Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月01日

美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

日本全国でいろいろな銘柄のブランド米が栽培されています。次々に新しい品種が登場してくるので、美味しいお米を選ぶにも迷うことが多いです。そこで美味しいお米として人気の銘柄や、美味しいご飯の炊き方など、美味しいお米の情報をいろいろとお届けします。

美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

美味しいお米を見分ける方法

美味しいお米の見分け方の一つにお米の等級があります。これは検査員が目視で等級をつけるもので、整っている米粒の割合、虫食いの有無、透明感などから判断され、1等米、2等米、3等米、規格外に格付けされます。

お米の見た目が重要であり、味で判断されるものではありませんが、1等米であれば味も良いということが多く、必ずしも無関係とは言えません。

1等米

一等米とは、整粒が70%以上、被害米が7%以下、着色米が0.1%以下のお米をいいます。色がついたお米が1,000粒に1粒以下でないと一等米にはなれないということです。味で判断されるものではありませんが、1等米は味も美味しいお米である確率が高いです。

2等米

2等米は整粒60%以上、被害米が10%以下、着色米が0.3%以下のお米のことです。一見すると素人には判断はつかないレベルですが、味には影響はないので、見た目にはこだわらない場合には、十分に美味しいお米であると言えるでしょう。

3等米

3等米は整粒45%以上、被害米20%以下、着色米0.7%以下のお米です。コシヒカリなどの高級で美味しいお米を安く食べたい場合、あえて3等米で食べるのも一つの方法です。

粒が小さなお米や色がついたお米が混じっていることがありますが、大きく味が落ちるというほどではありません。

美味しいお米の人気ランキング35選

お米は日本全国で栽培されていて、数えきれないくらいの種類があり、品種によって特徴も違っています。たくさんある品種の中から、美味しいお米を探すのは大変ですが、口コミや「食味ランキング」を参考にするのも一つの方法です。

そこで、美味しいお米だという評判の人気銘柄35選をご紹介します。

第35位:埼玉県産 彩のかがやき

埼玉県産彩のかがやき

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

彩のかがやき…味、粘り、バランスの良いお米です。

「彩のかがやき」は埼玉県のブランド米です。愛知県のコシヒカリ系の「祭り晴」と埼玉県のササニシキ系の「彩の夢」を交配させた粘りの強いお米です。

埼玉県内では学校給食などに使われることも多い美味しいお米です。粘りが強く、味にはほのかな甘みがあるのが特徴です。

第34位:香川県産 おいでまい

「おいでまい」は香川県のオリジナル品種のお米で、お米のブランド名である「おいでまい」とは讃岐弁で「いらっしゃい」という意味があります。

暑さによって品質低下がないように品質改良されたお米で、暑さに負けずに美味しいお米に育ちます。食味ランキングでも特Aランクを獲得していて、冷めても美味しいお米です。

第33位:青森県産 つがるロマン

青森県産つがるロマン5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

すごく美味しかったし、何より内容量、精米日の記載がはっきりしていてお手頃感満載でした。

「つがるロマン」は青森県でのみ生産される、比較的新しいお米です。「あきたこまち」の影響を受けていて、粘りがあまり強くなく、ふっくらとして味わいの、和食によく合うお米です。

青森県産のお米は耐冷性を優先するために、味は二の次という印象が強かったですが「つがるロマン」はそういうイメージを覆す美味しいお米です。

第32位:富山県産 てんたかく

富山県産てんたかく5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

以前、富山に行った時に出会った銘柄です。味が良かったので取り寄せました。

「てんたかく」は富山県のオリジナル品種のお米で「華越前」母に、「ひとめぼれ」を父として作られました。

食味ランキングではAランクを獲得していて、程よい粘りと甘みがあり、さっぱりとした味のお米です。富山県産の「コシヒカリ」よりもリーズナブルで早い時期に出回るので、美味しいお米を早く安い値段で食べたい人におすすめの銘柄です。

