Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月04日

ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

ハンバーグを作りすぎた時に、どのように保存していいかお困りの方もいるでしょう。冷蔵や冷凍で正しく保存することで、時間のない時のおかず作りや、お弁当のおかずを用意するにも役立てられます。この記事では、保存方法や冷凍したハンバーグのアレンジレシピを紹介します。

ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

ハンバーグの保存方法とは

ハンバーグは、傷みやすく適切な方法で保存する必要があります。保存する方法は、ラップフィルムで包むか、耐冷の密封容器に入れて、冷蔵や冷凍で保存するやり方が一般的です。

調理済みで焼いて中まで加熱してあったとしても、食卓に置いておくのはリスクが多いと言われています。常温だと中身の水分が抜けてしまい、パサついた食感になりますし、細菌が繁殖して食中毒の危険が高くなるということです。

ハンバーグが傷みやすい理由

ハンバーグが傷みやすいのは、ひき肉が使われているからです。通常のかたまりの肉やスライスした肉よりも細かくひいてあるので、空気に触れる面積が多く、雑菌がつきやすいです。

暑い夏場だけでなく、気温の低い冬場でもハンバーグには細菌が繁殖しやすいです。あら熱が取れたら、ラップをかけて空気をシャットアウトし、パサつきや雑菌から守るようにします。完全に冷めたら、冷蔵や冷凍をして保存しましょう。

すぐ食べないなら冷凍しましょう

焼く前の生の状態のハンバーグのタネは、冷蔵保存した場合は遅くても翌日には調理する必要があり、調理加熱後のハンバーグの場合は、2~3日中であれば安全に食べられます。その期間を過ぎるようであれば、冷凍保存するのがおすすめです。

ハンバーグを冷凍しよう

冷凍する場合は、ラップや密封容器(ジッパー付きの密閉袋)、金属トレイがあると安全に保存できます。ラップや密閉容器は、空気を遮断して雑菌を付きにくくさせます。金属トレイは冷気を伝えやすくし、急速冷凍させる働きがあります。

タネの状態でも、調理済みでも小分けに1個分ずつラップで包んでおくと使いやすいです。密閉容器から使う個数だけ出して調理できるので、とても便利です。

調理前後で違う保存方法

ハンバーグを冷凍する場合、加熱後の調理済みの状態か、焼く前のタネの状態かによって、保存の仕方を変えなくてはいけません。

どちらかと言うと、焼いてから冷凍した方が持ちが良くなります。しっかりと中まで火が入っているので、雑菌が付いている可能性が少なくなるからです。

できれば中途半端に生地が余っても小さめに作って焼いておく方がいいでしょう。お弁当にも持って行くことができます。

タネの場合

加熱されていないので、2週間ほどで食べきる必要があります。そのままハンバーグとして焼いて使う場合は、家族の分やお弁当用に適した大きさに成形し、ラップに包み、金属トレイに載せて急速冷凍させます。凍った後に、密閉容器や袋に入れ替えて、冷凍庫で保管しましょう。

冷凍したタネをハンバーグ以外の他の料理にリメイクする場合は、丸く包むことなく、使う分に小分けしてラップで包見ましょう。手順は同じように冷凍します。

焼いたあとの場合

調理済みのハンバーグを冷凍する場合は、タネの時よりも2~3週間程長く保存できます。だいたい1ヶ月後を目処にするのがおすすめです。焼いたハンバーグを1つずつラップで包み、金属トレイを使って手早く冷凍させ、密閉容器に入れ替えて保存しましょう。

1個ずつ包むのは、空気に触れにくくするためですし、使う分だけ冷凍庫から出せるので、家族全員が同じ日時に食べられなくても、個別に食べやすくなるからです。

冷凍する際の注意点

冷凍する際には、雑菌を付けにくくするのが1番のポイントとなります。ラップで包む時に、清潔な手で包みましょう。ハンバーグに触れる面を極力触れないことです。できれば、ビニール手袋を使って素早く包むように心がけましょう。

