Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月02日

天然氷のかき氷が食べられる店10選|天然氷の豆知識

天然氷のかき氷を食べたことはありますか。夏になると食べたくなるかき氷ですが、最近のかき氷はインスタ映えする見た目だけでなく、氷にもこだわっています。この記事では、天然氷のかき氷が食べられる店や天然氷の豆知識を紹介していきます。

天然氷のかき氷が食べられる店10選|天然氷の豆知識

天然氷とは

天然氷のかき氷が食べられる店10選|天然氷の豆知識

天然氷のかき氷を食べたことはありますか。夏になると食べたくなるかき氷ですが、最近のかき氷はインスタ映えする見た目だけでなく、氷にもこだわっています。

この記事では、天然氷のかき氷が食べられる店や天然氷の豆知識を紹介していきます。天然氷とは、天然水を使った自然の寒さでゆっくりと凍らせた氷のことをいいます。詳しく見ていきましょう。

天然氷の定義

「天然氷」とは、山や森などの自然環境下においてゆっくりと自然の寒さで凍らせた氷のことをいいます。天然の湧水などの水を凍結させた氷ではありません。

この天然氷は2週間から20日という長い時間をかけて低音で凍らせる必要があります。透明でかつ溶けにくい氷を作るには、多くの手間と時間がかかることがわかります。

天然氷がおいしい理由

一般的な氷は不純物を含むため、氷が水に変わる温度が-10℃と低いです。一方で天然氷の氷は、不純物が少ないため氷が水に変わる温度は0℃に近い状態です。

この違いにより、かき氷を作る過程にも違いが生じ天然氷の方が美味しく感じます。不純物を含まない氷の製法の違いがかき氷の美味しさの秘密です。

天然氷のかき氷が食べられる店10選

天然氷のかき氷が食べられる店10選|天然氷の豆知識

天然氷のかき氷が食べられる店を紹介していきます。10個紹介していくので、気になるお店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

かき氷は今や夏には欠かせない食べ物となりました。かき氷を食べるために数時間も行列を並んで食べるという現象も起きています。ぜひ人気店の天然氷を使った美味しいかき氷を食べに行きましょう。

1:天然氷・かき氷・多りきほんがん堂

1つ目の天然氷の食べられる店は「天然氷・かき氷・多りきほんがん堂」です。天然氷・かき氷・多りきほんがん堂では、南アルプスの天然氷を使ったかき氷を食べることができます。

多りきほんがん堂はかき氷の移動販売店です。期間限定で原宿で天然氷のかき氷が食べられます。最新情報をゲットしてどこで美味しいかき氷が食べられるのかチェックしましょう。

2:日光天然氷 かき氷 和人堂

2つ目の天然氷の食べられる店は「日光天然氷 かき氷 和人堂」です。日光天然氷 かき氷 和人堂は削りたてのふわふわでなめらかなかき氷を食べることができます。

和人堂は夏期は日光天然氷かき氷、冬期は黄金の焼きいもを販売しています。和人堂のかき氷は頭をきーんとさせず美味しく召し上がることができます。

3:椛屋

3つ目の天然氷の食べられる店は「椛屋」です。椛屋は旬の果物を使った自家製シロップが特徴のかき氷を販売しています。

椛屋はお庭の軒先でかき氷を出していて、どこか昔懐かしい雰囲気のあるお店です。自家製シロップには贅沢にも多くの果肉が入っています。氷だけでなくシロップも特上のものがいただける贅沢なかき氷です。

4:和kitchenかんな

4つ目の天然氷の食べられる店は「和kitchenかんな」です。和kitchenかんなは三軒茶屋にある日光の天然氷を使ったかき氷です。

和kitchenかんなでおすすめするかき氷は、マスカルポーネソースのかき氷です。とろけるチーズのかき氷は斬新で衝撃をうけることでしょう。ティラミス風のかき氷をぜひ召し上がってみてください。

5:麦酒屋るぷりん

5つ目の天然氷の食べられる店は「麦酒屋るぷりん」です。麦酒屋るぷりんは銀座にあるビアバーで食べられる天然氷のかき氷を販売しています。

ビアバーで天然氷が食べられるということで、大人に人気のあるお店です。フルーツや野菜を使用した自家製のソースが評判で、リピーターも多いです。酔冷ましにかき氷を召し上がってみてはいかがでしょうか。

