Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月04日

社会不適合の特徴11・社会不適合者に向いている仕事

社会のルールは誰に言われなくても守ることが常識とされていて、社会のルールに従わない人は常識のない人と思われることがあります。ですが、中にはどうしても社会のルールが自分の考えに合わなくて、従えない人もいます。このような人は社会不適合者と呼ばれることがあります。

社会不適合の特徴11・社会不適合者に向いている仕事

社会不適合者とはなにか

社会不適合の特徴11・社会不適合者に向いている仕事

社会で生活をするためにはルールがあります。このルールは社則や法律などのように、誰かが管理して、守らないと罰則があるわけでもありません。

しかし、社会のルールは誰に言われなくても守ることが常識とされていて、社会のルールに従わない人は常識のない人と思われることがあります。また、中にはどうしても社会のルールが自分の考えに合わなくて、従えない人もいます。このような人は社会不適合者とされることがあります。

社会不適合という病名はない

身体的特徴や病気などで社会のルールを守ることが難しい人もいます。しかし、そのような人たちも何とか社会で生活できるように努力をしています。なので、このような場合は当然ながら社会不適合者には当てはまりません。

社会不適合者の人は自分が社会のルールを守れる状況になりながら、そのルールを守らない人のことを主に指します。なので、社会不適合というのは病名ではありません。

社会不適合者の11の特徴

社会不適合の特徴11・社会不適合者に向いている仕事

社会不適合者は社会のルールを守れる状況でありながら、そのルールを守れないことを指します。社会不適合者が社会のルールを守れないのは、その社会不適合者が持つ特徴や性格が原因となってしまっている場合もあります。

社会不適合者は遅刻をしない、やるべきことをやる、他人の気持ちを考えるなどのルールを守らないため、注意をしないと本人にとっても、近くにいる人にとっても、面倒な状況を招いてしまいます。

特徴1「ルールに従えない」

ルールを作る理由の1つには、多くの人を迷うことなく行動をしたり、間違った判断をしないようにするということがあります。そのため、ルールは不特定多数の人に向けて作られます。

しかし、多くの人に適用させるためには個人の個性や主張を配慮することはできません。そのため、ルールが合わずに我慢をしながら従っている人もいます。ですが、社会不適合者の中には作られたルールが自分に合わないと反発して従わない人がいます。

特徴2「人間不信である」

社会のルールのように誰かが決めたわけではないルールもあれば、社則や法律などのように、人を従わせるために、誰かが作ったルールもあります。人が作ったルールでも、立場や状況などによって守らなければいけません。

しかし、社会不適合者の中には、極度の人間不信である人もいます。そのため、作られたルールに従うことに恐怖や反発を感じる場合があります。また、このようなタイプは上司や先輩などの指示も受け入れられません。

特徴3「人を見下す」

社会不適合者の中には、能力が高すぎてルールが守れないという人もいます。能力が高すぎると、自分であればこうするなどの改善点をルールから見つけたりします。すると、自分のやり方を通してしまうため、ルールを破ることになります。

また、上司や先輩などの目上の人から指示を受けたとしても、自分の方が能力が高いということで、自分の方が正しいと思って指示通りに動かないことがあります。

特徴4「虚言壁がある」

社会不適合者の中には、周囲からの印象を非常に気にする人がいます。そのため、周囲からの印象や評価を気にするがあまり、大きく話しを盛ってしまったり、嘘をついてしまう場合があります。

虚言と気がつかずにその言葉を信用してしまった人は、その人を過大評価してしまうことになります。しかし、虚言はすぐにバレてしまいます。すると、相手にガッカリされてしまうだけでなく、信用も失ってしまいます。

特徴5「極端に時間にルーズ」

社会不適合の特徴11・社会不適合者に向いている仕事

社会のルールで基本的なことに時間を守ることがあります。友人との遊びの約束に遅刻をしたときには謝って許してもらえれば、問題になることはありません。もし許してもらえなくても自分の友人が減る、印象が悪くなるなどの自分の責任の範囲で終わることが多いです。

しかし、仕事ではそうはいきません。仕事で時間を守れない人は仕事ができない人の定番とされています。その仕事での遅刻までも社会不適合者は頻繁にしてしまいます。

特徴6「面倒なことから逃げ出す」

社会不適合者はとにかくストレスから逃げようとします。ですが、ストレスに弱いというわけではありません。単に、ストレスによって面倒な思いをすることが嫌なだけで、なるべくストレスを避けようとします。

そのため、仕事で少しでも嫌なことがあると、その原因の話しを自分の中で大きな問題に盛って、仕事を辞めるきっかけにしてしまいます。

特徴7「自意識過剰」

社会不適合者の中には、能力が高すぎることで社会に適応できないという人もいます。しかし、このような人は稀です。たいていは自分は能力が高いと思っているのは自意識過剰であることが多いです。

そのため、周囲の評価と自己評価に大きな差があることに納得ができずに、不満を感じていることが多いです。なので、不満を解消するために、すぐに転職などで環境を変えたりします。しかし、評価は変わることはありません。

特徴8「自分を過大または過少評価」

上記で述べた通り、社会不適合者は自意識過剰になることで自己評価が高くなってしまい、周囲の評価に不満を感じることがあります。逆に、社会不適合者の中には、自分に自信がなさすぎて過小評価しすぎる人もいます。

自分を過小評価をしすぎることで、できるだけ自分は何もしない方が良いと考えてしまうようになります。そのため、仕事すらできないと感じてしまうようになる場合もあります。