確実に多く作って冷凍保存をするのが分かっているのであれば、肉ダネをこねる時に素手でやらずに手袋をするか、ゴムべらを使うかしてこねるようにしましょう。雑菌が付くリスクを減らせます。

ハンバーグを解凍しよう

冷凍保存しておいたハンバーグで料理をする場合、肉ダネの状態で冷凍したハンバーグと、加熱をした後に冷凍した物では解凍方法に違いがあります。美味しく食べるために、それぞれのハンバーグの解凍方法をしっかりと覚えましょう。

ハンバーグを調理した時にパサつきがでたり、うま味を損なったりしないように注意してください。せっかく保存したハンバーグがまずくなるほど悲しいことはありません。

解凍方法も違う

ハンバーグを冷凍した場合、タネと焼いた状態の時には解凍の方法が違います。焼いた状態のハンバーグは、冷凍庫から出してすぐに解凍できますが、タネの状態では、じっくりと時間をかけて解凍する必要があります。解凍する際には十分に注意が必要なので、注意しましょう。

タネの場合

ハンバーグをタネの状態で解凍する場合、使う前日に冷凍庫から冷凍庫に移してじっくりと解凍させます。解凍というと、電子レンジの解凍モードや弱加熱をする方もいます。

ハンバーグのタネを電子レンジで急速解凍すると、肉汁が外に出てしまい、うま味と水分が抜けてしまいます。加熱後のハンバーグのように、焼き固めてガードできないからです。ハンバーグにせずにリメイクする場合は、炒め物や煮物などに凍ったまま加えられます。

焼いたあとの場合

焼いたあとに冷凍保存をしたハンバーグは、電子レンジの解凍モードを使わずに、強加熱をして温めてソースなどをかけてそのまま食べて構いません。

保存期間が長めで、衛生的に心配な場合は解凍モードや弱加熱で、電子レンジでの解凍をします。たれを多めに作り、煮込みハンバーグにしてじっくりと加熱すると、安全に美味しく食べられます。ホイルに包んで、魚焼きグリルで加熱をするのもおすすめです。

解凍する際の注意点

電子レンジを使って解凍すると、ドリップが出てきてうま味と水分が出てしまいそうとか、長時間冷蔵庫で解凍する時間がないという方は、流水で解凍するという方法もあります。

桶やボウルにハンバーグを入れて、蛇口の下に置いて水を少しずつ出しながら解凍します。冷凍したハンバーグが濡れないように、密閉式のポリ袋に入れ替えて作業しましょう。手早くドリップを出さずに解凍できます。

ハンバーグの保存におすすめ!密閉袋

ジップロック フリーザーバッグ L 30枚入

¥ 972

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

若干値段がしますが、一番使いやすいと思います。 食べ物の保存、漬け置きなどに使用でき、液漏れもしないので便利です。

ハンバーグを個別にラップして密閉容器に入れると空気に触れなくても済みますが、密閉袋の方がかさばらずに入れられるメリットがあります。また、ジップタイプの場合は中の空気を抜くことで、より空気に触れにくくする効果があります。

雑菌の繁殖するリスクを減らせるので、ハンバーグを安全な状態で保存できます。Lサイズの袋ですと、最低でも4個は入れられます。多めに作っておき、忙しい時に手軽に作ることもできるでしょう。

冷凍したハンバーグを使うアレンジレシピ4つ

成形をしない生のタイプを他の料理にリメイクするのなら、冷凍庫からそぼろ状に炒めて他の具材に混ぜ込んで調理する方法が簡単です。

炒めた物を粉ふきいもをつぶして混ぜ、衣を付けて揚げればコロッケです。半熟の卵に合わせるとオムレツの具になり、出し汁で厚揚げやカブ、大根と煮て片栗粉でまとめればあんかけにもなります。

ハンバーグとして調理をするなら、調理方法を工夫しましょう。アレンジレシピを4つ紹介します。

レシピ1:サルサハンバーグ

作り置きしたハンバーグとサルサソースを合わせたレシピです。前日に冷蔵庫に移し、じっくりと解凍させて肉汁が出るのを防いでいます。トマトを加え、ソースを水気が多い物にし、蒸し焼きにして冷凍したハンバーグに水分を含ませるように工夫しています。

