Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月24日

仕事ができない人の特徴11|仕事ができないことの改善方法

仕事ができないことに悩んでいる人も多いことでしょう。この記事では「仕事ができない人」をテーマに、その特徴や原因などをご紹介しています。仕事ができるようになるための改善方法についても取り上げていますので、仕事でお悩みの方はぜひご覧になってください。

仕事ができない人の特徴11|仕事ができないことの改善方法

仕事ができない原因

仕事ができない人の特徴11|仕事ができないことの改善方法

人と比べて仕事ができないことにコンプレックスを感じていませんか。頑張って仕事に取り組んでいても、どうしても人並みに仕事がこなすことができず、職場で「仕事ができない人」というレッテルを張られてしまい悩んでいるという方も少なくないでしょう。

このような状態から抜け出すためには、仕事ができない原因を知り、それを改善していくことが肝心です。以下で、仕事ができない主な原因をチェックしていきましょう。

原因1「仕事に対する姿勢の問題」

仕事ができない原因としてまず挙げられるのが、仕事に対する姿勢に問題があるということです。仕事に対する熱意を持っておらず、「上司に怒られなければそれでいい」と、いい加減に取り組んでいないでしょうか。

このように仕事に対していい加減な姿勢を持っていると、当然ながらいつまでたっても成長することができず、結果として仕事ができない人になってしまうでしょう。

原因2「仕事の仕方が悪い」

仕事ができない原因として、仕事の仕方が悪いということも挙げられます。優先すべきことを優先せず、後回ししてもいいことをあえて優先してとりかかっていないでしょうか。

また、もっと工夫したり同僚や上司に相談したりすれば効率的に仕事をこなせるのに、全部ひとりで抱え込んでしまい、結局いつまでたっても仕事が終わらないという状態に陥っていないでしょうか。仕事の仕方を変えるだけで、要領よくこなすこともできます。

原因3「能力や実力が足りない」

能力や実力が足りないのも、仕事ができない原因の一つです。例えば医師や弁護士などの専門職に就いている人ならば、それに必要な知識や能力を身につけている必要がありますし、営業職に就いているならばコミュニケーション能力に長けている必要があります。

このように業務を遂行する上で必要な能力や実力が足りないと、どうしても仕事ができない人になってしまうでしょう。

原因4「仕事が自分に合っていない」

いつまでたっても仕事ができない人は、そもそもその仕事が自分に合っていない可能性もあります。人には多かれ少なかれ、向き不向きがあるので、自分の適性と全く反対の職業に就いていると、結果として仕事ができない人になってしまいがちです。

例えば、物静かで内向的な人は営業職や接客業に向いていないでしょうし、計算や書類整理などの事務仕事が苦手な人は経理には不向きだと言えます。

仕事ができない人の特徴

仕事ができない人の特徴11|仕事ができないことの改善方法

仕事ができない人に共通する特徴としてどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、仕事ができない人の主な特徴についてチェックしていきましょう。

仕事ができずにお悩みの方は、以下で取り上げるような特徴に自分が当てはまっていないかどうか確認してみてはいかがでしょうか。もし該当している場合には、その特徴を改善していくことが必要です。

特徴1「仕事が遅い」

仕事ができない人の特徴11|仕事ができないことの改善方法

仕事ができない人の特徴としてまず挙げられるのが、仕事が遅いということです。もちろん丁寧に仕事をすることは大切ですが、それと同じくらい、効率的かつスピーディーに仕事を完了させることも大切です。

例えば、人と比べて極端に仕事が遅い人は、物覚えが悪かったり、仕事に対する取り組み方が間違っていたりする可能性があると言えるでしょう。

特徴2「優先順位がわからない」

優先順位がわからないというのも、仕事ができない人ならではの特徴です。仕事ができる人ならば今日中にしなければいけないタスクをピックアップして、それをスピーディーに完了させることができます。

