Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月05日

マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

ころんとした丸い形がかわいいマッシュルーム。その昔には缶詰のスライスしか目にする機会がありませんでしたが、今は生のマッシュルームもスーパーで簡単な手に入るようになりました。身近な食材となったマッシュルームの保存方法やおいしいレシピなどを、ご紹介していきます。

マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

マッシュルームとは

マッシュルームは世界各地で栽培されているきのこで、ころんとかわいらしい丸い形をしているのが特徴です。マッシュルームの和名はツクリタケといい、洋風のお料理によく使われています。

昔は缶詰などでしか見かけなかったマッシュルームですが、近年はスーパーなどで生のマッシュルームが簡単に手に入るようになりました。しいたけやえのきといった日本のキノコと同じように、普段私たちが口にする機会も増えてきました。

マッシュルームの種類

マッシュルームは大きく分けて、ブラウンマッシュルームとホワイトマッシュルームの2種類に分けられます。

ブラウンマッシュルームはその名のとおり茶色いマッシュルームで、味が濃く強い香りが特徴です。おいしい出汁が出ますので、シチューやスープなど火を通して使う料理に向いてているとされています。

ホワイトマッシュルームは白い色が特徴で、あっさりとしてクセが少ないため、生のままサラダになども使えるのが特徴です。

マッシュルームの旬

マッシュルームは他の多くのきのこと同じく秋が旬とされ、野生のものは10~12月にかけての時期に収穫されます。近年はほとんどが人工栽培のため、おいしい生のマッシュルームを一年中お店で手に入れることができます。

マッシュルームの下処理

マッシュルームにも他のキノコと同じように「石づき」という固い部分がありますので、ここを包丁で切り取っておきます。

きのこは水で洗うと香りが飛んでしまいます。汚れや土がついている場合は、濡れた布巾やキッチンペーパーなどでそっとぬぐうようにします。生で食べるのに汚れが気になる場合は、食べる直前にさっと水をかける程度に洗うようにしましょう。

マッシュルームの保存方法3つと保存のポイント

新鮮な生のマッシュルームが手に入るのはうれしいですが、保存方法に悩んでしまうことがありませんか。お買い得でたくさん手に入れたマッシュルームを、どう料理しようか迷うこともあるでしょう。

マッシュルームを最後までおいしく食べきるために、最適とされる保存方法をいくつかご紹介します。マッシュルームの食べ方や料理方法に合わせて、上手に使い分けてください。保存方法によってよりおいしくなるポイントもご紹介します。

方法1:冷凍保存

マッシュルームを一番長期保存することが可能なのは、冷凍して保存する方法です。石づきの部分をカットしたら、使いやすい大きさに切り、ジップロックや保存容器に入れて冷凍します。

きのこに水分がついていると変色や痛みの原因になりますので、冷凍する前に水で洗わないようにするのが大事です。表面を水にふれさせない、空気にふれさせないの2点が上手な保存の仕方のポイントですので、ぜひ参考にしてみてください。

変色防止にレモン汁

マッシュルームは包丁でカットした断面が空気に触れるとすぐ変色してしまいます。変色防止にはレモン汁をかけるのが効果的ですが、断面すべてにまんべんなく振りかけるのはなかなか難しいこともあります。

マッシュルームを切るときには、あらかじめ包丁の刃にレモン汁をつけてからカットする方法がおすすめです。包丁が触れた部分にレモン汁がまんべんなくつきますので、切るだけで簡単に変色予防ができます。

1か月間ほど保存可能

冷凍したマッシュルームは、冷凍庫で一ヶ月ほど保存が可能です。ただし冷凍庫内の温度変化などにより保存期間は異なってきますし、長期保存すると徐々に風味が落ちてきてしまいます。保存方法にかかわらず、なるべく早く使い切るのがおすすめです。

使うときは冷凍のまま調理する

冷凍したマッシュルームを使うときは、解凍せずに凍ったまま料理に入れるようにします。解凍してしまうと水分が出てしまい、見た目や食感も悪くなってしまいます。

マッシュルームを冷凍する場合には、凍ったまま使えるようにあらかじめ使いやすい大きさにカットしてから冷凍することが大切です。計画的に保存することで、使いやすくおいしい冷凍保存ができます。