第31位:千葉県産 ふさおとめ

千葉県産ふさおとめ5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

昨年も買った気がしますが、変わらず美味しかったです。

「ふさおとめ」は千葉県のオリジナル品種で、「華越前」を父に、「ひとめぼれ」を母に生産されたお米です。

食味ランクはAで、リーズナブルでありながらコシヒカリにも負けない味を持つという評判の美味しいお米です。さっぱりとしたお米が好きな人におすすめです。

第30位:長崎県産 にこまる

長崎県産 白米 にこまる5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

とても美味しくいただきました。やっぱり最高なお米でした。

「にこまる」は平成18年に長崎県で本格生産が開始された品種です。「にこまる」という名前は笑みがこぼれるほど美味しく粒が丸々としていることから名づけられました。

暑さに強い品種で、「ヒノヒカリ」に代わる品種として開発されました。母に「きぬむすめ」、父に「北陸174号」と、どちらもコシヒカリの影響を受けているために、暑さに強い美味しいお米としての評判が高いです。

第29位:愛知県産 あいちのかおり

「あいちのかおり」は愛知県の尾張地域を中心に作られている品種で「ハツシモ」と「ミネノアサヒ」を交配して作られています。

愛知県の学校給食にもよく使われる品種であり、コシヒカリに負けないくらいに美味しいお米と、高い人気があります。粘りがあり、あっさりとして味わいで、冷めても美味しいという特徴があります。

第28位:岩手県産 いわてっこ

「いわてっこ」は岩手県のオリジナル品種で、「こころまち」と「ひとめぼれ」を掛け合わせて作られているお米です。寒さに強いという特徴があり、味は粘りがあって甘みもあり、どんな料理にも合う万能な美味しいお米です。

第27位:宮城県産 ササニシキ

「ササニシキ」は「コシヒカリ」と並んで、米の横綱と言われたブランド米です。最近は新銘柄に押されたことと、冷害に弱いことが知られるようになり、あまり生産されなくなってきました。

ササニシキはハツニシキとササシグレを親に持ち、さっぱりとして上品な味わいでお寿司によく合う美味しいお米です。生産量が激減した現在は高級和食店や寿司店では利用されているものの、一般家庭では手に入りにくくなっています。

第26位:福井県産 華越前

福井県産 白米 ハナエチゼン5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

あまり粘り気は感じませんが、好みの固さなので良かったです。子供の離乳食にも使っています。

「華越前」は福井県生まれのお米で、「コシヒカリの前に華が咲く」ということから「華越前」という名前になりました。

華越前は「越南122号」を母に、「フクヒカリ」を父として交配させたお米です。30年以上も育成、研究されたお米で、今では全国に出荷されています。硬めに炊き上がるという特徴があり、丼物に適していています。また冷めても美味しいお米なので、お寿司などにも向いています。

第25位:北海道産 きらら397

「きらら397」は北海道産のお米で、「しまひかり」と「キタアケ」の交配で生まれました。北海道のお米は味がイマイチだという常識を覆した美味しいお米です。

「きらら」というのは雲母のことであり、きらきらと白く輝くご飯のイメージから名づけられました。程よい粘りがあり、リーズナブルで、どんな料理にも合うオールマイティなお米として人気があります。

第24位:青森県産 まっしぐら

「まっしぐら」は青森のブランド米で、母を「奥羽341号」、父を「山形40号」として生産されたお米です。「まっしぐら」という名前はお米の食味、品質の追求にまっしぐらに取り組んでいくという気持ちを込めて付けられました。

弾力があり粘り気が少ないので、カレーや汁物と相性が良く、粒が揃っていて見た目もきれいな美味しいお米です。

第23位:熊本県産 森のくまさん

「森のくまさん」は熊本産のお米で、「ヒノヒカリ」を母に「コシヒカリ」を父として生産されました。「森のくまさん」という可愛い名前は一般公募で「緑豊かな森の都、熊本で作られたお米」という意味が込められています。

味は弾力が粘りが強く、甘みもあり「米の食味ランキング」で全国一位になったこともある美味しいお米です。

第22位:佐賀県産 夢しずく

佐賀県産 白米 夢しずく5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

九州のお米でいろいろと食べ比べをしていますが、お値段もお手頃で美味しいのでリピートしやすいです。

「夢しずく」は佐賀県産のお米で、「キヌヒカリ」と「ひとめぼれ」の交配によって生まれました。「夢しずく」という名前は、佐賀県の米作りの夢と朝露に濡れる稲のイメージを表しています。