しかし、仕事ができない人は何を優先すべきか、また後回しすべきかを自分の頭で判断することができないため、結果として締め切りに遅れてしまい、上司や同僚に迷惑をかけてしまいがちです。

特徴3「完璧にやろうとし過ぎる」

仕事ができない人の特徴として、完璧にやろうとしすぎることも挙げられるでしょう。もちろん、完璧にやろうとする熱意は褒められるべきですが、だからと言って他の仕事を後回しにしていいわけではありません。

職人でもない限り、普通の社会人ならば、たった一つのことに時間をかけて完璧に仕上げるよりも、8割ほどの完成度で5つの仕事を完了させることを求められます。

特徴4「スケジュール管理ができない」

スケジュール管理ができないのも、仕事ができない人の特徴の一つです。スケジュール管理とは社会人に最低限必要な能力であり、それを十分に行うことができなければ、当然仕事ができない人とみなされてしまうでしょう。

スケジュール管理ができないせいで、いつも仕事の締め切りに遅れるようなことを繰り返すと、社会人としての信頼がなくなってしまいます。

特徴5「ミスを認めない」

仕事ができない人の特徴として、ミスを認めないということも挙げられます。ミスを認めない人は自分の言動について内省的になることがないため、いつまでたっても自分の悪いところや改善点に気づくことができず、自己成長を果たすことができません。

また、ミスを認めようとしない人は当然ながら周囲の人に嫌われてしまいます。上司も可愛がってくれなくなりますし、同僚からも疎ましく思われてしまうでしょう。

特徴6「仕事を先送りにする」

仕事を先送りにしてしまうのも、仕事ができない人ならではの特徴と言えるでしょう。仕事ができない人は目の前にある困難なことから逃げようとする癖があるので、面倒くさい仕事や時間のかかる仕事をつい先送りしてしまいがちです。

しかし、先送りしてもその仕事に取り組まなければいけないという事実は変わりません。仕事を先送りにして逃げることは、結果的に自分の首を絞める行為になります。

特徴7「机が散らかっている」

仕事ができない人の特徴11|仕事ができないことの改善方法

机が散らかっているのも、仕事ができない人の特徴として挙げられるでしょう。机が散らかっていて整理整頓が苦手な人は、頭の中も散らかっている場合がとても多いです。

机の上を綺麗にすることさえできない人は、整然とした論理的な思考が苦手で、要領も仕事の物覚えも悪い傾向が強いと言えるでしょう。

特徴8「報連相ができない」

仕事ができない人は、「報連相」ができないことが多いと言えます。「報連相」とは、社会人として最低限心得ておかなければならない「報告・連絡・相談」のことです。

上司に怒られるのが嫌だからと言って、報告や相談を怠っていると、結果として自分の評価を下げ、上司や同僚に大きな迷惑をかけてしまうことになりかねません。

特徴9「知ったかぶりをする」

仕事ができない人の特徴として、知ったかぶりをするということも挙げられるでしょう。このような人は、自尊心が異常に高いために自分から誰かに教えを請おうとする姿勢に欠け、なんでもかんでも知ったかぶりをしがちです。

例えば、仕事の手順や内容がわからないのに、上司や同僚に質問をするのが嫌だからと言って、わかったふりをしてしまう人がこのようなケースに当てはまるでしょう。

特徴10「同じミスを繰り返す」

同じミスを何度も繰り返すのも、仕事ができない人ならではの特徴です。仕事ができる人ならば、一度したミスを繰り返すことはありません。

それに対して仕事ができない人は、意識が甘く、自分の行動を反省したり見直したりしないので、何度も同じミスを繰り返してしまう傾向にあります。それに対して危機感を持つこともありません。

特徴11「人の話を聞かない」

人の話を聞かないのも、仕事ができない人の特徴です。ビジネスパーソンとして成長するためには、上司や顧客の話をちゃんと聞いて、叱責やアドバイスがあればそれを素直に受け入れることが必要です。

仕事ができない人は他人からの叱責やアドバイスを受け入れようとしないため、いつまでたっても成長できないでしょう。

仕事ができない人の特徴を知りたい方におすすめ!

