Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月29日

階級別天使の種類9つ|14名の大天使名・堕天使とは

天使は、人間を良い方向へ導く存在として知られていますが、実は天使にも種類や階級があるのを知っていますか?さらに、ポピュラーな天使以外にも多くの天使が存在しており、中には堕天使と呼ばれる天使もいます。今回は、天使の階級と種類・大天使の名前を紹介します。

階級別天使の種類9つ|14名の大天使名・堕天使とは

天使の種類

階級別天使の種類9つ|14名の大天使名・堕天使とは

アニメやマンガのキャラクターとして登場したり、映画やドラマなどで取り上げられることが多い天使ですが、実は天使にはさまざまな種類が存在しています。

世界中の宗教や伝承に天使が登場しますが、天使の種類はかなりの数に上るといわれており、性質や役割など多種多様です。

今回は、天使の種類と大天使の名前・堕天使について紹介します。

一般的な天使の概要

階級別天使の種類9つ|14名の大天使名・堕天使とは

天使は神に仕える霊的存在で、神の命令により人間に神託を授けたり、人間に直接接触してメッセージを伝える、といわれています。

天使に関する記述が残っている宗教は世界中に存在していますが、現在では主にキリスト教・ユダヤ教・イスラム教に登場する天使が広く知られています。

一般的に天使は、背中に翼が生えた性別不明の人間の姿で描かれていますが、宗派によっては翼に関する描写がないものなど、姿や特徴はまちまちです。

天使の種類

階級別天使の種類9つ|14名の大天使名・堕天使とは

天使は、背中に翼が生えた人間のような姿で描かれることが多いですが、天使の種類によって違いがあります。

また、伝承や宗派によって解釈が違うため、さまざまな種類の天使が存在していることが判明しており、具体的な名前が付いている天使も確認されています。

今回は、天使が登場する宗教の中でも、世界中で最も広く知られているキリスト教・ユダヤ教に伝わる天使の種類と、大天使の名前を紹介します

キリスト教階級別の種類

キリスト教では、天使の階級についてさまざまな推論がされてきましたが、最も広く影響を与えたのが神秘思想家偽ディオニシウス・アレオパギタの著書「天上位階論」で提示された天使の階級です。

「天上位階論」によると、天使の階級は大きく3つに分けられており、さらにその階級内で3段階に分けられているといわれています。

では、天使の階級にはどのような種類があるのでしょうか。階級別天使の種類を紹介します。

種類1:熾天使(セラフィム)

「熾天使(してんし)」は、天使の階級で最上級に位置する天使の種類といわれており、「セラフィム」とも呼ばれています。

熾天使は6枚の翼を持っており、2枚で頭、2枚で体を隠し、残りの2枚の翼で飛び、神への愛と情熱で体が燃えている姿で描かれています。

悪魔の王として知られているルシファーは、地獄に墜ちる前は熾天使だったといわれており、熾天使の中でも特別な存在だったため12枚の翼を持っていたと伝えられています。

種類2:智天使(ケルビム)

「智天使(ちてんし)」は、第2位の階級に位置する天使の種類で、「ケルビム」とも呼ばれています。

智天使は4枚の翼があり、人間・牛・鷲・ライオンの4つの顔を持っているといわれています。また、高速で空を飛ぶので、神の乗り物と記述されている伝承も存在しています。

旧約聖書によると、知恵の実を食べたアダムとイブを追放したあと、楽園の番人として配置された天使の種類は智天使だとされています。

種類3:座天使

「座天使(ざてんし)」は、第3位の階級に位置する天使の種類で、「スローンズ」「ソロネ」とも呼ばれています。

座天使は「玉座」「車輪」という意味があり、神の玉座や戦車を運ぶ役割を担っています。そのため、智天使は炎に包まれた車輪の姿をしているとされています。

天使の中でも有名なラファエルは、座天使の指揮官といわれています。

種類4:主天使

「主天使(しゅてんし)」は、第4位の階級に位置する天使の種類で、「ドミニオンズ」「キュリオテテス」とも呼ばれています。

中位天使の最上位に属する天使の種類で、絵画作品では手に笏(神官や権力者が威厳を示すために持つ杖)を持っている姿で描かれています。

主天使は「支配」「統治」という意味があり、神の威光と力を人間に知らしめる役割を担っている種類の天使といわれています。

種類5:力天使

「力天使(りきてんし)」は、第5位の階級に位置する天使の種類で、「デュナミス」「ヴァーチュース」とも呼ばれています。

力天使は奇跡を司る種類の天使で、英雄に大義を成し遂げる力や、奇跡を起こす力を授けるとされています。新約聖書の記述によると、イエス・キリストが天に召されるときに付き添った天使の種類は力天使だといわれています。

