Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月10日

頭の回転が遅い人の特徴7つ/原因・頭の回転を早くするコツ6つ

仕事の効率が悪い人、臨機応変な対応ができない人、周りに感じたことはありますか。あるいは、自分自身に感じることはありますか。頭の回転が遅いことには原因があり、改善することもできます。この記事では、頭の回転が遅い人の特徴や原因、改善策についてご紹介します。

頭の回転が遅い人の特徴7つ/原因・頭の回転を早くするコツ6つ

頭の回転が遅いとは

頭の回転が遅い人の特徴7つ/原因・頭の回転を早くするコツ6つ

頭の回転が遅いとは、思考能力や判断力が弱いことを指します。一つのことへ必要以上に時間をかけてしまったり、臨機応変な対応ができなかったりという場合には、頭の回転が遅いと言えるでしょう。自分ひとりでは自覚できないことで、他人と比べたときに初めて気が付きます。

頭の回転が遅いことにはさまざまな原因があります。その原因をつきとめれば、頭の回転を早くすることも可能です。ぜひ以下の項目を参考にしてみてください。

頭の回転が遅い原因

頭の回転が遅い人の特徴7つ/原因・頭の回転を早くするコツ6つ

頭の回転が遅いというのは、持って生まれたものではありません。個人差はあるにしても、そこにはさまざまな原因が考えられます。頭の回転が遅いと悩む前に、何か原因はないか探ってみてください。

精神的なストレスや睡眠不足など、誰もが陥りやすい状態から頭の回転が遅くなってしまうこともあります。周囲との関係性など、物事を進めていく上で欠かせないものを持っているか否かでも処理能力は変わってくるでしょう。

原因1:うつ病

頭の回転が遅い原因のひとつに、うつ病が挙げられます。うつ病とは、精神的なストレスや身体的なストレスにより脳に機能障害が起きている状態です。ものの見方が否定的になり、自分自身さえ否定してしまう思考回路が特徴で、気分的な落ち込みが脳を支配することになります。

すると、本来処理できることに対しても、脳が正しく処理をしてくれなくなり、結果として対応の遅さやミスに繋がってしまいます。

原因2:自信がない

自分に自信がないということも、頭の回転が遅いことの原因です。自身がないことによって、思考判断が鈍るためです。一つのことにうだうだと時間を使ってしまったり、決められない、迷ってしまうという状況が付きまとうでしょう。

イレギュラーなことに対しても、対応できるという自信がないために応用して考えることができず、頭の回転が遅いという評価を受けることになります。

原因3:コミュニケーション不足

頭の回転が遅いというのは、周りとのコミュニケーションがうまく取れていないことも原因として考えられます。状況の把握や対応の仕方など、周りとの連携があるほどスムーズだからです。円滑な交流があれば、分からないことに指導を受けることができる上、イレギュラーな場合にもサポートから正解を導くことができます。

コミュニケーション不足により対応のパターンが少ないことで、頭の回転が遅いとみなされてしまうでしょう。

原因4:睡眠不足

誰にでも起こりうる状態の最たるものとして、睡眠不足が挙げられます。睡眠とは脳を休ませる効果もあるため、これが足りていないと頭の回転が遅いという状態を招きます。たとえば徹夜明けでぼーっとしているなんて経験もあるでしょう。

脳が起きたままの状態で長く過ごしていれば、脳も疲れます。脳が疲れてしまえば、働きが鈍るのも当然のことでしょう。また、睡眠不足は精神にも支障をきたす場合もあり、注意が必要です。

頭の回転が遅い人の特徴7こ

頭の回転が遅い人の特徴7つ/原因・頭の回転を早くするコツ6つ

頭の回転が遅い人とは、その行動に特徴が表れています。たとえば行動が遅かったり、視野が狭かったり、話が上手く通じなかったりという状態です。

頭の中で処理する速度が遅ければ、行動として表面に出てくるものも遅いでしょう。頭が遅いという評価は専ら他人からの評価になりますが、これには環境との問題も考えられるため、深刻に考えず改善へ前向きになりましょう。

