Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月04日

揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

揚げ物の調理は手間です。だからといってまとめて作りすぎると急いで食べる羽目になりますよね?そんな時は冷凍保存を活用しましょう。冷凍焼けや変質が気になりますが、ポイントを押さえてうまく冷凍保存すれば劣化を防ぐことができます。長く美味しく揚げ物を楽しみましょう。

揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

揚げ物の冷凍はとても簡単

揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

コロッケ、エビフライ、ささみフライ、白身魚のフライなど揚げ物には子供から大人まで大好きなメニューが勢揃いしています。

特に作ったばかりの揚げたては温かくてサクサクでお箸が進むことでしょう。しかし揚げ物は作る手間や保存のきかなさが欠点です。手軽に済ませようとその都度、惣菜を買ってると高くつきます。

そこで余った揚げ物は冷凍保存するようにしましょう。そうすればいつでも揚げたてを楽しむことができます。

冷凍した揚げ物の保存期間

揚げ物を美味しく食べるには冷凍して一か月以内の使用を目安としましょう。冷凍庫内の-18度以下の状態では食品を極めて長く保存が可能です。

しかし食材の匂いが混じった冷凍臭や、扉の開け閉めで発生する霜で徐々に味が落ちるため早めに食べるのが望ましいです。

一ヶ月というのは実用性や美味しく食べられる期間を踏まえた目安です。すぐに食べられなくなるわけではないのでこの基準を参考にうまく冷凍保存を活用しましょう。

冷凍に適した揚げ物とは

それでは揚げ物によって冷凍できるもの、できないものはあるのでしょうか。

基本的には大抵の揚げ物は冷凍することはできますが、揚げ物の種類によっては冷凍することによって多少サクサク感が損なわれることがあります。

その場合は後ほど紹介する調理法を参考にしてください。また水分の多いものや繊維が多いものも冷凍には向かないので注意しましょう。これに該当する食材としてはナスやたけのこなどがあります。

揚げ物を冷凍するときのポイント5つ

それでは実際に揚げ物を冷凍する時のポイントを紹介していきます。そのまま冷凍庫に入れてしまうと冷凍臭や霜がついてしまいせっかく作った揚げ物も美味しくなくなってしまいます。

ひと工夫した方が品質を損なわずに保存することができるのでぜひこれから紹介する方法を取り入れてみてください。

ポイントは全部で5つあるので解説を交えながらひとつずつ紹介していきます。

1:揚げ物をよく冷ます

揚げたての場合はまずはよく冷ましましょう。熱いまま冷凍庫に入れてしまうと、冷凍庫内の温度が変化して霜が発生する原因になって他の食品が傷んでしまいます。

霜は食品表面の水分が暖められた影響で気体となり、これが凍結することで起こるので最低限触ってほんのり暖かく感じるくらいまでは冷ますようにしましょう。

2:一つずつ丁寧にラップで包む

揚げ物が十分冷えたら次はひとつずつラップで包んでいきます。包み方が雑だと空気に触れて酸化したり冷凍臭がついて劣化してしまう可能性があるのでしっかり隙間なく行いましょう。

この時に1回の食事で使う分量ごとに包んでおくと食べる時に取り出しやすくなるので便利です。

3:フリーザーバッグに入れる

フリーザーバッグに揚げ物を入れたら劣化を防ぐためにもラップ同様しっかり空気を抜いてジッパーを閉めましょう。

フリーザーバッグには自分の使いやすいように入れた揚げ物の名前や開始日時を書いておくと便利です。ラップとフリーザーバッグの二重のバリアによって劣化しにくい状態で保存することができます。

4:金属製のトレイに乗せる

次に梱包した揚げ物を金属製のトレイに乗せていきます。トレイは100円ショップでも売っています。ただし木製やプラスチックではなく必ず金属製のトレイを用意しましょう。

金属製のトレイを使う理由は熱伝導性の良い金属の方が手早く揚げ物を冷凍できるからです。

急速に冷凍するのが揚げ物を美味しく冷凍する上でのコツです。市販の冷凍食品も急速に冷凍することで食品を長く保存し、美味しく食べられるようにしています。

5:冷凍庫で冷凍する

1から4までの手順がすべて完了したらいよいよ冷凍庫に入れます。

これまでのポイントをおさらいすると、1.霜がつかないように食材の熱を十分にさますこと、2.冷凍臭を防ぐためにしっかりとラップやフリーザーバッグで密閉すること、3.手早く冷凍するために金属トレーを活用することです。

ここまでしっかりと対策すれば解凍後も揚げ物を美味しく食べることができるでしょう。

揚げ物の冷凍保存に便利なグッズを紹介!

