Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月08日

アメリカンレモネードのレシピ10選|合うおつまみのレシピ3選

アメリカンレモネードという飲み物をご存知でしょうか?お酒があまり得意でなくても飲みやすいと言われている、アメリカンレモネードというカクテルのレシピをご紹介いたします。また、アメリカンレモネードに合うおつまみもご紹介するので、合わせておうちで楽しんでみましょう。

アメリカンレモネードのレシピ10選|合うおつまみのレシピ3選

アメリカンレモネードとは

アメリカンレモネードのレシピ10選|合うおつまみのレシピ3選

アメリカンレモネードという飲み物をご存知でしょうか。レモネードと聞くとジュースのようにも聞こえますが、アメリカンレモネードとはカクテルの名前なんです。

砂糖が加ったレモンジュースに氷を入れ、ステアしてから赤ワインをフロートし、完成するロングドリンクです。ジュースに比べ比重の軽いワインが、ジュースの上にとどまることで層を作り、見た目が美しいカクテルになります。「忘れられない」というカクテル言葉です。

作り方のコツ

アメリカンレモネードをきれいな2層で作るためには、グラスは細長く深めのものがおすすめです。層を作るには比重を理解して作るのがポイントで、比重の重たいレモネード部分を先に作っていきましょう。

ガムシロップは底に残らないようによく混ぜましょう。レモネードができたら、赤ワインをできるだけ静かに注ぐと綺麗な二層になります。レモネード表面に浮いた氷に当てながら入れると注ぎやすいです。

アメリカンレモネードのレシピ10選

それではさっそくアメリカンレモネードを作っていきましょう。似たようなレシピでも、レモネードの作り方や、代用品など少しづつ違っているので、ご自身のお好みに合わせてお好きなものを探してみてください。

アルコール度数が低めなので、おもてなしのカクテルとしても喜ばれるアメリカンレモネードのレシピをぜひものにしてみてください。また、ノンアルコールで楽しめるアメリカンレモネード風のドリンクもご紹介いたします。

レシピ1:サクレレモンでアメリカンレモネード

こちらのアメリカンレモネードは、氷菓子としても人気の「サクレ」を使って作っていきます。割合は、サクレレモンと赤ワインが1:1です。2つを混ぜることで、安い赤ワインもお洒落なアメリカンレモネードに変身します。

さっぱり感がもっと欲しい時は、レモン汁を加えてみるか、サクレレモンの量や赤ワインの量でお好みの味に調節してみてください。サクレは赤ワイン以外にも酎ハイや炭酸水と混ぜても美味くすることができます。

サクレレモン 1個
赤ワイン 200㏄
レモン汁 お好みで

1.グラスにサクレレモンを半量ずつ入れる。

2.赤ワインを注ぎ、軽く混ぜて、お好みでレモン汁を加えて完成。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/46185/recipe/420315 |

レシピ2:炭酸水でアメリカンレモネード

次にご紹介のアメリカンレモネードのレシピは、炭酸水を使用したアメリカンレモネードです。分量をはかり、混ぜるだけの簡単レシピになります。使用するのも、ガムシロップやポッカレモンなど比較的買い足さなくても家にあるものが多いので、突然飲みたくなったときにおすすめのレシピになります。ただ普通に混ぜればでき上がりますが、分離させるように作るとよりオシャレです。

赤ワイン 全量の1/2
ガムシロップ 全量の1/6
ポッカレモン 全量の1/6
炭酸水 全量の1/6

1混ぜるだけ。ガムシロップは比重が重いので先に入れて、後からワインをそっと入れると分離しておしゃれにできます。

出典: https://cookpad.com/recipe/5224405 |

レシピ3:お水でアメリカンレモネード

3つめのアメリカンレモネードのレシピは、お水でレモネードの部分を作っていくアメリカンレモネードです。ただ混ぜるだけでなく、一度火にかけてレモネードを作っていくので、レモネードとして楽しむこともできます。

最初にレモネードを注いだ上から、赤ワインをゆっくりと注ぐことで、二層のグラデーションを綺麗に作り、見た目にも楽しむことができます。

赤ワイン 180cc
レモン果汁 40cc
水(レモネード用) 120cc
☆砂糖 30g
☆水(ガムシロップ用) 20cc
レモンスライス 2枚

1ガムシロップを作ります。☆を鍋に入れて沸かし、沸騰したら火からおろして粗熱を取ります。

2レモン果汁、水、ガムシロップを混ぜ合わせます。

3グラスに氷(記載外)を入れ、手順2を注ぎます。

4赤ワインを、スプーンの背を伝わせて静かに注ぎます。

5グラスにレモンスライスを挿して完成です。

出典: https://cookpad.com/recipe/4262531 |

レシピ4:レモンジュースでアメリカンレモネード

次にご紹介のアメリカンレモネードのレシピは、レモンジュースでつくるレシピになります。こちらのレシピは層を作らず、混ぜて温めてつくるホットワイン風のアメリカンレモネードです。

