Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月21日

かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

かまぼこは正月のおせち料理や長崎ちゃんぽん、丼物、おでんなどの料理に多く使用される魚の練り物です。栄養価が高く低カロリー食品です。かまぼこは板に載せて販売しています。おせち料理などで使用すると余ることがあります。余りは冷凍保存できます。その方法を紹介します。

かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

かまぼこは冷凍保存できる?

通常「かまぼこ」は開封すると5~6日しか持ちません。しかし意外な方法があります。それは「冷凍保存」をすることです。今までそんな情報は聞いたことがないでしょう。それもそのはずで1つ問題があるからです。

それは冷凍にすると表面に「気孔のような穴」が空いてしまうからです。見た目では、あまりいい感じはしませんが「かまぼこの味」はあまり変わりません。つまり結論を言いますと「冷凍保存は可能」だということです。

かまぼこの成分

かまぼこの成分のメインは「魚のすり身」です。種類はたらやサメなどが多く、これらは「タンパク質」なのでローカーボ食品(低炭水化物)です。それらを「でんぷん」を加えて結着させています。

「脂質」も多くないのでメタボには「健康食」といえます。また「塩分」などは「ハム類」と同じ程度で、「ミネラル」も微量ですがバランスよく含まれております。したがって全体的に「バランスの良い成分」であることがわかります。

かまぼこの賞味期限

「かまぼこ」の賞味期限は保存状態によって違いがあります。「常温保存」と「冷蔵庫保存」では後者の方が長持ちします。その期間も包装状態によって違いがあります。「簡単な包装」なら「冷蔵庫保存」していても、一週間程度しか持ちません。

しかし「真空パック」ならばその倍は保存可能です。また「常温保存」の場合でも「合成フィルム」に密閉していれば1か月は保存できます。ただし「開封」すると「保存期間」は短くなります。

かまぼこを冷凍保存するコツ

「かまぼこ」を冷凍保存できることは解りましたが、解凍すると穴「す」ができてしまうことも解りました。いくら味が変わらなくても、できればそのダメージはなるべく少ない方がいいでしょう。そうすれば家族にも安心して食べてもらうことができます。

ここでは「冷凍保存する時のコツ」をご紹介します。「切り方」や「下準備」を工夫しましょう。材料の無駄を省き、食材の知恵を獲得しましょう。

1:板からかまぼこをはずす

始めに板から「かまぼこ」を外すのは、解凍した時に調理しやすいからです。また板がついたまま冷凍すると「かまぼこ」の下の部分がうまく冷えません。さらに板などの無駄な容量で、冷蔵庫を狭くすることになります。

いざ使うときのために、食べやすい大きさに切っておくと便利です。そのためにもはじめに板から外しておきましょう。

2:薄く切れば切るほど「す」が入らない

「かまぼこ」に「す」が入るのは「かまぼこ」に含まれる水分が、冷凍した時に凍るからです。その結果、解凍した時にぽつぽつと小さな穴が開いてしまいます。これが「す」の正体です。

これを防止するためには、冷凍する前にあらかじめ「薄くスライス」しておくことです。そうすれば「す」は出にくくなります。

3:急速冷凍する

「かまぼこ」は時間をかけて保存すると「食感」が悪くなり、「す」が入りやすくなります。したがって「冷凍する時間」はなるべく短くするのが理想てきです。それには「急速冷凍」が一番良いです。

冷蔵庫によっては「急速冷凍」のコーナーがあり、スイッチを押すと簡単にできます。その際、「金属トレイ」に入れて行うと、満遍なく凍りますので効率が良いです。

4:フリーザーバックに入れて保存する

冷凍するときは「フリーザーパック」に入れて行います。理由は「空気に触れさせないため」です。そのため具材を入れてから空気を抜いておきます。そのあとはジッパーでしかっりと閉じておきます。「乾燥」するのを防ぐのとやっかいな「酸化」を防ぐためです。