ハンバーグが乾燥して、パサパサした食感になりにくいです。じっくりと加熱することで、うま味や肉汁が出ないように、またうま味が出てもソースごと美味しく食べられます。

準備するもの
・包丁            1本
・まな板           1枚
・ボウル            1個
・フライパン(26cm)     1枚
材料(作りやすい分量)
・ハンバーグのタネ   全量
・サルサソースの素   全量
・トマト        1個
下準備
・ハンバーグのタネとサルサソースの素は、冷蔵庫に移し、自然解凍しておく。
・トマトはヘタをとり、小さめの角切りする。サルサソースの素と合わせておく。
作り方
フライパンに菜種油小さじ2(分量外)を熱し、ハンバーグのタネを入れる。
2分ほど焼いたら裏返し、水1/4cup(分量外)を加え、蓋をして弱火で7〜8分蒸し焼きにする。
蓋を開け、火を強め、汁気を飛ばしたら、出来上がり。
お皿に盛り、サルサソースをかけて、お召し上がり下さい。

出典: http://yuu-stylish-bar.blog.jp/archives/1059061026.html |

レシピ2:ハンバーグをカットトマト缶でアレンジ

作りすぎたハンバーグを、カットトマト缶と水で煮込み、ほうれん草と合わせているレシピです。カットトマト缶にはトマトのエキスが凝縮されているため、だしを入れなくてもうま味がたっぷりです。

水も加えて20分程度煮込み、十分な水分とうま味をハンバーグに補給して美味しく食べられるように工夫されています。オリーブオイルとドライハーブで風味付けがされ、塩ゆでしたほうれん草と合わせて、栄養も色合いもばっちりです。

[材料]
作りすぎちゃったハンバーグ
カットトマト缶 1/2缶
水 50ml
オリーブオイル 大さじ1
ドライバジル 適量
ドライオレガノ 適量
ちぢみほうれん草 2束

[作り方]
①フライパンにオリーブオイルを熱してカットトマト缶と水
 ドライバジル&オレガノ(好みのハーブで代用可)を加える。
 ※トマトがハネるので注意。やさしくそっと入れましょ。
②軽く①を煮詰めたら、作りすぎちゃったハンバーグを入れて
 蓋をして弱火でゆっくり20分ほど煮こんだら出来上がり。
③付け合せに塩ゆでしたちじみほうれん草を加えて召し上がれ。

出典: http://todaystable.doorblog.jp/archives/36428363.html |

レシピ3:ハンバーグ種で、アスパラの肉巻き

冷凍庫に1個分あったハンバーグの種を6つに分け、2分の1に切ったアスパラに巻いて焼いたアレンジレシピです。肉汁があふれる感じではなく、アスパラと一緒にあっさりと食べられるおかずです。

回転させながら肉に焦げ目を付けて、弱火でじっくりと焼き上げているため、肉汁が出にくいです。1つのハンバーグのタネから、野菜メインのおかずができます。夕飯のおかずに1品足りない時やお酒のおつまみにもおすすめです。

 ■材料(3本分)
   ・アスパラガス・・・・・3本
   ・ハンバーグ種・・・・・1個分(130gです)
   ・ソース・・・・・お好みで
   ・粉チーズ・・・・・大さじ1程度
  ■作り方
1.アスパラガスは軸の先の固い部分を切り落とし、ガクをそぎ落として2等分する。
2.ハンバーグ種を6等分し、それぞれでアスパラガスの両はじを残すようにして巻く。
3.フライパンで、少しずつ回しながらお肉の全体に焦げ目がつくまで焼き、
     その後、蓋をして弱火に5分かけ、アスパラガスまで火を通す。
4.器にもりつけ、上からお好みのソース・粉チーズをかければできあがり。
セレブ・デ・トマトさんのトマトで飾りました^m^。

