Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月31日

ジェラートの作り方レシピ10選|おすすめレシピ本2選

おうちでジェラートを作ったことはありますか?そもそもジェラートはアイスクリームとどう違うのでしょうか。アイスクリームとジェラートの違いから、おうちで簡単に作ることができるジェラートレシピ10品をご紹介します。お好きな果物のジェラートをお楽しみください。

ジェラートの作り方レシピ10選|おすすめレシピ本2選

ジェラートとは

ジェラートの作り方レシピ10選|おすすめレシピ本2選

ジェラートとは、イタリア発祥の「凍った」という意味の冷たいお菓子のことです。

ジェラートは、一般的なアイスクリームに比べて、果汁や果肉をふんだんに使っているため、風味が濃厚でありながら乳脂肪分が低くなっています。その数値は4〜8%と言われています。(アイスクリームは乳脂肪分が8%以上のものを指す)

そのため、少しでもカロリーを抑えたいというダイエット中の方には、ジェラートがおすすめです。

ジェラートの作り方レシピ10選

ジェラートの作り方レシピ10選|おすすめレシピ本2選

人気のジェラートを自宅で作ってみましょう。ジェラートは意外と簡単に作ることができます。

好きな果物や野菜を使って自分好みのジェラートを作っていきましょう。作り慣れてきたら少し手間をかけて、おもてなしにも最適なアレンジレシピにも挑戦してみてください。

レシピ1:イチゴのジェラート

ジェラートのおすすめの作り方1品目はイチゴのジェラートです。こちらのレシピは簡単に作ることができ、食感はなめらかなイチゴジェラートを作ることができます。

お子様のおやつにするのはおすすめです。大人の方にはテキーラを加えて「フローズンストロベリーマルガリータ」風に飲むのもおすすめです。絞り袋がない場合は、タッパーで固めて掬うだけでも大丈夫です。

・いちご...200g
・砂糖...大さじ3
・水...大さじ3

1.イチゴは洗ってヘタをとり冷凍しておく。
2.砂糖ぬるま湯で溶かしシロップを作り、冷蔵庫で冷やしておく。
3.ブレンダー・フードプロフェッサー・ジューサーなどでイチゴを砕き、シロップを加えて混ぜる。
4.ホイップ袋にお好きな口金をつけ、ジェラートを入れ冷凍庫で少し固める。
5.絞れる固さになったら、器に絞って出来上がり!

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/21580/recipe/1048130 |

レシピ2:トマトの冷たいジェラート

ジェラートのおすすめの作り方2品目はトマトの冷たいジェラートです。こちらのレシピは、トマトが苦手なお子様でも食べやすくなっています。

トマトジェラートを作る場合、トマトの甘味に合わせて練乳を入れる量を調整しましょう。練乳がないときや練乳が苦手なときは、練乳の代わりにハチミツを入れて作る事もできます。

お客様を招いた時のおもてなし料理のにおすすめです。

・トマト...大1個(200g)
・練乳ORはちみつ...大さじ1
・お好みでプレーンヨーグルト..大さじ2

1.トマトはまるごと、固まるまで冷凍する(冷凍庫で約1~2時間)。
2.1を常温に置き(約30分)、少し柔らかくなったら、すりおろし器ですりおろす。
3.2を器に入れ、練乳、好みでヨーグルトを加える。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/37505/recipe/621239 |

レシピ3:ブルーベリーとバナナのジェラート

ジェラートのおすすめの作り方3品目はブルーベリーとバナナのジェラートです。こちらのジェラートは、ねっとりとしていて果物の甘みが感じられる一品です。

ほぼ同じ材料で作るスムージーより、ジェラートのほうがスイーツ感が増しておすすめです。プロテインを入れることで、たんぱく質もUPしています。フルーツの食感を出すために、長く粉砕しないことがポイントです。

・冷凍バナナ...1本
・冷凍ブルーベリー...10粒
・ヨーグルト...大匙1
・プロテイン...大匙2

1.全ての材料をフードプロセッサーに入れ4秒攪拌して完成

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/35198/recipe/928889 |

レシピ4:桃のジェラート

ジェラートのおすすめの作り方4品目は桃のジェラートです。シャーベットやアイス、ゼリーでも人気の桃はジェラートにもおすすめです。

フードプロセッサーを使う場合は、ものの量を倍以上にしたほうが作りやすくなります。でき上がりが柔らかすぎてしまった場合は、再度冷凍して調整していきましょう。

・桃 正味200g(中1個程度)
・生クリーム 10cc
・グラニュー糖 10g~(桃の甘さや好みで加減)
・バニラエッセンス 1滴(好みで)

①桃はダイス状にカットして、凍らせる
②材料をすべてミキサーやフードプロセッサーに入れて、なめらかになるまで混ぜ、器に盛り付ける

出典: https://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12073336955.html |

レシピ5:ほうじ茶のジェラート

ジェラートのおすすめの作り方5品目はほうじ茶のジェラートです。ほうじ茶を洋菓子のジェラートにすることで、一味違ったスイーツを作ることができます。

ほうじ茶のジェラートを作る際の注意点は、ほうじ茶と牛乳を火にかけるときに沸騰させないことと、しっかり濃いめにお茶を出すことです。

・ほうじ茶のティーバッグ 1袋
・牛乳 250cc
・生クリーム 150cc
・グラニュー糖 50g

① 小鍋に牛乳150ccとグラニュー糖とほうじ茶のティーバッグを加えて、火にかけ、よく混ぜながらグラニュー糖を溶かし、鍋のふちがプツプツ泡立ってきたら、火を止め、ティーバッグをしっかり押して濃いめにほうじ茶をだす。