またフリーザーパックの大きさは、量をよく見て丁度いいのを選びます。大きいと「空気」が入り易くなります。

5:調理したかまぼこを冷凍保存する

調理した「かまぼこ」は水分を含んで柔らかくなり、形もそろいにくくなります。こんな時には、ラップとフリーザーパックの2重の包装にしてから冷凍します。その際も「空気が入らないよう」に注意します。冷凍するときは「ビニールの手袋」をして「雑菌」が入らないようにしましょう。

「空気に触れさせない」のは「臭い移り」しないためでもあります。一度調理した「かまぼこ」の冷凍は注意が必要です。

冷凍かまぼこの解凍方法

「冷凍かまぼこ」をいざ解凍して料理に使うときはどうすればいいでしょうか。結論から言うと「冷蔵庫で解凍する」ことがベストです。なるべくなら早く解凍したいから「電子レンジ」でチンしたい方も多いでしょう。

しかしそれでは「ドリップ」といって「水っぽく」なる可能性があります。そのためには少し前日から「冷蔵庫」で丁寧に解凍しましょう。8時間くらいかかるため余裕をもって冷蔵庫に移動させましょう。

冷凍かまぼこの保存期間

解凍しした「かまぼこ」の保存期間はあまり長くはありません。してがってなるべく早く調理して食べるのが大切です。炒めたり煮たりして熱に通すとより安心です。また「煮物の場合」は凍ったまま投入しても大丈夫です。

萩甚のかまぼこ

「萩甚のかまぼこ」は見るからに上品な色と形をしています。適度な塩見があり、丸ごと食べれるような美味しさです。生地は柔らかくスーパーマーケットで買うかまぼことは一味違います。

かまぼこを使ったおすすめのレシピ6選

1:空豆とカニかまぼこのオムレツ


「カニかまぼこ」は通常の「かまぼこ」でもよいでしょう。あとはレシピの材料を入れて「タルトの型」に入れてオーブントースターで焼くだけです。材料の「ソラマメ」もあらかじめ冷凍保存して置いたら、さらに便利です。

「かまぼこ」は食感のため、分厚くスライスした方が良いですが、焼きますので「す」は気になりません。「ソラマメ」以外に、エンドウ豆や薄く千切りした「ピーマン」でも代用できます。

材料をタルト型に入れてオーブンで焼くだけで作れる楽ちんオムレツ!今が旬の空豆とカニかまぼこの色のコントラストも楽しめます♪

材料
空豆 100g(鞘から出した重量)
カニかまぼこ 6本
☆卵 3個
☆塩コショウ 少々
☆溶けるチーズ 30g

作り方
1.空豆は鞘から出してタルト型に入れる
カニかまぼこは半分の長さにカットトしてタルト型に入れる
2.☆の材料を混ぜて、タルト型に流し入れて170℃のオーブンで15分焼いたら出来上がり
空豆の薄皮が気になるようなら剥いて作って下さい!

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/134590/recipe/1277443 |

2:かまぼこの磯辺揚げ

「かまぼこ」に青のりと混ぜた衣をつけて、揚げただけの簡単料理です。青のりとの取り合わせが良くあっていて「ビール」のおつまみに最適です。コツはなるべく歯ごたえがいいように「カラッと揚げる」ことです。

カラッと揚げるには「高温」で揚げることと、「衣」をつけすぎないことが大事です。それと「かまぼこ」は解凍した後は、水分をよく切りましょう。

余ったかまぼこでパパッと調理☆普段の食卓はもちろん、おつまみやお弁当のおかずにも喜ばれます♪

材料
かまぼこ 1本
青のり 大1
☆天ぷら粉 20g
☆水 大2+小1
☆塩 小1/4弱
揚げ油 適量

作り方
1.かまぼこを7~8ミリ厚さに切る。
2.ボウルに☆をよく混ぜ、1をくぐらせて180度の油でカラッと揚げる。
衣に塩が入るので冷めても美味しくいただけます。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/244907/recipe/1202914 |

