Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月31日

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

パリッとした皮の食感が醍醐味の春巻きですが、作り過ぎたり、揚げてしまったものの、多過ぎて残ってしまって困ったことはありませんか。春巻きは冷凍しておけば、再加熱の仕方次第で、パリッとした食感を再現できます。この記事では保存方法や再加熱の調理法を紹介していきます。

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

春巻きとは

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

春巻きとは、水で練った小麦粉を薄く伸ばした皮で、豚肉、筍、椎茸、ニラなどを包んで加熱した中国発祥の料理です。加熱方法は、焼く、揚げる、蒸すなどがあり、それぞれの食感を楽しめる料理の1つです。

春に新芽を出す野菜を具にしていることから「春巻き」と名付けられました。

作り置きしたいおかず

春巻きはアレンジしやすく、加熱後でも加熱前でも保存ができるので、作り置きしたいおかずの1つです。

加熱処理した春巻きは、レンジで具まで温めたあと、油を敷かずにフライパンで皮を焼いたり、オーブントースターで再加熱したりすれば、パリっとした食感が戻ります。

冷凍保存した春巻きでもいろんなアレンジができるので、おかずのバリエーションを増やせます。

春巻きは冷凍保存できるのか

春巻きは、加熱前でも加熱後でも冷凍保存なら可能です。

加熱前の春巻きが冷蔵に向いていないのは、具の水分が出てしまうことで皮がベタベタになってしまい、春巻き特有のパリッとした食感がなくなってしまうためです。また具の水分によって腐敗の進行が早いので、冷蔵保存ではなく冷凍保存をしましょう。

冷凍のメリット1:食べきれない分を保存できる

具の材料を使い切るつもりで作ると、食べ切れないほどの量になってしまった、ということがあるでしょう。家族の人数が具の材料の総量から見て少ない場合や、家で食事をとれない家族がいた場合などが残ってしまう理由に挙げられます。

加熱前・加熱後に関わらず、春巻きは冷凍保存しても大きく味を損なうことがないので、ストックすることができます。

冷凍保存の方法を後述するので、詳しくは「冷凍方法」の項目を参照してください。

冷凍のメリット2:時短調理できる

春巻きの調理工程は、具材を切って余分な水分を取り、春巻きの皮を破かないよう丁寧に剥がして具を包んで、具の水分が漏れないよう水溶き片栗粉で閉じる、といった手間のかかる料理です。ほかのおかずや汁物も作らなくてはならないので大変でしょう。

春巻きを一気に作って冷凍保存しておくことで、毎日の調理時間を短縮することができる点は大きなメリットと言えるでしょう。

冷凍のメリット3:活用の幅が広がる

春巻きは中国発祥の料理ですが、洋風や和風のおかずにもアレンジできるおかずの1つなので、連続で春巻きをおかずにしても違う食感を楽しめるのもメリットの1つです。

あんかけであれば、中華ブイヨンで中華風にしたり、和風だしベースで和風春巻きにしたり、ミネストローネにとろみをつけて洋風にしたり、というアレンジができます。あんかけ以外にもアレンジがあるので、レシピを検索してみると活用の幅が広がるでしょう。

冷凍方法

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

春巻きは、具の水分が多い印象があるので、冷凍に不向きだと考える人もいるでしょう。

春巻きは、冷凍するときに上手な処理をおこなえば、冷凍保存しても味や食感が大きく落ちることはありません。

冷凍する前の状態別に保存方法を紹介していきましょう。

1:揚げる前の冷凍方法

揚げる前の春巻きを冷凍保存するのが、最も適した冷凍保存の段階です。

あらかじめ味付けをした具に加熱処理をして、粗熱と余分な水分を取ってから春巻きの皮で包みましょう。とろりとした濃さの水溶き片栗粉で封をすることで、水分の使い過ぎを防ぐことができます。

1つずつラップで包んでからアルミトレイに並べて冷凍庫に入れます。冷凍したら冷凍保存袋に入れてできるだけ空気を抜き、しっかり袋を密閉しましょう。

2:揚げた後の冷凍方法

余ってしまった場合などの揚げた後の春巻きは、1回で食べる分ごとにラップでしっかりと包んでからアルミトレイに並べて冷凍庫に入れます。この場合も、冷凍後は冷凍焼けを防ぐため、冷凍保存袋に入れて空気を抜いて冷凍保存しましょう。

3:春巻きの皮の冷凍方法

具が足りなくて、春巻きの皮だけ残ってしまった、という場合もあるでしょう。

残った春巻きの皮は、1枚おきにクッキングペーパーかラップを挟んで、解凍したときの湿気でくっついてしまうのを防ぎ、乾燥を防ぐためにラップで包んでからアルミトレイにのせて冷凍庫に入れ、冷凍が完了してから冷凍保存袋で保存しましょう。

アルミトレイにのせて冷凍庫に入れるのは、より早く冷凍させて具や皮のうまみや劣化を軽くするためです。

4:春巻きの具材の冷凍方法

余った具も、具を巻いた春巻きや春巻きの皮と同じように、粗熱と余分な水分を取ってから1回分の量に分けてラップの上へたいらに移し、しっかりと包んで水分漏れや冷凍焼けを防ぐ処理をしてから、アルミトレイに乗せて冷凍しましょう。

