Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月07日

ガーベラの花言葉3つ|色別花言葉・別名|開花時期

ガーベラはお店でもよく見かける花です。ですが、形だけ知っていても花のことはよく知らない、という方も多いのではないのでしょうか。この記事では、ガーベラのことを女の子の好きな花言葉を重点的に紹介していきます。記事を読んだあと、ガーベラを贈りたくなるはずです。

ガーベラの花言葉3つ|色別花言葉・別名|開花時期

ガーベラとは

ガーベラの花言葉3つ|色別花言葉・別名|開花時期

ガーベラは、お店などでもよく見かける花の1つです。ですが、見かけるだけで花のことをよく知らない人も多いでしょう。

ガーベラの花言葉は、女の子の好きな意味がたくさん込められています。花言葉を重点的に、ガーベラのことをくわしく紹介していきます。

名前の由来

ガーベラは、英名で「Gerbera」と表記します。これは、ガーベラを発見したドイツ人の名前です。ドイツ人で、医師兼、植物学者のゲルバーは、19世紀末に南アフリカでガーベラを発見しました。ゲルバーの名前から、ガーベラという名称がつきました。

また、日本にガーベラが渡ってきた大正初期には、ガーベラではなく、花車や花千本槍という名前で呼ばれていました。これは、ガーベラの花の形から連想されたものでしょう。

別名

ガーベラは別名、クレオパトラと呼ばれています。これは、ガーベラの花の咲き方に関係があります。

ガーベラが世界中で咲くようになったとき、ガーベラの花を見た人は、ガーベラの花が太陽のように見え、そのはっきりとした色合いや、花のたたずまいからクレオパトラと言われるようになりました。

クレオパトラは世界三大美女とも言われる人です。そこからガーベラも美しさを意味する花になりました。

開花時期

ガーベラは、年に2回咲きます。1回目は3月から5月の春、2回目は9月から11月の秋です。

なぜ2回咲くのかというと、気温が影響しています。ガーベラの開花に適した気温が20度前後です。20度は春と秋に多くなる温度ですので、そこから開花も2回することになります。

咲かない場合、花の咲く温度が整っていないと考えられます。ガーベラの生育環境を見直し、温度を調節してみましょう。

ガーベラの花言葉

ガーベラの花言葉3つ|色別花言葉・別名|開花時期

ガーベラには、花言葉が多数あります。その言葉は、ポジティブなものばかりです。これは、ガーベラそのものの形や、開花時期などが関係しています。

また、ガーベラは色によっても、花言葉が変わってきます。ここからは、ガーベラの花言葉の基本的なものから、色ごとの花言葉を詳しく説明していきます。

1:希望

ガーベラの代表的な花言葉は、希望です。これは、ガーベラの花が上向きの形になっていることからつきました。下を向かない、上向きな様子から、ポジティブで明るい意味を考えたときに、この希望という意味がぴったりだったと、考えられます。

ガーベラ全般に、希望という花言葉がこめられています。ですが、特に白色のガーベラは希望の意味が強いです。これは、白色の持つ色の意味と、希望がうまく混ざり合った結果です。

2:常に前進

ガーベラの花言葉、2つ目は、常に前進です。こちらも希望と同じく、ガーベラの花が上向きなことからつけられました。

こちらの花言葉を使って花を贈る場合は、ポジティブな励ましをしたいときなどがよいでしょう。落ち込んでいる人やスランプの人に渡すとよいです。

ですが、ネガティブな人に対して嫌味で渡すのは、あまりよくありません。渡す側の人間も、ポジティブで心から人を励ましたい気持ちを持つことが大切です。

3:前向き

ガーベラの花言葉で、代表的なもの3つ目は、前向きです。こちらも希望と常に前進同様、ガーベラの上向きな花の形から、この花言葉がつけられました。

前向きという花言葉を使って花を贈る場合、性格が前向きな人に贈るとよいでしょう。花と同じ性格の人は、その花とも相性がよいです。贈るときには、日持ちするような加工がほどこされているものをプレゼントすると、前向きな人のそばで長く花が寄り添ってくれます。

色別花言葉

ガーベラは、キク科の植物で、キクのようにたくさんの色があります。そして、その色ごとにも花言葉がついています。花言葉は、基本的なガーベラの意味と、ガーベラの色を組み合わせて、そこから連想される意味が込められていることがほとんどです。

次に、ガーベラの色別に花言葉をご紹介していきます。何種類もある花の色の中でも、女の子が好きな恋愛に関する意味が多いものを中心にご紹介します。

赤:「神秘の愛」「限りなき挑戦」

赤色のガーベラの花言葉は、「神秘の愛」や「限りなき挑戦」です。神秘は、ガーベラの花の中央部分と周りの花びらのコントラストの美しさからつけられました。愛は、赤色が燃えるようなハートを現わすことから、神秘の愛が花言葉になりました。

限りなき挑戦は、ガーベラの常に前進の意味と、赤色の熱いハートが混ざり、この花言葉になりました。挑戦をしている人に贈るのにはぴったりの花です。

ピンク:「崇高美」「熱愛」「童心にかえる」

ピンクのガーベラの花言葉は、「崇高美」や「熱愛」、「童心にかえる」です。まず、崇高美は、ただの美しさではなく、ガーベラの持つ堂々としたたたずまいから、気高き美しさを意味するこの言葉が花言葉になったと考えられます。

また、熱愛や童心にかえるは、ピンクのガーベラが持っている、愛や少女のようなかわいさのことを指しています。なお、ピンクのガーベラは恋愛運アップのお守りとして人気です。

白:「希望」「律儀」

白色のガーベラの花言葉は、「希望」や「律儀」です。希望はどの色のガーベラにもこめられた花言葉ですが、白色のまだなににも染まっていない色は、特にその意味合いが強くなっています。