3:大根とかにかまぼこのサラダ

普通よく見られるのは「かにかま」と「大根」が多いのですが、ここでは「かまぼこ」を使います。大根の歯ごたえとかまぼこの塩気が合わさって、さっぱりした味覚が楽しめます。大根の「辛味」が苦手な人にお勧めです。

「カイワレ」を加えると緑が入ってきれいで、栄養価も増します。他に色の綺麗な野菜を入れてみるのもいいアイデアです。

さっぱりとしていて、たっぷり食べられます。大根とかにかまがよく合います。

材料
大根 500g
かに風味かまぼこ 10本
しょうが汁 少々
白味噌 大さじ1.5
酢 大さじ3
サラダ油 大さじ2
醤油 大さじ1/2

作り方
1.大根は薄い短冊切りにして、塩少々をふってしんなりさせ、少し時間を置いて、軽く絞る
2.かに風味かまぼこは手でさき、しょうが汁をからめ、大根と混ぜ合わせる
3.白味噌、酢、サラダ油と醤油を混ぜ、大根とかまぼこを和える
しょうが汁を多めにすると、大人の味になりますよ

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/236634/recipe/1165096 |

4:揚げかまぼこ巻き

「揚げかまぼこ」を油で揚げると、とてもおいしくなります。そして食べるときは「ワサビ」や「生姜」をお醤油に加えます。「かまぼこ」は大きい方がいいので、冷凍するときに色んな大きさのものを作っておきます。

揚げるので「す」は気にしなくていいです。またカラッと揚げるときは「米油」を使うと上手く揚げることができます。「揚げかまぼこ」はメーカー物もありますが、やはり自分で作り揚げたてを食べるのがおいしいです。

大きな揚げかまぼこを使って…
食べごたえ満点!
2度巻きでボリュームアップ!
ヘルシーにそのまま、わさび醤油、マヨネーズ…お好みで
お弁当にもおすすめ〜

材料
揚げかまぼこ(8×12㌢)  1枚
豚肉(薄切り) 2枚
いんげん豆 10本
塩胡椒 少々

作り方
1.*揚げかまぼこの厚さを半分に切る
*いんげん豆をレンジで加熱
600w 90秒
2.*加熱したいんげん豆を5本づつ豚肉で巻き、塩胡椒をふる
*フライパンで焼く
3.*焼いた肉巻きを揚げかまぼこで巻き、楊枝で止める
4.*フライパンで焼き、焦げめをつける
*半分に切り、盛り付け

アドバイス
大きな揚げかまぼこがなかったら、焼きちくわ、四角のさつま揚げでもOKです!

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/104262/recipe/1050537 |

5:かまぼこの山葵海苔サンド

手間がかからず、おいしくてお父さんのお酒のあてに使える料理です。急げば4,5分でできます。かまぼこに切込みを入れて「山葵海苔」をはさむのですが、他の好みの具を入れてもよいでしょう。「明太子」や「ツナマヨ」などの具でもおいしいす。

時間がない時やもう一品作りたいときには、便利な「レシピ」です。中にいれるものによっては、塩分も調節できます。健康に役立つものを具として使えば、さらにいいでしょう。

困った時の秒殺レシピ*^o^*

材料
かまぼこ 6mm程度で3枚
山葵海苔 適宜

作り方
1.食べやすい厚さに切った かまぼこに切れ目を入れて山葵海苔をサンドして出来上がり♪

アドバイス
山葵づけも美味しいですよ*^o^*

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/14358/recipe/554324 |

6:カニかまぼこのカニ玉丼

同じように「かにかま」の代わりに普通の「かまぼこ」でもオーケーです。レシピにも書いてありますが、あまり器具は使わず「フライパン」一つでできる所が便利です。「どんぶり」のご飯は、「玄米」でもいいと書いていますが、残り物の「炊き込みご飯」などでもよいでしょう。

「かまぼこ」の食感は解凍したものでも、煮てトロトロにしますからあまり問題はありません。手早くできて本格的な料理に見える所が利点です。

カニかまで、なんちゃってカニ玉~
玄米ごはんならご飯の味付け不要で丼が完成!めんつゆで即席あんができあがり!

