Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月04日

パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

皆さんは、パスタをどのように保管しているでしょうか。日持ちするパスタですが、保存方法を間違うと台無しになってしまうことにもなりかねません。この記事では、パスタの保存方法のコツをご紹介しています。さらにパスタの簡単レシピもご紹介します。ぜひ参考にしてください。

パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

パスタの保存のコツ

パスタは、さっと作れてランチやディナーに大活躍してくれ、ソースを変えればいくらでもアレンジが利く食材です。乾麺をストックされているご家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、一度に使い切れないこともあるでしょう。そんな時はどうされていますか。一体どんな保存方法が正しいのでしょう。今回は、パスタの保存方法についてご紹介します。

適しているのは冷凍?冷蔵?

食材の保存というと常温、冷蔵、冷凍があります。まず、未開封の状態であればパスタは常温で大丈夫です。では開封後はどうなのでしょう。パスタは、「高温多湿を避け、冷暗所で保存してください」などとよく記載されています。

冷暗所と聞くと冷蔵庫かなと考えてしまいがちですが、必ずしもそうではありません。もちろん冷蔵庫での保存も可能ですが、直射日光が当たらないところであればパントリーなどでも保存は可能です。

賞味期限

乾麺の賞味期限は比較的長く、パスタの場合は大体3年程です。しかしこれはあくまでも未開封の場合です。開封後もすぐ駄目になる訳ではありませんが、保存方法に注意が必要です。

保存に失敗すれば、カビが生えたり虫がついてしまったりすることも考えられます。変な匂いがしたり明らかに状態がおかしい時は残念ながら食べない方が賢明でしょう。

パスタのおすすめの保存方法5つ

ひとことでパスタの保存と言っても、乾麺の状態と茹でた後では適した方法は違ってきます。そもそも、茹でたパスタの保存はできないというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

果たして、茹でた後でも保存は可能なのでしょうか。どのような保存方法があるのでしょう。乾麺と茹でたパスタに分けたおすすめの保存方法を5つご紹介します。

生のパスタ編

まずは、生のパスタの場合です。ここで言う生とは、茹でていない乾麺の状態のことです。未開封であれば買ってきた袋のままパントリーなどに置いているという方が多いでしょう。しかし、開封した後はどうしていますか。

乾麺は、湿気に弱い性質があります。そのため開封後の状態で放っておくと湿気を吸ってカビやひびわれなどのトラブルが起こりやすくなってしまいます。したがって、湿気に十分注意して保存する必要があります。

方法1:ペットボトルに詰める

乾麺の保存で、手軽なのが空のペットボトルで保存する方法です。2L程度の大き目の物なら、パスタを折らずにそのまま入れることができます。口が広がらないのが難点ですが、出す時は1人前(約100g)ずつ出てきてくれるので計量が不要なのも魅力的です。

ペットボトルは綺麗に洗い良く乾かした物を使用しましょう。ジュースなどの匂いが気になる場合は、水が入っていた物がおすすめです。

方法2:瓶に詰める

オリーブオイルなどが入っていた空瓶を洗い、パスタを保存することも可能です。その際も必ず事前に綺麗に洗い良く乾かします。

ただ、ロングパスタをそのまま入れるとなると一升瓶くらいの長さがないと困難でしょう。しかし、マカロニなどのショートパスタなら空き瓶を利用しての保存が便利です。

方法3:専用容器に入れておく

さまざまなメーカーのパスタケースを利用している方も多いのではないでしょうか。パスタケースというだけあって、ロングパスタをそのまま入れられる長さでもちろん密閉ができるので、パスタの保存にはもってこいです。

おしゃれでそのままインテリアとして使える物もありますし、今や100円ショップでも手に入れることが可能です。電子レンジ可能なタイプなど特徴も色々ですので、お気に入りを見つけてみてください。

茹でたパスタ編

次は、茹でたパスタ編です。茹でたパスタは、ご存知のように放っておくと伸びたり麺同士がくっついてしまったりして美味しくなくなってしまいます。しかし、保存できないという訳ではありません。茹でたパスタの保存方法をご紹介します。

方法4:タッパーに入れる

茹でたパスタは、空気に触れるとどんどん美味しくなくなってしまいます。そのため、保存する前にオイルやソースに絡めてます。ソースでコーティングしたパスタは、タッパーに入れ蓋をして保存しましょう。

しかし、乾麺とは違い長くは保存できません。冷蔵であれば1日程、冷凍であれば1ヶ月を目安に食べきるようにしましょう。また、始めから冷凍する前提で茹でる場合は、解凍時の水分を考え少し硬めに茹でておくと良いでしょう。

方法5:ジップロックに入れる

乾麺のパスタを保存するのに便利なジップロックなどのジッパー付き保存袋ですが、茹でたパスタをそのまま入れると、どうしても麺同士がくっついてしまいます。

やはりパスタはオイルやソースに絡め、袋タイプよりはコンテナタイプのジップロックを使った保存がおすすめです。

パスタの保存に便利なアイテムはこちら!

