Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月01日

長ネギの保存方法を知って美味しく食べよう|ネギの品種8つ

長ネギは健康に良く薬味に欠かせない食材です。ざく切りにして調理したりみじん切りにして薬味にしたりシャキシャキとした食感が愛される食材です。そんな長ネギの保存には冷蔵の野菜室が最適ですが、長期保存を望む場合は冷凍保存にしましょう。

長ネギの保存方法を知って美味しく食べよう|ネギの品種8つ

長ネギの保存方法とは

長ネギの保存方法を知って美味しく食べよう|ネギの品種8つ

長ネギは常に使う食材でありながら、保存方法を誤ると傷みやすい食材でもあります。すぐに使う場合は冷蔵の野菜室で保存をするのがおすすめです。しかし冬場であれば冷蔵庫に入れずに新聞紙に包んで保存可することも可能です。

長期にわたり保存をしたい場合は冷凍保存をおすすめします。冷蔵保存はもって1週間、冷凍保存は約1ヶ月持ちます。また、土付きで冷暗所で保存することもでき、この方法も約1ヶ月持ちます。

長期保存のおすすめは冷凍保存

長ネギの保存方法を知って美味しく食べよう|ネギの品種8つ

買ったけど全部使い切れない場合や、安いから買っておいたという場合も、できるだけ長く保存をしたいでしょう。そのようなときは、冷凍保存がおすすめです。冷凍保存は約1ヶ月保存することができます。

刻んで保存するも良し、ぶつ切りにして保存するも良し、長いまま保存するのも良し、使う用途により切り方をかえてラップでジップロックに入れて冷凍しましょう。また、使いやすいように小分けにしておくのも良いでしょう。

長ネギの保存方法と保存期間

長ネギの保存方法を知って美味しく食べよう|ネギの品種8つ

長ネギの保存方法は冷蔵か冷凍です。それぞれどれぐらいの期間、保存ができるのかを知っておきましょう。まずは冷蔵ですが、だいたい1週間ほどが保存期間です。いくら冷蔵庫に入れてあるからといっても長い期間入れっぱなしにしているとクタッと元気がなくなってしまいます。

1週間を限度に使いましょう。冷凍は約1ヶ月です。あまり長く冷凍すると冷凍独特のにおいが発生しますので、1ヶ月が限度でしょう。

長ネギの保存方法

長ネギの保存方法を知って美味しく食べよう|ネギの品種8つ

長ネギはさまざまな料理に使えます。薬味としてはもちろん、すき焼きやおなべ料理、焼き鳥のねぎまなどたくさんの料理にねぎは欠かせない食材です。そんな長ネギは料理の用途に合わせて刻んでおいて冷凍保存をしておくととても便利です。

安いときにたくさん買い込んで、何の料理に使うかを考え、その大きさに切ってそれぞれをサランラップに包んで保存をするととても便利です。

1:常温保存

長ネギの保存方法は、冷蔵か冷凍しかないとおもいがちでしょうが、実は冷暗所での保存も可能です。冷暗所で保存する場合はできれば根っこが付いた状態のものが理想です。キッチンペーパーをぬらし根っこの部分に巻きつけます。

そして新聞紙にくるんで立てた状態で保存しましょう。この保存方法は約1ヶ月ほど元気を保つことができます。畑の納戸のようなところがあれば最適なのですが、一般家庭ではなかなか冷暗所は難しいでしょう。

2:冷蔵保存

長ネギを買い物から持ち帰り、すぐに刻んで小分けにして冷凍庫で保存するという方はほとんどいないでしょう。だいたいが長いままの状態で冷蔵庫にさっと入れるでしょう。もちろん、冷蔵庫に入れることは間違いではありません。

すぐに使う予定があれば冷蔵保存で十分です。すぐに調理をするのならそのままの状態で問題ありませんが、数日後というときは鮮度を保つためにも新聞紙にくるんで冷蔵保存をおすすめします。

3:冷凍保存

本当なら刻んでタッパーに入れて冷凍保存をしたいでしょう。そうすれば使いたいときにすぐに使えますから。しかし、1度冷凍庫から出した長ネギは1度で使いきらなければなりません。

もちろん使いきれないときもありますので、小分けにしてラップに包んでジップロックのようなチャック付き保存袋に入れて冷凍をすることをおすすめします。使いたい分だけ使えますし、整理整頓がしやすくとても便利です。

長ネギの保存期間

長ネギの保存方法を知って美味しく食べよう|ネギの品種8つ

長ネギは残念なことにあまって冷蔵庫の野菜室に入れっぱなしで、気づいたときには腐っていたなんてことが多い食材のひとつです。そんなもったいないことをしないように、正しい保存で正しく取り扱いましょう。

やはりもっとも長く保存できるのは冷凍保存です。1ヶ月ほど保存ができますので、安心です。すぐに使う場合でも、冷凍をしておくとシャキシャキ感が保てますしむしろさらにシャキシャキ感が出るという意見も多数です。