冷凍保存で風味が増す

きのこ類は冷凍すると味や風味が増しますが、マッシュルームも同じように冷凍するとさらにおいしくなるという嬉しい効果があります。

きのこの種類などにもよりますが、冷凍したきのこは細胞膜が壊れ、加熱しただけのものに比べてグアニン酸、グルタミン酸、アスパラギン酸などのうまみ成分がおよそ3倍になると言われています。うまみが増した冷凍したマッシュルームは煮込み料理などに使うと、より芳醇な風味が味わえます。

方法2:冷蔵保存

マッシュルームは他の野菜などと同じように冷蔵庫で保存することも可能です。しかしきのこは繊細な食材ですので、おいしく食べるためにいくつか注意する点があります。マッシュルームをおいしく冷蔵庫で保存して食べる方法をご紹介します。

水滴が付かないように注意

マッシュルームは水分にとても弱いのが特徴です。水分がついたところから痛んでしまいますので、水で洗わずに保存することが大切です。

また他の食材の水分などが移らないよう、ラップやタッパーなど密閉できる容器に入れて保存しましょう。断面が空気に触れるのも痛む原因になりますので、きっちりと密閉して保存するのはとても重要になります。

1週間ほど保存可能

冷蔵庫に入れたマッシュルームは一週間ほど保存することができます。ただしやはり日にちがたつごとに香りは飛んでしまいますので、なるべく新鮮なうちに食べるのがおすすめです。

一般的な野菜よりも少し気を使って保存するくらいが、上手なマッシュルームの保存方法になります。ラップなどできっちりと密閉し、香りが飛ばないよう保存しましょう。

生で食べる場合は新鮮なうちに

冷蔵保存したマッシュルームは生で食べることも可能です。冷凍保存すると食感が変わってしまいますので、サラダなど生で食べる予定がある場合は「冷蔵」で保存するのがおすすめです。

生で食べる場合も、なるべく新鮮なうちに調理しましょう。鮮度が失われると、水分を含んだ傘の部分の食感がすかすかとしたスポンジ状になってしまいます。生のサクサクとした食感を楽しむためには、できるだけ新鮮なうちに食べましょう。

方法3:常温保存

マッシュルームをすぐに食べる予定がある場合は常温で保存することも可能です。しかし傷みやすい食材のため、いくつか注意することがあります。

マッシュルームを置いておくと傘の裏側が黒くなってきます。見た目でびっくりする方もいますが腐っているのではありません。傘の裏が黒くなるのはむしろ成熟したマッシュルームの証拠と言えます。

しかし傘の表面が黒っぽくなった場合は、傷んでしまっているので食べるのは避けましょう。

長期保存には向かない

マッシュルームを常温で置いておくのは一日~数日までが目安です。マッシュルームは人工栽培の場合も、肥沃な堆肥を養分にして育てています。栄養分が豊富なために雑菌が繁殖しやすいという面もあり、生食しない場合でも数日で食べきってしまうのがおすすめです。

水で洗わずに保存する

冷凍や冷蔵する場合と同じく、常温保存する場合も水で洗わないことが大切です。水分や空気に触れた部分から傷みやすくなってしまいますので、包丁でカットやスライスなどもをせず、丸のまま保存しましょう。

温度の低い冷暗所で保存

常温保存の場合でも、温度の低い冷暗所に置いておくのが基本です。窓際などは日が当たって温度が上がってしまいますので、必ず日光の当たらない涼しい場所で保管するようにしましょう。

夏場の常温保存は避けた方が良い

マッシュルームは夏場の常温保存は避けた方がよいでしょう。エアコンなどの空調が効いた現代でも、風通しの悪い場所などは気温が上がってしまいがちです。やむをえず常温保存するときは、気温の低い冬場にするのがおすすめです。

