Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月29日

神戸で中華!中華街おすすめからミシュランまで全24店

神戸という街に中華街があるのをご存知ですか。横浜の中華街より規模はちいさいものの、およそ100店舗もの飲食店が軒を連ねる場所です。外で天心やスイーツも売っているので食べ歩きにもぴったりです。美味しい中華を食べられる神戸に今回はスポットを当ててみましょう。

神戸で中華!中華街おすすめからミシュランまで全24店

神戸のあらまし

神戸で中華!中華街おすすめからミシュランまで全24店

神戸は瀬戸内の温暖な気候に囲まれている街です。六甲山や神戸港など大規模な都市ですが自然にも恵まれています。

指定都市の人口と比べると全国6番目にあたり、全人口から見て神戸はおよそ1.2倍です。また従業者数は運輸や通信業が多く、開業率、廃業率も全国から見て高いですが、昨今では神戸は新規開拓が多いと言えます。

中華街南京町って?

南京町は神戸にある中華街をいいます。誕生したのは明治元年で、神戸港開港と同時にオープンしたといいます。

当時清国は日本と条約を締結していなかったため、外国人居住地に住めず、南京町あたりで暮らすことが大半でした。

その後、南京町商店街組合を設立し、ハードとソフト両面に渡りかつての繁栄を取り戻しています。

神戸で中華!南京町おすすめやミシュランなど21選

神戸の中華街である南京町は観光名所でもあります。日本三大中華街に数えられており、歩くだけでも楽しいものの、食べ歩きにはぴったりのスポットです。

豚まんやフカヒレ、小籠包など各お店のおすすめグルメがテイクアウトできるようになっていますから、食べながら次のお店を探す楽しみもあります。

そんな神戸での中華街でおすすめのお店、ミシュランを取得している、ここの中華だけは食べておきたいというお店をご紹介します。

南京町おすすめ店

まずは神戸にある南京町の中華をご紹介しましょう。本格的な中華料理を比較的リーズナブルな価格で食べることができるのが南京町の魅力です。

また食べ歩きに最適な天心やスイーツも外でせいろ蒸されて販売されています。有名なお店では豚まんが1日に1万個も売れるとのことです。

南京町で食べたいグルメをご紹介しましょう。

店名1:民生

民生で食べるのならイカの天ぷらは外せません。老舗の本格中華料理店で、価格もそれなりですがそれに見合った料理を提供してくれます。

イカの天ぷら(小)はイメージ以上に大きく、衣はサクッと、中はしっとりしています。それでいてしっかりイカの旨味と甘みが伝わってきます。

また店員さんがすすめてくれる料理もあり、その料理には外れがありません。やはり老舗で評判のお店という感じです。

店名2:皇蘭南京町本店

皇蘭南京町本店は神戸の中華街に店を構えています。神戸や大阪だけでなく、全国にも根強いファンがいるほどこちらの豚まんは多くの人々に愛されています。

月に50万個製造する豚まんは全て手作りという信念を掲げています。鹿児島産の豚肉に淡路島産の玉ねぎを使用しており、素材も吟味されています。

しいたけの旨味がぎゅっと濃縮されている、こだわりの豚まんです。

また神戸牛コロッケなど神戸の味を伝えています。

店名3:雅苑酒家

兵庫県中華部門アクセスランキング2年連続1を獲得しているのが、雅苑酒家です。

南京町の路地裏を行き、神戸の上質な空間で中華を楽しむことができます。野菜ソムリエが調理に使用する野菜を選んでおり、広東料理の本場香港で腕を磨いてきたシェフが腕を振るって本格中華を神戸の街にお届けします。

