Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月01日

要領が悪い人の特徴6つと原因5つ|要領がよくなる5つの解決法

仕事や作業をするときに、いつまでも同じことをしていて、全然仕事や作業が終わらないという人がいます。その仕事や作業の仕方を見ていると、非常に要領の悪い方法を取っていることがあります。このような人と一緒に仕事をすると、相手はイライラさせられてしまいます。

要領が悪い人の特徴6つと原因5つ|要領がよくなる5つの解決法

「要領が悪い人」とは

要領が悪い人の特徴6つと原因5つ|要領がよくなる5つの解決法

仕事や作業をするときに、いつまでも同じことをしていて、全然仕事や作業が終わらないという人がいます。その仕事や作業の仕方を見ていると、非常に要領の悪い方法を取っていることがあります。

また、実際に体を使うこと以外にも、要領が悪い物事の考え方や組み立て方をしていると、結果的に作業が遅れてしまうこともあります。

「要領がいい人」と「要領が悪い人」との違い

物事の考え方や組み立て方が悪いと、要領が悪い作業をすることになってしまいます。なので、要領が悪い人は物事の優先順位を間違ってしまったり、作業の力を入れる場所を間違ったり、同時進行で複数の作業を進めることができないなどの特徴があります。

要領がいい人は、これらをバランスよく頭の中で組み立てることができるので、いつ、どれを、どのようにして作業をすることが最前であるかを判断することができます。

要領が悪い人の特徴とその原因

要領が悪い人の特徴6つと原因5つ|要領がよくなる5つの解決法

上記で述べた通り、要領が悪い人は自分が今どうするべきかの判断を正確に行うことができません。そのため、スムーズに行動をすることができません。

また、判断能力が不足していることで、他にもいろいろと要領が悪い状態に陥ってしまう場面がいくつも見られます。

要領が悪い人の特徴6つ

要領が悪い人の特徴6つと原因5つ|要領がよくなる5つの解決法

要領が悪い人はスムーズに作業をすることができないので、いつも困っているような印象を受けます。困るのは本人だけであれば良いのですが、要領が悪い人と一緒に仕事をしないといけない場面もあります。

そのような場合は、自分にも被害が出る可能性があるため、事前にフォローする必要があります。そのためには、まず相手が要領が悪い人であるかどうかを特徴から見極めておく必要があります。

特徴1:常に慌てている

先に述べた通り、要領が悪い人はスムーズに作業を進めることが苦手です。そのため、やるべきことが溜まってしまい、常に慌てて作業をしています。さらに、慌てて作業を進めるため、丁寧な作業をすることができずに小さなミスや、同じミスをいくつも積み重ねるという特徴もあります。

特徴2:デスクまわりが片付いていない

要領が悪い人はスムーズな作業ができるように段取りを準備したりしません。普段から準備をしないため、自分でもどこに何があるのかを把握できていないこともあります。

そのため、資料や道具が必要になるたびに探すことになるため、作業をスムーズに進めることができません。また、使った物も慌てて作業をしているため、適当に片付けてしまい、またどこに何があるのかわからなくなってしまいます。

特徴3:自分の限界がわからない

要領が悪い人は自分の能力も正確に把握できていない場合があります。自分の能力が把握できていないと、自分の許容量を超える仕事を抱えてしまったり、作業量と作業時間の予測と結果に差がありすぎたりなどの状況を作ってしまいます。

そのため、要領が悪い人は多くの仕事を消化するために常に慌てていたり、時間内に仕事を終わらせることができなくて慌てていたりします。

特徴4:融通が利かない

要領がいい人はその場で最善の方法を選択して作業を進めます。そのため、初めの予定と違うスケジュールで動いたり、多くの作業を同時進行させたり、優先順位を切り替えたりなどします。

しかし、要領が悪い人は最初の作ったスケジュール通りに動こうとしたり、常にマニュアル通りに作業を進めようとしたりなど、融通を利かせた行動や判断をすることができません。なので、予定が乱れても、無理に予定通りに作業を進めようとします。