イノマタ化学 パスタ容器 なるほどパスタ 1.6リットル

¥ 756

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

1束位のパスタが簡単に取り出せいいです。見てすぐ場所がわかるし重宝につかわさせていただいてます。

パスタを手軽に保存するのにおすすめしたいのが、イノマタ化学の「パスタ容器 なるほどパスタ 1.6リットル」です。パスタケースの中には取っ手が無いものも多いですが、これは取っ手が付いていますのです滑って落とす心配がありません。

また、スライド式の蓋を開ければ1人前(約100g)取り出すことができ、計量も不要です。蓋もばらして洗え、赤と緑のイタリアンな配色もとてもオシャレでおすすめです。

パスタの簡単レシピ4選

ご紹介したように、パスタは乾麺ならもちろん、茹でた後でもある程度は保存が可能です。しかし、保存方法を誤るとボソボソになってしまったりカビが生えてしまうことも考えられます。そこでおすすめしたいのは、美味しいうちに早く食べ切ってしまうことです。

パスタには手間暇のかかる本格的なソースもありますが、そればかりではありません。簡単に作れるレシピを4つに絞ってご紹介します。

レシピ1:簡単♡15分de濃厚カルボナーラ

まずご紹介するのは、15分でできてしまうカルボナーラです。カルボナーラは、卵が固まってパサパサになってしまうなど失敗談もよく耳にしますので、家庭ではなかなか手が出せないでいる方も多いのではないでしょうか。

火を点けたままソースを入れるとどうしても卵が固まりやすくなってしまいます。このレシピのように、火を一旦止めると失敗が少なくなりますので、おすすめの方法です。

★材料(2人分)
パスタ 180g
オリーブオイル 大さじ1
ニンニク チューブ1㎝
ベーコン 30〜50g
★生クリーム 100cc
★牛乳 50cc
★卵 1個
★ブラックペッパー 1振り
★パルメザンチーズ 大さじ2
★コンソメ 小さじ1
仕上げ ブラックペッパー&パルメザンチーズ お好み
★作り方(5~15分)
1.牛乳と生クリームを計り、ボウルに卵、パルメザンチーズ、ブラックペッパーを入れて合わせて混ぜる。
2.パスタを茹でている間にソースを混ぜ合わせ、材料をカットし、コンソメも溶けやすいように細かくする。
3.細かくしたコンソメを入れて、混ぜればソースの完成★
4.オリーブオイルを熱し、弱火にしてからニンニクを入れ香りを付ける。(強火だと油が飛び散ります)
ベーコンを炒める
5.ベーコンに焼き色が付いたらパスタを入れて、オイルを絡める
6.中火から火を止め、混ぜていたソースを入れてかき回す。
弱火にしソースが温まりトロミがつけば完成★
火を止めるので、ダマになりません^_−☆
7.お皿に盛り付け、お好みでブラックペッパー&パルメザンチーズをかければ完成

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/205259/recipe/1064287 |

レシピ2:キャベツとベーコンのペペロンチーノ

次にご紹介するのも、パスタの定番であるペペロンチーノです。ピリ辛味が堪らないペペロンチーノですが、野菜があまり取れないからいつも違うソースにしてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

冷蔵庫にある野菜を入れれば、ペペロンチーノでも野菜をたっぷり摂ることができます。キャベツをネギにしたりベーコンをウインナーにしたりとアレンジも自在です。

★材料(1人分)
パスタ 80〜100g
キャベツ 40g
にんにく(スライス) 1かけ
パンチェッタ(ベーコン) 15g
オリーブオイル 大さじ1と1/2
茹で汁 大さじ1と1/2
鷹の爪 適量
パセリ 適量
塩 適量
★作り方(5~15分)
1.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて強火にし、フツフツなったら弱火でじっくり香りを移します。
焦がさないように!
2.にんにくがきつね色になったら火を消し、一旦取り出してから鷹の爪を加えて香りを移します。
3.辛味を移したところで鷹の爪も取り出して、残ったオイルでパンチェッタを炒めていきます。
4.沸騰したお湯の中に塩辛いと感じるくらい塩を入れてパスタを茹で始めます。
茹で時間は表示より1分短く!
5.茹で汁でキャベツを一緒に茹でます(1分)。
6.茹で上がったキャベツをフライパンに加えて軽く炒めたら、火を消してパセリと茹で汁を加えます。
この時に鷹の爪も戻す!
7.茹で上がったパスタをフライパンに入れて素早く混ぜ合わせます。
8.お皿に盛りつけたら、仕上げに先ほどのにんにく、パセリを上に乗せて完成です★