出典: http://blog.livedoor.jp/pochitohanako/archives/2036724.html |

レシピ4:ハンバーグde即席ミートソーススパ

余ったハンバーグを崩して、トマト缶やコンソメブイヨンと混ぜてミートソースにアレンジしたレシピです。ハンバーグの中には、玉ねぎなどの野菜の具材が入っていますし、肉だねに味付けがされているので、香味野菜や難しい味付けは必要ありません。

すぐにミートソースのパスタを食べたい時に、長い時間煮込まなくてもできるのでとても便利です。作る際には、煮詰めすぎて水分を飛ばしすぎないように注意が必要ということです。

ハンバーグ・・・4枚
カットトマト缶・・1/2缶
ケチャップ・・・大さじ1~2
水・・・約1カップ
トマトジュース・・・1カップ
コンソメ・・・1個
黒コショウ・・・適量
オリーブオイル・・・大さじ1

オリーブオイルをしいて熱したフライパンにハンバーグを入れほぐしていく。
2 カットトマトを加え水を加えて一煮立ちさせる。水、トマトジュース、コンソメ、ケチャップを加えて煮込む
3 黒コショウで味を調えて出来上がり

出典: https://ameblo.jp/carinacafe/entry-10925540595.html |

ハンバーグを無駄なく冷凍しましょう

ハンバーグをまとめて作る場合、冷凍保存したあとの調理を考えるのであれば、十分中まで加熱をして保存した方が長持ちします。解凍後の調理もうま味の流出や乾燥を防ぐために、水気の多い煮汁で煮込のがおすすめです。

煮込みやホイル蒸しハンバーグにすると、煮汁と一緒にハンバーグを食べられるので、うま味がしみ出て美味しさを損なう心配がありません。正しく保存をすれば、時間のない時でも美味しいハンバーグが食べられます。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

ハンバーグ以外にも冷凍保存ができるお弁当のおかずや、冷めても美味しいおかずを作る方法があります。お弁当への活用を含めて、レパートリーを増やすといいでしょう。次に紹介する記事も参考にしてください。

Related

かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

かまぼこは正月のおせち料理や長崎ちゃんぽん、丼物、おでんなどの料理に多く使用される魚の練り物です。栄養価が高く低カロリー食品です。かまぼこは板に載せて販売しています。おせち料理などで使用すると余ることがあります。余りは冷凍保存できます。その方法を紹介します。
レシピ
2019年05月21日
かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

エビの背わたはエビの消化管ですが、背わたを取りのぞくことは、見栄えだけの問題ではなく、料理の風味・食感などにも大きく影響します。また、臭みを取る下処理も、省くことができない工程です。この記事では、エビの背わたの取り方、下処理の仕方を紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

家族と離れての一人暮らしは、食事も自分で何とかしなければなりません。そして、一人暮らしの食事は「自炊」と「外食」の二つがありますが、自炊のほうが効率が良いという見方があります。この記事では自炊のポイントとおすすめレシピを紹介していますので、参考にしてください。
レシピ
2019年02月05日
一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

揚げ物の調理は手間です。だからといってまとめて作りすぎると急いで食べる羽目になりますよね?そんな時は冷凍保存を活用しましょう。冷凍焼けや変質が気になりますが、ポイントを押さえてうまく冷凍保存すれば劣化を防ぐことができます。長く美味しく揚げ物を楽しみましょう。
レシピ
2019年02月04日
揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

冷凍に向かないと考えられている厚揚げについてみてみましょう。冷凍のコツをつかめば、厚揚げはとても手軽に冷凍保存し、おいしく食べられる食材です。冷凍するからこそ、味わうことができる厚揚げの良さがあり、おすすめの冷凍厚揚げレシピもご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

にんにくは肉や魚の臭みを消したり、味わいを良くしてくれます。にんにくは美味しいだけでなく栄養価も高く、おすすめな野菜のひとつです。保存方法を知っていれば、長く楽しむことができます。美味しく栄養価の高いにんにくの保存方法やレシピなどについて紹介します。
レシピ
2019年02月05日
にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

