Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月18日

頭の悪い人の特徴12・頭が悪い人の頭がよくなる方法

頭が悪い人は、自分が困るだけでなく周囲の足を引っ張ることもあります。頭が悪い人のなかには、状況を改善したいと思っている人もいるでしょう。この記事では、頭が悪い人の特徴や改善方法を紹介します。自分を変えたいと思っている人は、ぜひ読んでみてください。

頭の悪い人の特徴12・頭が悪い人の頭がよくなる方法

頭が悪い人が周囲に与える影響

大きな声ではいいにくいでしょうが、あなたの周りには、頭が悪い人がいますか。頭が悪い人は、まわりを振り回すことがあります。

会社などのグループでみんな一つの目標に向けて動いているときに、一人の頭が悪い人がまったく別の方向に向かって動いていると、効率が落ちてしまいます。時にはグループに損害を与える場合もあります。頭が悪い人が周囲に与える影響について説明します。

影響1「物事の進行を妨げる」

頭が悪い人は、物事の進行を妨げます。うっかりミスが多く、まさかと思うトラブルを引き起こすことで周囲の足をひっぱります。頭が悪い人のミスは、他の人から見ると想像もつかないミスの場合もあります。周囲が気を付けていてもミスが防げず、余計なストレスを与え続けます。

影響2「無駄な時間を増やす」

頭が悪い人は、自分が正しいことをやっていると疑いません。的外れなことに時間を費やし、本来やるべき仕事をないがしろにしがちです。他の人が指摘できればよいのですが、頭が悪い人は、自分が正しいという思い込みが強いために話を聞き入れないこともあります。会社では、指示を聞かない人を重要なポストから外すこともあります。

影響3「イライラさせる」

頭が悪い人に振り回されて、周りはイライラします。頭が悪い人の犯したミスの、尻ぬぐいをさせられることもあります。お得意様に対して失礼なことをした際は、本人に代わって謝りに行かされる場合があります。また、ミスを挽回するために予期せぬタイミングで残業を強いられる場合もあります。

頭が悪い人はまったく自分が悪いと思っていないことすらあるので、周りの人はイライラがつのる一方です。

頭が悪い人の特徴

頭の悪い人の特徴12・頭が悪い人の頭がよくなる方法

頭が悪い人の特徴を説明します。頭が悪い人は、周りに多大な影響を及ぼします。本人には反省する気持ちがないことも多いので、成長させることは難しいです。部下に頭が悪い人がいた場合、どのような言い方で指導するか悩ましいことがあります。

特徴1「理論的に考えない」

頭が悪い人は理論的に考えません。ほぼ直感で生きており、理論的に考えることを重視しません。プライベートな場合は本人の思うがままで構わないのですが、頭が悪い人は仕事でも自分の直感で行動します。理論的に考えないので、安心して仕事をまかせることができません。

結果的にルーティンワークばかり頼むことになりますが、頭が悪い人はなぜ自分が重要なポストにつけないかわかりません。

特徴2「客観性がない」

客観性とは、あらゆる面から物事を見たり考えたりできる能力です。頭が悪い人は、客観性がありません。自分が思いつく狭い範囲のなかで物を考え、他の人がどのように思うか考えません。客観性がないので、他の人の気持ちも想像できないことが多いです。他の人も自分と同意見であると決めつけていることすらあります。

特徴3「思い込みが激しい」

頭が悪い人は、最初に思いついた考えを曲げようとしないことがあります。最初に思いついた考えは、理論的に導き出したものではないため間違っていることが多いです。親切な他人が忠告してくれても聞き入れません。まれにですが、思い込みがたまたま的中する場合があり、自信を強めてしまうことにつながります。

特徴4「決めつけが激しい」

頭が悪い人は、思い込みも同様、決めつけも激しいです。自分が気に入らない人の意見は、聞き入れません。自分がうっすら正しいと思った意見でも、やっぱりこの人のいうことだから間違っているに違いないと否定してしまいます。

決めつけが激しいと、本人も損をすることがあります。例えば、相性がいい人の言うことは闇雲に受け入れるので、信用詐欺にひっかかることがあります。

特徴5「同じミスを繰り返す」

頭が悪い人は同じミスを繰り返します。実際の能力以上に、自分はできると勘違いしています。なお、自分の犯したミスはそれほど重要だとは考えません。一度教えたことを何回も聞きに来ることがあり、自分が成長しようとしません。周囲としては余計な手間が増えるのでイライラがつのります。

特徴6「集中力がない」

頭が悪い人は、集中力がありません。集中力がないので、勉強や仕事の効率が悪いです。集中力がないので、堂々と仕事中にスマホをいじったり、休憩回数が多いことがあります。集中力を欠く人が職場にいると、職場全体の士気が落ちます。頑張って仕事に集中しようとしているときに無駄話をしかけたりして、無意識に足を引っ張ります。

特徴7「機転が利かない」

頭が悪い人は機転がききません。言われたことしかできないので、気が利かない人だと思われていることがあります。何か書くものはあるかと聞かれた時に、ペンと紙を渡す人がいるのに比べ、頭が悪い人はペンか紙の一方しか渡さないことが多いです。

機転が利く人が相手の場合は、最小限のことを説明するだけでうまく対応してくれます。一方で、頭が悪い人が相手だと、一から十まで説明しないと意図したとおりに動いてもらえません。

特徴8「応用できない」

頭が悪い人は応用力がありません。仕事などでトラブルが起こった場合、今までの経験を組み合わせると、解決できる場合があります。ところが、頭が悪い人は有益な経験同士を結び付けられません。自分の体験一つ一つを軽く扱っているため、ここぞという機会に活かせないこともあります。

