Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月06日

産前休暇の取得方法・期間|産休前の挨拶用おすすめのお菓子5つ

働いている女性が出産する際には、産休という休暇を取得できるようになっています。多くの方に知られている産休ですが、いつから取得することができるのか、はっきりとしたことを知っている方は多くはないのではないでしょうか。ここでは、産休について詳しく説明いたします。

産前休暇の取得方法・期間|産休前の挨拶用おすすめのお菓子5つ

産前休暇とは

「産休」という言葉は、多くの方に知られている休暇制度で、実際に使用している方が周りに多くいらっしゃるでしょう。産休には、出産予定日の6週間前に取得できる産前休暇と、出産の翌日から8週間に取得できる、産後休暇があります。これらの産前休暇と産後休暇を合わせたものが、一般的に産休と呼ばれています。

同じ産休でも、出産前に取得できる休暇と、産後に取得できる休暇は分けられています。

産前休暇の取得方法

先ほど説明した産前休暇とは、出産前に取得することができる、休暇制度です。産前休暇については、出産予定日の6週間前から取得することが可能です。正社員や契約社員、派遣社員、パート社員など、雇用形態について、制限は設けられていません。また、双子以上の多胎妊娠については、出産予定日の14週間前から産前休暇を取得することができます。

これは、妊婦さんの負担を考えられた期間です。

産前休暇を取らない人もいる?

現在、産前休暇の制度については、どの雇用形態の方も制限なく取得することが可能となっています。しかし、実際は産前を取りにくい雰囲気にあることや、育休との兼ね合いで休むことを懸念し、産前休暇を取得しない方が多いというのが現状です。

体調が悪くなって、働くことに対してドクターストップが出てしまった、などとはっきりとした理由のある場合に取得される方が多いのではないでしょうか。

産前休暇はいつからいつまで?

産前休暇の取得方法・期間|産休前の挨拶用おすすめのお菓子5つ

出産前に与えられる産休の産前休暇ですが、産前休暇はいつからいつまでなのでしょうか。産前休暇については、出産予定日を基準にした、6週間前から取得可能となっています。出産予定日は、あくまでも予定です。出産が遅れた場合でもそのまま休暇を取得することができますので心配はありません。

産前休暇の手続きについては、会社の規約によって異なります。なるべく早く手続きをしてもらえるように、事前に相談しておきましょう。

公務員の産前休暇期間は?

公務員の場合の産前休暇の期間については、一般企業の方とは異なっています。公務員の産前休暇は、出産予定日の8週間前からとなっており、一般企業の産前休暇よりも少し期間が長くなります。また、産休の期間についても長く、育休も含めて3年間となっています。また、特別給与も支給されることになります。

産前休暇中は給与はもらえるの?

では、産前休暇中には、給与の支給はあるのでしょうか。一般的に、産前期間中の給与の支給はない場合が多いでしょう。産前休暇についての法律は定まっていないため、各企業の規定や規約によって給与の支給は異なります。しかし、産前休暇中に給与の支給があるという企業は、あまり多くはないと言えるでしょう。

ボーナスはもらえるのか

前の項目で給与の支給について説明しましたが、ボーナスについてはどうでしょうか。ボーナスについては、各企業によってさまざまです。産前休暇を取得するタイミングでボーナスが支給される企業もあれば、出産した後にボーナスが支給される企業もあります。この点については、会社によって異なりますので、産前休暇を取得する前に、会社へ確認することが必要です。

社会保険料は?

産前休暇中の社会保険料については、産休中も社会保険料を納めなければならず、負担となっている家庭もありました。しかし、2014年4月から、産前産後休業期間の社会保険料は免除となりました。社会保険料が免除されることで、負担が減ったという家庭も多いのではないでしょうか。住民税や他の税については、免除されることはありませんので、注意が必要です。

有給と産前休暇を組み合わせることは出来るの?