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/268345/recipe/1256699 |

レシピ3:鯖缶とねぎの和風パスタ♡

次にご紹介するのは、今大人気の鯖缶を使った和風パスタです。魚を捌くのはハードルが上がりますが、鯖は栄養豊富ですし、缶詰なら手軽に使えてランチにも便利です。

鯖が調理済ですので、あまり煮込む必要はありません。汁ごと入れて、栄養を逃さないようにしましょう。

◆材料(1人分)◆
ロングパスタ 90g
◎鯖缶(水煮) 1缶(190g)
◎青ねぎ(九条ネギ) 1本
◎パスタの茹で汁 100ml
◎白だし 50ml
岩塩・黒粒胡椒 少々
白いりごま 少々
◆作り方◆
1:ねぎは斜め薄切りにする
2:◎をフライパンに入れて加熱し、沸騰したら1を加える(鯖缶は汁ごと加えます)
3:パスタの袋の記載より−1分に茹でたパスタを2に加え、全体に絡め、岩塩・黒粒胡椒で味を整える
4:3を器に盛り、ごまを振ったら、出来上がり!

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/22734/blog/17663419 |

レシピ4:簡単!揚げパスタスナック

最後にご紹介するのは、「簡単!揚げパスタスナック」です。半端に余ってしまったパスタを、簡単におつまみに早変わりさせることができます。お子さんのおやつにも喜ばれるのではないでしょうか。

ぽきぽきとした食感が楽しく、一度食べだしたら止まらないこと請け合いです。カレー味の他、塩味やコンソメ味などお好みでアレンジも広がります。

★材料(3人分)
乾燥ロングパスタ 100g
★ カレー粉 小さじ1/3
★ 塩 小さじ1/4
★ こしょう 少々
★ 顆粒コンソメ 小さじ1
揚げ油 適量
★作り方(5~15分)
1.ボウルに★を入れて、よく混ぜる(コンソメの顆粒が大きいときはすりこ木などで、パウダー状にする)。
2.大きなフライパンに油を薄く油を入れ低温に温め、パスタを数回に分けて入れ、きつね色にカリッと揚げる。
3.キッチンペーパーを敷いたバットにパスタをあげて、油がついているうちに1の調味料をふりかける。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/1625/recipe/631625 |

パスタを正しい方法で保存しよう

いかがでしたか。今回は、パスタの保存方法についてまとめました。乾麺の場合は湿気が大敵ですので、必ず密閉して保管するようにしましょう。また、茹でたパスタは必ずソースに絡めて酸化を防ぎましょう。

パスタの簡単レシピもご紹介しました。家庭にある物を使いさっと作れるのもパスタの魅力です。色々なパスタに挑戦し、ぜひ美味しいうちに召し上がってください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

どんな食材でも買ってすぐに食べない場合は、なんらかの形で保存しておく必要があります。なにげなくいつも同じ方法で保存していても、実は間違っていたということもよくある話です。

今回はパスタの保存方法をご紹介しましたが、その他きゅうりやきのこの保存方法にも興味がある方には、下記の記事がおすすめです。いつもの保存方法を見直すきっかけになるのではないでしょうか。

Related

かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

かまぼこは正月のおせち料理や長崎ちゃんぽん、丼物、おでんなどの料理に多く使用される魚の練り物です。栄養価が高く低カロリー食品です。かまぼこは板に載せて販売しています。おせち料理などで使用すると余ることがあります。余りは冷凍保存できます。その方法を紹介します。
レシピ
2019年05月21日
かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

エビの背わたはエビの消化管ですが、背わたを取りのぞくことは、見栄えだけの問題ではなく、料理の風味・食感などにも大きく影響します。また、臭みを取る下処理も、省くことができない工程です。この記事では、エビの背わたの取り方、下処理の仕方を紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

家族と離れての一人暮らしは、食事も自分で何とかしなければなりません。そして、一人暮らしの食事は「自炊」と「外食」の二つがありますが、自炊のほうが効率が良いという見方があります。この記事では自炊のポイントとおすすめレシピを紹介していますので、参考にしてください。
レシピ
2019年02月05日
一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

揚げ物の調理は手間です。だからといってまとめて作りすぎると急いで食べる羽目になりますよね?そんな時は冷凍保存を活用しましょう。冷凍焼けや変質が気になりますが、ポイントを押さえてうまく冷凍保存すれば劣化を防ぐことができます。長く美味しく揚げ物を楽しみましょう。
レシピ
2019年02月04日
揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