韓国料理やタイ料理など、激辛料理に使われているスパイスと言えば唐辛子です。辛党の人にとって人生になくてはならない唐辛子ですが、実は世界には日本でお目にかかる唐辛子以外にもたくさんの種類があります。今回はそんな唐辛子についての記事です。
レシピ
2019年02月04日
激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

余ってしまいがちな餃子の皮を冷凍することで、1か月ほど冷凍庫で保存をすることができます。賞味期限内でも冷蔵庫だと固くなってしまい、使い切れずについ廃棄してしまうことも多いでしょう。餃子の皮の冷凍保存方法と解凍方法のポイントをご紹介いたします。
レシピ
2019年02月04日
餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

日本全国でいろいろな銘柄のブランド米が栽培されています。次々に新しい品種が登場してくるので、美味しいお米を選ぶにも迷うことが多いです。そこで美味しいお米として人気の銘柄や、美味しいご飯の炊き方など、美味しいお米の情報をいろいろとお届けします。
レシピ
2019年02月01日
美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

ころんとした丸い形がかわいいマッシュルーム。その昔には缶詰のスライスしか目にする機会がありませんでしたが、今は生のマッシュルームもスーパーで簡単な手に入るようになりました。身近な食材となったマッシュルームの保存方法やおいしいレシピなどを、ご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

淡白でクセがないエリンギは、使いやすくおいしい人気のキノコです。たくさん置いておきたいエリンギですが、どんな保存方法があるのか、賞味期限はどのくらいなのか気になるところです。そんなときに役立つエリンギの保存方法や賞味期限、良品の見分け方についてご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

パリッとした皮の食感が醍醐味の春巻きですが、作り過ぎたり、揚げてしまったものの、多過ぎて残ってしまって困ったことはありませんか。春巻きは冷凍しておけば、再加熱の仕方次第で、パリッとした食感を再現できます。この記事では保存方法や再加熱の調理法を紹介していきます。
レシピ
2019年01月31日
春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

もともとは朝鮮半島の伝統食品であるキムチですが、今や、日本でもすっかり市民権を得ていて、日本の一般家庭の食卓にも普通に並ぶようになっています。それだけポピュラーな存在でありながら、意外と知られていないのが、その賞味期限や保存法です。
レシピ
2019年02月04日
キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

皆さんは、パスタをどのように保管しているでしょうか。日持ちするパスタですが、保存方法を間違うと台無しになってしまうことにもなりかねません。この記事では、パスタの保存方法のコツをご紹介しています。さらにパスタの簡単レシピもご紹介します。ぜひ参考にしてください。
レシピ
2019年02月04日
パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

気軽に、安上がりに飲める「宅飲み」が人気です。気取らないところが宅飲みの良さではありますが、ちょっとだけおつまみにも気を配りたいところです。気の利いた美味しいおつまみがあれば、宅飲みは、もっと楽しくなるでしょう。簡単にできる絶品おつまみをご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

料理にごぼうを入れるだけで風味や旨味が増して美味しくなります。しかし、ごぼうは長いから使いきれないという人は多いでしょう。今回は、ごぼうの栄養を残したまま美味しく保存できる、冷凍保存の仕方を紹介します。冷凍ごぼうは手軽に使えて便利なので、ぜひお試しください。
レシピ
2019年02月05日
ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!

豆乳はパックの容量が大きいとあまってしまい、忘れてしまったりと「まだこれ飲めるの?」と考えた人も多いのではないでしょうか。豆乳の未開封の開封後はいつまで飲めるのか、どの位になると傷み始めるのか豆乳の賞味期限など紹介します。
レシピ
2019年06月06日
豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!

じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選

普段じゃがいもをどのように保存していますが?じゃがいもは正しく保存すれば2ヶ月ほど持ちますが、間違った方法では却って保存期間を短くしてしまう可能性もあります。どんな調理法にも使える万能な食べ物です。腐らせたり変色させたりすることのないようにしたいものです。
レシピ
2019年02月01日
じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選