フリーザーバックが縦に収納できる 冷凍庫用 スッキリ収納スタンド(クリップ付) 3セット入り

¥ 1,058

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ネットで色々な方の冷蔵庫冷凍庫整理を参考にさせてもらう中でこれを知り早速真似をしてみたところコレが非常に良かったです。庫内にあるものがパッと見つけて取り出せるようになりました。

こちらの製品は冷凍庫内でフリーザーバッグを保管する時に立てて収納することができる便利なグッズです。

立てて収納することで先に保存したものが奥へ入ってしまうことを防ぎ、埋もれることがありません。

波形になっている底板はフリーザーバッグがずれないようにしてくれます。また収納する量に合わせて組み替えることができるのでスペースも無駄になりません。取り入れれば冷凍庫内が綺麗に整頓されることでしょう。

冷凍した揚げ物の解凍方法4つ

ここまで揚げ物を冷凍する方法を紹介してきました。ここからは実際に解凍して調理する方法について紹介します。

調理器具ごとの大体の調理時間の目安も併せて紹介しますが、製品の性能や温める揚げ物の大きさや量よって大きく変わってきますので調理器具の取扱説明書も参考に最初は短めの時間で調理しながら追加加熱を行うようにしましょう。

1:電子レンジで解凍する

電子レンジでの調理は冷凍した揚げ物を解凍する方法としては最も簡単です。電子レンジで揚げ物を解答する場合は基本的に冷凍食品と同じ要領で構いません。

目安としては500wで小さいものでは30秒から量や大きさによって2分ほどです。きちんと冷凍していればほとんど劣化させることなく冷凍する前の状態に簡単に戻せるので便利です。

2:オーブントースターを使う

オーブントースターで調理を行うと揚げたてのようにサクサクに仕上がります。

まずは自然解凍か電子レンジの機能で半解凍状態にします。そして余熱したオーブントースターに入れて2分から3分ほど加熱します。オーブントースターを止めた後も3分ほど放置し余熱で火を通します。

3:魚焼きグリルを使う

魚焼きグリルで調理すると表面の余分な水分が飛び、放射熱で包み込むように加熱するので外はサクサク、中はジューシーに仕上がります。

加熱時間はおよそ10分から14分ほどです。機器によっては冷凍の揚げ物を調理するモードが搭載されているのであればそちらを利用すると便利です。

4:そのまま調理する

以上の調理器具を使う他には再び油で揚げて調理するという方法もあります。作るときと同じ方法なので当然ながらできたてでサクサクに仕上がります。

解凍してしまうと形が崩れてしまったり衣が剥がれてしまう可能性があるので、揚げる際は解凍せずにそのまま調理しましょう。

もし衣が剥がれてしまった場合は再びパン粉で補強するようにしてください。

揚げ物は正しく冷凍しましょう

ここまで揚げ物を冷凍する方法や解凍して調理する方法を紹介してきました。

冷凍しておけばたくさん作りすぎてしまった揚げ物も急いで食べなくても済みますし、お惣菜の値引き品を購入して冷凍しておけばその都度買うよりもお金を節約することもできます。

記事中でも紹介した便利グッズも取り入れて冷凍保存を最大限に活用していきましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

揚げ物の冷凍保存のコツをご紹介してきましたが、他の食材の冷凍保存方法も気になってきませんか。以下に、食パンと鶏胸肉の冷凍保存についての記事を載せておきますので、ぜひご覧になってください。

Related

かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

かまぼこは正月のおせち料理や長崎ちゃんぽん、丼物、おでんなどの料理に多く使用される魚の練り物です。栄養価が高く低カロリー食品です。かまぼこは板に載せて販売しています。おせち料理などで使用すると余ることがあります。余りは冷凍保存できます。その方法を紹介します。
レシピ
2019年05月21日
かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

エビの背わたはエビの消化管ですが、背わたを取りのぞくことは、見栄えだけの問題ではなく、料理の風味・食感などにも大きく影響します。また、臭みを取る下処理も、省くことができない工程です。この記事では、エビの背わたの取り方、下処理の仕方を紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

家族と離れての一人暮らしは、食事も自分で何とかしなければなりません。そして、一人暮らしの食事は「自炊」と「外食」の二つがありますが、自炊のほうが効率が良いという見方があります。この記事では自炊のポイントとおすすめレシピを紹介していますので、参考にしてください。
レシピ
2019年02月05日
一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

冷凍に向かないと考えられている厚揚げについてみてみましょう。冷凍のコツをつかめば、厚揚げはとても手軽に冷凍保存し、おいしく食べられる食材です。冷凍するからこそ、味わうことができる厚揚げの良さがあり、おすすめの冷凍厚揚げレシピもご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

