Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月07日

黒と緑のタプナードの作り方|美味しく食べる活用レシピ10選

タプナードはフランス南東部プロバンス地方の料理になります。黒オリーブ、緑オリーブなどで作ったペーストで、パンに塗ったり、ゆで卵の黄身と混ぜて白身魚に付けてオードブルにしたりとグリル料理の付けあわせにぴったりです。タプナドーを使ったレシピと栄養価など紹介します。

黒と緑のタプナードの作り方|美味しく食べる活用レシピ10選

タプナードとは

タプナードは、さまざまな食材に付けることで美味しく食べることができます。パンやスナック菓子に塗ることで、普通に食べた時よりも違った風味にすることができます。また、焼いた魚や肉に塗ることでも美味しさを引き立てることが可能です。

タプナードはペースト状なため、手軽にざまざまな食材に塗ることができます。タプナードにはさまざまな栄養が含まれているため、美味しさだけではなく体調も整えてくれます。

南仏プロヴァンス地方の万能ペースト

タプナードの発祥の地は、南仏のプロヴァンス地方です。南仏ではさまざまな料理に使うことができるため、万能ペーストとも呼ばれています。南仏はオリーブの産地でもあるため、タンプナードに欠かせないオリーブが手軽に手に入る地域でもあります。

そのため、家庭には一つのタプナードがある可能性が高く、家庭によってタプナードの味に違いがあります。

黒のタプナードと緑のタプナードの違い

タプナードには、黒のタプナードと緑のタプナードに分けることができます。黒と緑のタプナードの違いは、使用されているオリーブが違うことです。名前からわかるように黒のタプナードには黒のオリーブ、緑のタプナードには緑のオリーブが使用されています。

色の違いはオリーブの種類が違うわけではなく、完熟しているかしていないかの違いです。黒オリーブが完熟しており、緑オリーブは若い実です。

タプナードの作り方

タプナードは市販されている物もありますが、家庭でも作ることができます。作り方は簡単で、タプナードを作る食材をミキサーにかけるだけで完成させることができます。オリーブの実がタプナード作りには欠かせない食材ですが、種ありのオリーブの方が美味しく作ることができます。

オリーブの実は、固い物を使って、上から潰すことで簡単に種を取り除くことができます。ミキサーのかけ具合でお好みのタプナードに仕上げれます。

1:黒のタプナードの作り方

黒と緑のタプナードの作り方は同じですが、使用する食材に違いがあります。黒のタプナードの作り方は黒オリーブ・アンチョウビ・オリーブオイル・ニンニク・ケッパーをミキサーに入れることで作ることができます。

黒のタプナードはあっさりした風味に仕上げることができるため、さまざまな人が美味しく食べることができます。ある程度なら保存も効くので一度にたくさん作ることをおすすめします。

2:緑のタプナードの作り方

緑のタプナードを作る場合は完熟していないオリーブの実を用意する必要があります。緑のタプナードに必要な食材は、緑のオリーブ・松の実・粉末アーモンド・ニンニク・ケッパーです。上記で紹介した黒のタプナードとは違う食材も含まれているため、間違わないように心がけましょう。

緑のタプナードは、完熟していない実を使用しているため、苦みや渋みが強いタプナードに仕上がります。

タプナードを美味しく食べる活用レシピ10選

タプナードは、食材に塗って使用してこそ、本領を発揮する調味料です。そのため、家庭でタプナードを作った場合は、さまざまな料理に加えることで、より美味しく仕上げれることができます。

黒と緑のタプナードの違いでも相性がよいレシピがあるため、それぞれのタプナードの特徴を知ることも必要です。次に、タプナードを活用したレシピを紹介するので参考にしてください。

1:家政婦志麻さんのサンマのタプナード焼き

秋刀魚といえば秋の旬の魚で、塩焼きにして食べられる場合が多いです。秋刀魚を塩焼きにすることでも美味しく食べることもできますが、タプナードを付けて秋刀魚を焼くことで、塩焼きとは違った味を楽しむことができます。