律儀という花言葉は、ガーベラの前向きな意味と、白色の持つ清潔さや真面目さの雰囲気が混ざって、この言葉になったと考えられます。また、ピュアなイメージも強いので、ブーケなどに入れると、かわいらしい雰囲気になります。

黄:「究極美」「親しみやすい」

ガーベラの花言葉3つ|色別花言葉・別名|開花時期

黄色のガーベラの花言葉は、「究極美」や「親しみやすい」です。きらきらと眩しい黄色と美しさの意味合いがかけ合わさって、究極美になりました。また究極愛の意味合いもあるので、長年連れ添った夫婦間で贈り合うのもよいでしょう。

黄色は人の心を明るくする色です。親しみやすいという花言葉は、ただ美しいだけでなく、人の心に寄り添うことのできることを現わしていると考えられます。

オレンジ:「冒険心」「我慢強さ」「忍耐」

オレンジ色のガーベラの花言葉は、「冒険心」や「我慢強さ」、「忍耐」です。オレンジ色は、人を明るく、ポジティブにする力があります。そこにガーベラの基本的な意味である、常に前進が合わさり、好奇心旺盛な冒険心を現わすようになりました。

また、我慢強さや忍耐は、前向きに頑張っているけど足踏みをしている人を、応援するときに贈るとよいでしょう。贈られた人も、オレンジ色で幸福感を味わえると考えられます。

ガーベラの花言葉を調べたあなたにおすすめ

ハーバリウム プリザーブドフラワーLira 高さ16.7cm 角瓶 (ガーベラ・オレンジ)

Amazonで見る

口コミ

とても綺麗で癒されます。 少しずつ揃えていこうと思い 初めてのハーバリウムです。

ガーベラの花言葉を知ったあなたは、きっとガーベラを部屋に飾りたくなったはずです。気軽にガーベラを飾りたい人におすすめなのが、プリザードフラワーです。

プリザードフラワーは、枯れない花として最近人気が出ています。特殊な液体で花を閉じ込め加工することによって、花が枯れないような工夫がされています。プリザードフラワーは、入っている容器もかわいらしいものが多く、部屋のインテリアに最適です。

ガーベラが誕生花の日

ガーベラの花言葉3つ|色別花言葉・別名|開花時期

誕生花というものがあります。これは、産まれた月日にちなんだ花のことで、366日すべてに花が割り振られています。誕生花の起源や由来、その日に設定した人物はその国や地域ごとに変わります。

その誕生花に、ガーベラも使われています。ガーベラが誕生花になっている日は、ぜんぶで4日あります。ここからは、ガーベラが誕生花になっている日を紹介していきます。

1月21日(赤)

ガーベラが誕生花になっている日、1日目は1月21日です。1月21日は、ガーベラの中でも赤色のガーベラが、誕生花になっています。

また、1月21日の誕生花はほかに、ロウバイやクロッカス、アイビーやユキヤナギがあります。どれも冬時期の花なので、花言葉は派手なものはなく、控えめなものが多いです。ですがクロッカスは、開花時期が早春なので、春が待ちきれない期待感なども花言葉にこめられています。

2月11日

ガーベラが誕生花になっている日、2日目は2月11日です。この日は、どの色のガーベラでも当てはまります。

また、この日のほかの誕生花には、フリージアやオオイヌノフグリ、カルミアなどがあります。この日は、日本では建国記念日ということが関係あるのかは分かりませんが、親愛の情や忠実など、清らかな心を現しているような花言葉が多く見受けられます。

8月1日

ガーベラが誕生花になっている日、3日目は8月1日です。夏真っ盛りの日ですが、これはガーベラの持つ華やかな雰囲気が、夏の陽気な雰囲気と合致したことからつけられたと考えられます。

また、この日のほかの誕生花は、オシロイバナやアサガオ、ミヤコワスレがあります。この3種類の花は、開花時期が8月1日にかぶっています。ですが、花言葉は陽気なものではなく、秘めた恋心を現したような花言葉が多いです。

10月12日

ガーベラが誕生花の日、最後は10月12日です。こちらは、ガーベラの開花時期とも合っています。また、ガーベラの神秘的な美しさが、10月の秋と冬の中間を揺らめいている気候に合っていることもつけられた理由かと考えられます。

この日のほかの誕生花は、テッポウユリやキクです。どちらも、愛情の深さを現わしているような花言葉が多いです。また、キクも色がたくさんあり、その色別にそれぞれ花言葉がこめられています。

花言葉を参考にガーベラを贈ろう

ガーベラの花言葉3つ|色別花言葉・別名|開花時期

ガーベラの花言葉は、参考になったでしょうか。気になった花言葉があったときは、ぜひ贈ってみてください。

誕生花にも複数の日なっているので、その日が誕生日のお友達や家族、好きな人など、大事な人がいらっしゃる人は、プレゼントしてみることを検討してみてください。すてきな花言葉を持つガーベラは、贈られた人はもちろんのこと、贈った人の心も明るくポジティブにしてくれます。

ガーベラと同じキク科の花の花言葉

ガーベラの花言葉3つ|色別花言葉・別名|開花時期

関連記事は、ガーベラと同じキク科の花の花言葉です。キク科の植物はたくさんありますが、ここではひまわりとアスターの花言葉を紹介しています。

ひまわりは、夏を象徴する花なので、明るくハッピーな花言葉が多いと考えている方や、よく見る花だけどアスターという名前だったんだ、とあまり興味のない方も読んでみたら、きっと花への見方が変わります。気になった方がいましたら、ぜひ関連記事を読んでみてください。

Related