2019年02月05日

ミニトマトの保存方法|ミニトマトを美味しく活かしたレシピ4つ

ミニトマトは見た目の可愛さだけでなく、アンチエイジングなどの優れた栄養効果があるため、毎日食べたい人気の野菜です。そんなミニトマトの栄養効果を最大限にいかし、美味しく楽しむための保存方法とおすすめレシピをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

ミニトマトの保存方法|ミニトマトを美味しく活かしたレシピ4つ

ミニトマトの保存方法とは

ミニトマトは一年中売られており、普段の献立からお弁当のおかずにも使えるため、家庭には欠かせない野菜の一つです。少量でもうま味と存在感があるので、いつも常備しておきたいところですが、いつの間にかシワシワになってしまっていたという事はありませんか。

ミニトマトは、少しだけ手間をかけて保存してあげると、長期間美味しく利用することができます。どんな時に、どんな保存方法をするとよいのかについてご紹介します。

保存方法は温度によって違う

ミニトマトは、季節によっては常温保存ができますし、冷蔵庫や冷凍庫を使う保存方法や、乾燥させる保存方法もあります。すぐに食べるならさほど変わりませんが、一定期間保存したい場合には、ミニトマトに少し手を加えるだけでよりおいしく保存することが可能です。

気を付けなければいけないのは、保存場所の温度によりミニトマトの保存方法が変わってくるということです。

ミニトマトの保存方法4つ

ミニトマトの保存方法は多彩で、保存する季節や、使う用途によって適切な方法を使い分けることができます。

一般的には、小さなパックで購入することが多いミニトマトですが、旬の季節には美味しいミニトマトがたくさん手に入ることもあるでしょう。ミニトマトを美味しく保存する方法をご紹介しましょう。

1:常温での保存方法

ミニトマトを常温保存する方法は、ザルなどの通気性の良いものに入れておくことが必要だとされています。

ミニトマトが入っていたパックのまま保存したり密閉したりすると、湿気で傷みが早くなったり、圧迫されているところからつぶれ、傷みが発生する原因となります。常温での保存は、通気性をよくすることがポイントとなります。

保存できる期間

ミニトマトを常温で保存した場合、一般的には3~4日は保存できるとされており、寒い季節なら1週間は保存が可能だとされています。

しかし25℃を超える暑さの中では傷みが発生しやすいため、常温ではなく冷蔵庫で保存することが望ましいでしょう。常温保存する場合には、季節によって保存期間が変わることを意識しておきましょう。

保存する際の注意点

まだ熟していないミニトマトを冷蔵室に入れて保存すると、低温障害を起こす可能性があります。低温障害とは水分が抜けてしまったり、変色して斑点が出てきてしまうことを言います。

熟していないミニトマトは、冷蔵保存する前に常温で熟成させてから、冷蔵庫で保存するのが望ましいでしょう。

2:冷蔵での保存方法

ミニトマトを冷蔵庫で保存する場合は、保存容器にキッチンペーパーを敷いておき、ヘタを取って水洗いしたミニトマトを、並べるように入れておきます。気温が高い時期には、この方法で冷蔵保存をしておくとよいでしょう。

また、ミニトマトは、野菜室よりも冷蔵室で保存することが適しているとされています。冷蔵室は適度に開け閉めするため、ミニトマトに合った湿度と温度に近い状態で保存できるとされています。

保存できる期間

ミニトマトを冷蔵保存することができる期間は、長くて10日くらいまでだとされています。美味しく食べたいのであれば1週間以内に使ってしまった方がよいでしょう。冷蔵庫で保存すれば、季節や気温に関係なくいつでも同じ環境で保存することができます。

また、ミニトマトは冷やしておいた方が美味しく食べられるので、冷蔵庫での保存はおすすめです。

保存する際の注意点

ミニトマトを冷蔵庫で保存する際の注意点は、きちんとヘタを取り除いて雑菌の繁殖を防いでおくことと、水洗いした後はきちんと水気をふいておくことです。

また、容器に入れるときには、ギュウギュウに詰め込み過ぎないようにしましょう。無理やり詰めると圧迫された部分が潰れ、そこから傷みが発生します。容器に入れる際は、ゆとりを持たせて並べるように入れましょう。

3:冷凍での保存方法

ミニトマトは小分けにして売られていることが多いですが、大量に入手する機会があったときには冷凍保存がおすすめです。ヘタを取ってきれいに水洗いしたトマトの水気をよく拭き取り、フリーザーバッグに並べて空気を抜き、密閉した状態で冷凍保存します。

こうして冷凍保存したミニトマトは、生で食べるのではなく、調理して使うことに向いており、ソースや煮込み料理などの多様な料理に使うことができます。

保存できる期間

ミニトマトを冷凍保存できる期間は、約1か月間だとされています。それ以上の保存すると霜がついたり、保存状態が悪くなるのでおすすめできません。

冷凍保存をすることにより保存期間が長くなりますが、美味しく食べるためにはなるべく早く使ってしまうことをおすすめします。

保存する際の注意点

ミニトマトを冷凍保存する際は、フリーザーバッグにギュウギュウに押し込まずに余裕を持たせて並べ、空気を抜いて冷凍しましょう。また、素早く冷凍することも大事です。

ヘタを取ってきれいに洗い、水気を拭いたミニトマトをフリーザーバッグに並べたら、そのまますぐにアルミトレーの上などで急速に冷凍することで、よりフレッシュな状態のまま冷凍保存することができます。