少しでも短い時間で冷凍することにより、具の持つ旨味や水分を損なうことを防ぐことができます。冷凍ができたら冷凍密封袋に入れて、空気を抜いてから冷凍庫に保存しましょう。

春巻きの保存期間

春巻きの保存期間は、1ヶ月くらいです。冷凍焼けを防ぐ処理をしていても、長く冷凍保存をしたままだと、乾燥したり、具の食感が損なわれてしまうので、冷凍するときに冷凍保存袋に冷凍日を記入して、1ヶ月以内を目安に食べましょう。

冷凍焼けを防ぐ便利アイテム「フリーザーバッグ」

【業務用】ジップロック フリーザーバッグ M 120枚入

¥ 1,836

Amazonで見る

口コミ

料理の保存はもちろん、携帯を入れてお風呂で使用したり、小物を入れてバックの中に、旅行時の化粧水など液状小ボトル入れに、本当に何にでもつかえるので安く大量に入っている商品は大活躍です

冷凍保存は家事を担う人の料理時間短縮を助ける心強い保存方法ですが、食材の酸化や乾燥で冷凍焼けをしてしまうリスクもあります。そのリスクを少しでも防ぐためのアイディア商品がフリーザーバッグです。

スライド付ではないダブルジッパータイプは、密閉力がより高く、スライドの突起がない分平らにすき間なく並べられるので、特におすすめです。

この商品は丈夫で気密性が高く、業務用だと家庭用よりもコストを抑えられます。

春巻きの解凍と調理方法

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

一度冷凍した春巻きは解凍せず、凍った状態のまま調理しましょう。解凍してしまうと、春巻きの皮が融けた水分を吸ってベチャベチャになり、調理中に皮が破けてしまいます。調理する直前に冷凍庫から取り出すようにしましょう。

方法1:そのまま調理

冷凍する前と同じ温度で揚げると、具の芯まで熱が届かないだけでなく、外側の皮が急な温度差で破けて油を汚してしまうこともあるので、160℃の油でじっくりと熱を通し、仕上げに170℃でカラッと揚げ直しましょう。

油が気になるので二度揚げは控えたい場合は、レンジで加熱して具までほどよく熱を通してから、油を敷かずに熱したフライパンで焼くと、皮がパリッとします。

方法2:霜を落として揚げる

春巻きに霜が付いている場合は、落としてから揚げましょう。特に油で揚げ直す場合は、霜が融けて水分となり、油跳ねや皮が破ける原因になってしまいます。

ほかの加熱方法のときも、霜が水分になって皮が破けやすくなる原因になるので、再加熱の前に霜を取り除いてから加熱しましょう。

方法3:オーブントースターを使う

オーブントースターを使って再加熱する場合は、ラップに包んだままレンジで具の中まで溶ける程度に温めてから、アルミホイルを敷いた鉄板に温めた春巻きを並べて4~5分ほど焼くと、パリッとした皮の食感が再現できます。

オーブントースターで再加熱する場合は焦げやすいので、こまめに様子を見て焦げる前に取り出しましょう。

春巻きをアレンジしよう

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

この記事では、春巻きの冷凍方法や解凍方法と保存期間について詳しく紹介しましたが、春巻きはアレンジのバリエーションにも富んでいるので、口や見た目を飽きさせない食卓にできるおかずの1つです。

「春巻き」「アレンジ」で検索すると、春巻きのアレンジレシピがたくさん見つかるので、お気に入りになりそうなアレンジレシピを探してみましょう。

ラーメンやチャーハンの付け合わせにも

メインのおかずとして活躍する春巻きは、付け合わせの副菜としても重宝するおかずです。

敢えて具を薄味にして冷凍保存しておけば、ラーメンやチャーハンなどのメインの味と喧嘩をすることなく、メインの料理に合わせた付けだれでおいしく食べられます。

付け合わせとしての春巻きは、餃子を参考にしてみるとよいでしょう。ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

Related

かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

かまぼこは正月のおせち料理や長崎ちゃんぽん、丼物、おでんなどの料理に多く使用される魚の練り物です。栄養価が高く低カロリー食品です。かまぼこは板に載せて販売しています。おせち料理などで使用すると余ることがあります。余りは冷凍保存できます。その方法を紹介します。
レシピ
2019年05月21日
かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

エビの背わたはエビの消化管ですが、背わたを取りのぞくことは、見栄えだけの問題ではなく、料理の風味・食感などにも大きく影響します。また、臭みを取る下処理も、省くことができない工程です。この記事では、エビの背わたの取り方、下処理の仕方を紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

家族と離れての一人暮らしは、食事も自分で何とかしなければなりません。そして、一人暮らしの食事は「自炊」と「外食」の二つがありますが、自炊のほうが効率が良いという見方があります。この記事では自炊のポイントとおすすめレシピを紹介していますので、参考にしてください。
レシピ
2019年02月05日
一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