炊き立ての光沢が美しく柔らかめで、噛めば噛むほど味が出る美味しいお米です。冷めても美味しいので、おにぎりや巻きずしにも適しています。

第21位:福岡県産 元気つくし

「元気つくし」は福岡県で「つくし早生」を父に「つくしろまん」を母として生産されているお米です。

「元気つくし」のつくしとは福岡県の古くからの名称「筑紫」のことで、「元気」には「暑さに負けず元気に育ち、食べる人に元気を与える美味しいお米」の意味が込められています。ツヤと粘りがあるお米で、炊き立てはもちろん、冷めても美味しいのでお弁当などにもぴったりです。

第20位:鹿児島県産 あきほなみ

鹿児島県産 あきほなみ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

初めて九州の米を食いました。中々美味い米ですね。全国から取り寄せますが「あきほなみ」取り寄せリスト入りです」。

「あきほなみ」は鹿児島県産のお米で「99S123」を母に、「越南179号」を父にして生産されました。「あきほなみ」という名前はたわわに実った稲穂が波打っている様子をイメージして付けられました。

お米の粒が大きく粘り気があり、甘みとうまみのバランスが取れている美味しいお米で、鹿児島県産のお米としては初めて食味ランクで特Aを獲得しました。

第19位:栃木県産 なすひかり

栃木県産 白米 なすひかり 5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

他のブランド米と比べても遜色ないくらい美味しかったです。

「なすひかり」は栃木県のオリジナル品種のお米で、「コシヒカリ」を母に「愛知87号」を父にして栽培されました。名前は那須高原の「なす」と「コシヒカリ」の系統を受け継ぐことから、「ひかり」を取って「なすひかり」と付けられました。

お米の粒が大きく、甘みや香りもしっかりとしていて粘りも強いので食べごたえがあります。また冷めても美味しいお米なので、おにぎりやお弁当にも適しています。

第18位:北海道産 ふっくりんこ

ホクレンふっくりんこ 5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

モチモチ感、甘み、香り、すべて高次元にバランスされたいいお米だと思います。

「ふっくりんこ」は北海道産のお米で、「ほしのゆめ」と「空系90242B」を交配して栽培されました。名前は一般公募で、ふっくらとして美味しそうなイメージがあることから付けられました。

「ふっくりんこ」はふっくらとして柔らかく、適度な粘り気と甘みがあり、和食に合うお米として北海道だけでなく、全国的に美味しいお米として知られるようになりました。

第17位:滋賀県産 秋の詩

「秋の詩」は滋賀県産の「近江米」で、「吟おうみ」を母に、「コシヒカリ」を父として生産されたお米です。

お米本来の甘みと粘り気がある「秋の詩」は、和食、洋食を問わず、どんな料理にも合うオールマイティーな美味しいお米です。見た目も良いので、飲食店に使われることも多いお米です。

第16位:島根県産 きぬむすめ

島根県産米 きぬむすめ5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

美味しいの言葉しか出ない。なくなる前にまた注文したいと思います。

「きぬむすめ」は「キヌヒカリ」を母に「祭り晴」を父にして、九州農業試験場で誕生したお米です。「キヌヒカリ」の資質を継いだ優良ブランドのお米になるようにとの願いを込めて付けられた名前です。

関東から四国にかけての温暖地向けに開発された品種で、現在は島根県をメインにして、兵庫や大阪など近畿でも生産されています。味はコシヒカリと同じくらいの美味しいお米です。

第15位:佐賀県産 さがびより

佐賀県産 白米 さがびより 5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

九州のお米は初めてでしたが、とても美味しくいただきました。

「さがびより」は佐賀県産のお米で、「佐賀27号」と「愛知100号」を掛け合わせて生産されました。食味ランクで特Aを5年連続で獲得したこともある美味しいお米です。粒が大きく粘りと歯ごたえがあり、冷めても美味しくおにぎりやお弁当にも適しています。どんな料理にも合うオールマイティなお米です。

第14位:滋賀県産 みずかがみ

滋賀県産 みずかがみ 5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

艶々、もっちり、甘い香り、どれをとっても最高です。ご飯だけで食べられるお米だと思います。

「みずかがみ」は滋賀県で開発、育成された近江米です。滋賀県は関西の中でも美味しいお米が収穫される県としても知られるようになり、その近江米の中でも「みずかがみ」は特に美味しいという評判で、食味ランクの特Aを3年連続で獲得しています。