女性の方向けのカクテルで、アルコール度も抑えめです。お酒に強い方やワインをもっと楽しみたい方は、赤ワインの量を45ml位まで多くしても大丈夫です。

赤ワイン 20ml
レモンジュース 15ml
シュガーシロップ 1個
クリンスイでろ過したお水 適量
1耐熱グラスやマグカップに全ての材料を入れ、混ぜる。

2電子レンジにラップせずに入れ、600Wで1分40秒温めて完成☆

出典: https://cookpad.com/recipe/1670074 |

レシピ5:アレンジアメリカンレモネード

こちらのレシピはアメリカンレモネードを参考にアレンジした、レシピ主さんのオリジナルカクテルです。ブルーキュラソーが入ることで、色鮮やかなカクテルになります。

色同士が混じり合わずに、綺麗な色の層になるにはゆっくりと液体を入れる事がポイントです。見た目にも可愛いカクテルになります。

ブルーキュラソー 30ml
レモンシロップ 15ml
赤ワイン 15ml
スプライト 適量
氷 適量

1まずブルーキュラソーを入れまして
スプライトでコップの6割ぐらいまで割ります。

2氷を入れてレモンシロップを下に流します

3赤ワインをフロートして完成

出典: https://cookpad.com/recipe/4707511 |

レシピ6:ハーブティーでアメリカンレモネード風

こちらのレシピは、アメリカンレモネードを飲みたいけど、アルコールが苦手な方や、お酒を飲めない状況の方におすすめのレシピです。見た目はとても似ていますが、ワインが入っていないので、気軽に飲むことができます。こちらの分量でグラス3〜4杯分になります。

酸っぱくしないと色が変化しないので、レモン汁で作る場合は小さじ1程度は入れてください。底に甘みが沈みやすいので、混ぜながら飲んでください。

■ リンデン、レモンバームのハーブティー用
リンデン(ドライ) 小さじ2
レモンバーム(ドライ) 小さじ2
お湯1000ml
■ ラベンダーのハーブティー用
ラベンダー(ドライ) 大さじ1
お湯 1000ml
■ バタフライピーハーブティー用
バタフライピー(ドライ) 花6個
お湯 1000ml
■ 飲むとき入れる
ポッカレモン 小さじ1
はちみつ(甘味は好みで) 大さじ1-3
■ 又は
ゼロカロリーシュガー(液体) 小さじ1-2
ポッカレモン 小さじ1
■ 又は
■ レモンのはちみつ漬け
レモン 1枚
エキス 大さじ2-3
ポッカレモン 小さじ1

1ハーブティーを淹れて冷ます。ラベンダーは少し濃いめの方がバタフライピーの豆臭さが和らぐようです。

2ただ香りが強いハーブなので、ハーブを増やすより時間を長めに置くとかで調節された方が良いかも。

3逆にバタフライピーは青が濃すぎると可愛いピンクでなく紫寄りな鮮やか色になります。

4ポットにハーブとお湯を入れ3-5分後越して冷ましています。最近は麦茶ポットで作成。

5アイスで飲むので濃いめのハーブティーのが良いと思います(^^) 妊娠中の方はハーブ使用量に注意してください。

6コップにレモン汁、はちみつを入れて混ぜ混ぜ

7リンデン・レモンバームのハーブティーを注ぎ

8ラベンダーのハーブティーを注ぎ

9氷を入れる(この時点で桃色に変化)

10最後にバタフライピーのハーブティーをゆっくり注ぎます。今回は花を(10個で作)入れ過ぎて青濃いめになっています(^^;

11完成です。

出典: https://cookpad.com/recipe/5092821 |

レシピ7:持ち歩きたいレモネード

気軽に外でもレモネードを楽しみたいという方は、持ち歩けるマイボトルにレモネードを作ってみてはいかがでしょうか。アメリカンレモネードを持ち歩くのは難しいですが、レモネードなら気軽に持ち歩くことができます。