特徴1:仕事が遅い

仕事とは、さまざまな作業を状況に応じて行うものであり、取引先など他社との関係からスピードを求められることも多いでしょう。しかしながら頭の回転が遅い人では、一つの処理に時間が掛かるため、効率も悪く、総合的に仕事が遅くなってしまいます。

自分の仕事に自信が持てないが故に一つの作業に区切りをつけられずにいる場合もあれば、分からないことを自分だけで何とかしようとあらゆる方法を試しているような場合もあります。

特徴2:理解力がない

指導や単なる会話であっても、理解することには対象があります。それは、相手の言葉です。頭の回転が遅いとされる人は、相手が構成している話の内容を、自分の頭の仲で再構築することができません。状況の組み立てが苦手なので、ひとつひとつを取り上げて説明した方が良い場合も考えられます。

話し手が当然の如く話している内容に関して、頭の回転が遅い人は「それってどういうこと?」という反応になってしまうでしょう。

特徴3:言われたことしかできない

頭の回転が遅いというのは、視野が狭く応用ができないという状態も引き起こします。言われたことを理解し行動に移している段階において、他のことは目に入らないからです。ひとつのことを処理するのに一杯一杯で、「こうした方が良い」、「関連していることも処理しておこう」という発想が生まれません。

頭の回転が遅い人は任された作業を終えてもなお、状況を把握できず動くことはできないでしょう。

特徴4:創意工夫をしない

頭の回転が遅い人というのは、今ある状態が精一杯である可能性が高いです。現状の処理に脳が追われてしまい、そこから工夫を凝らすことにまで至りません。

物事の処理をスムーズに行うことができれば、改善点やより良くする方法が見えてくることもあるでしょう。しかし、頭の回転が遅いと、次のステップを考える余裕を持つことができません。

特徴5:融通が利かない

頭の回転が遅い人の特徴7つ/原因・頭の回転を早くするコツ6つ

融通が利かないとは、一つのパターンしかしない、柔軟性のないことを意味します。頭の回転が遅い人にはこの性格が表れやすいです。頭の回転が遅い人というのは、今ある状態がすべてであり、他の可能性を理解することができません。

別の手段もあり得るという可能性を見ることができず、現状で理解していることでのみ対応することが多いです。

特徴6:忠告を聞かない

「融通が利かない」ということにも通じますが、頭の回転が遅い人には忠告を聞かないという特徴も見られます。忠告を聞かないことが融通のなさにも繋がっているでしょう。

より良く変化するということが理解できないために、忠告を聞こうとはしないでしょう。その忠告や助言によってどのように現状が変化するのかを想像できず、同じ場所から動くことができません。

特徴7:視野が狭い

頭の回転が遅い人とは、一つのことに集中して物事を処理する傾向にあるため、視野が狭くなっています。別の方法、ベターな可能性を考えることができません。今向き合っている物事が全てであり、その先にあるであろう変化を見つけることができずにいるでしょう。

次のステップにまで脳を働かせる余裕がないからです。

頭の回転を速くするアイテム

頭の回転が遅いと評価され、悩んでいるという人もいるでしょう。頭の回転は自分の力で改善することができます。ここでは、頭の回転を速くする方法について記載している書籍をご紹介します。

「頭の回転を速くする45の方法 (ディスカヴァー携書)」は、人の成果とは知能やスキルではなくそれらを運用する「頭の土台の性能」に基づいているという理論の下、ビジネス思考の「型」を教えてくれます。

頭の回転を早くするコツ6こ

頭の回転が遅い人の特徴7つ/原因・頭の回転を早くするコツ6つ

頭の回転が遅いことは、今更直せないと諦めていませんか。実はそんなことはありません。原因はさまざまあれど、習慣によって自分自身を変えていくことは可能だからです。たとえば身体はトレーニングによって鍛えることができますし、ダイエットによって痩せることも可能です。