子供椅子もあるのでファミリーでも気軽に来れるのもメリットです。もちろん大勢の神戸観光やグループの宴会も盛り上げてくれます。

店名4:上海料理 東紫縁

神戸南京町にありつつ、老舗や大酒屋がひしめく中でもコンパクトな造りの上海料理 東紫縁は郷土料理を美味しく食べられる名店です。

上海料理の特徴は黒豚、なまふと百合の花煮込みなど多岐に渡ります。おすすめメニューはやはり豚の角煮、海鮮おこげやスペシャルコースがあります。

テイクアウトできる味噌だれの一口餃子は国産の野菜にこだわった1品です。

本格的上海料理を食べてみたい人はぜひ門をくぐってみましょう。

店名5:中華菜館 龍郷

神戸南京町にある中華菜館 龍郷では古典的な中華料理と当たらいい広東料理両方を楽しめる調理長の腕が冴えているお店です。

3階は100名が収納可能で2階がメインダイニングになります。結婚式の二次会場としてもよく用いられています。

大規模パーティはもちろん、夫婦や子供連れでも楽しめるコース料理がたくさんあります。素材、味付けまで常に斬新なものを取り入れているのが中華菜館 龍郷です。

店名6:劉家荘

中国では大切な来客をもてなすのに焼き鳥を出します。劉家荘の焼き鳥は秘伝のスパイスに漬け込んでおり、脂っこくなく柔らかかつジューシーな仕上がりです。

この肉を使って作る焼き鳥ラーメンも絶品です。宅配も受け付けているのでお中元やお歳暮にも活躍するシーンがくるでしょう。

その他、身近に感じられる炒飯や海老のチリソース、麻婆豆腐もプロの手にかかればトップレベルの味になります。ぜひ神戸にてご堪能下さい。

店名7:上海飯店

神戸南京町唯一の餃子専門店です。餃子の王様と呼ばれているパラダイス山元氏が絶賛したことで知られています。

餡にしっかり味付けをしてあり、大変美味しい餃子に仕上がっています。2種類の背油をブレンドして餡にジューシーさを持たせています。

エビトリアワジのうま煮も美味しく、外見は普通の餃子ですが、味のクオリティの高さでいえば、神戸一ともいわれる、神戸南京町で味わえる絶品餃子です。

店名8:中華旬菜 華鳳

北京ダックが名物のお店がこちら、中華旬菜 華鳳です。フカヒレラーメンにも定評があります。

こちらの北京ダックは食べ歩きもできるよう、外でも販売されています。味は八角が効いており、台湾を彷彿とさせる旨味の濃い北京ダックです。

北京ダックには薄切りリンゴを挟んで食べます。シャキシャキした甘さが北京ダックによく合います。

その他や無茶セットも多数揃っている北京ダックイチオシのお店です。

店名9:荟華源

神戸美味しい中華料理と言えば、やはり南京町になります。その中でも荟華源というお店は中華料理の1つ北京ダックをメインにしています。

北京ダックは厚切りきゅうりとネギを巻いたタレで食べ歩きもできます。パリパリと油の乗った北京ダックは皮も香ばしく、甘め味噌だれが丁度良いです。

こってり味付けなのできゅうり、ネギが瑞々しく感じ、良いアクセントになっています。神戸で北京ダックを頼むなら、食べ歩きできるおちらへどうぞ。

店名10:蓮南京町店

神戸は中華街があり、そのため中華料理店も多いですが、本格的上海料理を楽しめるのが蓮南京町店です。

元町の中華街一角のお饅頭屋さんの名店の隣にあります。中華料理店といっても幅が幅広いですが、蓮南京町店は主に上海料理を提供しており、コースより単品で頼める料理が充実しています。