材料
玄米ごはん お茶碗一杯分
カニかまぼこ 4個-ほぐす
たまねぎ 1/8個-薄くスライス
しょうが 1/2かけ-千切り
卵 1個-ときほぐす
レタス 1枚-千切り
かいわれ 少々
めんつゆ 大さじ1.5
水 50cc
片栗粉 小さじ1

作り方
1.油をひいたフライパンで玉ねぎとしょうがを炒め、卵を流し込み、混ぜながら火を通し、ある程度固まったら火を止める。
2.器に玄米ごはんを盛り、レタスをのせ、①を乗せる。
3.①のフライパンに、めんつゆ、水、片栗粉を混ぜておいた液を入れ、沸騰させトロミがついたら②にかけ好みで白こしょう、かいわれをトッピングする。

アドバイス
カニ玉はひっくり返しません。そのままトロトロの状態でごはんにスライド。なのでさらに簡単なのです~

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/8346/recipe/241706 |

かまぼこを冷凍保存して長持ちさせよう!

「かまぼこ」は「真空パック」なら2週間持ちますが、一度開封してしまうと冷蔵庫でも1週間しか持ちません。しかし「冷凍保存」なら、もっと長持ちします。「かまぼこ」は色んな料理に使えますので、冷凍保存してストックしておけばとても役に立ちます。

また「す」ができる問題も、冷凍法や解凍してからの使い方次第でかなり解決できることが解ります。「タンパク質」っが豊富な「冷凍かまぼこ」をどんどん活用してください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

三つ葉の有効利用法をお伝えします。三つ葉も冷凍保存することができます。そうするといつでも冷蔵庫から取り出して、料理に活用することができます。特に和食には利用頻度が高いです。

収穫も通年できますので、どんどん利用しましょう。

Related

殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

エビの背わたはエビの消化管ですが、背わたを取りのぞくことは、見栄えだけの問題ではなく、料理の風味・食感などにも大きく影響します。また、臭みを取る下処理も、省くことができない工程です。この記事では、エビの背わたの取り方、下処理の仕方を紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

家族と離れての一人暮らしは、食事も自分で何とかしなければなりません。そして、一人暮らしの食事は「自炊」と「外食」の二つがありますが、自炊のほうが効率が良いという見方があります。この記事では自炊のポイントとおすすめレシピを紹介していますので、参考にしてください。
レシピ
2019年02月05日
一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

揚げ物の調理は手間です。だからといってまとめて作りすぎると急いで食べる羽目になりますよね?そんな時は冷凍保存を活用しましょう。冷凍焼けや変質が気になりますが、ポイントを押さえてうまく冷凍保存すれば劣化を防ぐことができます。長く美味しく揚げ物を楽しみましょう。
レシピ
2019年02月04日
揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

冷凍に向かないと考えられている厚揚げについてみてみましょう。冷凍のコツをつかめば、厚揚げはとても手軽に冷凍保存し、おいしく食べられる食材です。冷凍するからこそ、味わうことができる厚揚げの良さがあり、おすすめの冷凍厚揚げレシピもご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

にんにくは肉や魚の臭みを消したり、味わいを良くしてくれます。にんにくは美味しいだけでなく栄養価も高く、おすすめな野菜のひとつです。保存方法を知っていれば、長く楽しむことができます。美味しく栄養価の高いにんにくの保存方法やレシピなどについて紹介します。
レシピ
2019年02月05日
にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

韓国料理やタイ料理など、激辛料理に使われているスパイスと言えば唐辛子です。辛党の人にとって人生になくてはならない唐辛子ですが、実は世界には日本でお目にかかる唐辛子以外にもたくさんの種類があります。今回はそんな唐辛子についての記事です。
レシピ
2019年02月04日
激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