そのため、秋刀魚の塩焼きに飽きてしまった人におすすめのレシピです。また、魚焼きグリルではなく、オーブンでこんがり焼くため、ほっこりした身を味わうこともできます。

材料 (2人分)
サンマの三枚おろし2匹
ミニトマト1パック
★アンチョビまたはアンチョビペースト大1
★ニンニク 2〜3かけ
★ケーパー 1/2瓶
オリーブオイル 適量
塩コショウ適量
イタリアンドライハーブ適量
トマト1個
アボカド1個
1、サンマは三枚におろしたものを半身にカットして巻きやすい幅にする
ミニトマトはヘタを取りよく洗っておく

2、★の材料を全て微塵切りにしてタプナードを作る

3、サンマの身のほうにタプナードを塗り、ミニトマトを巻いて爪楊枝でとめておく

4、全て巻き終わったら耐熱皿に並べて、隙間にもミニトマトを入れる
今回は足りなかったのでトマトとアボカドを隙間に詰めて並べた

5、並べ終わったら塩少々とお好みで胡椒とイタリアンドライハーブはたっぷり振りかけ、オリーブオイルを回しかける

6、200度位のオーブンで25分〜30分焼いて出来上がり

出典: https://cookpad.com/recipe/5267013 |

2:ガルバンゾのタプナードサラダ

ガルバンゾのタプナードサラダはひよこ豆を主体にしたサラダです。タプナードを加えることで、ドレッシングなどとは違った味わいを楽しむことができます。そのため、サラダにタプナードを使用したい人におすすめです。

最近流行っているパクチーも加えられているため、パクチー好きな人にもおすすめのレシピです。タプナードとレモン汁が加えられているため、あっさりしたサラダに仕上げれています。

材料 (6人分)
ひよこ豆缶 2缶
オリーブタプナード 大4
レモン汁 小さじ2
パクチー 少量
パルメザンチーズ 大1
茹でたエビ 10匹
スライスアーモンド 適量

1ひよこ豆に、オリーブタプナードを混ぜる。
レモン汁をかけて、混ぜる。

2茹でたエビを一口大にカットして1.に混ぜる。
チーズ、パクチーをいれてまた混ぜる。最後にスライスアーモンド乗せて完成。

出典: https://cookpad.com/recipe/5115442 |

3:マグロのソテー くるみのタプナードソース

マグロのソテーくるみのタプナードソースはマグロにタプナードを塗る料理であり、さまざまな栄養を一度に摂取することもできるレシピです。栄養バランスが崩れている人におすすめのレシピです。

マグロはあまり火を入れ過ぎてしまうと固くなってしまう場合もあるため、軽く火を入れる程度にしましょう。マグロのソテーくるみのタプナードソースは軽く火を入れるだけであるため、新鮮なマグロの身を使用することをおすすめします。

材料
マグロ(刺身用) 200g
■ タプナードソース
■ A
くるみ 20g
ドライトマト 20g
黒オリーブ 20g
ケッパー 10g
エシャロット 20g
バジル 1枚
■ B
オリーブオイル 50g
バルサミコ酢 15g

1Aを細かくみじん切りする。Bをあわせソースを作る。

2マグロの表面をソテーして切り分け、ソースをかけて仕上げる。

出典: https://cookpad.com/recipe/4441225 |

4:たまごのタプナード

たまごのタプナードは茹で卵の中にタプナードを入れるレシピです。茹で卵を半分に切り黄身を取りだしますが、黄身もタプナードに加えるため、まろやかなタプナードにすることができます。

片手で簡単に食べることができ、手も汚れないのでお酒のおつまみにもおすすめのレシピです。作り方も比較的簡単でタプナードさえできていれば手間なくお酒のおつまみを作ることができます。

材料
ブラックオリーブ 35g
ケイパー 5g
アンチョビ 小さじ1
にんにく 小さじ1
ディジョンマスタード 小さじ1/2
たまご 2
アスパラ 4本

1たまごを茹でる。

2ブラックオリーブ、ケイパー、アンチョビをみじん切りにする。

3②でみじん切りにした材料、にんにく、ディジョンマスタード、①で茹でた黄身を混ぜる。

4③を半分にした白身に詰める。 

5アスパラをフライパンで蒸し焼きにする。

出典: https://cookpad.com/recipe/4169749 |

5:鶏肉とタプナードのパスタ

鶏肉とタプナードのパスタは鶏肉とパスタにタプナードを使用するレシピです。仕上げにタプナードを入れるだけで、あっさりした風味に変化させることができます。パスタにはさまざまな種類がありますが、こってりした味付けのパスタが多いです。