「みずかがみ」という名前は光り輝く琵琶湖の水をイメージしてつけられました。炊きあがりのお米は光沢があり、ほど良い粘りと甘みがあります。

第13位:宮崎県産 ヒノヒカリ

宮崎産 白米 ヒノヒカリ 10kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

コシヒカリより若干粒は小さめの感じはしますが、味、食感はほぼコシヒカリと同じでおいしいです。

「ヒノヒカリ」は宮崎県総合農業試験場で開発されたお米で「コシヒカリ」と「黄金晴」の交配で生まれました。九州地方の太陽を表す「日」と光り輝く米粒をイメージして名前が付けられました。

暑さに強い品種で、九州だけでなく、中国地方や四国地方、近畿地方などでも栽培されています。コシヒカリの味を受け継いだ美味しいお米で、コシヒカリよりもリーズナブルです。

第12位:新潟県産 こしいぶき

白米 こしいぶき 5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

もっちり感と甘みがあり、炊き立てはもちろんですが塩むすびにして冷めてからいただいても、とってもおいしかったです。

「こしいぶき」は新潟県で栽培されているお米で、「コシヒカリ」と「ひとめぼれ」、「どまんなか」を配合させて作られました。名前には「越後の新しい息吹」と言う意味が込められています。

コシヒカリをしっかりと受け継いだ美味しいお米で、価格は安いのにコシヒカリに負けないお米として人気があります。食べごたえがあり満足感があるお米なので、育ち盛りの子供にもぴったりです。

第11位:滋賀県産 キヌヒカリ

滋賀県 白米 キヌヒカリ 5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

モチモチしてて甘みがありホントに美味しいお米です。このお値段もとても魅力的です。

「キヌヒカリ」は北陸農業試験場で育成されたお米で、もともとは関東地方で栽培することを目的にしていましたが、現在の主な栽培地は関西です。炊き上がりが絹のように美しいことと、ソフトな粘りがあることから「キヌヒカリ」と名付けられました。

料理の邪魔をしないので和食やお寿司などに向き、冷めても甘みや旨みを保っている美味しいお米なので、お弁当やおにぎりにも適しています。

第10位:宮城県産 ひとめぼれ

宮城県産 白米 ひとめぼれ 5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

美味しい!やはりひとめぼれは美味しいです!

「ひとめぼれ」は宮城県で開発されたお米で、「コシヒカリ」と「初星」を交配されて作られました。栽培が比較的簡単なので、宮城県以外でも、青森から沖縄まで全国で栽培されています。

「ひとめぼれ」の名前は「美しさにひとめぼれ、美味しさにひとめぼれ」ということから付けられたくらい、バランスが取れた美味しいお米で、どんな料理にも合う優等生的なお米です。

第9位:山形県産 はえぬき

山形県産 白米 はえぬき 5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

山形のお米は粒がしっかりしていて自分好みです。品質も安定していて、安心して購入できます。

「はえぬき」は山形県で栽培されているお米で、発売以来22年間、食味ランキングの特Aを獲得し続けた美味しいお米です。「はえぬき」は山形県の気候に合わせて作られたお米で、その名前も「山形で生まれ山形で育つ」という「生え抜き」の意味が込められています。

品質の割には価格が安いために、コンビニや外食の業者に使用されることが多く、「セブンイレブン」のおにぎりに使われていることが知られています。

第8位:新潟県産 新之助

新潟県産 白米 新之助 5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

とにかく美味しい。久しぶりにお米の美味しさに気づきました。

「新之助」は新潟県で開発された新品種のお米です。米どころとして全国的にも有名な新潟県の新しいプレミアム米として注目を浴びていいます。

日本男児をイメージして名前をつけられた新品種のお米「新之助」は、粒が大きく甘み、粘り、弾力があり、冷めても固くなりにくく、長期保存でも劣化しにくいという特徴がある美味しいお米です。

