゲームアプリをプレイするのも効果的です。

日々の努力で頭の回転が速い人に近づこう

スポーツ同様、頭の回転が速い人になるためには、日々のトレーニングが大切です。1日2日、ちょっとトレーニングをしたからすぐに頭の回転が速くなるわけではありません。頭の回転の速さは、日々たゆまぬ努力によって少しずつ、しかし確実に培われていきます。

上記に紹介しました「頭の回転を速くする方法」を継続的に続けることで、周囲の人からも認められるような「頭の回転が速い人」を目指してください。

他の能力も身につけよう

ひとつ注意したいことは、単に頭の回転が速い人になろうと努力するだけではいけないという点です。頭の回転が速くても、それを実行に移す能力がなければ宝の持ち腐れです。

頭の回転の速さを活かせる、さまざまなスキルやキャリアを身に着け、社会で活躍するチャンスをゲットしてください。
関連
頭の回転が速い人の14特徴|頭の回転を速くする7つの方法
頭のいい人の特徴11|頭がよくなる方法・3種類の頭の良さとは - cutee
関連
頭の回転が速い人の14特徴|頭の回転を速くする7つの方法
できる男の特徴9コ・持ち物と外見で見抜くポイント8コ - cutee
初回公開日:2018年10月18日

記載されている内容は2018年10月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED