Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月26日

カランコエの12の花言葉|6種の色違いと花の特徴・由来

小さな花がたくさん集まって咲く姿がとても可愛らしいカランコエには、「幸せ」「愛」「素敵な人柄」といった、良い意味のいろいろな花言葉があることをご存知でしょうか。今回は、カランコエの、特徴や由来などのカランコエという花のこと、花言葉、品種などを、紹介します。

カランコエの12の花言葉|6種の色違いと花の特徴・由来

カランコエの名前

はじめに、カランコエという花について、紹介します。

カランコエの花の形や色などの特徴、カランコエという名前の由来、原産地、開花時期、カランコエを育てる際に気を付けるべきことや育ちやすい環境など、カランコエについてさまざまなことを紹介します。

花の特徴

カランコエの12の花言葉|6種の色違いと花の特徴・由来

カランコエは、小さく綺麗な色をした花がたくさん集まって咲く可愛らしい花です。

多肉植物のため、暑さや乾燥に強く、寒さや高湿度には弱い特徴があります。また、栄養繁殖能力が優れていますので、育てやすい植物でもあります。

カランコエは、日当たりの良い明るい場所で鉢植えで育てることが一般的で、夏の強い直射日光、8℃未満の低い気温、高い湿度には弱いので、季節や気温が変わる際は育てる場所に気をつけましょう。

由来と原産地

カランコエの名前の由来は、フランスの博物学者であるミシェル・アダンソンがカランコエの中国名「加籃菜」の発音から「カランコエ」と名付けた、と言われています。

カランコエの原産地は、マダガスカル島、東アフリカ、南アフリカ、ソコトラ島、インド、マレー半島など広範囲ですが、マダガスカル島や東アフリカなどの熱帯地域に多く見られます。

花の色

カランコエの花の色は、さまざまな色があります。白、黄色、オレンジ、赤、ピンクなど、カランコエの花には暖色系の色が多いので、可愛らしいイメージの綺麗な花を咲かせます。

開花時期

カランコエの12の花言葉|6種の色違いと花の特徴・由来

カランコエの開花時期は、10月から5月、季節で言うと秋から春です。

カランコエは、開花時期とされる期間は長いですが、短日植物なことから暗い時間が連続して一定時間より長くなると花芽が形成されるという性質を持っているため、多くのカランコエは冬以降に開花する場合が多いです。

カランコエの花言葉

次は、カランコエの花言葉について、紹介します。

カランコエには「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「人気・人望」など12の花言葉があり、日本で伝えられているものと西洋で伝えられているものがあります。

カランコエの花言葉は、良い意味を持つものが多いので、それぞれ紹介します。

日本での花言葉

日本におけるカランコエの花言葉は、「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「おおらかな心」「柔軟性」などがあります。どの花言葉も、良い意味を持つ素敵な花言葉です。

西洋での花言葉

西洋におけるカランコエの花言葉には、「popularity」日本語に訳すと「人気・人望」という言葉があります。

カランコエの小さな花達を人に例えて、いくつもの小さな花達がぎゅっと集まっているカランコエの様子を人がたくさん集まっている様子に見立て、「popularity」という花言葉を持つようになったと言われています。

12の花言葉

カランコエには、12の花言葉があります。

「幸福を告げる」「幸せをつくる」のような幸せを呼ぶ花言葉、「長く続く愛」「あなたを守る」のような大切な人から贈られると嬉しい言葉、「人気・人望」「おおらかな心」など性格を表す花言葉もあります。

このように、カランコエの花言葉は良い意味のものが多いです。大切な人へ愛を伝える際やお世話になっている人へ感謝の気持ちを伝える際など大切な場で贈ることに適している花です。

花言葉1:幸福を告げる

カランコエは、「幸福を告げる」という花言葉を持ちます。

カランコエの花には、釣鐘の形をした品種もあり、この形がまるで幸福を告げる鐘のように見えるため、「幸福を告げる」という花言葉を持つようになった、と言われています。

また、たくさんの小さな花が寄り添うように咲いているカランコエの様子が、幸福のイメージがあるため、それが由来とも言われています。

花言葉2:たくさんの小さな思い出

カランコエには、「たくさんの小さな思い出」という花言葉もあります。

この「たくさんの小さな思い出」という花言葉は、たくさんの小さな花がぎゅっと寄り添い集まって咲くカランコエの様子が、由来されていると言われています。

長い年月を共に過ごした大切な人へ感謝の気持ちを伝える際に、思い出の写真を詰めたアルバムなどと一緒にカランコエの花を贈るのも素敵です。

花言葉3:あなたを守る

カランコエの12の花言葉|6種の色違いと花の特徴・由来

カランコエには、「あなたを守る」という花言葉もあります。

この「あなたを守る」という花言葉は、カランコエの和名「紅弁慶」の「弁慶」が由来とされています。

強い者という意味の言葉「弁慶」、源義経に仕え源義経を守るため無数の矢を受けて立ったまま絶命したと言われている人物「弁慶」、さまざまな意味の「弁慶」がカランコエの「あなたを守る」という花言葉の由来になっていると言われています。