特徴9「コミュニケーションが苦手」

人とのコミュニケーションが苦手という人は多いです。人と接することで大きなストレスを感じてしまい、何もできなくなってしまう人もいます。このような場合は、本人ではどうもできないので社会不適合者ではないこともあります。

しかし、単純に会話のキャッチボールが苦手で、他人との会話を避けたいだけの場合は、嫌なことを避けているだけなので、社会不適合者の可能性があります。

特徴10「だれにも出来ることができない」

社会不適合の特徴11・社会不適合者に向いている仕事

基本的な能力が低いことで、誰にでもできることができないという人もいます。このような人は、何をしても恥をかいてしまうということで、自信を失ってしまって何もできなくなってしまうことがあります。

このとき、できることだけでもしようと考えたり、落ち込みが一時的なものであれば社会不適合者ではありません。しかし、最初から自分は能力が低いからと何もしない人は社会不適合者の可能性があります。

特徴11「自己中心的」

単純に自己中心的な考えをしている人は、ルールではなく、自分で作った勝手なルールに従うことがあります。また、すでにあるルールを自分の都合の良いように解釈をして、自分勝手な考えをしてしまうこともあります。

このような人は周囲が認知しているルールとは全く別の動きをするため、全体の流れをよく混乱させてしまいます。

学校では学ばない世の中のルール

社会不適合者の中には、能力が高い人もいます。しかし、周囲の人たちと足並みが揃えられなかったり、社会のルールに従えなかったりするために、本人にとっては非常に息苦しく感じながら生活をしていることがあります。

これらは、学校の授業などでは習わないことです。学校で習ったことには適応できますが、習わなかったことに対しては適応できないという人は意外と多いです。なので、世の中のルールの仕組みを知ることも大切です。

社会不適合者の就活事情

社会不適合の特徴11・社会不適合者に向いている仕事

社会不適合者には多くの特徴が見られます。就職の面接官は人を見るプロです。なので、社会不適合者の特徴を多く見つけてしまうと、マイナスの評価が大きくなってしまい、採用までたどり着けないことがあります。

また、就職ができても、仕事の場面で社会不適合者の特徴によって、うまく仕事ができなかったり、周囲に迷惑をかけてしまいます。社内で肩身の狭い思いを感じると、社会不適合者はすぐに仕事を辞めてしまったりします。

社会不適合者に向いている仕事5選

社会不適合の特徴11・社会不適合者に向いている仕事

社会不適合者はその特徴から、就職が難しくなってしまったり、職場で肩身の狭い思いをしてしまうことがあります。社会不適合者は人やルールが苦手なため、基本的には単独でできる仕事の方が向いています。さらに、作業ペースなども自分で決めることができるような仕事であれば、なお良いでしょう。

仕事1「フリーランサー」

もし、何らかの技術を身につけているのであればフリーランスという仕事をしても良いでしょう。フリーランスは自分の技術を売る仕事のため、1人で仕事をすることができます。また、仕事の量も自分で調節できます。

自分で事務所などを構えたり、自宅を事務所として使ったりして、営業をする人もいますが、ネットのクラウドソーシングなどを利用して仕事を得る人もいます。ただし、技術以外に仕事を取ってくる能力も必要となります。

仕事2「デザイナー」

デザイナーは基本的に単独で仕事をします。作業を初めてしまえば、他人をきにする必要がありません。納期さえ守れば、作業のペースも自分で調節することができます。

ただし、完全に単独な作業でなく、場面によっては多くの人と会議をしたり、一緒に作業をしたりすることもあります。また、仕事量が多く、作業ペースを調節する余裕なく、常に急ぎ仕事となる場合もあります。

仕事3「プログラマー」

プログラマーもデザイナーと同様に、作業が始まってしまえば他人をきにする必要がありません。しかし、プログラマーは激務であることでも有名です。そのため、職場によっては何日も家に帰ることもできずに作業を続けるということもあります。なので、とにかく仕事だけしていたいという人にはおすすめです。

仕事4「在宅ワーク」

とにかく他人と関わりたくないという場合は、家ですることができる仕事を選んでも良いでしょう。内職のような仕事を家ですれば、他人との関わりは仕事のやりとりの連絡だけにすることができます。

また、先に述べたフリーランスも家でできる仕事をネットで仕事を受けることで、在宅ワークの形にすることができます。最近では、主婦などがハンドメイド雑貨などをフリマアプリで販売して、収入を得ている人もいます。

仕事5「起業」

社会不適合者は自分のペースで仕事ができ、他人と仕事をしなくても良いということで、起業が適していると考える人もいます。フリーランスやネットビジネスのような個人作業の多い仕事であれば、起業をしても良いでしょう。

しかし、会社や店舗のような多くの人と関わるような仕事の場合は、他人に合わせることができないので避けるべきでしょう。自分で起業したからと、周囲が自分に合わせてくれると勘違いする人は多いです。

自分に合った仕事や生き方を見つけよう

社会不適合の特徴11・社会不適合者に向いている仕事

社会不適合であることを悪いことのように思っている人は多いです。しかし、社会のルールは時代によっても変わります。また、人には得意なこともあれば、苦手なこともあります。社会不適合者と言われる人たちは、今の社会のルールに合わせることが苦手というだけです。

苦手なことは避けて、自分が得意なことを活かすという方法もあります。なので、社会不適合者と言われることがある人も自分の得意を活かせる場所を探しましょう。

「社会不適合者」をもっと知ろう

上記で述べた通り、社会不適合者は単にルールに従うことが苦手なだけです。逆に、その人が得意としていることもあるはずです。また、社会不適合者にも本人にしかわからない苦労もあります。なので、相手のことをもっと理解しようとすることも大切です。

Related