種類6:能天使

「能天使(のうてんし)」は、第6位の階級に位置する天使の種類で、「エクシアイ」とも呼ばれています。

能天使は、神の掟を正しく実行に移す働きを司っている種類の天使で、天地創造にも関わったといわれています。また、人間よりも4段階高次の意識を持っている崇高な種類の天使と位置づけられており、人間を導く役割があると考えられています。

種類7:権天使

「権天使(けんてんし)」は、第7位の階級に位置する天使の種類で、「アルヒャイ」「プリンシパリティ」とも呼ばれています。

権天使は、国の指導者や権力者の守護天使となる種類の天使といわれています。悪魔の悪意や誘惑を退ける力を与え、国の滅亡を防ぐという役割がある種類の天使とされています。

種類8:大天使

「大天使(だいてんし)」は、第8位の階級に位置する天使の種類で、神が人間に大して遣わせた天使の中で最も優れた天使であることから「大天使」と呼ばれています。

大天使よりも上位の種類の天使は、神の側で使命を果たすことが多いです。しかし大天使は、神と人間の間に入り、神の意志を伝える使者という役割を持っています。特に大天使に属するミカエルとガブリエルは聖書にも数多く登場しており、要所で重要な役割を果たしています。

種類9:天使

大天使より下位に位置する第9位に位置する天使は、階級を持たない一般的な種類の天使を指します。

第9位に位置する天使は、人間に近い存在とされていますが、神の意志を伝えるための役割を持っているので、人間に近い姿をしているといわれています。

また、天使は守護天使として特定の人間に付き添うこともあれば、大天使直属の部隊の一員として神の命令を実行したり、悪魔と戦うこともあります。

ユダヤ・キリスト教の主なる大天使の名前

階級別天使の種類9つ|14名の大天使名・堕天使とは

天使に関して記述されている伝承の中には、具体的な天使の名前が記されているものもあります。名前が記されている天使は、天使の中でも特に位が高い種類の天使や、重要な役割を担っている天使とされています。

次に、大天使の中でも特に重要視されている、14名の大天使をそれぞれ紹介します。

大天使名1:ミカエル

「ミカエル」は第8位の大天使に属している天使で、「神に似たもの」という意味があります。

ミカエルは死を司る天使といわれており、人間の魂の重さを測る秤を手に持っているとされています。絵画作品では、甲冑を着て手に剣を持った姿で描かれている作品が多いです。

ミカエルは知名度がとても高い大天使で、大天使が最高位の天使と考えられていた時代では、天使の中で最も位が高い天使として、ミカエルが重要視されていました。

大天使名2:ラファエル

「ラファエル」は、ヘブライ語で「神は癒される」という意味を持つ天使で、旧約聖書外伝に登場する大天使です。

ラファエルは癒しを司る天使といわれており、薬剤師や病人、旅人の守護する天使と考えられています。聖典の中でも病人を癒すための薬の処方を教えたり、痛みを和らげるなどの治療を行なっている描写が見られます。

大天使名3:ウリエル

「ウリエル」は、「神の光」「神の炎」という意味を持つ天使で、ユダヤ教で重要視されている天使です。

ウリエルは天体の運行や気象・自然現象を司る天使といわれており、旧約聖書の「ノアの箱舟」では、ノアに洪水が来ることを知らせた天使はウリエルとされています。

また、ウリエルは教師や作家に霊感を与える役割も持っているとされており、絵画作品では本や巻物を持った姿で描かれることもあります。

大天使名4:ガブリエル

「ガブリエル」は、ミカエル・ウリエル・ラファエルと共に「四大天使」に数えられている天使です。

絵画作品では、純潔を表す百合の花を持った中性的な人の姿で描かれているものが多く、中には女性の姿で描かれている作品もあります。

ガブリエルは、聖母マリアにイエス・キリストの受胎を知らせるなど、神の言葉を伝える役割を持っています。また、最後の審判でラッパを吹いて死者を蘇らせるのも、ガブリエルだといわれています。

