Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月16日

初心者でも分かるスローガンの作り方4つ・コツやポイント

学校や企業、政党、最近では個人の間でも見かけるようになってきたスローガンですが、作ってみようとしても、すんなりとは作れなかったりします。そこで、スローガンの作り方、スローガン作りのコツ、スローガン作りで気を付けるべきポイントなどをご紹介させて頂きます。

初心者でも分かるスローガンの作り方4つ・コツやポイント

スローガンとは

初心者でも分かるスローガンの作り方4つ・コツやポイント

団体の主張を短く表した標語をスローガンと呼び、伝えたいことをキャッチコピーにしたようなものになります。

スローガンは、学校、企業、政党など、団体に限らず、個人の間でも取り入れられており、主張に対する理解や記憶などを促進するといった働きがあります。

まずは、スローガンがどういうものなのか、スローガンの作り方を知らない方のため、学校、企業、個人を例に挙げて、スローガンの例文を幾つかご紹介させて頂きます。

学校

学校では、運動会や学芸会、林間学校などといったイベントの際に、スローガンが作られることがあります。

学校のスローガンの例文は、運動会では「勝ち抜いて、その手で優勝掴みとれ」「魅せろ団結力、輝け勝利への架け橋」、学芸会では「造り出そう、劇の世界で夢と感動を」「僕らが魅せる想像力」、林間学校では「弾ける笑顔、豊かな自然、輝く思い出」など、目標に向かって頑張る子供を想像できるものが多い傾向にあります。

企業

企業では、どういった考えで、商品やサービスを提供しているのかということを伝えるために、スローガンが用いられます。

企業のスローガンの例文は、食品関係では「丈夫な骨を作る会社です」「胃袋を制するものは地球を制す」、薬品関係では「健康未来創ります」「地球をキモチいい家に」、出版関係では「最先端を人間らしく」「スポーツでもっと幸せな国へ」など、顧客へのブランディングと言えるようなものが多い傾向にあります。

個人

学校や企業などの団体だけでなく、個人でも、ご自身の意思を高めるために、スローガンを用いられている方が多く居ます。

個人のスローガンの例文は、サラリーマンでは「七転八起」「日進月歩」、スポーツ選手では「前進あるのみ」「仕事に誇りを」、学生では「夢を見るから人生は輝く」「もっとやれば、もっとできる」など、目標を掲げるのではなく、目標を達成するための意思を高めるようなものが多い傾向にあります。

初心者でも分かるスローガンの作り方4つ

初心者でも分かるスローガンの作り方4つ・コツやポイント

スローガンの例文を見て、スローガンのイメージ、スローガンの作り方が、何となく掴めてきたのではないでしょうか。

見て頂いたとおり、スローガンの作り方というは、人それぞれ異なってくるものですが、作ったスローガンの効果を充分に発揮させるためには、取り入れるべきポイントがあります。

ここでは、目標、ターゲット層、アピールポイント、ワード、おすすめのアイテムなど、スローガンの作り方をご紹介させて頂きます。

1:スローガンとなる目標を決める

まずは、スローガンの作り方の基本中の基本である目標を決めていきましょう。目標や主張が無ければ、スローガン自体が意味を持たないものになってしまいます。

「大学に合格したい」「勝負に勝ちたい」「想いを伝えたい」「イメージを良くしたい」「思い出に残したい」など、最初は漠然とした目標でも構いません。そこから、その目標を少しずつ細分化しくという作り方によって、具体的な目標を決めていきましょう。

2:ターゲット層を考える

目標を決めましたら、次は、スローガンを伝えたいターゲット層を決めていきましょう。目標と同じように、主張を伝えたいターゲット層が決まっていなければ、スローガン自体が意味を持たないものになってしまいます。

ターゲットが、自分ではなく他人の場合、そのターゲットの年齢や性格、性別、職業など、より具体的にしていきましょう。ターゲットを具体的にしていく作り方によって、より的確なスローガンを作れるようになります。