特徴9「想像力がない」

頭が悪い人は想像力がありません。想像力がないため、起こりうるトラブルが予想できません。

自分が想定していなかったトラブルが起こることが多い上に、臨機応変に対応できません。結果としてどうにもならず、行動を放棄することがあります。例えば、仕事でお得意様に商品を売り込むときに、質問がくることを想定していないためにうまく営業ができません。災害など緊急事態で、自滅するタイプでもあります。

特徴10「優先順位がつけられない」

頭の悪い人の特徴12・頭が悪い人の頭がよくなる方法

頭が悪い人は、優先順位を理解できません。とにかく目についたことから作業を始めようとします。優先順位を考える時は、重要性と納期の2つのポイントから決めます。頭が悪い人は、重要性を判断できないことが多いです。納期が早いことはわかりやすいため取り組めるのですが、重要な仕事でも納期があいまいなものは、手をつけるのが遅れがちです。

特徴11「同じことを何度も質問する」

頭が悪い人は、同じことを何度も質問してしまいます。相手に同じことを説明させるのは大変迷惑をかけることですが、頭が悪い人は悪気がありません。メモをとっていれば解決する場合がありますが、自分の記憶力を過信して、メモを取る気がない人もいます。また、要領を得ないメモのため後から見返してもわからなかったり、メモ自体なくしたりと管理能力が欠けています。

特徴12「言動や行動が的外れ」

頭が悪い人は、言動や行動が的外れなことが多いです。大事な会議をしていても、頭が悪い人が絡んでいると、話がそれやすいです。自己顕示欲のため、よくわかっていない議題でも、とにかく発言する人もいます。

疑問に思ったことを質問をするのは良いことですが、だらだら話を引きのばし、会議を長引かせることもあります。いまさらそんなことを聞くのかと、周りが呆れても気にしません。

論理的に考えるコツを知りたい人はこちら

これまで考え方を学んだことや、考え方を意識したことがない人もいるでしょう。きちんと考えているような気がしていても、実は感覚で動いている人もいます。考え方に自信がない人や、論理的に考えるコツを知りたい人は読んでみましょう。

頭の良さは学歴に関係するか

頭の良さは学歴と多少は関係します。頭がいい人は、蓄えた知識をアウトプットすることに長けており、情報処理能力・問題解決力・対人関係力に優れています。知識量だけでは頭が良い人にはなれません。優れた学校を卒業した人でも、対人関係が苦手であったり臨機応変な行動がとれない人もいます。学歴だけで頭の良さを測ることはできません。

頭が悪い人の頭がよくなる方法

頭の悪い人の特徴12・頭が悪い人の頭がよくなる方法

頭が悪い人でも、頭の良い人の真似をすることによって、考え方や行動を改善することができます。自分が正しいという思い込みが強い人は、素直な気持ちで周りを見ましょう。自分に忠告をしてくれる人があれば、耳を傾けましょう。頭が悪いというのは思い込みな場合もありますが、謙虚な気持ちは大切です。

方法1「自分自身で考える習慣づけ」

自分自身で考える習慣をつけましょう。頭が良い人は、なんでも自分で考えてみるようにしています。マニュアル人間と呼ばれる人は、マニュアルがなくても行動できるように、作業の意味を考えることが必要です。自分で考えることで応用力がつき、臨機応変にふるまえるようになります。

方法2「メモをとる」

メモをとりましょう。メモをとることで、何回も同じことを聞くのを防ぎ、ミスを減らすこともできます。メモをとったら、記憶力が新しいうちにきれいにまとめ直したりして、適切に管理することも大切です。仕事に関する内容は、紛失するとセキュリティ問題になることもあるので、注意して管理しましょう。

方法3「知識を身につける」

知識を身に付けましょう。ジャンルを問わず本を読んだり、ニュースを見ることで、客観的に物事を考えられます。頭が良い人は、学力や社会状況以外にも、あらゆる趣味に詳しいことがあります。話していて面白いと対人関係も良好になります。

方法4「周囲を観察し良い点を応用する」

周囲に頭が良い人がいれば、その人を真似しましょう。頭が良い人を見ていると、見習うべき行動がわかります。可能ならば、頭が良い人と話してみましょう。頭が良い人は筋の通った話し方をします。相手の聞きたい情報を察知して効率よく説明する一方で、聞きたい情報を得ることにも長けています。

方法5「簡単に諦めない」

最後に、簡単に諦めてはいけません。頭が悪い人は、これまで自分の行動に何も疑問を持っていないことが多いです。最初のうちは、苦労が多くつらくなることが多いでしょう。謙虚な気持ちで努力するうちに、頭の良い人がする考え方や行動に近づいていきます。

意識的に改善をして頭の良い人になろう

頭の悪い人の特徴12・頭が悪い人の頭がよくなる方法

頭が悪い人は、意識的に改善すれば頭の良い人に近づけます。謙虚な気持ちで、周りの意見を聞いてみましょう。頭のいい人になる一歩は、自分の思い込みにとらわれず、周りの声を聞くことです。頭が良くなることで仕事の効率が上がり、周りからの信頼も得られます。対人関係も良くなり、仕事も日常生活も有意義なものになっていきます。

頭のいい人の特徴を知ろう

頭のいい人を真似したいと思ったら、まず頭のいい人の特徴を知りましょう。頭のいい人は論理的であったり冷静であったりいくつか特徴があります。自分の目標となる人を見つけることが、頭が良い人になる第一歩です。

Related