Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月17日

ニートの就職におすすめの仕事6・ニートの就職の注意点

ニート期間があり就職活動をしようとすると、いろいろ考えてしまい始めの一歩が踏み出せません。そんなあなたのための就職支援施設の紹介やオススメの仕事の紹介をしています。どうしたら就職活動が上手くいくか、就職の注意点についても紹介しています。ご覧下さい。

ニートの就職におすすめの仕事6・ニートの就職の注意点

ニートが就職する準備

ニートの就職におすすめの仕事6・ニートの就職の注意点

今までニートだったけれど、心機一転就職しようにもいったい何から始めれば良いのか途方に暮れてしまいます。

今は空前の人手不足で社会復帰するには絶好のチャンスですが、社会は甘くないです。社会の荒波を渡ってゆくには自分の適性を客観的に見る必要があり、助言をしてくれる人が必要です。このページでは就職準備と就職支援施設、オススメの仕事について紹介します。ご覧下さい。

準備1「就業できる体調を整える」

ニート生活での不摂生で知らないうちに色々なところにガタが来ています。体力や筋力の低下、気力の低下などの他に運動不足による腰痛などもある人もいるでしょう。就職準備の第一歩は体を整えることです。

ストレッチや軽い運動をまず始めてみましょう。体を動かすことで気分転換になり前向きな気持ちになれます。初めは少しずつでも1週間、1ヶ月と継続が習慣化すれば自信に繋がります。

準備2「生活習慣を就業条件に合わせる」

次なる就職準備は狂ってしまった体内時計を正確にすることから始めます。人は朝起きて夜は寝るように体内システムがプログラミングされています。ニート生活を続けていると自分の好きなときに寝て好きなときに好きなときに起きるという自己中心の生活を送ってしまいがちです。

決まった時間に起きて決まった時間に寝る、毎朝朝日を浴びることで生活のリズムを整えることができます。

準備3「就職支援してくれる施設を探す」

体調と生活習慣を整えるた次のステップは、就職支援をしてくれる施設を探すことです。就職支援施設は客観的なアドバイスをしてくれます。

就職支援施設ではいきなり仕事を紹介されるわけではなく履歴書の書き方や面接の受け答えなど就職活動に必要な事を教えてくれます。自己PRや空白期間などニート生活が長ければ長いほど答えにつまりますが、答え方などアドバイスしてる頼もしい存在です。

準備4「ニートの人が働きやすい職種を選ぶ」

履歴書の書き方や面接対策の次はいよいよ求人探しです。やみくもに受けてブラック企業に突撃するようなダメージは避けたいです。ニートが働きやすい職種を選ぶには色々な人の意見を参考にしましょう。

就職支援施設をはじめネットや本などで情報を探します。知り合いがいれば話を聞いてみるのも良いでしょう。興味のある仕事や職種が見つかったら実際に自分の目で見てみる事も大事です。

ニートの就職におすすめの仕事

ニートの就職におすすめの仕事6・ニートの就職の注意点

ニートの就職におすすめの仕事を紹介します。どれも一般的にはキツイと思われている職種ですが、専門的なスキルを必要とされそのスキルを備えてされいれば実は自分にとってはラクな仕事だと思う事もあります。

就職活動では一般的な思い込みは捨てて自分に適正があるかどうかを第一に考えましょう。

スキルさえ持っていれば引く手あまたな職種のため、一度経験を積めば再就職も容易です。おすすめの仕事について仕事別に紹介します。

仕事1「介護福祉関連業」

介護職も「キツイ」「腰を痛める」などあまりよい噂の聞かない職場ですが、最近では機械化が進み、介助のキツさについても以前より改善傾向にあります。腰を痛めない介助の方法も浸透してきました。

介護職で一番大切なのは利用者さんとの関係作りです。介護福祉業界では話し上手よりも聞き上手な人が向いています。聞く事ができて辛抱強く話しに付き合える人が向いています。話上手な人よりも話しべたな人の方が信用度が増します。