4:乾燥させる保存方法

ミニトマトは、乾燥させて保存する方法が2種類あります。一つは天日干しで、ミニトマトを縦半分に切ってザルに並べ、4~5日ほど干して作ります。湿度が高いとカビが生えるなどのトラブルが発生しやすいので、乾燥した季節に行いましょう。

もう一つはオーブンで乾燥させる方法で、ヘタを取ったミニトマトを天板に並べ、100℃で90~120分ほど焼いて乾燥させます。天日干しよりも保存期間は短かくなります。

保存できる期間

乾燥させたミニトマトは、冷蔵庫で2週間ほど保存可能とされていますが、家庭で乾燥トマトを作る時には、乾燥が不十分になりやすいので早めに食べましょう。また、フリーザーバッグなどの保存袋に入れて冷凍してもよく、1ヶ月ほどは美味しく食べられるとされています。

他にも、乾燥させたミニトマトをオイル漬けにしておけば、冷蔵庫で1〜3ヶ月保存でき、大変美味しく食べられるとされています。

保存する際の注意点

乾燥させたミニトマトを冷蔵庫や冷凍庫で保存する時には、密閉できる袋などに入れ、空気をしっかり抜いて保存しましょう。オイル漬けにする場合は、保存容器と保存容器の蓋を煮沸消毒して乾燥させてから、ドライトマトとオリーブオイルを入れるとよいでしょう。

家庭での乾燥は不十分になりがちなので、乾燥させたからと安心せずに早めに利用してしまうことが必要です。

自分で作ったミニトマトを味わってみてください!

ナガクラ リトルガーデン・プロ ミニトマト LGP-01

¥ 1,080

口コミ
トマト好きの友人へプレゼントするために購入しました。 想像より大きめでしたが、友人に喜んでもらえたのでよかったです。

可愛いミニトマトを、自宅で簡単に育てることができるアイテムをご紹介します。自分で育て、どんな風に育つのかをじっくり観察することができるので、子どもと一緒に育てるのにもぴったりです。

20℃以上の室内で栽培できるとされていますが、日中はしっかり日の当たる場所に置いて、土が乾いてから水やりをするなど、通常のミニトマト栽培と同じように世話をしたほうがよく育つでしょう。

ミニトマトを美味しく生かしたレシピ4つ

ミニトマトは小さな野菜ですが、その中にはたくさんの栄養や美味しさがぎっしりと詰まっています。ミニトマトは、普通のトマトよりもリコピンやビタミン、ミネラルを多く含み、アンチエイジングに大変効果があるとされています。

見た目も可愛らしく、料理に加えるだけで華やかさが演出できるので、毎日でも料理に使いたい食材です。上手に保存したミニトマトを利用して、美味しく体にもいい料理を作ってみましょう。

レシピ1:ミニトマトと舞茸のアヒージョ

おしゃれで美味しいおつまみをご紹介します。まず耐熱容器にオリーブオイル・白ワイン・にんにく・コンソメ・赤唐辛子を入れてレンジで加熱しておきます。

そこにヘタを取ったミニトマト・ほぐした舞茸を入れ、ハーブソルト・黒コショウで味付けをし、トースターでミニトマトがはじけるまで焼きます。仕上げにバジルを散らしたら完成です。包丁を使わないので、忙しい方や男性にも簡単に作ることができます。

★材料(1人分)
ミニトマト 10個くらい
舞茸 1/4パック
★オリーブオイル 100ml
★白ワイン 25ml
★ニンニク(チューブ) 3CMくらい
★顆粒コンソメ 小さじ1
★赤唐辛子 お好みで
ハーブソルト・黒コショウ 少々
ドライバジル 適量

★作り方(5~15分)
1.耐熱容器に★を混ぜ合わせて、レンジアップする。 500W・2分
2.ヘタを取ったミニトマト・舞茸を入れてハーブソルト・黒コショウをする。
3.トースターで7分焼く。
※トマトが弾けたらOK。
4.仕上げにバジルを散らす。
★ワンポイントアドバイス
オリーブオイルの量は適当でいいです。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/224611/recipe/1317101 |

レシピ2:ミニトマトの白出汁漬け☆

トマトの可愛い色と形をそのまま楽しめるレシピをご紹介します。ヘタを取ったミニトマトを、沸騰したお湯で10秒ほど茹でて冷水にとり、皮をむいておきます。

むいたミニトマトとだし汁を、ジップ付きの保存袋に入れて冷蔵庫に入れ、1時間以上漬け込んだら完成です。数種類の色のミニトマトで作れば、宝石のような美しさを楽しめるでしょう。ひと晩漬け込むとさらにおいしくなるとされています。