レモン果汁の量や甘味はお好みで加減してみてください。お好きなフルーツを薄切りにして入れると、見栄えだけでなくより美味しくいただけます。

レモン果汁 大さじ4
砂糖 大さじ2
ハチミツ 大さじ2
水 400cc
氷 適量

1ハチミツと砂糖を少量のレモン果汁でよく溶かす。

2全部溶けたら水を少しづつくわえ、
全量いれる。

3マイボトルに5~6個の氷をいれる。
薄切りにしたレモンやベリーなど入れるとさらによい。

出典: https://cookpad.com/recipe/4677921 |

レシピ8:はちみつレモン茶でアメリカンレモネード

アメリカンレモネードのレシピ8つめは、はちみつレモン茶を使ったレシピです。レモネードの部分をはちみつレモン茶で作るため、工程がとても少なく作る事ができます。こちらのレシピは2杯分の量です。

サンクゼールさんの「はちみつレモン茶」は、国産レモンを丸ごと使っていて爽やかな風味となっています。お湯などで割って飲んでも美味しいお茶です。

赤ワイン 150ml
★はちみつレモン茶 大さじ4
輪切りレモン 2枚
■ ★はサンクゼールの商品です

1鍋に赤ワイン、はちみつレモン茶を入れて弱火にかける。

2温まったら器に注ぐ。冷たくする場合は氷を浮べレモンを添えてどうぞ。

出典: https://cookpad.com/recipe/4314988 |

レシピ9:ゆずを使ったアレンジカクテル

レモンの代わりに、たまにはゆずはいかがでしょうか。こちらのレシピは、ゆずを代用したレモネードのような味わいで、寒い日にぴったりのカクテルです。アルコール度はとても低くなっています。

ワインをそっと入れることで、上層が赤くグラデーションになり綺麗です。アルコールが苦手の方は、ワインの量を少なくして香りだけ楽しみましょう。

ゆず 1/2個
赤ワイン(ロゼも可) 30cc
湯 170cc
蜂蜜 大匙2杯
プレミアムサービス カロリー・塩分を計算

1ゆずを半分に切り、種をとってから、コップの上で握って絞る。

2蜂蜜を1に加え、お湯を入れて溶かす。(蜂蜜は好みで調整してください)

3絞ったゆずの皮を細く刻んで、適量、2に加え、

4最後にワインをそっと入れれば、完成。
(ブドウのアントシアニンと酸が反応するのか、ロゼでも赤みが強くなります)

出典: https://cookpad.com/recipe/2067845 |

レシピ10:アメリカンレモネード風サングリア

女性に人気のサングリアも、割るものをレモネードにすれば、フルーツの入ったアメリカンレモネード風の飲み物になります。用意する赤ワイは安いもので大丈夫ですが、フルーティーなものを使うとより美味しくでき上がります。

分量は目安なので、お好きなフルーツやリキュールを入れてお楽しみください。フルーティーなので飲みやすいのが特徴ですが、実は結構強いのでご注意ください。リキュールはコアントローなどがおすすめです。

赤ワイン 600cc
100%のオレンジジュース 100cc
ブランデー/リキュール 30~50cc
レモン/ライム、オレンジ、いちご/ベリー類、桃、チェリー、パイナップル、キウイなど合わせて数種 ジャグに半分弱
シナモン 小1/2
ナツメグ 小1/4
クローブ 3個
グラニュー糖/または蜂蜜 大1~(好みで)
★仕上げにソーダ水/ジンジャーエール/レモネードなど 好みで割って下さい

1柑橘類、リンゴは薄くスライス、他のフルーツを使う場合は食べやすく切る。

2★以外を全てジャグに合わせて冷蔵庫で数時間~半日寝かせる。

3氷と一緒にソーダ水やレモネードなどで割ってどうぞ。

4★冬はホットでも楽しめます。フルーツは柑橘系、八角、ローリエをプラスするのがおすすめ。
5材料全てを鍋に入れて弱めの火でゆっくり温めます。

出典: https://cookpad.com/recipe/2669189 |

普段とグラスを変えて気分を高めよう

プレミアム ワイングラス モデル 容量440ml

¥ 972

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

この値段でこの薄さ、音、透明感はかなりお買い得!

