Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月09日

頭のいい人の特徴11|頭がよくなる方法・3種類の頭の良さとは

頭のいい人に憧れる人は多いでしょう。頭をよくしたいと思っても何から始めるかわからない人もいます。この記事では、頭のいい人の特徴や、頭をよくする方法を説明します。仕事や人間関係で悩んでいて頭をよくしたいと考えている人は、ぜひ読んでみてください。

頭のいい人の特徴11|頭がよくなる方法・3種類の頭の良さとは

頭がいいとはどういうことか

頭のいい人の特徴11|頭がよくなる方法・3種類の頭の良さとは

あの人は頭のいい人だと話すときの、「頭のいい人」とは色々な意味があります。頭のいい人とはテストの成績や知識量だけではありません。学歴だけ高くても知識を使いこなせなければ、頭のいい人とはいえません。臨機応変にふるまえるかどうか、コミュケーション能力が高いかなども頭のいい人のポイントです。

3種類の頭の良さを示す能力

頭の良さを示す3つの能力について説明します。頭のいい人は情報処理能力、問題解決能力、対人関係能力などの能力に優れています。頭のいい人は自分の頭に知識をインプットするだけでなく、効果的なアウトプットをよく理解しています。学校を卒業して社会人になると、これまでの勉強量を生かしたアウトプットをすることで周囲に認められることができます。

種類1「情報処理能力」

頭のいい人は情報処理能力が高いです。マルチタスクが得意であったり、考えるスピードが速い人がいます。頭のいい人は日頃から考える習慣がついており頭をよく使っています。頭の回転の速さは遺伝にも影響しますが、訓練することで鍛えることができます。

頭の悪い人が無理にマルチタスクをするとすべてがうまくいかないことがあります。できる範囲を見極めることも大切です。

種類2「問題解決能力」

問題を解決するには3段階の手順を踏む必要があります。まずは問題を認識し、次に原因を分析し、最終的に解決案を導きだします。問題解決能力は効率よく仕事を進めるためには欠かせません。頭が悪い人の中には、問題を認識すらできないこともあります。

さらに、問題の原因を的確に分析できなけでば同じような問題が繰り返します。なお、仕事上の問題の解決のためには、スケジュールや納期も考慮せねばなりません。

種類3「対人関係能力」

頭のいい人は、対人関係能力も高いです。対人関係は空気を読む力や、臨機応変な行動が必要です。対人関係能力は、自分の思っていることを的確に伝える能力と、相手の伝えたいことを的確に理解する能力が必要です。

対人関係能力が高いと知識などが不足していても、仕事では重宝されることが多いです。対人関係能力に不安がある人もいますが、ある程度は場数を踏むことで対人関係能力を鍛えられます。

頭のいい人の特徴

頭のいい人の特徴11|頭がよくなる方法・3種類の頭の良さとは

頭のいい人の特徴を説明します。頭のいい人は誰に対してもわかりやすく説明できるなど、対応力に優れています。説明力以外にも、頭のいい人は周囲が認める優れた特徴をたくさん持っており、仕事や生活に役立てています。頭が良くなりたい人は、まず身近にいる頭のいい人を見つけてみましょう。

特徴1「集中力がある」

頭のいい人は集中力があります。自分が集中できるようなルーティーンが決まっている人もいます。集中力が高い状態だと、効率よく情報を得られます。例えば、新しい仕事についたときに、集中力がある人の方が早く仕事に慣れることができます。集中した状態だと考えを邪魔するものを極力遮断できるため、情報のアウトプットにも有利です。

特徴2「好奇心が強い」

頭のいい人の特徴11|頭がよくなる方法・3種類の頭の良さとは

頭のいい人は好奇心が強いです。例えば勉強などで、教科書に書いてあること以外にも自分で調べることを好みます。より深く調べることで、理解も深まります。調べることが面倒くさいという人が多いですが、頭のいい人は煩わしさより楽しさの方が勝っています。

あらゆる知識が集まってくることで、色々な視点から物事を考えられるようになります。好奇心を示す範囲も広く、勉強以外にも趣味や、人の好みなど幅広く興味を持ちます。

特徴3「筋道をたてて話ができる」

頭のいい人は、筋道をたてて話ができます。筋道をたてて話すと、相手に効率よく物事を理解してもらえます。

頭の悪い人は話が色々な方向にとび、要点がわかりにくいこともあり、相手に誤解されることすらあります。さらに、相手の立場にたって話をする点でも、頭の悪い人は配慮が及ばないことがあります。他人の立場を考慮し、筋道をたてて話ができると相手にストレスを感じさせません。

特徴4「応用力がある」

頭のいい人は応用力があります。頭のいい人は、過去の経験を適時思い起こして現在おきている問題を解決することができます。実際は、仕事や日常生活において過去に起きた問題がそのまま起きることはまれです。そのため、過去の経験と現在の問題を結びつけることすら難しいことが多いです。頭のいい人は問題の本質を見抜き、優れた記憶力で過去の経験を応用します。

特徴5「数字に強い」

頭のいい人の特徴11|頭がよくなる方法・3種類の頭の良さとは

頭のいい人は数字に強いです。数字は定量的に物事を表現し、分析することに向いています。ただ、たくさん、程度がひどいなどと表現するより具体的な数で表現した方が自分でも理解しやすく、他人に正しく状況を伝えることに役立ちます。また、数字をグラフや表で視覚的にわかりやすくすることで、問題解決の糸口が見つかりやすくなります。

特徴6「発想力がある」

頭のいい人の特徴11|頭がよくなる方法・3種類の頭の良さとは

頭のいい人は発想力にも優れています。発想力は、想像力とは異なります。発想力とは、ひらめきです。頭のいい人は、現状を打開する思い切った作戦や仮説を思いつくことができます。ひらめきは、論理的な裏付けで証明しないと周りを納得させられません。頭のいい人は自分が発想したものの正しさを、論理的に検証することも得意です。