そのため、食べた後に胃がもたれてしまう場合もありますが、鶏肉とタプナードのパスタは味がしっかり付いているにも関わらずタプナードのおかげであっさり食べることができます。

材料
パスタ 200g
皮付き鳥肉 200g
大葉 10枚
にんにく 1/2片
バター 10g
塩 10g
コショウ 5g
オリーブ油 大さじ1
タプナード ※ 大さじ2
山椒 (好みで) 小さじ1
すだち もしくはレモン 2カット程度

1用意するもの

2熱湯に塩を入れ、パスタを茹で上げます。※パスタの太さに合わせた茹で時間で。

3パスタの茹で上がり直前にフライパンを熱し、オリーブ油をニンニクで香りを出して、茹でたパスタを中火で炒め、皿に盛ります。

4フライパンを熱し、塩胡椒を振った鶏肉を皮から焼き、しっかり焼き目がついたら軽く水を振掛け蒸します。好みでハーブをかけて。

5焼き上がりはこんな感じ。これを食べやすい大きさに切り分けてパスタの上に乗せます。熱いうちにバターを乗せておきます。

6タブナードを1皿に対し大さじ1杯をかけます。最後に大葉を手でちぎって盛り合わせて出来上り。お好みでさらに山椒をかけます。

7出来上り。

出典: https://cookpad.com/recipe/4089830 |

6:鯵とタプナードのマヨパン粉焼き

鯵は手軽な値段で購入することができる魚であり、さまざまな調理方法がある魚でもあります。味をフライにすることが多いですが、油を使わずにフライ風に仕上げることが可能です。鯵とタプナードのマヨパン粉焼き味にタプナードをしっかり付けているため、ボリュームがある一品に仕上げることができます。

また、普通のパン粉ではなくマヨネーズを混ぜたパン粉を使用しているため、コッテリした味を楽しめます。

材料
鯵の三枚おろし 4枚
マヨネーズ 大さじ1
パン粉 大さじ2
イタリアンパセリ 適宜
■ タプナード
種抜きオリーブ 20個
ツナ缶 小2缶
ニンニク 1片
塩 適宜
こしょう 適宜

1タプナードを作る。
材料をフードプロセッサでペースト状にする。または細かくきざんでよく混ぜる。

2マヨパン粉を作る。
マヨネーズ、イタリアンパセリのみじん切り、パン粉をよく混ぜる。

3鯵に小麦粉を軽くふる。

4耐熱皿に鯵をのせてその上にタプナードをぬる。

5耐熱皿にのせて表面をマヨパン粉で覆う。

6200℃のオーブンで約10分パン粉にこんがり焼き色がつくまで焼く。

出典: https://cookpad.com/recipe/3769681 |

7:コノシロの塩漬け入り、タプナード和え

コノシロの塩漬け入り、タプナード和えのレシピ名だけをもいるとコノシロってなにか分からない人も多くいるのではないでしょか。コノシロは魚の名前で正月によく手でくるコハダが大きくなった時の名前です。

コノシロの塩漬け入り、タプナード和えを美味しく作るためのポイントは、コノシロの小骨をしっかり取り除くことです。コノシロは小骨が多い魚でもあるため、鶏の腰があると食べにくい一品になります。

材料
コノシロ 1尾
キャベツ 2枚
コーンの缶詰 大さじ3
グリーンオリーブ 6個
酢(コノシロ用) 大さじ5
砂糖 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
酢 大さじ1
タプナード 小さじ2
塩漬けの桜 ひとつまみ

1コノシロを3枚におろし、塩をふりかけて30分ほど置いてから、砂糖をかけてお酢に浸け、3時間冷蔵庫で寝かせます

2キャベツはざく切りにしてラップをかけてレンジで2分加熱します。

3中華鍋またはフライパンを強火にかけ、熱くなったところにコノシロを2枚並べます。

4鍋を揺すって魚がするりとすべるようになったら火を止め、10秒ほど置いてから取り出し、適当な大きさに切ります。

5ボウルにコノシロ、キャベツ、コーン缶、グリーンオリーブを入れ、オリーブオイル、お酢、タプナードを混ぜて入れて和えます。

6塩漬けの桜を入れてさっと混ぜ、味を整えて出来上がりです。

出典: https://cookpad.com/recipe/3684368 |

8:フェタチーズと彩りのサラダタプナード添え

サラダは野菜が取れる最もメジャーなレシピで、さまざまな調味料を加えることで美味しく食べることができます。しかし、調味料を加えても食べ応えがなく、物足りなさを感じてしまうこともあります。