企業に勤めていると、年単位で有給を取得することができます。産前休暇中は給与の支給がないため、有給を消化するためにも、産前休暇と有給を組み合わせたいと考える方もいらっしゃるでしょう。

産前休暇中は有給・無休であることについては、とくに決まった決まりがあるわけではありません。会社の規定や規約によって異なりますが、一般的には有給と産前休暇を組み合わせても問題はないでしょう。

産休を取得するあなたにおすすめのアイテム

現在では、産休・育休を取得して会社に戻ってくる女性が多くいらっしゃいます。しかし、産休を取得する女性の多くは、とても不安を抱えて会社を休んでいる方が多いことをご存じでしょうか。これから産休を取得する女性に、会社から求められる人材とはどのようなものかを、詳しく紹介した1冊です。

産前休暇で貰える手当は?

産前休暇の取得方法・期間|産休前の挨拶用おすすめのお菓子5つ

産前休暇が、出産予定日の6週間前から取得することができる制度だということはわかりました。では、産前休暇中にはもらうことのできる手当はあるのでしょうか。産前休暇でもらうことのできる手当について、以下の項目で詳しく紹介いたします。これから産前休暇を取得する予定のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

出産手当金

会社員の女性の場合、各種組合から出産手当金という手当が支給されます。公務員の方も同じように、出産手当金の支給はあります。出産手当金の支給額については、標準報酬日額の2/3に相当する額が支払われるようになっています。ここでいう「標準報酬日額」というのは、これまで月々に支払われてした給与の金額とお考えください。

出産手当金を貰える時期

出産手当金をもらうことのできる期間は、いつ頃なのでしょうか。出産手当金については、申請後、長ければ3ヶ月程度かかってしまうこともあるでしょう。産前休暇に入ったからといって、出産手当金をすぐに支給されるわけではありませんので、注意が必要です。

出産手当金をあてにしていると、支給がいつになるか分からないため、必要に応じて少しばかり貯金しておくことが必要でしょう。

出産手当金の計算方法

出産手当金がいくら支給されるのか、とても気になる方は多いのではないでしょうか。出産手当金には、支給額の計算方法があります。出産手当金=標準報酬月額の平均÷30日×2/3×休んだ日数このような計算方法で、出産手当金を知ることができます。自分の出産手当金の支給が知りたい方は、ぜひこの計算方法で計算してみてください。

産前休暇前の挨拶用のおすすめのお菓子5つ

産前休暇の取得方法・期間|産休前の挨拶用おすすめのお菓子5つ

出産の際に産休を取得する場合には、しばらくの間、職場を離れることになります。産休に入る前には、職場の方々へきっちりと挨拶をすることが礼儀です。

挨拶の際に配るお菓子は、仕事中でもすぐに口に入れることができる、クッキーやチョコレート、マドレーヌなどが人気です。スーパーのものは避けるようにしましょう。また、配りやすい個包装のお菓子をおすすめします。お菓子にメッセージを添えるのも良いでしょう。

おすすめのお菓子5つ
クッキー
チョコレート
マドレーヌ
ようかん
せんべい

挨拶と配るタイミング

では、産前休暇に入る前に行う挨拶や、お菓子を配るタイミングはどのようなものなのでしょうか。基本的に、お菓子を配りながら挨拶を行うのは、出勤最終日です。さらに、業務時間外の昼休みにお菓子を配るとよいでしょう。職場の雰囲気に合わせて、挨拶に行くようにしましょう。

産前休暇前に挨拶まわりをしておこう

産前休暇の取得方法・期間|産休前の挨拶用おすすめのお菓子5つ

産前休暇は、出産予定日を基準にした6週間前から取得可能な休暇となっています。社会保険料は免除されるため、社会保険料の負担を感じることなく、出産を迎えることができます。産前休暇を取得する際には、出産といえども、休暇を取得し、同じ部署の方々へ迷惑をかけてしまうので、休暇前に必ず挨拶まわりを行うことが大切です。

気持ちよく産前休暇を迎えることができるようにするためにも、職場の挨拶まわりは欠かせません。

逆に産休へ入る人へのプレゼントもチェックしよう

現在では、妊娠をしても会社を続け、出産・育児を経験し、再度仕事に復帰する女性が多くみられます。そのように、産休を取得する方へ、何かプレゼントをして送ってあげるのもよいでしょう。

産休へ入る方へのプレゼントは何が良いのか、職場の方と話し合い、気持ちよく送り出すことができるようにすれば、産休へ入る方も復帰しやすくなるのではないでしょうか。出産後に必要なものや、ベビーグッズなども喜ばれるでしょう。

Related