大天使名5:ラグエル

「ラグエル」は、旧約聖書偽典・エノク書に登場する天使です。

ラグエルは、ほかの天使の行いを監視する役割を持っているといわれています。また、「ヨハネの黙示録」では、週末のラッパを吹き鳴らし、地上に天罰を与える役割を担っていると描かれています。

ラグエルは754年にローマ教皇から堕天使に認定されていますが、これは当時庶民の間で流行していた天使信仰を沈静化するための政治的処分であったといわれています。

大天使名6:ゼラキエル

「ゼラキエル」はエノク書に登場する天使で「サリエル」と呼ばれることもあります。

ゼラキエルは、人間の魂が汚れないよう監視する役割があるとされています。また、神に背いた天使を堕天させる役割もあり、堕天させた仲間のことを想って血の涙を流しているといわれています。

ゼラキエルは強大な魔力が宿った「邪視」という目を持っており、ゼラキエルの名が書かれた護符は邪視避けのお守りとして重宝されました。

大天使名7:レミエル

「レミエル」は「神の雷霆」という意味を持っており、「ラミエル」「ラムエル」と呼ばれることもあります。

レミエルは幻想を司る天使といわれており、夢や幻を通じて人間に神の言葉を伝えるとされています。数多くの預言者に神託を授けたり、「ヨハネの黙示録」の著者ヨハネに幻影を見せて黙示録を書かせたのもレミエルだと考えられています。

大天使名8:カマエル

「カマエル」は、「神を見るもの」という意味を持つ天使で、「チャミュエル」と呼ばれることもあります。

カマエルは神の力を象徴する天使で、攻撃的な性格をしているといわれています。14万4千もの部隊を率いる指揮官として、悪魔と率先して戦う天使と考えられています。

モーセが神から律法を受け取るために天に昇ったとき、カマエルが行く手を阻みましたが、モーセの偉大さを認めて天国の門を開けたといわれています。

大天使名9:ヨフィエル

「ヨフィエル」は旧約聖書に登場する天使で、「神の美」という意味を持っています。

神殿の門番をする智天使の指導者で、4つの顔・4つの腕・4つの翼を持った姿で描かれています。

ヨフィエルはアダムとイヴを楽園の外に連れ出した天使といわれており、ヨフィエルの導きによって楽園から外へ出る道を辿ったとされています。

また、ヨフィエルは動きが素早いので、悪魔の行動をいち早く察知して知らせたといわれています。

大天使名10:ザドキエル

「ザドキエル」はユダヤ教で重要視されている天使で、「神の正義」という意味を持っています。

ザドキエルは「主天使の長」という肩書きがありますが、アダムとイヴが食べた知恵の実をつける「生命の樹」の守護天使ともいわれています。

また、ザドキエルは「慈悲の天使」ともいわれており、息子のイサクを生贄にしようと手にかけようとしたアブラハムを直前で阻止したのがザドキエルとされています。

大天使名11:サマエル

「サマエル」はユダヤ教の伝承に登場する天使で、「神の毒」「神の悪意」という意味を持ち、「赤い蛇」と呼ばれることもあります。

サマエルは、モーセの魂を天国に導く役目でしたが、モーセの杖で打ち据えられてしまい失敗します。この失敗を神から厳しく叱責されてしまい、反抗心から堕天したと考えられています。

また、アダムとイブに知恵の実を食べるよう諭した蛇はサマエルだった、という説もあります。

大天使名12:セラフィエル

「セラフィエル」はエノク書に登場する熾天使です。

セラフィエルは7つの天に等しいほど巨大な背丈で、天使の顔に鷲のような体をもつ輝やかしい姿をしているといわれています。

セラフィエルは、天使の最高位である熾天使の長を務めており、ほかの熾天使の行いの監視と、神の玉座近くで神を讃えるための歌を教えているとされています。

熾天使に位置するセラフィエルは、神に最も近い存在なので直接人間に接触することはないです。

大天使名13:スリエル

「スリエル」はエノク書に登場する天使で、「ゼラキエル」と同一視されています。

スリエルは神の前に出ることを許された天使の一人で、神の玉座近くに侍り、神の意志を執行する権限を持っているとされています。神に忠実な天使ですが、一部ではスリエルは堕天使という説もあります。