全体的に薄く、辛口の味付けです。お酢と醤油が使われているのがわかります。冬瓜茶は大変甘く、上海料理独自の味になっています。

店名11:北京菜館

創業40年という本格老舗中華料理店でる北京菜館は、たびたびメディアに取り上げらえるほど有名です。

季節の旬の食材や調味料は原産地で揃えています。北京料理はもとより四川料理、広東料理も本格的な味わい楽しめます。

一般の食材はもちろんのこと、アワビやフカヒレ、伊勢海老はすっぽん、ツバメの巣という高級食材も扱い、贅沢な1品を作ります。

店名12:昌園

広東料理の美味しい名店が神戸にある昌園です。

広東料理は中国四大料理とされる北京、上海、四川、広東の中では最も贅沢に食材の味を引きだす中華料理です。

地元神戸っ子にも愛され続けている理由は、一生食べたら忘れられない味と言われており、神戸らしさを堪能できる中華料理です。

旬の食材を使った絶品料理が神戸でいただくことができます。

ミシュラン

神戸で中華!中華街おすすめからミシュランまで全24店

ミシュランという言葉を1度は耳にしたことがあるでしょう。一つ星、二つ星、三つ星という表現はもはやミシュランに留まりません。

ミシュランの基準は以下のとおりです。
・素材の質
・調理技術や味付けのクオリティ
・独創性
・コストパフォーマンス
・安定した料理の一貫性
となります。

そんなミシュランを獲得している中華料理店が神戸にあります。神戸の他の中華料理と一線を画すそのお店はどのような料理を出しているのでしょう。

店名13:チャイナビストロ

チャイナビストロは神戸エリアでただ1件ミシュラン星を獲得している中華料理店です。カウンターに席があり、ボックス席もあります。

大人の雰囲気を保ちつつも、英語の対応をするなどゲストのおもてなしにぴったりです。

こちらの中華料理店へ来たら食べて欲しいのが「四川名物よだれ鶏」です。若鶏で作った蒸し鶏に豆板醤2種類を使ったソースがかかっています。

麻婆豆腐も辛さの中に旨味が閉じ込められており病みつきになります。

神戸三宮そば

神戸には個性的なそば屋が目立ちます。さらにそれだけでなく美味しいそばをいただくことができます。

メディアでも紹介されたそば屋もあれば、カレーそば発祥のお店などさまざまな独創性あふれるそば屋が見つかります。

ここからは神戸三宮で食べられる美味しいそば屋をご紹介しましょう。

店名14:広東料理 えん

こちらでは自分の好みや予算に合わせてコースをお任せすることができます。天然の活魚を使いますから、天候不良で準備できない場合もあります。

そんなコースはいくつか用意されていますが、どの鍋セットにもネギそばが入っています。〆のラーメンのようにそばを扱っています。

リーズナブルな鍋からリッチな鍋までご用意できますから、宴会での予算と皆の希望を聞いて注文しましょう。出汁をたっぷり吸ったネギそばが美味しいです。

店名15:中国菜 二位

中国菜 二位はコース料理はあく、全てアラカルト料理になります。

フカヒレのお刺身に、よだれ鶏、こちらはソースを絡めると鼻にツーンと刺激がくる辛さです。

海老入り炒飯はこの炒飯のためだけに焼いた自家製のチャーシューを使っており大変美味です。

あえネギの中華そばもあります。よく来店する人が、〆でオーダーすることが多いあえネギの中華そばは、あっさりしていますがスープに旨味が凝縮されています。

店名16:シャングリラ

神戸ならではの食材をたっぷり使った本格中華が楽しめるお店、それがシャングリラです。三宮や元町からのアクセスも数分と好立地にあります。

宴会にベストな高級食材も楽しめるコース料理がウリです。

アラカルトでも充分中華料理を堪能でき、鶏肉と豚胃袋の煮込みやチンジャオロース、豚足の旨辛煮込みなど中華ならではの旨味溢れる料理が待っています。

海鮮そばや上海焼きそばも贅を尽くした優しくスパイシーな味わいです。

店名17:中華食堂豊味園

JR元町駅から北側を東に向かっていくとある中華料理店です。神戸でも名高い満園という中華料理屋から独立しています。

お店の外にもテーブルが出ており、大勢でくつろぐ姿が見られます。蒸し鶏はボリューム満点、焼き餃子はジューシーでにんにくを使っていませんが、旨味がじゅわっと溢れます。