特徴5:真面目な性格

上記で述べた通り、要領が悪い人は融通が利きません。融通が利かなくなる理由の1つに真面目すぎるということがあります。

真面目な人は、できるだけ計画通りの行動をしようとします。そのため、多少のトラブルがあっても、計画通りに物事を進めるべきと判断してしまいます。

また、上司などから仕事の説明を受けたときは、必ずその説明通りでないといけないと思い込んでしまうため、臨機応変に動けなくなってしまいます。

特徴6:自分の感情をコントロールできない

仕事をしていて、本当はこうしたい、ああしたいなどの欲求や希望を持つ人は多いです。しかし、会社などの方針もあるので、自分の感情ばかりを優先させるわけにはいきません。

しかし、要領が悪い人は自分の感情がコントロールできずに、自分の欲求通りに動いてしまいます。すると、仕事は複数の人で行うことが多いため、全体の段取りが乱れてしまい、多くの人に迷惑をかけてしまうことがあります。

要領が悪い人の原因5つ

要領が悪い人の特徴6つと原因5つ|要領がよくなる5つの解決法

要領が悪い人はいくつかの特徴が見られます。その特徴が表れる原因もいくつかあります。なので、要領が悪くなってしまう原因を知ることで、要領が悪くなってしまうことを改善できるきっかけを掴むこともできます。

原因1:パニックになる

要領が悪い人は物事の優先順位を正確に判断することができません。優先順位が判断できなくなるのはパニックが原因となることがあります。要領が悪い人は、その特徴から多くの仕事を抱えてしまいます。

多くの仕事を抱えてしまうため、作業が追いつかずにパニックとなってしまい、何から手をつけて良いか判断できなくなります。すると、さらに作業がスムーズに進まなくなって、さらにパニックを起こすという悪循環を起こします。

原因2:考え方が偏りがち

先に述べた通り、要領が悪い人は真面目すぎる正確をしています。そのため、予定通りに事を進めたり、支持された通りに進める事が正しいと思い込んでしまう部分があります。また、作業方法や物事の考え方も、一度正しいと思い込むと、常に同じ方法で進めようとします。このような考え方の偏りが要領が悪い原因となってしまいます。

原因3:段取りが悪い

要領が悪い人は考えが偏っているため、その場に合わせた臨機応変な行動を取る事ができません。そのため、作業を同時に進めたり、優先順位を入れ替えたりなどをする事ができません。なので、少しでも普段と違う流れが発生すると、作業の流れが急に段取りの悪いものとなってしまいます。

原因4:一人で仕事を抱え込んでしまう

要領が悪い人は自分の能力を正確に把握できないために、必要以上の仕事を抱えてしまう事があります。また、真面目すぎる性格により、自分の仕事で他人に迷惑をかけてはいけないという考えになってしまい、フォローを頼む事ができません。

なので、多くの仕事を段取りの悪い方法でこなしていくため、どんどん仕事が溜まっていき、要領が悪い人は常に仕事を抱え込んでいる状態となってしまいます。

原因5:なんでも後回しにしていまう

要領が悪い人はできるだけ立てた予定通りに物事を進めようとします。そのため、少しでも予定と違う事が起こったときは、その事を同時進行で解決するのではなく、後回しにしてしまいます。

これは優先順位を正しく判断できていないためです。そのため、後回しにした作業はいつまでも消化する事ができなくて、通常の作業にも影響が出てきてしまいます。

要領が悪いと感じたとき

要領が悪い人と一緒に仕事をすると、仕事がなかなか進まなくて相手はイライラしてしまいます。また、段取りが悪い事でミスに繋がってしまう可能性もあります。

しかし、要領が悪い人は必死に行動をしているため、自分は頑張って仕事をしていると錯覚をして自分が要領が悪い人と気がついていない場合もあります。ですが、ふとした瞬間に自分が要領が悪い人と気がつく事もあります。そのような場合は、すぐに改善をするべきでしょう。