マッシュルームを保存するならジップロックが便利

ジップロック フリーザーバッグ L 30枚入

¥ 972

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

若干値段がしますが、一番使いやすいと思います。 食べ物の保存、漬け置きなどに使用でき、液漏れもしないので便利です。

マッシュルームなどを冷凍、冷蔵保存するのにはやはり市販のジップロックが便利でおすすめです。厚地でしっかりしているので冷凍で固くなった食材を入れていても破れることがなく、口の部分のジップでしっかり密閉してくれます。

大は小を兼ねますので、たくさん入る大き目のLサイズを常備するのをおすすめします。

マッシュルームを使ったおすすめレシピ4

上手に保存したマッシュルームを使って、おいしい料理を作ってみましょう。きのこのうまみを味わい尽くすおすすめレシピをご紹介します。

1:ブラウンマッシュルームのオイル漬け

小さいココットを使って、マッシュルームをオイルでじっくりと煮こんだ料理です。材料はオリーブオイルの他はにんにくと唐辛子だけというシンプルなレシピで、マッシュルームそのもののうまみを存分に味わえます。

うまみのたっぷり出たオイルはパンにつけて食べるのがおすすめとのことです。生ならではの丸ごとのマッシュルームを味わい尽くしましょう。

マッシュルーム 10個位
にんにく 1個
唐辛子 1個

1.ミニココットに みじん切りのニンニクと唐辛子 オリーブオイル を入れ ぎゅうぎゅうにマッシュルームを詰め
弱火にかける
2.マッシュルームから水分が出て 全体に火が通ったら パセリをふる
3.ココットに蓋をして パンを添える

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/35799/recipe/442579 |

2:マッシュルームのガーリックスープ

スライスしたマッシュルームをガーリックの効いたスープに浮かべた一品です。ベーコンとマッシュルームのうまみが凝縮されたスープがやみつきになります。お鍋ひとつで簡単にできますので、ぜひ試してみてください。

スライスして冷凍保存しておいたマッシュルームを使うと、さらに香りとうまみが引きたちます。

材料4人分
ベーコン     2枚
マッシュルーム  1パック
玉ねぎ      1/2個
にんにく     1かけ
ブイヨン     2個
水        3カップ
オリーブ油    小さじ3
塩、黒こしょう、乾燥パセリ 適宜

作り方
1)ベーコンは5ミリ位の幅に切ります。マッシュルームは縦に薄めに切ります。にんにくは皮をむいて瓶の底等で押さえて潰し、みじん切りにします。玉ねぎは薄切りです。
2)鍋にオリーブ油小さじ2とにんにくを入れて中火にかけます。にんにくが泡立ち、香りが出てきたら、玉ねぎ、ベーコンを入れて炒めます。玉ねぎに透明感が出てきたらマッシュルームを加えて一混ぜし、水、ブイヨンを入れて煮立てます。
3)煮立ったらアクをすくいます。塩、黒こしょうで味を調え、仕上げにオリーブ油小さじ1を加えます。
スープカップに注ぎ、乾燥パセリをちらして出来上がりです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/252/blog/16571147 |

3:生マッシュルームのシンプルサラダ

新鮮なマッシュルームが手に入ったらぜひ試してみてほしいのが、マッシュルームを生で使ったサラダです。マッシュルームのさくさくとした食感がクセになります。

サラダに使う場合はホワイトマッシュルームがおすすめです。冷凍保存ではなく、冷蔵か常温で保存したマッシュルームを使ってください。

マッシュルーム 4個(100g)
パルミジャーノ 30g
紫玉ねぎ 20g
レモン 1/2
オリーブオイル 大さじ1
塩・コショウ 少々
水菜 5g

1.マッシュルームは洗わず湿らせたキッチンペーパーなどでふき 薄切りにする
紫玉ねぎはみじん切り 水菜は3cm長さに切る
パルミジャーノは1/3はすりおろし残りは薄切りにする
2.ボウルに①のマッシュルームと玉ねぎを入れレモン汁 オリーブオイル 
塩・コショウで味付けボウルをゆすりながら全体に絡ませる
3.薄く切ったパルミジャーノを加え 器に盛り付けすりおろしたパルミジャーノをちらす