こちらでもそばといえば、焼きそばが食べられます。ご飯ものと同じく〆で食べることから、最後に注文することが多いです。

店名18:永楽

昭和30年に神戸で創業した中華料理店です。永楽の餃子が美味しいと言われており店内はカウンター席とテーブル、2階もあります。

餃子はもちっとカリッとした皮で、中のキャベツは粗目、歯ごたえ抜群です。豚肉も粗く、ジューシーです。味噌だれをつけていただきます。

永楽では本格的な五目焼きそばを食べることができます。具だくさんの五目焼きそばは、もうそれだけでメインのおかずと主食になります。価格は1,100円です。

店名19:天竺園

神戸三宮の中華料理をぜひ美味しく食べて欲しいと常に願うのが天竺園です。自慢のメニューは水餃子で、多くのメディアで取り上げられています。

豆腐を使っているヘルシーな水餃子はつるっと喉越しがよく、五目汁そばは900円とリーズナブル。

しかし豚肉、イカや海老、豊富な野菜が入っており、そのあんかけスープがそばに絡まりクセになる美味しさです。

あっさりサッパリいただける中華料理です。

店名20:赤萬 三宮店

メニューには餃子とビールのみという、餃子を追求したお店です。

天内はカウンター席とテーブル2つというこじんまりしたお店です。餃子は1人2人前以上を注文するのがルールで、忙しい時間帯は追加注文もできませんから注意が必要です。

赤萬 三宮店の餃子は餡にしっかりにんにくと肉の旨味が詰め込まれており、それを野菜の甘みでバランスよく配合しています。

皮は薄く香ばしく、濃厚な餃子をあっさりと食べさせます。

店名21:上海楽居

本場中国の味を日本人でも食べやすくアレンジした中華料理を提供しているのが上海楽居です。コース料理は6種類あり最大24人まで収容可能です。

オーナーシェフが創作する定番の中華料理から上海楽居オリジナルメニューまで幅広いラインナップが揃っています。

こちらでは揚げそばのあんかけというそばをいただくことができます。そばを一旦揚げて、その上にあんをかける、じゅわ~っと美味しい湯気の立つそば料理です。

神戸の魅力をもっと知りたいあなたにはこの1冊を!

神戸おさんぽマップ てのひらサイズ (ブルーガイド・ムック)

Amazonで見る

口コミ

広島のおさんぽマップも同時購入でとても重宝したのでこちらもきっと役に立つと思います。

異人館や中華街など多くの特色がある神戸の魅力を案内した1冊です。

パワースポットとされている場所を案内する他、神戸の街歩きが楽しくなるコースを多数紹介しています。

カフェからスイーツまで神戸ならではの味を堪能することができるショップもご紹介しています。

神戸三宮の中華街でも、どのお店の何がおすすめかを提案してくれるので、およそ100店舗ものお店から自分が食べたいお店を見つけることができます。

神戸中華街おすすめ食べ放題3選

最近食べ放題に行ったことはありますか。子供の頃はよく親に連れて行ってもらったという経験を持つ人も少なくないでしょう。

大人になるとなかなか食べ放題に行くきっかけも見つからず、さらに女性はカロリーを気にして食べ放題などもってのほかという人もいるでしょう。

しかしここからご紹介する3つのお店の食べ放題は行って良かったと思えます。ただの食べ放題ではない、本格中華が味わえる食べ放題です。

店名1:香港点心楼

店内はカジュアルで、客層もマダムやファミリー、カップルなど肩肘張らずに入れるお店です。

食べ放題は90分2,000円でお釣りがきます。

蒸し鶏など前菜類、点心、一品料理や麺もの、スープまで計29品でこの価格はかなりリーズナブルです。

小籠包は肉汁がトップレベルでジューシー、広東炒飯は絶妙にぱらっとしており美味です。酢豚は食べ放題と思えぬほど具材と量が豊富です。

全体的な料理のクオリティは高いです。

店名2:雲井亭

雲井亭がおすすめしているのが、食べ飲み放題コースです。全100種類が3,300円、当日でも時間はいつでもOKという嬉しい仕立てになっています。

ふかひれスープも海老のチリソースも飲茶もなんでも100種類の中から選んで好きなだけ食べることができます。

ご飯ものも五目炒飯や皿うどんなどが揃っており、ニラレバ炒めや子供でも食べやすい海老餃子、小籠包にひとくち百まん、豚角煮ちまきなどがあります。

店名3:悦記飯店

JR三宮駅の高架下の眠眠の近くにあるのが悦記飯店です。

カウンター10席ほどのこじんまりした店舗です。餃子専門店とありつつも、餃子以外にもメニューがあり、種類も豊富です。

餃子は餡も皮も手作りで、こだわりの形が自慢です。餡はシンプルに定番の具材、野菜をメインににんにくもほぼ感じない、いくつでも食べられる味わいです。

セットメニューもいくつかあるので、餃子専門店としてだけでなく、普通に利用可能なお店です。

日本三大中華街へ行ってみよう

日本三大中華街の1つとされる神戸の中華街、その魅力は伝わったでしょうか。神戸へ旅行に来る際には、必ず立ち寄って欲しい中華街のお店もあります。

ご紹介しきれなかった店舗もたくさんありますので、1度神戸三宮の中華街へ出向き、その混雑ぶりを見てみましょう。

活気あふれた売り子さんがあなたを呼んでいます。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

記事の中にも出てきましたが、日本三大中華街とはどこの中華街を指しているのでしょうか。

まず横浜の中華街が有名で、規模も大きく500店以上の店舗がある栄えた中華街です。

さらに神戸にある中華街は横浜よりスケールは小さいものの、「南京町」として観光名所であることでも有名です。

中華街の中で歴史が最も古いのが長崎の中華街です。長崎の中華街では長崎独特のうどんやグルメを楽しめます。個性的なお店も多いです。

Related