仕事2「物流業」

安全に早く商品を届ける物流のトラックドライバーは運転スキルが必要とされます。目的地にたどり着くまでの最短のルートを探したり、渋滞に巻き込まれないように回避したりといった、仕事の流れの組み立ても腕の見せ所です。

大変な仕事ですが基本は一人でいる時間が多いためマイペースで仕事をする事ができます。運転する事が好きな人には天職と言っても良いでしょう。

仕事3「IT関連業」

ニートの就職におすすめの仕事6・ニートの就職の注意点

ニート生活を送っている人の中にはパソコンが得意で一日中触っていても飽きない人もいるでしょう。IT関連は納期に追われるハードな仕事ですが、スキルを身に付けるとフリーランスとして組織に縛られずに活躍する事ができます。

プログラミングは独学でも勉強する事ができますが、努力が必要です。その努力が苦にならない人は適正があると言って良いでしょう。

仕事4「製造業」

製造業と一口に言っても自動車からお菓子まで幅広いです。工場勤務の場合立ち仕事のライン作業ですが、最初はキツく感じても徐々に作業に慣れていきます。自動車メーカーの期間工は期間がきまっており手当ても充実しているためニートの社会復帰にオススメです。

仕事がキツクても期間が決まっているのでこれだけ頑張ろうと思う事ができます。期間満了まで働くと職場によっては手当てが支給されるため達成感を感じる事ができます・

仕事5「警備員」

警備員は基本的に立ち仕事ですが、施設管理などの受付業務の場合見回り以外は座って監視カメラのチェックを行うなど現場によっては緩いものもあります。ニートから就職を目指すにはいきなりハードルをあげすにまずはできそうな仕事を探しましょう。

警備員という仕事上、面接の際には職歴やニートになった経緯などを聞かれる事もあります。その場合は臆せずに正直に答えましょう。就職支援施設で面接対策をする事もお勧めです。

仕事6「デザイナーなど才能を生かした仕事」

ニートの就職におすすめの仕事6・ニートの就職の注意点

才能を生かす仕事は実力主義なためニート生活が黒歴史になりません。就職では不利とされるニートの空白期間ライフも堂々と語りましょう。何を感じ、才能を生かすためにどのような努力をしてきたのかもアピール材料です。

ネットを武器に仕事をする場合はニートも立派な職歴です。ニートがどのように就活をしてどのような仕事についたのかを発信する事も才能を生かした仕事のひとつです。

「就活準備を考えるあなたにおすすめのアイテム」

就職活動には身だしなみも大切です。就職活動準備として鞄やスーツを新調するとやる気が出ます。お値段も手ごろでかっちりとしているので面接などの企業訪問の際に役立ちます。

ニートが就職する際の注意点

ニートの就職におすすめの仕事6・ニートの就職の注意点

ニートが就職する際の注意点はニートだからと臆病にならない事です。今は売り手市場なため職種や仕事を選べば働く事ができます。若ければ若いほど社会復帰しやすいでしょう。

「やっていけるかどうか」就職する事に心配ももありますが、自分に自信を持つ事が大事です。

注意点1「就業規則をよく見る」

就業規則とは給与や休みなど、会社の規則が定められています。給料は初任給だけではなく昇給額もしっかり確認しましょう。目先の給料につられて入社しても昇給がなく、ずっと給料があがらない会社もあります。毎月の休みやお盆・正月の長期休暇は取得できるのかも確認する事ができます。

給与や休みがが好条件な会社は良い会社と言って良いでしょう。

注意点2「ブラック企業を避ける」

ブラック企業の長時間残業やパワハラが問題視されおり、ニュースでも見た事がある人がいっるでしょう。就職する際には求人票をしっかりチェックしましょう。平均年齢が若い場合は離職率が高く人の入れ替わりが激しい事があります。

そのほかにも平均勤務年数、手当ての有無、会社の雰囲気も調べる事が大切です。

注意点3「まずはアルバイトを考えてみてもよい」

ニートから正社員で働く事はハードルが高く感じます。仕事内容や人間関係などうまくやっていけるのか心配も多いです。そのような時はまずはアルバイトから始めてみましょう。