要領がよくなる5つの解決法

要領が悪い人の特徴6つと原因5つ|要領がよくなる5つの解決法

上記で述べた通り、要領が悪い人の中には自分が要領が悪い人であると気がついていない場合もあります。しかし、ふとした瞬間に自分は要領が悪い人であると気づく事もあります。要領が悪い人は能力が低いわけではないので原因がわかれば意識を変えるだけで改善できる場合もあります。

もし、自分が要領が悪い人と気がついたのであれば、すぐに改善方法を考えないと周囲に迷惑をかけたまま仕事をする事になります。

解決法1:仕事の優先順位を書き出してみる

要領が悪い人の特徴に優先順位を正しく決める事ができないという事があります。優先順位を間違ってしまうと、必要なタイミングで仕事を終える事ができない場合があります。

なので、仕事に取り掛かる前に、まずはするべき事を確認し、その優先順位を書き出して、目視で確認できるようにしましょう。頭で考えるだけでは認識が甘くなってしまいます。また、臨機応変に優先順位を変えても良いという意識も持ちましょう。

解決法2:複数の事柄を同時進行で行わない

要領が悪い人は複数の作業を同時進行しないために、作業効率が落ちてしまっている場合があります。なので、改善のためには、複数の作業を同時にこなす事が必要です。

しかし、要領が悪い人は、それができないために要領が悪い仕事の仕方となってしまっています。そのため、いきなり無理に多くのことを同時進行しようとすると、逆に手が回らなくなってしまいます。なので、まずは能力の範囲内で仕事をするようにしましょう。

解決法3:一人で悩まず周囲に協力を求めてみる

要領が悪い人の特徴6つと原因5つ|要領がよくなる5つの解決法

要領が悪い人は真面目すぎる性格のために、自分の仕事は自分でしないといけないと思い込んでいます。なので、作業に行き詰まったりしても1人で悩んでしまうことが多いです。

しかし、仕事が進まないと結局は周囲に迷惑がかかってしまう事になります。なので、作業に行き詰まってしまった場合は、早く誰かに相談して、作業を進めてしまう方が正しい選択となります。

解決法4:できる作業はすぐに片付ける

要領が悪い人は予定外の作業を後回しにしてしまいがちです。そして、後回しにした作業がどんどんと溜まっていき、手が回らない状態となっていしまいます。

なので、作業は何でも後回しにするのではなく、すぐに片付けられるものは片付けましょう。後回しにする際も、優先順位を低くしすぎないように注意して、適切なタイミングを見極めるようにしましょう。

解決法5:完璧を求めず手を抜くことも考えてみる

要領が悪い人は真面目すぎる性格をしているため、納得のできる作業ができるように常に完璧を求めてしまう癖がある人もいます。仕事の質も大事ですが、質を求めるあまりに時間をかけすぎて、仕事が溜まっていきます。

仕事が溜まってくると仕事に追われる状況となり、ミスをしてしまう場合もあります。そのような状況を避けるために、仕事ないようによって力の強弱を考えることも重要です。

要領が悪い人は考え方1つで変わっていく

要領が悪い人の特徴6つと原因5つ|要領がよくなる5つの解決法

要領が悪い人は作業効率が悪くなる行動や考え方をしてしまっています。しかし、能力自体が低いわけではないので、仕事に対する考え方を変えるだけで改善できてしまう場合も多いです。なので、自分が要領の悪い人であると気がついたときには、仕事に対する向き合い方を考え直してみましょう。

無理をせず自分を常に把握する

要領が悪い人が作業効率の悪い行動や考え方をしてしまう原因の1つに、自分の能力を性格に把握できていないということがあります。なので、自分能力を正確に把握することで、要領が悪いことを改善できる場合もあります。

Related