しかし、フェタチーズと彩りのサラダタプナード添えはフェタチーズに加え、タプナードを使用しているため、今までのサラダとは違い食べ応えのあるサラダに仕上がっています。

材料
■ サラダ材料
フェタチーズ(なければモッツアレラチーズ)(さいの目切り) 100g
ミニトマト(4分の1にカット) 10個
きゅうり(皮をむきさいの目切り) 1本
赤玉ねぎ 1/2個
黒オリーブ(種なし) 10個
オリーブオイル 50ml
シェリービネガー 大さじ1杯
オレガノ 1つまみ
塩、こしょう 適量
■ グリーンオリーブのタプナード材料
種を取り除いたグリーンオリーブ 80g
ペーパータオルで油を切ったアンチョビの切り身 2切れ
水を切ったケイパー 大さじ1/2杯
みじん切りにしたにんにく 1片分
エクストラバージンオリーブオイル 80ml

1サラダを作る。
赤玉ねぎをチョッパーの低速で大きめのみじん切りにする。

2大きいボウルにみじん切りにした赤玉ねぎとすべての材料を入れてまぜる。

3タプナードを作る。
オリーブ、アンチョビ、ケイパー、にんにくをチョッパーに入れ、高速で混ぜる。

4オイルを加え、なめらかなペースト状になるまで再度混ぜる。

5密閉容器に移し、酸化を防ぐため少量のオイルを入れてタプナードの表面を覆う。

6バゲットを厚めに数枚スライスし、天板に置く。片面を1~2分間焼く。パンのスライスにスプーン1杯くらいのタプナードを塗る。

7サラダの上に2~3枚のタプナードトーストを置く。

出典: https://cookpad.com/recipe/3412561 |

9:サンマと野菜のタプナードサラダ仕立て

サンマは塩焼きにすることで美味しく食べることもできますが、刺身としても美味しく食べることが可能です。刺身で食べる時の調味料といえば醤油や塩ですが、タプナードとの相性もよいです。サンマの刺身とサラダを加えることで、タプナードだけの調味料で食べることができます。

野菜のシャキシャキ感とキアヌのブツブツ感、そしてサンマの食感を一度に楽しむことができるレシピです。

材料
さんま刺身 1パック
しそ 5まい
水菜 2束
キヌアID3374139 大1
ミニトマト 6個
タプナード ID3376100 大1
醤油 小さじ1
バルサミコ 小さじ1
オリーブオイル 小さじ2

1ミニトマトは半分、水菜は3センチくらい、しそは千切りにカット

2ボールにタプナードと調味料をあわせて、野菜、キヌア、サンマをあわせてできあがり

出典: https://cookpad.com/recipe/3377372 |

10:真鯛のソテー タプナードと共に

真鯛のソテー タプナードと共には鯛にタプナードを添えたレシピで、鯛やオリーブが好きな人におすすめです。鯛のソテーにはさまざまなソースをかけることで美味しく食べることができますが、タプナードと一緒に食べることで、鯛の甘さを強調することができます。

作り置きのタプナードがあれば簡単に作ることができるレシピであり、高級感を漂わすこともできます。そのため、特別な日に作ってみてはいかがでしょうか。

材料
真鯛 60g 4切れ
ホウレンソウ(冷凍) 80g
■ タプナード
黒オリーブ 15個
アンチョビ 2枚
ニンニク 1片(お好み)