第7位:山形県産 つや姫

山形県産 白米 つや姫 5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

つや姫って美味しいですね。少し粘りがあり私好みです。

「つや姫」は山形県で研究、開発されたお米で、「東北164号」を父に「山形70号」を母にして誕生しました。

食味ランクで特Aを6年連続で獲得したこともあり、「はえぬき」とともに山形県を代表する美味しいお米として有名になってきました。炊き上がりのツヤ、粒の大きさ、甘み、旨みなどにおいて高評価を得ているお米です。

第6位:秋田県産 あきたこまち

秋田県白米あきたこまち5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

歯ごたえがしっかりしているご飯が好きなので、おいしくいただくことができました。

「あきたこまち」は「コシヒカリ」と「奥羽292号」を掛け合わせたお米で、秋田県を中心に岩手や関東、中国、四国、九州など、全国で幅広く栽培されている日本を代表するお米です。

「あきたこまち」という名前は「小野小町」にちなんで付けられました。コシヒカリ譲りの美味しいお米で、味のバランスが良く、和食によく合います。冷めても美味しいので、おにぎりやお寿司にも適しています。

第5位:ミルキークイーン

茨城県産 白米 ミルキークイーン 5kg

¥ 2,345

Amazonで見る

口コミ

初め食してみました。もっちりしてて、本当に美味しかったです。

「ミルキークイーン」は茨城県のつくば農業研究センターで、新種開発のための「スーパーライス計画」で誕生したコシヒカリの突然変異育種のお米です。名前はお米の色が乳白色であることから付けられました。

「ミルキークイーン」は粘りが強く、食感ももちもちしていて冷めても固くなりにくいという特徴があります。そのままで食べるよりも他のお米にブレンドして、より美味しいお米を作り出す役割に優れたお米です。

第4位:新潟県産 コシヒカリ

新潟県魚沼産 白米 産直 コシヒカリ 10kg

¥ 5,950

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

とてもツヤがあり、味も最高です!

「コシヒカリ」は福井県生まれ新潟県育ちのお米で、日本各地で生産されているブランド米です。「越の国に光り輝く米」という願いを込めて「コシヒカリ」という名前がつけられました。

粘りと甘みがあり、冷めても味が落ちない日本人好みの美味しいお米の代表です。産地は日本全国に散らばりますが、新潟県魚沼産のコシヒカリが有名です。

第3位:北海道産 ゆめぴりか

北海道産 ホクレン ゆめぴりか 5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

久しぶりに食べましたが、やっぱりふっくらもちもちして美味しいです。

「ゆめぴりか」は主に北海道で栽培されているお米で、「きらら397」を母方に「ほしたろう」を父方に持つ品種です。名前は夢に、美しいという意味のアイヌ語「ピリカ」を組み合わせました。

ほど良い粘りと甘みがあり炊き上がりの見た目も美しく、バランスが取れた美味しいお米です。平成22年の初登場以来、特Aランクを6年連続で獲得し、米どころ北海道の全国に印象付けることになりました。

第2位:青森県産 青天の霹靂

青森県産 青天の霹靂 5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

かためのプリッとしたご飯が好みの我が家にはぴったりの美味しいお米でした。

「青天の霹靂」は青森県産業技術センターが10年の歳月をかけて開発した新しい品種のお米で、「ひとめぼれ」の系統を引き継いでいます。

名前の「青」は青森、「天」は北の空、「霹靂」は稲妻のことで、晴れ渡った空に現れる稲妻のように人々を驚かせるほど美味しいお米になって欲しいという願いが込められています。粒が大きく、ツヤと白さがあり、どんな料理にも合う上品な味をしたお米です。

第1位:北海道産 ななつぼし

北海道産 白米 ななつぼし 10kg

Amazonで見る

口コミ

粒が大きめなので歯ごたえも感じられ、しっかり味わうことができました。

「ななつぼし」は北海道定番のお米で、「ひとめぼれ」と「あきほ」をかけあわせた品種です。6年連続で特Aランクを獲得した美味しいお米です。

「ななつぼし」はツヤと甘みがあり、炊き上がりはコシヒカリやひとめぼれをしのぐと言われることもあります。また気温が低い北海道で栽培されるお米なので、農薬の使用量が少なく安全性にも優れていて、安心して食べられるお米です。