にんにくは肉や魚の臭みを消したり、味わいを良くしてくれます。にんにくは美味しいだけでなく栄養価も高く、おすすめな野菜のひとつです。保存方法を知っていれば、長く楽しむことができます。美味しく栄養価の高いにんにくの保存方法やレシピなどについて紹介します。
レシピ
2019年02月05日
にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

韓国料理やタイ料理など、激辛料理に使われているスパイスと言えば唐辛子です。辛党の人にとって人生になくてはならない唐辛子ですが、実は世界には日本でお目にかかる唐辛子以外にもたくさんの種類があります。今回はそんな唐辛子についての記事です。
レシピ
2019年02月04日
激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

余ってしまいがちな餃子の皮を冷凍することで、1か月ほど冷凍庫で保存をすることができます。賞味期限内でも冷蔵庫だと固くなってしまい、使い切れずについ廃棄してしまうことも多いでしょう。餃子の皮の冷凍保存方法と解凍方法のポイントをご紹介いたします。
レシピ
2019年02月04日
餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

日本全国でいろいろな銘柄のブランド米が栽培されています。次々に新しい品種が登場してくるので、美味しいお米を選ぶにも迷うことが多いです。そこで美味しいお米として人気の銘柄や、美味しいご飯の炊き方など、美味しいお米の情報をいろいろとお届けします。
レシピ
2019年02月01日
美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

ころんとした丸い形がかわいいマッシュルーム。その昔には缶詰のスライスしか目にする機会がありませんでしたが、今は生のマッシュルームもスーパーで簡単な手に入るようになりました。身近な食材となったマッシュルームの保存方法やおいしいレシピなどを、ご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

淡白でクセがないエリンギは、使いやすくおいしい人気のキノコです。たくさん置いておきたいエリンギですが、どんな保存方法があるのか、賞味期限はどのくらいなのか気になるところです。そんなときに役立つエリンギの保存方法や賞味期限、良品の見分け方についてご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

パリッとした皮の食感が醍醐味の春巻きですが、作り過ぎたり、揚げてしまったものの、多過ぎて残ってしまって困ったことはありませんか。春巻きは冷凍しておけば、再加熱の仕方次第で、パリッとした食感を再現できます。この記事では保存方法や再加熱の調理法を紹介していきます。
レシピ
2019年01月31日
春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

もともとは朝鮮半島の伝統食品であるキムチですが、今や、日本でもすっかり市民権を得ていて、日本の一般家庭の食卓にも普通に並ぶようになっています。それだけポピュラーな存在でありながら、意外と知られていないのが、その賞味期限や保存法です。
レシピ
2019年02月04日
キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

皆さんは、パスタをどのように保管しているでしょうか。日持ちするパスタですが、保存方法を間違うと台無しになってしまうことにもなりかねません。この記事では、パスタの保存方法のコツをご紹介しています。さらにパスタの簡単レシピもご紹介します。ぜひ参考にしてください。
レシピ
2019年02月04日
パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

気軽に、安上がりに飲める「宅飲み」が人気です。気取らないところが宅飲みの良さではありますが、ちょっとだけおつまみにも気を配りたいところです。気の利いた美味しいおつまみがあれば、宅飲みは、もっと楽しくなるでしょう。簡単にできる絶品おつまみをご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

料理にごぼうを入れるだけで風味や旨味が増して美味しくなります。しかし、ごぼうは長いから使いきれないという人は多いでしょう。今回は、ごぼうの栄養を残したまま美味しく保存できる、冷凍保存の仕方を紹介します。冷凍ごぼうは手軽に使えて便利なので、ぜひお試しください。
レシピ
2019年02月05日
ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

ハンバーグを作りすぎた時に、どのように保存していいかお困りの方もいるでしょう。冷蔵や冷凍で正しく保存することで、時間のない時のおかず作りや、お弁当のおかずを用意するにも役立てられます。この記事では、保存方法や冷凍したハンバーグのアレンジレシピを紹介します。
レシピ
2019年02月04日
ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!

豆乳はパックの容量が大きいとあまってしまい、忘れてしまったりと「まだこれ飲めるの?」と考えた人も多いのではないでしょうか。豆乳の未開封の開封後はいつまで飲めるのか、どの位になると傷み始めるのか豆乳の賞味期限など紹介します。
レシピ
2019年06月06日
豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!

じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選

普段じゃがいもをどのように保存していますが?じゃがいもは正しく保存すれば2ヶ月ほど持ちますが、間違った方法では却って保存期間を短くしてしまう可能性もあります。どんな調理法にも使える万能な食べ物です。腐らせたり変色させたりすることのないようにしたいものです。
レシピ
2019年02月01日
じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選