オリーブオイル 大さじ2
1最初にタプナード作りです。簡単です。
黒オリーブの種を抜きます。
材料をフードプロセッサーなりミキサーなりに入れる。

2シャッフルタイム
うまく混ざらなかったらオリーブオイルを少しづつ足してください。粒粒感を残しておく

3普通はケッパーなど入れるようですが、僕はあまり得意ではないので、入ってません。お好みで入れてください タプナード完成

4次にホウレンソウをソテーしていきます。バターがあるならバターを使ってください。なければオリーブオイルでソテーします。

5バターを軽く焦がします。ホウレンソウを中に入れ強火でさっと炒める。塩コショウで味調整。

6真鯛をソテーしていきます。真鯛の骨はぶっといのでしっかり取っていきましょう。真鯛の裏表に軽く塩コショウをします。

7フライパンにオリーブオイルをしき、真鯛を中火ぐらいでソテーしていきます。皮面から投入します。

8フライパンの表面の温度はあちこち違うため、魚の位置をまわしていきましょう。

9皮面のソテーで7~8割火を入れていきます。魚の周りが白くなってきたら、そろそろひっくり返す合図です。

10裏返したら火を止め余熱で火を入れます。

11余談。指で軽く押すと慣れてくれば魚にどれだけ火が通っているかわかるようになります。これは肉にも使えます。重宝するのでぜひ

12タプナードを鯛にたっぷりのせホウレンソウの上にのせれば完成

出典: https://cookpad.com/recipe/3163487 |

市販されているおすすめのタプナードは?

信州自然王国 タプナード 160g

¥ 821

Amazonで見る

口コミ

一つ試しに買ってみて、とても美味しかったのですぐ二つ目を注文しました。 気を付けないと1日に1ビン食べてしまいます。

信州王国タプナードは、化学合成添加物が一切含まれていないため、身体によいタプナードです。そのため、自然に近い状態のタプナードであり、自然なタプナードを食べたい人におすすめの一品です。

オリーブの栄養素と効能

タプナードの原材料でもあるオリーブにはさまざまな栄養が含まれています。そのため、オリーブに含まれている栄養を摂取することで健康的な身体になることも可能です。オリーブで作ったタプナードをさまざまなレシピに加えることで美味しさを増すだけではなく、栄養価も増すことができます。

次に、オリーブに含まれている栄養を詳しく紹介するので、オリーブに含まれている栄養のことを知りたい人は参考にしてください。

1:ビタミンE

ビタミンEの働きには、赤血球が破壊されてしまうことを予防することができ、出血した際に止血する働きもあります。また、血管を健康的な状態で維持する働きもあるため、老化を防止する効果もあります。そのため、オリーブを摂取することで老けこんでしまうことを予防できます。

老化してしまうことは生きていくうえで避けては通れない道ですが、食事内容を変えるだけでも老化のスピードを大幅に遅くすることも可能です。

2:オレイン酸

オリーブに含まれているオレイン酸ですが、主にコレステロールを調整する働きがあります。コレステロールが多くなると、生活習慣病になりやすく、動脈硬化や脳卒中など命に関わる病気にもなりやすいです。

しかし、オレイン酸を摂取することで悪玉コレステロールだけを減らすことができ、生活習慣病になりにくい体質に変化させることができます。

3:βカロテン

βカロテンは植物に多く含まれている栄養素で、木の実でもあるオリーブにも多くのβカロテンが含まれています。βカロテンの働きは、目や皮膚の状態をよくすることができます。そのため、βカロテンが不足してしまうと視力が低下したり、ドライアイになりやすく、肌荒れや抜け毛にも繋がります。

また、生活習慣病とも大きく関係があり、不足してしまうと命に関わる病気になりやすいです。

4:カルシウム

カルシウムといえば牛乳や小魚から摂取するイメージがありますが、木の実でもあるオリーブからも摂取することができます。植物からカルシウムを摂取することは珍しいため、オリーブにカルシウムが含まれていることを知らない人も多いです。

カルシウムの働きは、骨を頑丈にする働きがあります。最近の若い人でも骨粗鬆症になる場合もあるため、カルシウムは骨に欠かせない栄養素でもあります。

5:ポリフェノール

ポリフェノールは最近注目されている栄養素であり、特に女性の人がポリフェノールに対する関心が強いです。ポリフェノールには、抗酸化作用があるため、老化を防ぐ働きがあります。美肌効果も期待できるため、女性に人気の栄養素でもあります。

手作りタプナードで料理の幅を広げよう

黒と緑のタプナードの作り方|美味しく食べる活用レシピ10選

タプナードの調味料があることを知らない人も多くいるのではないでしょうか。タプナードは調味料として使うことができるため、同じ料理でもかける調味料をタプナードに変えるだけで今までとは違う料理にすることができます。

タプナードにはさまざまな栄養素が含まれているため、手作りタプナードを作っておき、料理の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

タプナードはペースト状の調味料ですが、似たような調味料は幾つもあります。下記には、アンチョビを主体にした調味料などを紹介しているため、タプナード作りした人は参考にしてください。

Related