冷凍に向かないと考えられている厚揚げについてみてみましょう。冷凍のコツをつかめば、厚揚げはとても手軽に冷凍保存し、おいしく食べられる食材です。冷凍するからこそ、味わうことができる厚揚げの良さがあり、おすすめの冷凍厚揚げレシピもご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

にんにくは肉や魚の臭みを消したり、味わいを良くしてくれます。にんにくは美味しいだけでなく栄養価も高く、おすすめな野菜のひとつです。保存方法を知っていれば、長く楽しむことができます。美味しく栄養価の高いにんにくの保存方法やレシピなどについて紹介します。
レシピ
2019年02月05日
にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

韓国料理やタイ料理など、激辛料理に使われているスパイスと言えば唐辛子です。辛党の人にとって人生になくてはならない唐辛子ですが、実は世界には日本でお目にかかる唐辛子以外にもたくさんの種類があります。今回はそんな唐辛子についての記事です。
レシピ
2019年02月04日
激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

余ってしまいがちな餃子の皮を冷凍することで、1か月ほど冷凍庫で保存をすることができます。賞味期限内でも冷蔵庫だと固くなってしまい、使い切れずについ廃棄してしまうことも多いでしょう。餃子の皮の冷凍保存方法と解凍方法のポイントをご紹介いたします。
レシピ
2019年02月04日
餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

日本全国でいろいろな銘柄のブランド米が栽培されています。次々に新しい品種が登場してくるので、美味しいお米を選ぶにも迷うことが多いです。そこで美味しいお米として人気の銘柄や、美味しいご飯の炊き方など、美味しいお米の情報をいろいろとお届けします。
レシピ
2019年02月01日
美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

ころんとした丸い形がかわいいマッシュルーム。その昔には缶詰のスライスしか目にする機会がありませんでしたが、今は生のマッシュルームもスーパーで簡単な手に入るようになりました。身近な食材となったマッシュルームの保存方法やおいしいレシピなどを、ご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

淡白でクセがないエリンギは、使いやすくおいしい人気のキノコです。たくさん置いておきたいエリンギですが、どんな保存方法があるのか、賞味期限はどのくらいなのか気になるところです。そんなときに役立つエリンギの保存方法や賞味期限、良品の見分け方についてご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

パリッとした皮の食感が醍醐味の春巻きですが、作り過ぎたり、揚げてしまったものの、多過ぎて残ってしまって困ったことはありませんか。春巻きは冷凍しておけば、再加熱の仕方次第で、パリッとした食感を再現できます。この記事では保存方法や再加熱の調理法を紹介していきます。
レシピ
2019年01月31日
春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

もともとは朝鮮半島の伝統食品であるキムチですが、今や、日本でもすっかり市民権を得ていて、日本の一般家庭の食卓にも普通に並ぶようになっています。それだけポピュラーな存在でありながら、意外と知られていないのが、その賞味期限や保存法です。
レシピ
2019年02月04日
キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

気軽に、安上がりに飲める「宅飲み」が人気です。気取らないところが宅飲みの良さではありますが、ちょっとだけおつまみにも気を配りたいところです。気の利いた美味しいおつまみがあれば、宅飲みは、もっと楽しくなるでしょう。簡単にできる絶品おつまみをご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

料理にごぼうを入れるだけで風味や旨味が増して美味しくなります。しかし、ごぼうは長いから使いきれないという人は多いでしょう。今回は、ごぼうの栄養を残したまま美味しく保存できる、冷凍保存の仕方を紹介します。冷凍ごぼうは手軽に使えて便利なので、ぜひお試しください。
レシピ
2019年02月05日
ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

ハンバーグを作りすぎた時に、どのように保存していいかお困りの方もいるでしょう。冷蔵や冷凍で正しく保存することで、時間のない時のおかず作りや、お弁当のおかずを用意するにも役立てられます。この記事では、保存方法や冷凍したハンバーグのアレンジレシピを紹介します。
レシピ
2019年02月04日
ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!

豆乳はパックの容量が大きいとあまってしまい、忘れてしまったりと「まだこれ飲めるの?」と考えた人も多いのではないでしょうか。豆乳の未開封の開封後はいつまで飲めるのか、どの位になると傷み始めるのか豆乳の賞味期限など紹介します。
レシピ
2019年06月06日
豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!

じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選

普段じゃがいもをどのように保存していますが?じゃがいもは正しく保存すれば2ヶ月ほど持ちますが、間違った方法では却って保存期間を短くしてしまう可能性もあります。どんな調理法にも使える万能な食べ物です。腐らせたり変色させたりすることのないようにしたいものです。
レシピ
2019年02月01日
じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選