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/35799/recipe/1021131 |

4:ハンバーグきのこたっぷりソース

みんなが大好きなハンバーグを、マッシュルームがごろごろ入ったソースで仕上げたレシピです。見た目も味もボリューム満点で、マッシュルームのうまみを存分に味わえます。

マッシュルームを惜しみなく入れるのが味のポイントです。男性や食べ盛りのお子さまにも喜ばれること間違いなしの一品です。

材料:2人分
豚挽肉(合挽肉でもok) 300g
玉ねぎ 1/2個 みじんぎり
炊いたごはん 100g
ナツメグ 小さじ1
塩 小さじ1/2
こしょう 適宜
マッシュルーム(しめじでもok) 1パック 縦半分に切る

a:ソース調味料
中膿ソース 大さじ2
ケチャップ 大さじ2
バター 大さじ1 
酒 大さじ1
水 1/2カップ
水、サラダ油 適宜

作り方:
1、ボウルにごはん、挽肉を入れよく混ぜて馴染んだら、
たまねぎ、ナツメグ、塩、こしょうを入れてさらに滑らかになるまでよく混ぜる。
2、手にサラダ油少々をつけ、1を2等分に分け、
手でキャッチボールをしながら空気を抜き、楕円にまとめる。
3、フライパンを熱してサラダ油をひき、2を並べて強火で焼く。
焼き色がついたら返して両面を焼き、水をハンバーグの高さ半分まで注いだら、
マッシュルームも入れてフタをして中火で蒸し焼きにする。
4、水分が少なくなってきたらフタをとり、
a:のソースの調味料を全て加えて弱火で煮からめる。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/20961/blog/17069742 |

マッシュルームを上手に保存しよう

売り場に並ぶ新鮮な生のマッシュルームを買ったら、最後までできるだけおいしく食べきりたいもの。マッシュルームの上手な保存方法を覚えて、ぜひ素敵な料理に生かしてください。

上手な保存方法次第で、そのままよりさらにおいしくなるのがきのこの特徴です。マッシュルームのおいしさを存分に味わいましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

マッシュルームだけではなく、きのこをおいしく食べるのにおすすめな記事をご紹介します。塩漬けできのこを保存する方法や、おいしいきのこパスタのレシピもご紹介しています。秋の味覚のきのこを、ぜひ多彩なレシピで味わってください。

Related

かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

かまぼこは正月のおせち料理や長崎ちゃんぽん、丼物、おでんなどの料理に多く使用される魚の練り物です。栄養価が高く低カロリー食品です。かまぼこは板に載せて販売しています。おせち料理などで使用すると余ることがあります。余りは冷凍保存できます。その方法を紹介します。
レシピ
2019年05月21日
かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

エビの背わたはエビの消化管ですが、背わたを取りのぞくことは、見栄えだけの問題ではなく、料理の風味・食感などにも大きく影響します。また、臭みを取る下処理も、省くことができない工程です。この記事では、エビの背わたの取り方、下処理の仕方を紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

家族と離れての一人暮らしは、食事も自分で何とかしなければなりません。そして、一人暮らしの食事は「自炊」と「外食」の二つがありますが、自炊のほうが効率が良いという見方があります。この記事では自炊のポイントとおすすめレシピを紹介していますので、参考にしてください。
レシピ
2019年02月05日
一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

揚げ物の調理は手間です。だからといってまとめて作りすぎると急いで食べる羽目になりますよね?そんな時は冷凍保存を活用しましょう。冷凍焼けや変質が気になりますが、ポイントを押さえてうまく冷凍保存すれば劣化を防ぐことができます。長く美味しく揚げ物を楽しみましょう。
レシピ
2019年02月04日
揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

冷凍に向かないと考えられている厚揚げについてみてみましょう。冷凍のコツをつかめば、厚揚げはとても手軽に冷凍保存し、おいしく食べられる食材です。冷凍するからこそ、味わうことができる厚揚げの良さがあり、おすすめの冷凍厚揚げレシピもご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

にんにくは肉や魚の臭みを消したり、味わいを良くしてくれます。にんにくは美味しいだけでなく栄養価も高く、おすすめな野菜のひとつです。保存方法を知っていれば、長く楽しむことができます。美味しく栄養価の高いにんにくの保存方法やレシピなどについて紹介します。
レシピ
2019年02月05日
にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