1:常温保存

納戸のような場所があれば、長ネギは常温保存もおすすめです。常温保存といってもおうちの中で普通においておくわけではありません。これでは冷蔵保存よりも持ちません。冷暗所での保存に限ります。

常温保存をする場合は、必ず新聞紙にくるんで保存しなければなりません。その上、必ず守っていただきたいのがたてて保存することです。立てなければ意味がありませんので忘れないようにしましょう。

2:冷蔵保存

長ネギは冷蔵保存でできるだけ長く鮮度を保つコツがあります。野菜室に入れることを基本とします。そして立てて保存することも基本とします。

野菜室のタテのサイズに合わせて切ります。ぴったりサランラップでくるんで立てた状態で保存しましょう。買ったままの状態で寝かして保存をするよりもはるかに長持ちしますので、ぜひこの方法をおすすめします。

3:冷凍保存

上手な冷凍保存の方法を知って、鮮度を保ったまま保存をしましょう。冷凍保存は、ただ長ネギを冷凍庫に入れるだけではいけません。長ネギには白い部分と緑の部分があります。まず、白い部分は5~10センチほどに切り、チャック付き保存袋に入れます。

緑の部分は適当な長さに切りサランラップに包み、それをまたチャック付き保存袋にいれ、それ冷凍します。このように保存をすればそれぞれの部分の鮮度を保ちながら保存できます。

長ネギレシピが知りたいあなたにおすすめの商品

口コミ

瀬尾さんのレシピはどれも簡単で美味しい!花嫁修行に役立ててます(^^)

長ネギを使ったレシピがマンネリ化してしまっている方におすすめのレシピ本を探しているならこちらがおすすめです。こちらには長ネギをつかったありとあらゆるレシピが掲載されています。

ネギの品種8つ

長ネギの保存方法を知って美味しく食べよう|ネギの品種8つ

ネギといってもいろいろな種類があり、料理により使い分けるとよりおいしくいただけます。白ネギ、青ネギ、九条ネギ、下仁田ネギ、深谷ネギ、あさつき、わけぎ、リーキなどがあります。

それぞれのネギは、薬味に使うものやお好み焼きやすき焼きやおなべ料理など、さまざまな用途で使い分けることができます。ネギの種類を知ってよりおいしい料理をいただきましょう。

1:白ネギ(根深ネギ・長ネギ)

長ネギの保存方法を知って美味しく食べよう|ネギの品種8つ

ネギは薬味に使うものとおもいこんでいる方も多いでしょうが、そうではありません。白ネギは薬味に使うともったいないほどです。白ネギはそのままの味を楽しんでいただきたいです。

たとえば、2センチほどに切り素焼きにします。塩でいただくのが1番ですが、しょうゆなどもおいしいでしょう。しかし、鮮度が命ですので正しく保存をしましょう。湿らせた新聞紙にくるんで野菜室で保存をしましょう。

2:青ネギ(葉ネギ・万能ネギ)

長ネギの保存方法を知って美味しく食べよう|ネギの品種8つ

青ネギといわれますが実は長ネギの葉の部分のことです。青ネギは薬味として使われることが多く、私たちの間ではもっとも慣れ親しんだネギではないでしょうか。そんな長ネギはわりとすぐに傷んでしまい、嫌なにおいで深いなおもいをしたことがありませんか。

使い終わった後はついつい冷蔵庫に直してしまいがちですが、チャック付き保存袋に入れてなるべくバラつかせて冷凍をしてください。バラ付かせることとても便利です。

3:九条ネギ

九条ネギの鮮度を保ちながら最高においしくいただくにはやはり保存方法が重要です。九条ネギは水分が少し大めですので冷凍というよりも上手に冷蔵保存するのが最適です。まず、保存容器を準備します。使う用途に合わせて九条ネギを刻みましょう。

保存容器にネギをいれ、キッチンペーパーを乗せます。ふたを閉めてキッチンペーパーがそこにくるように逆さまにしましょう。そして冷蔵保存すればおいしいまま長持ちします。

4:下仁田ネギ

泥が付いたままの下仁田ネギならそのままの状態で風通しの良いところに立てておくと1ヶ月ほど保存できます。さらに土に埋めておくと2ヶ月ほど保存できます。泥は洗い流されている下仁田ネギの場合は、白い根っこの部分をラップに包みます。

さらに全体を新聞紙にくるんで冷蔵保存しましょう。この保存方法は長くて2週間ほどですが、何もせずに冷蔵するよりは長持ちしますので、ぜひ実践してみてください。

5:深谷ネギ

ネギはすぐに乾燥をしてしまいますので、買ってきたらすぐに新聞紙にくるみましょう。冷蔵をしない場合は冷暗所で立てて保存しましょう。買ってすぐに使って残った場合には、白い部分と葉の部分は切り分けます。