栄養たっぷりの金芽米

北海道産 金芽米無洗米 ホクレンななつぼし5kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

今までは銘柄米を色々と買ってきましたが、やっとリピートしたくなるほどのお米に出会った!という感じです。

「金芽米」というのはお米の品種ではなく「精米」、「玄米」などの精米方法の名称です。金芽米は胚芽の中でも栄養価の高い胚盤を残し、口触りの悪い幼芽や幼根を除いて、白米と同じような食感にしています。

「金芽米」と呼ばれるのは、胚盤が金色に見えるためです。玄米の栄養を残して見た目や食感を白米に近づけたお米が金芽米です。「コシヒカリ」や「ななつぼし」などのブランド米の金芽米も多く販売されています。

美味しいお米を炊くコツ

美味しいお米を炊くにはコツがあります。品種により多少の違いはありますが、基本的なお米の炊き方をご紹介します。

同じお米でも炊き方ひとつで美味しいご飯になるのか、イマイチのご飯になってしまうかが分かれてしまいます。基本をマスターして美味しいご飯を炊きましょう。

1:研ぎ方

お米は軽量したら、まずさっと洗い流してお米の表面に糠や油などを取ります。洗う時は力を入れすぎないように、軽く円を描くようにして4回位洗います。水が透明になるまで洗う必要はありません。

2:水加減

ご飯を炊くときの水加減は、お米の量の1.2倍位が適当であると言われますが、米の種類や好みに大きく左右されます。炊飯器の目盛を参考にして、米ごとに自分の好みの水加減を覚えておくようにしましょう。

無洗米の場合は、通常の米よりも水を多めにした方が上手に炊けることが多いです。

3:浸透時間

お米を研いだ後は水に浸しておく時間を作るようにしましょう。夏であれば30分程度、冬は1時間程度、浸透時間をおけば、お米に水分が入り、もっちりとした美味しいお米が炊き上がります。暑い時期には冷水につけておくと、おいしいご飯が炊けます。

美味しいお米を見つけよう

今まで美味しいお米と言えば「コシヒカリ」や「ササニシキ」だと考えられがちですが、どんどんと新しい銘柄が開発されて、ますます迷ってしまいます。いろいろな口コミや情報を参考にして、自分好みの美味しいお米を見つけましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

普段、ご飯として食べているお米を「うるち米」というのに対して、お餅や赤飯などに使うお米を「もち米」と言います。

この二つは同じ米でありながら、使用方法も料理方法も違いますが、違いと調理法を理解することで、美味しく食べることができます。うるち米のレシピとともに、もち米のレシピもマスターしてみましょう。

Related

かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

かまぼこは正月のおせち料理や長崎ちゃんぽん、丼物、おでんなどの料理に多く使用される魚の練り物です。栄養価が高く低カロリー食品です。かまぼこは板に載せて販売しています。おせち料理などで使用すると余ることがあります。余りは冷凍保存できます。その方法を紹介します。
レシピ
2019年05月21日
かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

エビの背わたはエビの消化管ですが、背わたを取りのぞくことは、見栄えだけの問題ではなく、料理の風味・食感などにも大きく影響します。また、臭みを取る下処理も、省くことができない工程です。この記事では、エビの背わたの取り方、下処理の仕方を紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

家族と離れての一人暮らしは、食事も自分で何とかしなければなりません。そして、一人暮らしの食事は「自炊」と「外食」の二つがありますが、自炊のほうが効率が良いという見方があります。この記事では自炊のポイントとおすすめレシピを紹介していますので、参考にしてください。
レシピ
2019年02月05日
一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

揚げ物の調理は手間です。だからといってまとめて作りすぎると急いで食べる羽目になりますよね?そんな時は冷凍保存を活用しましょう。冷凍焼けや変質が気になりますが、ポイントを押さえてうまく冷凍保存すれば劣化を防ぐことができます。長く美味しく揚げ物を楽しみましょう。
レシピ
2019年02月04日
揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

冷凍に向かないと考えられている厚揚げについてみてみましょう。冷凍のコツをつかめば、厚揚げはとても手軽に冷凍保存し、おいしく食べられる食材です。冷凍するからこそ、味わうことができる厚揚げの良さがあり、おすすめの冷凍厚揚げレシピもご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