3:アピールするポイントを見つける

最初に決めた目標に対して絶対に達成したくなるようなアピールポイントを見つけ、そのアピールポイントをスローガンに取り入れることで、ターゲットに、より伝わりやすくなってきます。

ただ、ターゲットが自分ではなく、他人の場合、アピールポイントによっては、自慢として伝わってしまう可能性もありますので、アピールポイントを考える際は、ターゲットの目線に立った作り方を意識することをおすすめします。

4:分かりやすく簡潔なワードにする

スローガンは、ターゲットに伝わらなければ、全く意味がありません。スローガンを見た瞬間、ターゲットに全て伝わるように、分かりやすく簡潔なワードでの作り方を心掛けましょう。

スローガンというものは、長くなれば長くなるほど、単語が複雑であれば複雑であるほど、伝わりにくくなってきてしまいますので、色んな想いを詰め込みたい気持ちを抑えて、できるだけシンプルで短いスローガンにまとめて下さい。

スローガンの作成におすすめのアイテム

この「ポン女革命~ニッポンの女性を、タフに美しく進化させる、179のスローガン」という書籍は、タイトルのとおり、一冊の中に179種類ものスローガンが掲載されております。

あらゆるスローガンを見るということは、スローガンの作り方の参考になりますので、スローガンを作成する前などに読んで、多くのスローガンを頭に入れておくことをおすすめします。

スローガンの作り方のコツや気を付けるべきポイント

初心者でも分かるスローガンの作り方4つ・コツやポイント

スローガンの作り方には、コツのようなものがあり、このコツを上手くスローガンに取り入れていくことで、より良いスローガンになってきます。

ここでは、作成したスローガンをより良いものにしていくために、スローガンの作り方のコツをご紹介させて頂きます。また、スローガンの作り方において、気を付けるべきポイントも併せてご紹介させて頂きます。

印象に残るようなフレーズにする

多くの人から注目されるスローガンにするためには、印象に残るようなインパクトのあるフレーズを含めるという作り方が、大切になってきます。

印象に残るようなインパクトのあるフレーズが含まれたスローガンは、人の目に留まる機会も増えます。ただ、作り方によっては、伝えたい主張が伝わりにくくなってしまう場合がありますので、ご注意下さい。

心を動かすような前向きな言葉を選ぶ

スローガンというものは、自分の目標を達成するためのものや、誰かに主張を伝えるためのキャッチコピーのようなものになります。

そのため、スローガンの作り方のコツとしては、基本的に、思わず人の心を動かせるような、前向きでポジティブな内容の言葉を選ぶ必要があります。

はっきりとしない中途半端なスローガンにしない

スローガンの作り方において、シンプルで短いものにするということが挙げられますが、「幸せ」「社会」「価値」などといった、抽象的な言葉を用いてしまうと、短くシンプルだとしても、主張がハッキリと伝わらず、中途半端に伝わってしまう可能性があります。

スローガンには、抽象的な言葉は使わないで、具体的で伝わりやすい言葉を用いるようにしましょう。

将来の展望を意識して作ると良い

ビジョンや将来の展望などを意識してスローガンを作成すると、ビジョンや将来の展望などに対して、繋がる言葉が次々と浮かんできやすいので、とても作りやすくなってきます。

ビジョンや将来の展望などから浮かんできた単語を組み合わせているうちに、スローガンのヒントが見つかるでしょう。

スローガンの作り方をしっかりと覚えておこう

初心者でも分かるスローガンの作り方4つ・コツやポイント

いかがだったでしょうか。スローガンは、学校、企業、政党、個人などの主張を示す顔になるものであり、結束や目標を達成する意志などを高めてくれます。

そのため、決して安易に作るのではなく、スローガンの作り方を参考にして頂き、学校、企業、政党、個人などの主張を示す顔として、堂々と胸を張って伝えられるようなスローガンを作って下さい。

スローガンを加工する方法と使われる場面を知ろう

最後に、スローガンを加工する方法、スローガンが使われる場面など、より良いスローガンを作って頂けますように、ご参考にして頂けるような二つの記事をご紹介させて頂きます。

Related