それぞれサランラップに包んで保存袋に入れて冷蔵しましょう。しばらく使わないなとおもうなら冷凍保存をしましょう。

6:あさつき

あさつきは通常のネギのような形状のものと、新芽状のものとがあります。どちらも冷蔵保存がおすすめです。すぐに使う場合はそのまま冷蔵保存が可能ですが、すぐに使わない場合には湿らせた新聞紙にくるんでから冷蔵しましょう。

あさつきは非常にデリケートですのでやさしく扱ってあげましょう。購入したらなるべく早めに使うことをおすすめします。

7:わけぎ

わけぎぬた、とてもおいしいです。わけぎは冷蔵しないなら必ず新聞紙に包んで立てて保存しなければなりません。しかし長くは鮮度を保てません。常温保存は2~3日ぐらいを目安にしましょう。

それでもまだ使わない場合は適度な大きさに切って冷凍をしましょう。保存容器に入れるよりもふんわりサランラップで包んで保存袋に入れて冷凍してください。空気に触れないようにすることがうまく保存をするコツです。

8:リーキ

リーキとはあまり聞いたことがなく、ポピュラーなネギではありませんが、見た目短めのかわいらしいフォルムでポトフ、クリーム煮やグラタン、スープなど西洋料理に欠かせないネギです。リーキはポロネギとも呼ばれます。

保存するものではなく、できれば使いきっていただきたい食材です。もちろん、2~3日間は冷蔵で保存することは可能ですが、なるべく新鮮においしくいただくにはすぐに使いきってください。

長ネギの保存方法を理解しておいしく使い切ろう

長ネギの保存方法を知って美味しく食べよう|ネギの品種8つ

スーパーには刻みネギなどとても便利なものが購入できますが、残って冷蔵庫に入れておいたら忘れてしまって腐らしてしまったなんて経験はありませんか。こうならないためにも上手に保存をしておいしいままで使いきってください。

長ネギは使い終わったら、すぐに冷凍しましょう。余裕があれば少し冷凍庫にいれてちょっと振ってまた冷凍してください。こうすることでパラパラのまま使うことができます。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

長ネギの保存方法を知って美味しく食べよう|ネギの品種8つ

長ネギの種類別で保存方法をおつたえしてきました。常温の物もや冷蔵、冷凍保存が最適なものもあります。長ネギはわりと腐りやすい食材ですので、正しい保存方法でいつまでもおいしいままのネギを味わってください。

次は長ネギの中でも白ネギについて、その切り方やおすすめレシピをご紹介します。ぜひご覧ください。

Related

ゆで卵の栄養分を詳しく解説|活用した健康レシピ10選

家庭でもよく口にする卵ですが、どのような栄養が含まれているか、ご存知でしょうか。この記事では、卵の栄養素から、ゆで卵を使った活用レシピまで紹介します。卵の魅力を知るきっかけにし、日々の生活に取り入れる参考にしてみてください。
レシピ
2019年03月14日
ゆで卵の栄養分を詳しく解説|活用した健康レシピ10選

ウェイパーがない時の代用品6選|ウェイパーを使う料理は?

売っているのは見かけてもなかなか手が出せなかった味覇は、便利だとかおいしいとかは聞きますが使い方がわからなければ手は出しにくい物です。ここではウェイパーの特徴をはじめとしてレシピも数個紹介しています。ウェイパーの使い方を覚えてレシピを増やしてみましょう。
レシピ
2019年03月14日
ウェイパーがない時の代用品6選|ウェイパーを使う料理は?

ささみを使うスープのレシピ10選|ささみのスープに合うサラダ

ささみは高タンパク・低脂肪・低カロリーでダイエット食材としても人気があります。ささみをおいしく食べるために、ささみを使うスープのレシピ10選や、ささみの栄養素などをご紹介します。さらに、ささみのスープに合うサラダもご紹介しますので、ぜひご覧ください。
レシピ
2019年03月08日
ささみを使うスープのレシピ10選|ささみのスープに合うサラダ

白髪ねぎを使ったおすすめレシピ8選|効能3つと調理道具

季節も変わり、寒さが強くなる一方になりました。これから風邪などの対策に備える人も多くなるなかで、ねぎについて紹介していきます。なぜ、ねぎがいいのか。記事をご覧になればその魅力に引き込まれ、重要性がわかってきます。ぜひ、一度ご覧になってください。
レシピ
2019年03月08日
白髪ねぎを使ったおすすめレシピ8選|効能3つと調理道具

チーズフォンデュトーストレシピ10選|チーズフォンデュ料理

チーズフォンデュトーストとは、チーズフォンデュをトーストの上にのせて食べるおいしいメニューです。朝食などにぴったりのおいしさとボリュームで、大人気のレシピです。今回は、チーズフォンデュトーストのレシピ10選と、アレンジレシピ4選をご紹介していきます。
レシピ
2019年03月07日
チーズフォンデュトーストレシピ10選|チーズフォンデュ料理