おうちでカクテルなどを作ってみようとなったら、グラスを変えてみたらいかがでしょうか。いつものグラスでももちろん作ることはできますが、グラスが可愛く・かっこよくなると、おうちでの晩酌もまた一味違った雰囲気をだしてくれます。

こちらのワイングラスは、イタリアNo1シェアを誇る老舗のガラスメーカーさんのもので、透明感と強度をもち合わせている人気の商品になります。

アメリカンレモネードに合うおつまみのレシピ3選

上手にアメリカンレモネードが作れるようになったら、次はおつまみに挑戦してみましょう。ワインが入ってるアメリカンレモネードにぴったりのおつまみのレシピを3品ご紹介いたします。

自分用はもちろん、簡単だけどおもてなしにもなる、美味しくて見栄えの良いアメリカンレモネードに合うおつまみを作って、楽しい時間を演出しましょう。

レシピ1:カプレーゼ

アメリカンレモネードに合うおつまみのレシピ1品めは「トマトとモッツァレラのカプレーゼ」です。ワインが入ったカクテルのアメリカンレモネードには、ワインとの相性の良いチーズが同じくよく合います。

熱などを加えることもなくパっと作る事ができる上に、見た目が華やかでおもてなし料理にもピッタリのレシピです。

プチトマト 4個くらい
モッツァレラチーズ 1/2個
バジル 適量
塩 適量
ブラックペッパー 適量
オリーブオイル 適量

1.プチトマトは5mm幅の輪切りに、モッツァレラチーズは半月切りにする。バジルは適当にちぎる。

2.トマト、モッツァレラ、バジルの順に並べ、塩、ブラックペッパー、オリーブオイル、をかける。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/21739/recipe/613975 |

レシピ2:オイルサーディンの缶つま

アメリカンレモネードに合うおつまみのレシピ2品めは「オイルサーディンの缶つま」です。こちらのレシピでは、オイルサーディンを缶ごと加熱しており、簡単に調理できます。

バゲットがとてもよく合うので、乗せたり浸してつまんでみたり、ブルスケッタにするのもおすすめです。お酒に合うようにスパイスが多めですが、心配な場合は食べる時に調整してください。溢れると危険なので、トースターは必ず受け皿を使用してください。

オリーブオイルサーディン  1缶
玉葱の微塵切り 8分の1くらい
大蒜の微塵切り  1かけ分
*サラダスパイスかクレイジーソルト 多めの適量
*粗挽き胡椒  適量
パルメザンチーズ  多めの適量
ポッカレモン パセリ  適量
フランスパンをこんがり焼く 

1.缶詰を開け、大蒜を少し沈めるようにまんべんなく散らし、その上に玉葱を隙間なく敷き詰める。

2.*を全体にかける。受け皿に乗せ、トースターに入れ、750w位でグツグツ焼く。このくらいの缶だとだいたい10分前後で。

3.やけどに気を付けて缶ごとお皿に盛り付け、チーズ・レモン汁・パセリをかける。出来上がり☆

4.かき燻製のひまわりオイル漬けver.☆

5.鯖の水煮缶でも。漬け汁を捨て、オリーブオイルを7分目まで入れる。後は同じ手順で。お好みでマヨをかけて焼いてもGOOD☆

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/202403/recipe/1037865 |

レシピ3:タコのマリネ

アメリカンレモネードに合うおつまみのレシピ3品めは「タコのマリネ」です。さっぱりとしたタコのマリネは、高タンパク・低カロリーでダイエット中のおつまみとしておすすめです。

簡単にできるマリネ風サラダは、おかずやおつまみなどとして活躍します。熱湯でタコを洗うことで、臭み・ヌメリを取ることができます。

茹でタコ 150g
玉ねぎ 1/4個
きゅうり 1~1.5本
イタリアンパセリ(パセリ可) 適量
白ワインビネガー 20cc
オリーブオイル 60cc
塩・こしょう 適量

1.玉ねぎはみじん切りにして水にさらし、水気を充分に取り除く。

2.タコは熱湯にさっとくぐらせて、一口大に切る。

3.パセリはみじん切りに、きゅうりは輪切りのスライスにする。

4.白ワインビネガー、オリーブオイル、塩・こしょうを合わせて、①②③の材料を全て混ぜ合わせる。

5.冷蔵庫で味を馴染ませる。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/201603/recipe/1028615 |

アメリカンレモネードを作ってみよう

アメリカンレモネードのレシピ10選|合うおつまみのレシピ3選

いかがでしたでしょうか。可愛くて見栄えの良いアメリカンレモネードのレシピをご紹介いたしました。アメリカンレモネードは意外に簡単に作ることができるので、色んなレシピを試して自分好みのものを探してみてください。

お友達のおもてなしカクテルとしてもおすすめです。おつまみなどで華やかにして、年末のパーティにも活用してみてください。

こちらの記事に関連する情報もチェックしよう!

カクテルをもっと作れるようになりたいという方は、こちらの記事も合わせてご覧になってみてください。

ミントを使ったカクテルのおすすめレシピや、カルーアミルクのレシピをご紹介しています。色んなカクテルを覚えて、宅飲みを楽しみましょう。

Related