スリエルが堕天使とされたのは、「邪視」を持っていることと、巨大な魔力持つと考えられていた月を守護していたことが理由に挙げられています。

大天使名14:バラキエル

「バラキエル」は「神の祝福」という意味を持つ天使で、「バルビエル」「バラクィエル」と呼ばれることもあります。

バラキエルは有力な熾天使の1人とされており、49万6千もの守護天使が仕えているといわれています。白いバラを胸に抱えた姿やパン籠を持った姿で描かれています。

エノク書にはバラキエルという名前の堕天使が登場しますが、熾天使のバラキエルと同一視するかどうかは見解が分かれています。

大天使名15:イェグディエル

「イェグディエル」は「神の賛美」という意味を持っており、「イフディエル」「イェフディエル」と呼ばれることもあります。

イェグディエルは、さまざまな分野で努力して働く人の守護天使といわれており、イェグディエルが手に持っている冠は努力した人を讃える報酬を意味しています。また、働く人に助言を与える役割も持っているため、指導者や判事などから信仰されてきた天使です。

天使についてもっと知りたい人におすすめの本

エンジェルバイブル

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

エンジェルの名前や役割を知りたくて購入しましたので詳しく掲載され またエンジェルの力を借りる方法やストーンなども載ってましたので思った以上でした

有名な天使の種類以外にも、さまざまな天使がいると考えられています。もっと天使のことを知りたいのなら、専門書籍を参考にしましょう。

「エンジェルバイブル」は、天使の歴史や天使の種類など、天使に関する知識はもちろん、天使の存在の感じ方や守護天使とコンタクトを取る瞑想法なども紹介されています。

堕天使は天使の一種?

階級別天使の種類9つ|14名の大天使名・堕天使とは

天使の中には、「堕天使」と呼ばれる天使の種類も存在しています。

天使は神に仕えていますが、人間と同じように感情や心を持つ不完全なもの、とされています。そのため、神の意志に反した天使は天国から堕天し、「堕天使」となるといわれています。

では具体的に、堕天使とはどのような種類の天使なのでしょうか。堕天使について紹介します。

キリスト教での堕天使

キリスト教での堕天使は、神の意志に背いたため天国から堕天し、人間を堕落させたり破滅へ導く存在といわれています。

堕天使は高慢や嫉妬から堕天させられたものや、自分の意志で堕天したものもいます。また、堕天使の中には位が高い天使もおり、堕天した後も強大な力をもつ存在として描かれています。

次に、キリスト教における有名な堕天使を紹介します。

堕天使名1:悪魔

階級別天使の種類9つ|14名の大天使名・堕天使とは

「悪魔」は神に敵対する存在で、堕天した天使が悪魔になると考えられています。

天使は人間と近い存在なので、人間と接するうちに神に反する心が芽生えたり、悪の道へ傾倒する天使もいるといわれています。神の意志に反するようになった天使は、上位の種類の天使に堕天させられたり、自らの意志で堕天して悪魔になります。

一部では、悪魔は天使の1種類と考えられているため、権利を戻せば天使に戻れるといわれています。

堕天使名2:マスティマ

「マスティマ」は「敵意」「憎悪」という意味を持っており、旧約偽典に登場します。

マスティマは「異端の天使」といわれており、神への忠誠心を試すという目的のために人間に災厄をもたらすとされています。悪魔の大軍を有していながら、神によって管理されているため、必要悪を体現する存在と考えられています。

マスティマはその特異性から、堕天使とする説や悪魔とする説など、さまざまな見解がされており、議論が続いています。

堕天使名3:ベリアル

「ベリアル」はヘブライ語で「無益」「無価値」という意味を持つ堕天使です。

ベリアルはルシファーの次に創造された高位の天使として数多くの種類の天使の上に立ち、大天使ミカエルよりも位が高かったといわれています。

堕天したベリアルは強大な力を持つ悪魔となり、悪魔学の中でも重要な存在と位置付けられています。

堕天使名4:ベルゼブブ

「ベルゼブブ」は、ヘブライ語で「ハエの王」という意味を持つ堕天使です。

本来は「気高き主」「高き館の主」という意味を持つ「バアル・ゼブル」という名前で呼ばれており、恵みの雨を降らせる豊穣の神が前身となっているといわれています。

ベルゼブブはかつて高位の熾天使でしたが、ルシファーが神に謀反を起こした天界戦争の際にはルシファーの側近として戦ったとされています。

堕天使名5:アザゼル

「アザゼル」は旧約聖書に登場する堕天使で、「髪が力を与えるもの」という意味を持っています。

アザゼルが堕天使となった経緯は諸説ありますが、神から人間のアダムに仕えるよう命令が下るものの、「天使が人間などに屈すべきにあらず」と拒絶したため堕天した、という説が有名です。