6:かき氷工房 雪菓

天然氷のかき氷が食べられる店10選|天然氷の豆知識

6つ目の天然氷の食べられる店は「かき氷工房 雪菓」です。かき氷工房 雪菓は巣鴨で販売されている抹茶味のかき氷がおすすめです。

見た目が真緑でインスタ映えとしても注目を集めています。巣鴨の高齢者が多くいる雰囲気にあった抹茶のかき氷は、老若男女に人気の商品となっています。

7:ひみつ堂

7つ目の天然氷の食べられる店は「ひみつ堂」です。ひみつ堂は日暮里駅から徒歩3分程度の場所にある、手動で削る氷が懐かしみを覚えるかき氷です。

ひみつ堂のかき氷の天然氷は、日光の「三ツ星氷室」のものを使用しています。多様なメニューが販売されており、その中でもおすすめがロイヤルミルクティーバナナです。ミルクティーのシロップとふんだんに乗せられたバナナがなんとも言えない美味しさです。

8:雪うさぎ

8つ目の天然氷の食べられる店は「雪うさぎ」です。東京都の桜新町にある日光の天然氷を使ったかき氷が食べられる店です。

雪うさぎのおすすめのかき氷は「かぼちゃキャラメル」です。濃厚なかぼちゃと甘いキャラメルソースの組み合わせが絶品です。夜23時まで食べることができ、酔冷ましにもぴったりです。

9:志むら

9つ目の天然氷の食べられる店は「志むら」です。志むらは東京都の目白にある甘味店で、夏には美味しくてインスタ映えする天然氷のかき氷が食べられます。

志むらのかき氷の特徴は氷が高く積まれるところです。まるで氷の壁のように絶壁で見た目にもインパクトがあります。果肉の入ったいちごや白玉のついた抹茶など贅沢なかき氷です。

10:だるまや餅菓子店

10個目の天然氷の食べられる店は「だるまや餅菓子店」です。だるまや餅菓子店は東京都の十条駅から徒歩4分のところにある、かき氷やさんです。

氷の素材を活かした削り方のため、天然氷を存分に楽しみたいという人におすすめの店です。「餅菓子店」と名乗るように団子も販売しているので、冷たくなったお口に頼んでみてはいかがでしょうか。

家でかき氷を食べよう

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 かき氷器 KTY-18BK

¥ 6,458

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

パワーの割にはコンパクトに収められており,比較的静かで,操作も楽です.そして刃の調整がネジひとつを回すだけでいいので,氷をかきながら簡単にベストな刃に調整できます.

天然氷のかき氷を食べられるお店を紹介してきましたが、遠くてなかなか足を運べないという人も多いのではないでしょうか。天然氷のかき氷を家で作って食べましょう。

天然氷は個人でも購入することが可能です。天然氷を入手してかき氷機をつかって美味しいかき氷を家で食べましょう。ふわふわとろ雪のかき氷を作りましょう。

天然氷の豆知識

天然氷のかき氷が食べられる店10選|天然氷の豆知識

天然氷の豆知識を紹介していきます。天然氷と聞くと「天然な氷で美味しいかき氷が食べられそう」とイメージする人も多いでしょうが、天然氷がどういったものなのかよく知っておくことは大切なことです。早速天然氷の作り方から見ていきましょう。

天然氷の作り方

天然氷の作り方は簡単なものではありません。天然氷は、山間部の池に良質な水をためてゆっくりと自然の寒さで作り上げます。出来上がるのにおよそ2週間から20日かかります。手間ひまをかけた末に美味しくて鮮度のある天然氷が出来上がります。

天然氷の蔵元

天然氷の蔵元は日本にも限られており、たったの7軒しかありません。阿左美冷蔵(埼玉県秩父市)、松月氷室(栃木県日光市)、三ツ星氷室(栃木県日光市)、四代目徳次郎(栃木県日光市)、渡辺商店(長野県軽井沢)、不二(山梨県山中湖村)、八義やつよし(山梨県八ヶ岳)の7つになります。

各かき氷屋はこれらのどこかから調達して天然氷のかき氷を販売しています。

天然氷の値段

天然氷の値段を確認していきましょう。主にかき氷に使われるブロック氷はおよそ200円/kg、ロックアイスはおよそ330円/kgです。値段はブロック氷の方が安いですが、家庭用には適さないため個人で購入する際はロックアイスをおすすめします。

天然氷のかき氷は格別

天然氷のかき氷が食べられる店10選|天然氷の豆知識

いかがでしたでしょうか。天然氷のかき氷が食べられる店や天然氷の豆知識を紹介してきましたが、理解することはできたでしょうか。

天然氷のかき氷は格別の美味しさを持っています。美味しい天然氷を食べて暑い夏を乗り切りましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

この記事ではかき氷について詳しく紹介してきましたが、注目するべきグルメはまだまだたくさんあります。気になる食べ物の情報を次のページから取得しましょう。多くの情報を持っておくことで知識の幅が広がります。早速見ていきましょう。

Related