脳の働きも同じように、習慣的な意識によって回転速度を鍛え上げることができます。すぐに効果を得ることは難しいですが、意識するだけで変わります。

コツ1:周りをよく見る

まずは、物理的に視野を広げてみましょう。周りの状況を把握する能力は、物事を処理するにあたって大いに役立ちます。どこがどのような状況で、何を必要としているのか、その中で最も解決を急ぐのは何か、周りを見渡すだけでも多くの情報が入ってくるでしょう。

自分がやっている作業が周りとどのように関連しているのかを考えれば、その作業の意義のや立体的な構想ができるようになります。

コツ2:考えるクセをつける

言われたことだけをやっていては、頭は働きません。決められて動きだけの作業では、頭の回転は鈍くなっていくだけでしょう。たとえば何かひとつの作業を行うにしても、この仕事はどんな役割を担っているのか、他の仕事との中でどの位置にあり、どう関連していくのかを考えることで仕事の内容は違って見えてくるはずです。

役割や目的が見えるようになれば、効率の良い方法やより良い別の手段を考えることもできるようになります。

コツ3:新しいことに挑戦する

同じことの繰り返しでは、頭の働きは鋭さを失ってしまうでしょう。活用しなければ衰えていくのは、身体も脳も同じです。頭の回転が遅いからと、新しいことを恐れていてはいけません。何か始めてみたいと思うのなら、思い切って始めてみましょう。

新しいことが脳を刺激し、新鮮な環境があなたの意識も一新してくれるでしょう。初めてのことならできないことが多くて当たり前です。頭の回転など関係なく、楽しむことを考えましょう。

コツ4:コミュニケーションを多くとる

人とのコミュニケーションは脳を働かせる運動にもなります。相手の話を理解しようとすることです。隅々まで理解する必要はありません。なんとなく、相手の表情や語り口から状況をつかんでいくだけで粗方問題ないでしょう。

また、人との交流は視野を広げることや、お手本を得ることにもなり、行動そ取る上ではとても大切です。深い交流ではなく、簡単な交流を数多くこなすことから始めましょう。

コツ5:本を読む

本を読むことは、ただ文字を追うだけのように見えて、実はとても脳を働かせる行為です。文字から状況を思い浮かべたり、人物の心情を考察したり、その後の展開を想像したり、脳はとても多くのことを処理しています。

頭の回転が遅い人にとっては、内容を理解するのに時間がかかるため、難しいと感じられる場合も多いでしょう。自分の好きなジャンルから、読めそうな量から、無理なく楽しんで読める本を探すことが大切です。

コツ6:頭を使う遊びやゲームをする

遊びやゲームの中にも、頭を使うものは多くあります。カードゲームにしても戦略を組み立てる想像力が必要ですし、パズルゲームでは先を読んで組み立てる能力が必要です。ルービックキューブを素早く揃えることができる人は、どの色がどう動くべきかを頭の中で瞬時に計算できると言われています。

ゲームひとつでも考える力を培うことは可能です。できないから諦めるのではなく、どうしたらできるのかを考えるようにしましょう。

人は努力すれば変われる

頭の回転が遅い人の特徴7つ/原因・頭の回転を早くするコツ6つ

いかがでしたか。この記事では頭の回転が遅い人の特徴や原因、改善策について考察しました。

頭の回転はうまれ持った才能ではありません。人は多くの分野において、変化・成長することができます。全て自分の努力次第です。現状がこれまでの積み重ねでできているなら、これからの積み重ねによってはなりたい自分を作ることもできるでしょう。

簡単なことではありませんが、可能性があるということは知っていてください。

頭の回転の早さチェックをしてみよう

あなたは自分の頭の回転が速いか遅いか、把握していますか。他人から評価されるものであって、これを自覚するのは難しいでしょう。仮に他人が評価を下していようと、それが直接耳に入ってくることはまずありえません。

自分の頭の回転が速いか遅いか、診断を受けてみるのも良いでしょう。気になる方は、ぜひ以下の記事もご覧になってみてください。

Related