このアザゼルの行いは、神を否定することに等しいとみなされ、天国を追放されて堕天使になったといわれています。

天使を理解するためのおすすめ映画

階級別天使の種類9つ|14名の大天使名・堕天使とは

さまざまな種類の天使が存在しているといわれていますが、宗教に馴染みがないと天使という存在自体ピンとこない、という声も多く聞かれます。

「天使のことを気軽に知りたい」「天使を身近に感じたい」のなら、天使が登場する映画を観るのがおすすめです。さまざまな種類の天使が登場する、天使を理解するためにおすすめの映画を紹介します。

1:ドグマ

「ドグマ」は1999年に公開されたアメリカ映画で、ヴェー・アスキューニバースの映画シリーズ4番目の作品です。

2000年前に天国を追放された2人の堕天使が天国へ帰還しようと画策しますが、帰還が成功すると世界が滅亡してしまうので、キリストの末裔が帰還を阻止しようと奮闘する、というストーリーです。

聖書の引用も多く、さまざまな種類の天使や登場人物が登場するので、楽しみながら天使について理解が深められます。

2:コンスタンティン

「コンスタンティン」は、2005年に公開されたアメリカのファンタジー映画です。

主人公のコンスタンティンは、天使と人間もしくは悪魔と人間の中間に位置する「ハーフブリード」という種類の存在を生まれつき見抜く力を持っており、悪事を働くハーフブリード始末する悪魔払いとして活躍しているうちに、不可解な事件に巻き込まれるというストーリーです。

さまざまな種類の天使や悪魔が戦いを繰り広げるアクション作品です。

3:普通じゃない

「普通じゃない」は、1997年に公開されたダニー・ボイル監督によるファンタジーラブコメディ映画です。

恋のキューピットなのに、担当したカップルが次々と破局したり離婚するなど業績の悪い2人の天使は、最後のチャンスとしてある男女をカップルにするよう上司から命じられます。しかし、事態は思わぬ方向へ向かう、というストーリーです。

通常のラブストーリーでは考えられないようなストーリー展開がとても楽しい映画です。

4:マイケル

「マイケル」は、1996年に公開されたアメリカのコメディー映画です。

三流タブロイド紙の記者であるフランクが、太めの体型で大食漢・下品なジョークを吐くマイケルという天使と出会い、さまざまなできごとに巻き込まれていく、というストーリーです。

この映画では、ジョン・トラボルタがマイケル役を演じています。悪役のイメージが強いジョン・トラボルタですが、コミカルな天使の演技に心が暖かくなります。

5:天国から来たチャンピオン

「天国から来たチャンピオン」は1978年に公開された映画で、第51回アカデミー賞で美術監督賞・装置賞を受賞しています。

スーパーボール目前に事故死したフットボール選手のジョーは、天国で抗議すると実は担当天使のミスで50年早く天に召されたことが判明し、地上へ戻るために奔走する、というストーリーです。

「故人が案内人の協力を得て帰ってくる」という映画の先駆けとなった作品で、ストーリー展開が秀逸な映画です。

四大天使だけでも覚えてみては?

階級別天使の種類9つ|14名の大天使名・堕天使とは

今回は、階級別天使の種類と大天使名・堕天使について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

天使は人間を正しい道へ導くという役割を持っており、天使によって階級や厳密な役割が与えられています。数多くの天使がいますが、「天使の名前が難解で覚えられない」と感じる人も少なくありません。

天使の中でも最も有名な四大天使は、さまざまな作品に登場する機会も多いので、まずは四大天使の名前から覚えておきましょう。

占いに出てくる天使たち

さまざまな種類の天使がいますが、基本的に天使は人間が正しい方向へ進めるようメッセージを送っている、といわれています。特殊な力を持っている人は直接コンタクトを取ることができますが、一般の人も占いで天使のメッセージを受け取ることができます。

下記の記事には、天使のメッセージを受け取る占いについて紹介しています。簡単な手順でできるので、占いを通じて天使からのメッセージを受け取ってみましょう。

Related