特徴7「情報を鵜呑みにしない」

頭のいい人は、情報を鵜呑みにはしません。災害など緊急事態ではデマ情報が横行します。緊急事態でデマ情報を信じてしまうと命にかかわることもあります。頭のいい人は知識や論理的思考能力を使って、情報を自分で吟味できます。正しい情報を見極められれば、むやみにパニックに陥ることを防げます。

特徴8「先を見通すことができる」

頭のいい人は先を見通すことができます。仕事などで、場当たり的な対応をしていても、問題が次々に発生し続けることがあります。頭のいい人は物事の本質を見極めるため、先を見通すことができます。こうしたら相手はどう出るか、次にはどうするかといったように、先をできるだけ見通すようにする習慣がついています。

特徴9「冷静である」

頭のいい人はむやみに怒ったり、取り乱すことがありません。冷静さを欠いても、事態がよくならないことをわかっているためです。自分の意にそぐわない事態がおこったときに、感情的に相手に訴えかける人がいます。一方で、頭のいい人は、感情的になる必要はありません。冷静に、論理だてて物事を解決することができます。

特徴10「問題の核心を掴む」

頭のいい人は、問題の核心を掴みます。問題の核心をつかむには分析能力が高く、知識が豊富でないといけません。素早く情報収集することも大切です。問題の核心を掴むには、なぜこうなったのかという問いを何度も繰り返して核心にたどり着かねばいけません。このような問題を深堀する能力はビジネスで大切です。市場ニーズの把握やクレーム解決に役立ちます。

特徴11「知識欲が旺盛」

頭のいい人は、ありとあらゆることに興味をもちます。学校の勉強だけでなく、日常生活や趣味まで幅広いです。知識があるため、物事をあらゆる方向から考えることができ、問題解決能力に優れています。また、さまざまな知識をもとにあらゆる人と会話ができるので、対人関係能力も高い傾向にあります。

頭のいい人の話し方がわかる本を紹介

仕事などで得意先や同僚に説明をする機会は多いです。自分のみが知っている内容でも、コツをつかめば相手に要領よく伝えることができます。この本では、話が伝わりにくい原因や、わかりやすく伝えるための話の構成がわかります。実践で使えるフレーズも習得できます。自分が説明下手だと悩んでいる人は、読んでみてはいかがでしょうか。

頭のいい人になる方法

頭のいい人の特徴11|頭がよくなる方法・3種類の頭の良さとは

頭のいい人のほうが、仕事でもコミュニケーションでも有利です。他人からの信用も得られやすいです。職場や家庭の人間関係に悩んでいる人は、ストレスが軽減するでしょう。意識して考える癖をつけたり、勉強することで頭のいい人に近づけます。

方法1「つねに考える癖をつける」

頭のいい人になるために、つねに考える癖をつけましょう。仕事でマニュアルがある場合は、その行動に何の意味があるのか考えましょう。また、何か悩みがある人は、考える癖をつけるチャンスです。なぜを繰り返して、悩みの本質を導きだしましょう。

方法2「日記や記録に残す」

頭のいい人の特徴11|頭がよくなる方法・3種類の頭の良さとは

頭のいい人は記憶力が優れています。記憶力は鍛えることで向上しますが、手っ取り早い方法は、記録をすることです。時間がたつにつれて記憶は薄れていき、ときには間違って思い出すこともあります。記録があれば正しい情報をいつでも引き出せます。

記憶をしなくてはならないストレスから解放され、余裕が出た分を情報処理能力や問題解決能力などにあてることができます。

方法3「睡眠を削らない」

睡眠時間を削ると、頭が働かなくなります。睡眠時間を削って頑張って勉強しようとする人もいますが、寝不足では脳が疲れてしまうので勉強の効率が落ちてしまいます。睡眠時間がたりないと思考力も鈍ります。無理に遅くまで頑張ろうとせず、疲れたタイミングで寝られるように気を配ってみましょう。

方法4「頭のいい人と話す」

頭のいい人と話すと、説明の仕方が論理的であることに関心することがあります。説明の仕方だけでなく、頭のいい人の生活習慣や考え方を真似すると、頭がよくなることもあります。頭のいい人と自分では、話が噛み合わないと恐れる人もいるでしょう。頭のいい人は、相手のレベルに合わせて話をすることが得意です。どんどん話をしていきましょう。

方法5「幅広いジャンルの本を読む」

勉強が好きで記憶力があっても、知識が偏っている場合もあります。読書することで知識を増やし、考える力を養えます。幅広いジャンルの本を読むことで、あらゆる側面から考えられるようになり、問題解決能力が高まります。

頭のいい人は周囲への影響力を持つ

頭のいい人の特徴11|頭がよくなる方法・3種類の頭の良さとは

頭のいい人は、すぐれた能力を武器に仕事で頭角を現します。周囲の人からも信頼されるため、仕事でもプライベートでも影響力を発揮します。自分の考えを周りに正しく伝え理解してもらうためには、頭がいい方が有利です。日頃の行動で頭をよくすることは可能です。頭がいい人の考え方や生活習慣を真似ることからでも効果はあります。

頭のいい人になって信頼を集めよう

頭のいい人になって信頼を集めましょう。信頼が得られれば、職場などの人間関係も楽しくなり、仕事のモチベーションアップにもつながります。上司にかわいがられ、出世しやすいこともあります。頭をよくするためには、日常生活の行動を見直す必要があります。まずは、頭のいい人の行動を意識することから始めましょう。

Related