にんにくは肉や魚の臭みを消したり、味わいを良くしてくれます。にんにくは美味しいだけでなく栄養価も高く、おすすめな野菜のひとつです。保存方法を知っていれば、長く楽しむことができます。美味しく栄養価の高いにんにくの保存方法やレシピなどについて紹介します。
レシピ
2019年02月05日
にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

韓国料理やタイ料理など、激辛料理に使われているスパイスと言えば唐辛子です。辛党の人にとって人生になくてはならない唐辛子ですが、実は世界には日本でお目にかかる唐辛子以外にもたくさんの種類があります。今回はそんな唐辛子についての記事です。
レシピ
2019年02月04日
激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

余ってしまいがちな餃子の皮を冷凍することで、1か月ほど冷凍庫で保存をすることができます。賞味期限内でも冷蔵庫だと固くなってしまい、使い切れずについ廃棄してしまうことも多いでしょう。餃子の皮の冷凍保存方法と解凍方法のポイントをご紹介いたします。
レシピ
2019年02月04日
餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

ころんとした丸い形がかわいいマッシュルーム。その昔には缶詰のスライスしか目にする機会がありませんでしたが、今は生のマッシュルームもスーパーで簡単な手に入るようになりました。身近な食材となったマッシュルームの保存方法やおいしいレシピなどを、ご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

淡白でクセがないエリンギは、使いやすくおいしい人気のキノコです。たくさん置いておきたいエリンギですが、どんな保存方法があるのか、賞味期限はどのくらいなのか気になるところです。そんなときに役立つエリンギの保存方法や賞味期限、良品の見分け方についてご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

パリッとした皮の食感が醍醐味の春巻きですが、作り過ぎたり、揚げてしまったものの、多過ぎて残ってしまって困ったことはありませんか。春巻きは冷凍しておけば、再加熱の仕方次第で、パリッとした食感を再現できます。この記事では保存方法や再加熱の調理法を紹介していきます。
レシピ
2019年01月31日
春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

もともとは朝鮮半島の伝統食品であるキムチですが、今や、日本でもすっかり市民権を得ていて、日本の一般家庭の食卓にも普通に並ぶようになっています。それだけポピュラーな存在でありながら、意外と知られていないのが、その賞味期限や保存法です。
レシピ
2019年02月04日
キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

皆さんは、パスタをどのように保管しているでしょうか。日持ちするパスタですが、保存方法を間違うと台無しになってしまうことにもなりかねません。この記事では、パスタの保存方法のコツをご紹介しています。さらにパスタの簡単レシピもご紹介します。ぜひ参考にしてください。
レシピ
2019年02月04日
パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

気軽に、安上がりに飲める「宅飲み」が人気です。気取らないところが宅飲みの良さではありますが、ちょっとだけおつまみにも気を配りたいところです。気の利いた美味しいおつまみがあれば、宅飲みは、もっと楽しくなるでしょう。簡単にできる絶品おつまみをご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

料理にごぼうを入れるだけで風味や旨味が増して美味しくなります。しかし、ごぼうは長いから使いきれないという人は多いでしょう。今回は、ごぼうの栄養を残したまま美味しく保存できる、冷凍保存の仕方を紹介します。冷凍ごぼうは手軽に使えて便利なので、ぜひお試しください。
レシピ
2019年02月05日
ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

ハンバーグを作りすぎた時に、どのように保存していいかお困りの方もいるでしょう。冷蔵や冷凍で正しく保存することで、時間のない時のおかず作りや、お弁当のおかずを用意するにも役立てられます。この記事では、保存方法や冷凍したハンバーグのアレンジレシピを紹介します。
レシピ
2019年02月04日
ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!

豆乳はパックの容量が大きいとあまってしまい、忘れてしまったりと「まだこれ飲めるの?」と考えた人も多いのではないでしょうか。豆乳の未開封の開封後はいつまで飲めるのか、どの位になると傷み始めるのか豆乳の賞味期限など紹介します。
レシピ
2019年06月06日
豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!

じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選

普段じゃがいもをどのように保存していますが?じゃがいもは正しく保存すれば2ヶ月ほど持ちますが、間違った方法では却って保存期間を短くしてしまう可能性もあります。どんな調理法にも使える万能な食べ物です。腐らせたり変色させたりすることのないようにしたいものです。
レシピ
2019年02月01日
じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選