揚げ物の調理は手間です。だからといってまとめて作りすぎると急いで食べる羽目になりますよね?そんな時は冷凍保存を活用しましょう。冷凍焼けや変質が気になりますが、ポイントを押さえてうまく冷凍保存すれば劣化を防ぐことができます。長く美味しく揚げ物を楽しみましょう。
レシピ
2019年02月04日
揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

冷凍に向かないと考えられている厚揚げについてみてみましょう。冷凍のコツをつかめば、厚揚げはとても手軽に冷凍保存し、おいしく食べられる食材です。冷凍するからこそ、味わうことができる厚揚げの良さがあり、おすすめの冷凍厚揚げレシピもご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

にんにくは肉や魚の臭みを消したり、味わいを良くしてくれます。にんにくは美味しいだけでなく栄養価も高く、おすすめな野菜のひとつです。保存方法を知っていれば、長く楽しむことができます。美味しく栄養価の高いにんにくの保存方法やレシピなどについて紹介します。
レシピ
2019年02月05日
にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

韓国料理やタイ料理など、激辛料理に使われているスパイスと言えば唐辛子です。辛党の人にとって人生になくてはならない唐辛子ですが、実は世界には日本でお目にかかる唐辛子以外にもたくさんの種類があります。今回はそんな唐辛子についての記事です。
レシピ
2019年02月04日
激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

余ってしまいがちな餃子の皮を冷凍することで、1か月ほど冷凍庫で保存をすることができます。賞味期限内でも冷蔵庫だと固くなってしまい、使い切れずについ廃棄してしまうことも多いでしょう。餃子の皮の冷凍保存方法と解凍方法のポイントをご紹介いたします。
レシピ
2019年02月04日
餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

日本全国でいろいろな銘柄のブランド米が栽培されています。次々に新しい品種が登場してくるので、美味しいお米を選ぶにも迷うことが多いです。そこで美味しいお米として人気の銘柄や、美味しいご飯の炊き方など、美味しいお米の情報をいろいろとお届けします。
レシピ
2019年02月01日
美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

ころんとした丸い形がかわいいマッシュルーム。その昔には缶詰のスライスしか目にする機会がありませんでしたが、今は生のマッシュルームもスーパーで簡単な手に入るようになりました。身近な食材となったマッシュルームの保存方法やおいしいレシピなどを、ご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

淡白でクセがないエリンギは、使いやすくおいしい人気のキノコです。たくさん置いておきたいエリンギですが、どんな保存方法があるのか、賞味期限はどのくらいなのか気になるところです。そんなときに役立つエリンギの保存方法や賞味期限、良品の見分け方についてご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

もともとは朝鮮半島の伝統食品であるキムチですが、今や、日本でもすっかり市民権を得ていて、日本の一般家庭の食卓にも普通に並ぶようになっています。それだけポピュラーな存在でありながら、意外と知られていないのが、その賞味期限や保存法です。
レシピ
2019年02月04日
キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

皆さんは、パスタをどのように保管しているでしょうか。日持ちするパスタですが、保存方法を間違うと台無しになってしまうことにもなりかねません。この記事では、パスタの保存方法のコツをご紹介しています。さらにパスタの簡単レシピもご紹介します。ぜひ参考にしてください。
レシピ
2019年02月04日
パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

気軽に、安上がりに飲める「宅飲み」が人気です。気取らないところが宅飲みの良さではありますが、ちょっとだけおつまみにも気を配りたいところです。気の利いた美味しいおつまみがあれば、宅飲みは、もっと楽しくなるでしょう。簡単にできる絶品おつまみをご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

料理にごぼうを入れるだけで風味や旨味が増して美味しくなります。しかし、ごぼうは長いから使いきれないという人は多いでしょう。今回は、ごぼうの栄養を残したまま美味しく保存できる、冷凍保存の仕方を紹介します。冷凍ごぼうは手軽に使えて便利なので、ぜひお試しください。
レシピ
2019年02月05日
ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

ハンバーグを作りすぎた時に、どのように保存していいかお困りの方もいるでしょう。冷蔵や冷凍で正しく保存することで、時間のない時のおかず作りや、お弁当のおかずを用意するにも役立てられます。この記事では、保存方法や冷凍したハンバーグのアレンジレシピを紹介します。
レシピ
2019年02月04日
ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!

豆乳はパックの容量が大きいとあまってしまい、忘れてしまったりと「まだこれ飲めるの?」と考えた人も多いのではないでしょうか。豆乳の未開封の開封後はいつまで飲めるのか、どの位になると傷み始めるのか豆乳の賞味期限など紹介します。
レシピ
2019年06月06日
豆乳の危険なサイン7つ|賞味期限を知っておこう!

じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選

普段じゃがいもをどのように保存していますが?じゃがいもは正しく保存すれば2ヶ月ほど持ちますが、間違った方法では却って保存期間を短くしてしまう可能性もあります。どんな調理法にも使える万能な食べ物です。腐らせたり変色させたりすることのないようにしたいものです。
レシピ
2019年02月01日
じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選