花言葉4:おおらかな心

カランコエの12の花言葉|6種の色違いと花の特徴・由来

カランコエは、「おおらかな心」という花言葉も持っています。

カランコエは、栄養繁殖能力に優れていて、こまめに水やりをする必要もなく、育てやすい花です。

そのため、さまざまな場所でも花を咲かせやすい、ガーデニングを経験したことがある人もそうでない人もどのような人でも花を咲かせやすい、という特徴から、カランコエは「おおらかな心」という花言葉を持つようになりました。

花言葉5:幸せをつくる

カランコエには、「幸せをつくる」という花言葉もあります。

「幸せをつくる」という花言葉はとても素敵な花言葉ですので、大切な人へこの花言葉と共にカランコエを贈ってその人の幸せを願うのも良いですし、自分の幸せを願って自分の部屋など身近な場所に飾るのもおすすめです。

花言葉6:ときめき

カランコエの12の花言葉|6種の色違いと花の特徴・由来

カランコエは、「ときめき」という花言葉も持っています。

「ときめき」とは「心が弾むこと」「胸がドキドキすること」という意味で、好きな人ができた時やお付き合いし始めた時などに、相手に対して胸がきゅんとしたりドキドキする気持ちのことです。

一緒に連れ添っている大切なパートナーに、「胸のときめきは変わらないままだよ」という気持ちを込めて、2人の大切な記念日にカランコエを贈るのも素敵です。

花言葉7:長く続く愛

カランコエには、「長く続く愛」という花言葉もあります。

この「長く続く愛」という花言葉は、開花期間が長い、というカランコエの特徴が由来されていると言われています。

とても素敵な花言葉なので、将来を考えている方へのプロポーズの際や、結婚記念日のパートナーへのプレゼントとして、この花言葉を添えてカランコエをプレゼントするのも、女性に喜んでもらえる素敵な方法です。

花言葉8:忍耐力

また、カランコエは、「忍耐力」という花言葉も持っています。「忍耐力」とは、「辛いことや苦しいことを、耐え忍び辛抱する力」という意味です。

この「忍耐力」という花言葉は、水を与えられなくても簡単には枯れない、というカランコエの特徴が由来されていると言われています。

花言葉9:柔軟性

カランコエには、「柔軟性」という花言葉もあります。

カランコエは栄養繁殖能力が高くこまめに水やりをする必要もなく育てやすい花なので、いろいろな条件の場所でも花を咲かせやすい、さまざまな人に育てられても花を咲かせやすい、というカランコエの特徴から、この花言葉が付けられたと言われています。

花言葉10:切磋琢磨

カランコエには、「切磋琢磨」という花言葉もあります。「切磋琢磨」という言葉は、「友人同士が、お互いに励まし合い競い合い、向上すること」という意味を持ちます。

小さな花達が集まってどの花も同じようにとても美しく咲き誇っている、カランコエの様子から、この「切磋琢磨」という花言葉がつけられたと言われています。

花言葉11:人気・人望

カランコエの12の花言葉|6種の色違いと花の特徴・由来

カランコエには、「人気・人望」という花言葉もあります。

この花言葉は、いくつもの小さな花がたくさん集まっている、というカランコエの様子が由来されていると言われています。たくさん集まっている花達を人に見立てて、人がたくさん集まっている様子から、「人気・人望」という言葉に繋がります。

長年お世話になっている方や尊敬している方に、「人気・人望」といった花言葉と共にカランコエの花を贈るのも、素敵です。

花言葉12:とっておきの

カランコエには、「とっておきの」という花言葉もあります。

「とっておきの」という言葉は、「いざというときのために大切にしまっておくこと」という意味です。そのような大切なシーンの際に、相手にこの花言葉を添えてカランコエの花を贈るのも良いです。

いろいろな花言葉を知りたい人におすすめの本!