★材料(2人分)
ミニトマト 10個くらい
白出汁 大さじ2
水 150ccくらい

★作り方(1時間以上)
1.ミニトマトはへたを取っておきます。
2.鍋にお湯を沸騰させたらミニトマトを10秒ほど入れ冷水につけます。
3.ミニトマトの皮を剥いたら、●に漬け(ジップロックが便利)冷蔵庫で1時間以上冷やしたら完成☆
★ワンポイントアドバイス
一晩つけるとまた美味しいです。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/52392/recipe/1143394 |

レシピ3:ミニトマトのきゅうり巻き♪

あっという間にできてしまうおしゃれなレシピをご紹介します。ヘタを取ったミニトマトに、ピーラーで薄くそいだキュウリを巻き付け、皿に盛り付けておきます。

めんつゆ・マスタード・マヨネーズを混ぜ合わせ、盛り付けたトマトにかけたら完成です。手を加え過ぎないので、トマトやキュウリの美味しさをそのまま味わうことができます。おしゃれな前菜としても大変喜ばれるでしょう。

★材料(4人分)
ミニトマト 8個
胡瓜 1本
●めんつゆ(2倍濃縮)
大さじ1
●粒マスタード 大さじ1
●マヨネーズ 小さじ1

★作り方(5~15分)
1.ミニトマトはヘタを取り、胡瓜は縦半分に切ってからピーラーで8枚分を削ぐ。
2.胡瓜をミニトマトにクルクルと巻きつけてお皿に並べる。
3.2に●の調味料を混ぜ合わせたソースをかけたら出来上がりです。
★ワンポイントアドバイス
粒マスタードとマヨネーズはお好みで加減して下さいね♪

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/35344/recipe/1049985 |

レシピ4:ミニトマトのコンポート

ミニトマトの魅力をそのままいかしたレシピをご紹介します。鍋に白ワイン・水・砂糖をとかして沸かし、湯むきしたミニトマトを入れて5分間煮ておきます。

鍋に輪切りにしたレモンを加えて汁ごと冷まし、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れてしっかり冷やすとでき上がりです。ミニトマトの栄養をそのままいただける、美容と健康にぴったりのデザートです。ダイエット中のおやつにもいかがでしょうか。

★材料(4人分)
ミニトマト 20個
白ワイン 1/2カップ
水 1カップ
レモン輪切り 1枚
砂糖 大さじ3

★作り方(5~15分)
1.トマトは湯むきにする。
2.鍋に白ワイン、水、砂糖を沸かし、沸騰したら①のトマトを入れ、5分ほど煮る。
3.火を止め、レモンの輪切りを加え、そのまま煮汁の中で冷ます。
4.ひと肌まで冷めたら、冷蔵庫に移しキンキンに冷やす。
★ワンポイントアドバイス
夏のデザートとしても
ほんっとにぴったりな一品です。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/161304/recipe/1080157 |

ミニトマトを美味しく保存しましょう

ミニトマトは栄養効果が高く、アンチエイジングにも役立つ人気の野菜です。お弁当に一つ入れるだけでも見た目をパッと華やかにしてくれるため、いつも常備しておきたい野菜です。

たくさんあっても食べられないのではないかと心配することなく、ミニトマトがたくさん手に入ったときには、ぜひ今回ご紹介したミニトマトの保存方法を活用してみてください。ミニトマトを使って、いつも美味しく華やかな食生活を楽しみましょう。

この情報に関連する情報もチェックしよう!

ミニトマトの魅力はまだまだたくさんあります。いつもそばに置いておきたい野菜として人気があるので、家庭で栽培するという人も増えているとされています。自分で愛情を込めて作ったミニトマトは、格別の美味しさを味わえるでしょう。

トマトの旬や、栄養についての詳しい情報と、ミニトマト栽培の法方法についても詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

RELATED
かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選
レシピ
2019年05月21日

かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ
レシピ
2019年02月05日

殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選
レシピ
2019年02月05日

一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ
レシピ
2019年02月04日

揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選
レシピ
2019年02月05日

厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ
レシピ
2019年02月05日

にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10
レシピ
2019年02月04日

激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ
レシピ
2019年02月04日

餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?
レシピ
2019年02月01日

美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4
レシピ
2019年02月05日

マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方
レシピ
2019年02月05日

エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法
レシピ
2019年01月31日

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

賞味期限切れの牛乳は大丈夫?チェック方法6選|開封後の期限
レシピ
2019年02月05日

賞味期限切れの牛乳は大丈夫?チェック方法6選|開封後の期限

キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ
レシピ
2019年02月04日

キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限
レシピ
2019年02月04日

パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ
レシピ
2019年02月05日

宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

ベーコンの冷凍方法|冷凍ベーコンを使ったおすすめレシピ6選
レシピ
2019年02月04日

ベーコンの冷凍方法|冷凍ベーコンを使ったおすすめレシピ6選

ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選
レシピ
2019年02月05日

ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ
レシピ
2019年02月04日

ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!
レシピ
2019年06月06日

豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!