仕事ができない人の特徴についてよく知りたいという方は、「仕事ができる人の脳 できない人の脳」を手に取ってみてはいかがでしょうか。

脳科学者である著者が、仕事ができない人の思考の癖や思い込みなどについて詳しく解説しています。また、仕事ができる人の考え方についても説明しているため、勉強になること間違いなしです。

仕事ができないことの改善方法

仕事ができない人の特徴11|仕事ができないことの改善方法

仕事ができないからといって、悲観して諦める必要はありません。努力をすれば、誰でも今の状態を改善することができます。

ここからは、仕事ができない現状を改善するための方法について見ていきましょう。

方法「責任感を持つ」

仕事ができない現状を改善するためには、まず責任感を持って仕事に取り組むことが肝心です。「上司に怒られなければそれでいい」といい加減な姿勢で仕事にあたるのではなく、責任感を持って仕事に取り組むようにしましょう。

そうすれば、おのずと仕事に対する情熱ややる気も芽生えてくるので、努力が苦痛ではなくなり、徐々に仕事ができるようになるでしょう。

方法「スケジュールを俯瞰する」

仕事ができない状態から抜け出すためには、スケジュールを俯瞰するということも必要です。目先の仕事だけにとらわれるのではなく、広い視点から仕事の全体像を把握するようにしましょう。

例えば、ある仕事を完了させるためには毎日何をこなしていけばよいのか、細かくスケジュール表を作ってみるのも一つの手です。

方法「手を抜くことも覚える」

仕事ができない現状を改善するためには、手を抜くことも覚えましょう。とくに完璧主義の罠に陥ってしまいがちな人は、完璧に仕事をこなすことよりも、8割程度の完成度でスピーディーに仕事をこなすことに重点を置き、意識を変えていく必要があります。

方法「メモを取り見直す」

仕事ができるようになるためには、メモを取り、それをこまめに見直すことも必要です。例えば物覚えが悪く、上司や同僚に指摘されたことを何度も繰り返しミスしてしまうという人は、きちんとメモをとる癖をつけてみてはいかがでしょうか。

メモを取り、それを見直すことで徐々に仕事ができない状態から抜け出すことができるでしょう。

方法「間違ったらきちんと謝罪をする」

間違ったらきちんと謝罪することも、仕事ができるようになるために必要です。自分の過ちを素直に認め、反省しなければ成長することはできないでしょう。

上司に仕事のミスを指摘されたときには言い訳をしたりふてくされたりするのではなく、きちんと素直に「申し訳ありませんでした」と謝るように心がけましょう。

方法「人の話を聞き理解する」

仕事ができない状態から抜け出すためには、人の話をきちんと聞き、その内容をちゃんと理解することも必要です。理解があやふやなときにはわかったふりをせず、必ず「こういうことでよろしいでしょうか」と確認や質問をするように心がけましょう。

まず仕事のできない原因を知ろう

仕事ができない人の特徴11|仕事ができないことの改善方法

仕事ができず、上司に怒られてばかりで悩んでいるビジネスパーソンも少なくないでしょう。仕事ができないという方は、そもそもなぜ自分は仕事ができないのか、その原因をよく考えてみることが必要です。

まずはメモに仕事ができない原因を箇条書きした上で、それに対する改善方法や対処法を考えてみてはいかがでしょうか。そうすれば、仕事ができない現状から抜け出す糸口が得られるでしょう。

自分に向いていない仕事である可能性もある

仕事ができない人の特徴11|仕事ができないことの改善方法

仕事ができない人は、今の仕事が自分に向いていないことが原因である可能性もあります。例えば、今の職場で「仕事ができない人」というレッテルを張られていても、転職して別の職種に就くと、めきめきと頭角を現して出世する人もいます。

どんなに努力しても仕事ができないという人は、思い切って自分の適性に合った仕事に転職してみるのもひとつの方法だと言えるでしょう。

Related