アルバイトを社員雇用する会社もあります。正社員よりもプレッシャーがない分気負いなく働く事ができます。ニートの社会復帰の手始めにまずは働いてみる事です。

注意点4「高望みをし過ぎない」

良い条件の会社は求人倍率も高く狭き門です。いくら人手不足であっても高望みをしてしまっては決まるものも決まりません。

大手企業や条件の良い会社に惹かれますが、そのような会社が必ずしも自分にとって良い会社だとは限りません。世間ではブラックといわれている業界も自分にとっては良い会社である場合もあります。仕事内容や雰囲気が自分に合っているのかも仕事を選ぶときに大切です。

意点5「自分の個性を知る」

新卒の社会人が3年以内に3割がなんらかの理由で離職しています。第二新卒という言葉があるようにもはや離職・転職はめずらしいものではありません。理由はいろいろですが仕事内容や社風のミスマッチが大きな要因でしょう。

ニートになった原因として、問題なのはあなたの社会性ではなく適正のミスマッチです。自分の個性や適正を知る事で興味のある分野も出てくるので臆せずにチャレンジしましょう。

ニートの就職支援施設

ニートの就職におすすめの仕事6・ニートの就職の注意点

ニートが就職を考える時頼りになるのが就職支援施設です。一人で就職活動を行うと情報が少なかったり自己分析が不十分だったりで失敗する可能性が高いです。

求人票を見てなんとなく応募した場合、就職が決まらずに空白期間が長期化したり入社しても自分には合わないとジレンマを感じる事があります。就職について客観的なアドバイスをしてくれる支援施設はありがたい存在です。上手に活用してみてください。

施設1「ハローワーク」

ハローワークは年齢問わず利用できる就職支援施設です。社会人経験がある人には今更感はありますが自分のスキルや経歴を客観的に評価する上でも面接対策や就職相談を利用するのも良いでしょう。

30代になると就職活動も長期化する傾向があり、ましてやニートという空白期間があるのならなおさらです。ハローワーク経由で職業訓練の申し込みもできるのでスキルアップや資格取得を目指すのも一つの方法です。

施設2「若者サポートステーション」

若者サポートステーションは18歳から39歳までの方が利用できる就職支援施設です。職業紹介だけではなく、働く事になんらかの不安を感じている人をサポートしてくれるので、ニートということに引け目を感じることなく利用する事ができます。

サポートステーションの特徴は就職してそれで終わりではなく、就職してからの仕事での悩みについても相談にのってくれます。躓いて一歩が踏み出せない人を後押ししてくれる支援施設です。

施設3「ジョブカフェ」

ジョブカフェは44歳以下の人を対象とした就職相談施設です。ニートや失業している人だけではなく、転職を考えている人も利用する事ができます。「カフェ」と名のつくとおり、オープンなスペースで他の就職支援施設よりも気軽に利用する事ができます。

またジョブカフェにある求人の詳しい情報が聞けるセミナーも開催されており、企業を知る事で仕事や社風のミスマッチを防ぐ事もできます。

施設4「パーソナル・サポートセンター」

パーソナル・サポートセンターは仕事や生活で困っている人のための支援施設です。生活に余裕がない人、例えばネカフェ難民などの就職支援の相談にも乗ってくれます。経済的にもトータルでサポートしてくれるので心強いです。

ニートでも就職はできる

ニートの就職におすすめの仕事6・ニートの就職の注意点

ニートでも就職する事はできます。はじめの一歩が踏み出す勇気のない人は資格取得などのキャリアアップを目指しても良いでしょう。面接でよく聞かれる事は「ニート期間何をしていたか」ということです。ニート期間は充電期間と捉え前向きに生活をすることが大切です。

長く働ける仕事に就こう

ニートの就職におすすめの仕事6・ニートの就職の注意点

就職準備は入念に行うほど結果に繋がります。就職支援施設やネットの就職情報などを参考にしスキルアップに努めましょう。

大切なのはこの会社で長く働けるか自分の適性を見極める事です。面接の時に「この会社で働きたい」とフィーリングがマッチする会社を見つけることが長く働ける秘訣です。

Related