韓国料理やタイ料理など、激辛料理に使われているスパイスと言えば唐辛子です。辛党の人にとって人生になくてはならない唐辛子ですが、実は世界には日本でお目にかかる唐辛子以外にもたくさんの種類があります。今回はそんな唐辛子についての記事です。
レシピ
2019年02月04日
激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

余ってしまいがちな餃子の皮を冷凍することで、1か月ほど冷凍庫で保存をすることができます。賞味期限内でも冷蔵庫だと固くなってしまい、使い切れずについ廃棄してしまうことも多いでしょう。餃子の皮の冷凍保存方法と解凍方法のポイントをご紹介いたします。
レシピ
2019年02月04日
餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

日本全国でいろいろな銘柄のブランド米が栽培されています。次々に新しい品種が登場してくるので、美味しいお米を選ぶにも迷うことが多いです。そこで美味しいお米として人気の銘柄や、美味しいご飯の炊き方など、美味しいお米の情報をいろいろとお届けします。
レシピ
2019年02月01日
美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

淡白でクセがないエリンギは、使いやすくおいしい人気のキノコです。たくさん置いておきたいエリンギですが、どんな保存方法があるのか、賞味期限はどのくらいなのか気になるところです。そんなときに役立つエリンギの保存方法や賞味期限、良品の見分け方についてご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

パリッとした皮の食感が醍醐味の春巻きですが、作り過ぎたり、揚げてしまったものの、多過ぎて残ってしまって困ったことはありませんか。春巻きは冷凍しておけば、再加熱の仕方次第で、パリッとした食感を再現できます。この記事では保存方法や再加熱の調理法を紹介していきます。
レシピ
2019年01月31日
春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

もともとは朝鮮半島の伝統食品であるキムチですが、今や、日本でもすっかり市民権を得ていて、日本の一般家庭の食卓にも普通に並ぶようになっています。それだけポピュラーな存在でありながら、意外と知られていないのが、その賞味期限や保存法です。
レシピ
2019年02月04日
キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

皆さんは、パスタをどのように保管しているでしょうか。日持ちするパスタですが、保存方法を間違うと台無しになってしまうことにもなりかねません。この記事では、パスタの保存方法のコツをご紹介しています。さらにパスタの簡単レシピもご紹介します。ぜひ参考にしてください。
レシピ
2019年02月04日
パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

気軽に、安上がりに飲める「宅飲み」が人気です。気取らないところが宅飲みの良さではありますが、ちょっとだけおつまみにも気を配りたいところです。気の利いた美味しいおつまみがあれば、宅飲みは、もっと楽しくなるでしょう。簡単にできる絶品おつまみをご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

料理にごぼうを入れるだけで風味や旨味が増して美味しくなります。しかし、ごぼうは長いから使いきれないという人は多いでしょう。今回は、ごぼうの栄養を残したまま美味しく保存できる、冷凍保存の仕方を紹介します。冷凍ごぼうは手軽に使えて便利なので、ぜひお試しください。
レシピ
2019年02月05日
ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

ハンバーグを作りすぎた時に、どのように保存していいかお困りの方もいるでしょう。冷蔵や冷凍で正しく保存することで、時間のない時のおかず作りや、お弁当のおかずを用意するにも役立てられます。この記事では、保存方法や冷凍したハンバーグのアレンジレシピを紹介します。
レシピ
2019年02月04日
ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!

豆乳はパックの容量が大きいとあまってしまい、忘れてしまったりと「まだこれ飲めるの?」と考えた人も多いのではないでしょうか。豆乳の未開封の開封後はいつまで飲めるのか、どの位になると傷み始めるのか豆乳の賞味期限など紹介します。
レシピ
2019年06月06日
豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!

じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選

普段じゃがいもをどのように保存していますが?じゃがいもは正しく保存すれば2ヶ月ほど持ちますが、間違った方法では却って保存期間を短くしてしまう可能性もあります。どんな調理法にも使える万能な食べ物です。腐らせたり変色させたりすることのないようにしたいものです。
レシピ
2019年02月01日
じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選