余ってしまいがちな餃子の皮を冷凍することで、1か月ほど冷凍庫で保存をすることができます。賞味期限内でも冷蔵庫だと固くなってしまい、使い切れずについ廃棄してしまうことも多いでしょう。餃子の皮の冷凍保存方法と解凍方法のポイントをご紹介いたします。
レシピ
2019年02月04日
餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

日本全国でいろいろな銘柄のブランド米が栽培されています。次々に新しい品種が登場してくるので、美味しいお米を選ぶにも迷うことが多いです。そこで美味しいお米として人気の銘柄や、美味しいご飯の炊き方など、美味しいお米の情報をいろいろとお届けします。
レシピ
2019年02月01日
美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

ころんとした丸い形がかわいいマッシュルーム。その昔には缶詰のスライスしか目にする機会がありませんでしたが、今は生のマッシュルームもスーパーで簡単な手に入るようになりました。身近な食材となったマッシュルームの保存方法やおいしいレシピなどを、ご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

淡白でクセがないエリンギは、使いやすくおいしい人気のキノコです。たくさん置いておきたいエリンギですが、どんな保存方法があるのか、賞味期限はどのくらいなのか気になるところです。そんなときに役立つエリンギの保存方法や賞味期限、良品の見分け方についてご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

パリッとした皮の食感が醍醐味の春巻きですが、作り過ぎたり、揚げてしまったものの、多過ぎて残ってしまって困ったことはありませんか。春巻きは冷凍しておけば、再加熱の仕方次第で、パリッとした食感を再現できます。この記事では保存方法や再加熱の調理法を紹介していきます。
レシピ
2019年01月31日
春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

もともとは朝鮮半島の伝統食品であるキムチですが、今や、日本でもすっかり市民権を得ていて、日本の一般家庭の食卓にも普通に並ぶようになっています。それだけポピュラーな存在でありながら、意外と知られていないのが、その賞味期限や保存法です。
レシピ
2019年02月04日
キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

皆さんは、パスタをどのように保管しているでしょうか。日持ちするパスタですが、保存方法を間違うと台無しになってしまうことにもなりかねません。この記事では、パスタの保存方法のコツをご紹介しています。さらにパスタの簡単レシピもご紹介します。ぜひ参考にしてください。
レシピ
2019年02月04日
パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

気軽に、安上がりに飲める「宅飲み」が人気です。気取らないところが宅飲みの良さではありますが、ちょっとだけおつまみにも気を配りたいところです。気の利いた美味しいおつまみがあれば、宅飲みは、もっと楽しくなるでしょう。簡単にできる絶品おつまみをご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

料理にごぼうを入れるだけで風味や旨味が増して美味しくなります。しかし、ごぼうは長いから使いきれないという人は多いでしょう。今回は、ごぼうの栄養を残したまま美味しく保存できる、冷凍保存の仕方を紹介します。冷凍ごぼうは手軽に使えて便利なので、ぜひお試しください。
レシピ
2019年02月05日
ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

ハンバーグを作りすぎた時に、どのように保存していいかお困りの方もいるでしょう。冷蔵や冷凍で正しく保存することで、時間のない時のおかず作りや、お弁当のおかずを用意するにも役立てられます。この記事では、保存方法や冷凍したハンバーグのアレンジレシピを紹介します。
レシピ
2019年02月04日
ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選

普段じゃがいもをどのように保存していますが?じゃがいもは正しく保存すれば2ヶ月ほど持ちますが、間違った方法では却って保存期間を短くしてしまう可能性もあります。どんな調理法にも使える万能な食べ物です。腐らせたり変色させたりすることのないようにしたいものです。
レシピ
2019年02月01日
じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選

とうもろこしの冷凍保存の6つのコツ|おすすめレシピ5選

スーパーなどで販売されていることも多いとうもろこしですが、冷凍保存するにはどのようなコツが必要なのでしょうか。また、冷凍したとうもろこしを使ったおすすめレシピには、どのようなものがあるのでしょうか。それぞれについて説明します。
レシピ
2019年02月05日
とうもろこしの冷凍保存の6つのコツ|おすすめレシピ5選