美しい花言葉・花図鑑‐彩りと物語を楽しむ‐

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

写真が美しく眺めるだけでも楽しい本です。花言葉の本として買いましたが、花の数が多いので参考になります。

いろいろな花の花言葉を知りたい方には、「美しい花言葉・花図鑑‐彩りと物語を楽しむ‐」という書籍がおすすめです。

この本には、花言葉、原産地、別名、開花時期、色、香りなど、その花についての情報が、写真付きで詳しくまとめられています。紹介されている花の数が多いので、花言葉をたくさん知りたい人やいろいろな花の情報が知りたい人は、一度読んでみてください。

色の違いによる花言葉

カランコエの12の花言葉|6種の色違いと花の特徴・由来

カランコエには、さまざまな品種があります。

品種によって持っている花言葉も多少異なっていますので、カランコエを贈る際は意味をしっかりと調べて適している品種のものを贈ることをおすすめします。

外観も品種によってさまざまで、形は、何枚もの花びらが幾重になった華やかな形のもの、釣鐘のような形がクラシックで可愛らしい形のもの、色は、白、ピンク、オレンジなど、形も色も異なりますが、どれも美しく魅力的です。

1:カランコエ・クイーンローズパリ

カランコエ・クイーンローズパリは、「幸運を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「おおらかな心」「幸せをつくる」「柔軟性」「切磋琢磨」といった、とてもたくさんの花言葉を持っています。

カランコエ・クイーンローズパリは八重咲きのカランコエで、たくさんの花びらが幾重にもなって咲くその姿が華やかで素敵な品種です。

2:カランコエ・ウェンディ

カランコエ・ウェンディは、「幸福を告げる」という花言葉を持っています。

下を向いた釣鐘のような形が印象的な、クラシックで可愛らしいカランコエです。カランコエ・ウェンディの釣鐘の形をした様子が、幸福を告げる鐘のように見えることから、この花言葉が付けられたと言われています。

「幸福を告げる」という花言葉を持ち、釣鐘の形も可愛らしいので、自分の幸せのお守りとして部屋などに飾るのもおすすめです。

3:カランコエ・プミラ

カランコエ・プミラには、「あなたを守る」「おおらかな心」という花言葉があります。

カランコエ・プミラは、白い粉を纏い霞んだ薄緑の色をしている葉と、冬から春にかけてその霞んだ薄緑の中に咲く綺麗なピンク色の花が美しい、カランコエです。この白い粉を纏っている葉の様子から、「白銀の舞」とも呼ばれています。

「あなたを守る」「おおらかな心」という花言葉は、将来を考えている大切な女性へ贈るのにおすすめです。

4:カランコエ・テッサ

カランコエ・テッサは、「幸福を告げる」「人気・人望」という花言葉を持っています。

カランコエ・テッサも、釣鐘のような形をしている品種で、この形が幸福を告げる鐘に見えることから、「幸福を告げる」という花言葉を持つようになりました。

「幸福を告げる」「人気・人望」という花言葉を持ちますので、お世話になっている人や尊敬している人の新しい門出、たとえば転勤や転職などの際に贈るのも良いです。

5:カランコエ・エンゼルランプ

カランコエ・エンゼルランプには、「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「おおらかな心」というような花言葉があります。

カランコエ・エンゼルランプという名前は、小さく可愛らしく釣鍾のような形をした花が天使の持っているランプに見えることから、この名前が付けられたと言われています。

6:カランコエ・カランディーバ

カランコエ・カランディーバには、「幸福を告げる」「あなたを守る」「長く続く愛」という花言葉があります。

カランコエ・カランディーバは、「女神」という意味を持つ八重咲きの花で、いくつもの花びらが幾重になって咲く姿がとても美しい、華やかな印象を持つ花です。

相手の幸せを願ったり愛を表現した花言葉を持っていることや、華やかで美しい花の形から、大切に思っている女性に贈ることに適している品種です。

良いイメージの花言葉が多いカランコエ

カランコエの12の花言葉|6種の色違いと花の特徴・由来

いかがでしたでしょうか。今回は、カランコエについて、カランコエという花のこと、花言葉、品種などを、紹介しました。

カランコエはとてもたくさんの花言葉を持っていますが、いずれも「幸せ」「愛」「素敵な人柄」を表す花言葉ばかりで、とても素敵な花です。

自分の身近な所に置いて幸せを願うのも良いですし、大切な人へ愛を伝える時やお世話になっている人へ感謝を伝える時に花言葉と共にカランコエを贈るのもおすすめです。

相手を思う気持ちの表れ

誰かから贈られる花は、自分の好きな花や好きな色の花を贈ってもらえるのも嬉しいですが、自分のことを想って花言葉から選んでもらえるのもとても嬉しく感じるものです。

大切な人や大好きな人に贈る花を選ぶ際は、下記のサイトや書籍で調べたり花屋さんに聞いたりして、花言葉からも選んでみてください。

Related