② 残りの牛乳100ccと生クリーム100ccを金属トレーに入れて、そこに①を加えて混ぜて、ラップをして、冷凍庫に入れて、90分放置。

出典: https://ameblo.jp/monogusata-ko/entry-12288934165.html |

レシピ6:スイカのジェラート

ジェラートのおすすめの作り方6品目はスイカのジェラートです。

凍らせたスイカをバニラアイスと混ぜるだけで簡単に作ることができるジェラートです。フードプロセッサだけで作ることができます。そして、見た目もかわいいピンク色のジェラートですから、おもてなしにもぴったりです。作業は溶けないうちに終わらせるようにしましょう。

ひんやりと、しゃりしゃり滑らかな食感が癖になる一品です。

・すいか...350g
・バニラアイス...200ml

1.スイカは種を取って2cm角くらいに切り分け、保存袋に入れて冷凍しておく。(調理時間に含まず)
2.フードプロセッサーに1とバニラアイスを入れ、滑らかになるまで混ぜて完成!

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/41845/recipe/786112 |

レシピ7:豆乳紅茶のジェラート

ジェラートのおすすめの作り方7品目は豆乳紅茶のジェラートです。ジンジャーとスパイスを濃く煮出して作った豆乳を凍らせて作る、エキゾチック風味のジェラートです。甘い練乳が入ることでアジアの屋台紅茶風になっています。

茶葉をたっぷり使っているため味としては苦めです。そのため、甘みはしっかりつけましょう。無糖の豆乳を使う際は、ブラウンシュガーをたっぷり入れたほうが美味しくなります。

・豆乳(加糖)...500cc
・紅茶(茶葉)...大さじ2半
・シナモンスティック...1~2本
・クローブ...10粒位
・生姜絞り汁小さじ...1.5
・練乳...大さじ3
・バニラエッセンス...適量

1.豆乳を鍋に入れ、紅茶、シナモンスティック、クローブ、生姜を入れて煮出す。沸騰したら蓋をして火を止めて蒸らす。
2.茶漉しで茶葉とスパイス類を取り除き、練乳とバニラエッセンスを加え溶かして冷ます。バット等に入れて凍らせる。
3.スプーン等で砕いてカップに盛り付けたら出来上がり

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/201829/recipe/1030849 |

レシピ8:ブリオッシュ コン ジェラート

ジェラートのおすすめの作り方8品目はブリオッシュ コン ジェラートです。ブリオッシュ コン ジェラートとは、イタリア発祥の最高級パンと言われているブリオッシュにジェラートを挟んだスイーツです。

イタリアでは朝食・昼食の定番として食べられているスイーツですが、日本ではまだ新感覚スイーツとして発売されています。そんなブリオッシュ コン ジェラートを家で作ってみてはいかがでしょうか。

【ジェラート】
・ティラミスフレーバー 1袋
・生クリーム 200ml
・牛乳 200ml

【ブリオッシュ生地】
・強力粉 150g
・ココアパウダー  8g
・砂糖 20g
・ドライイースト 5g
・塩  3g
・スキムミルク 6g
・卵 40g
・卵黄 15g
・水 50g
・無塩バター  60g

【ジェラート作り】
1.ボールにジェラートミックスを入れ、200mlの生クリームと200mlの牛乳をボールへ加える。ハンドミキサーで約2分、とろっとするまで混ぜる。(ホイッパーの場合は3分程混ぜる。)
2.冷やしやすい容器に移し、冷凍庫で3時間程冷やし固める。

【ブリオッシュ作り】
〈下準備〉 水を約38~40℃に温める。 卵、バターを室温に戻す。型に油脂を塗る。

1.ボールにパン生地のバター以外の材料を入れ、生地がひとまとまりになるまでヘラで混ぜる。
2.生地を台に取り出しなめらかになるまでこねたら、手で生地を広げてバターをのせて半分に折りたたみ、ひまとまりになるまでさらにこねる。
3.表面がなめらかになり、生地が薄くのびるようになるまでこね上げる。
4.生地を丸め、ボールに入れラップをし、30℃で約50分~60分ほど、2倍の大きさになるまで発酵させる(1次発酵)。
5.発酵した生地を台の上に取り出し、手のひらでガスを抜き生地をカードなどで4分割し、表面を張らせて丸め直し乾燥しないようにラップをかけ約10分休ませる(ベンチタイム)。
6.手の平の上で生地のガスを抜き、表面が張るように丸め直してからめん棒で軽く平らにし型に生地を入れる。
7.乾燥しないように型の上からラップをかけて35℃で約30~35分、型から少し生地が出るくらいまで発酵させる。
8.190℃に余熱したオーブンで約15分焼く。型から外してケーキクーラーの上で冷ます。
9.完全に冷めたら、パンの横からナイフで切り込みを入れる。
10.冷やし固めたジェラートを大きめのスプーンですくい俵型に形を整える。軽く温めたパンの切り込みにジェラートをサンドする。

出典: https://ameblo.jp/omomjjshop/entry-12179664299.html |

レシピ9:山葵のジェラート

ジェラートのおすすめの作り方9品目は山葵(わさび)のジェラートです。山葵とスイーツは相性が悪そうですが、実はそんなことはありません。そんな変わり種の山葵のジェラートは、お家の冷蔵庫にある山葵チューブで作ることができます。

いつもと違ったスイーツを味わいたい時や大人のお食事会の締めのスイーツとして、ぜひ挑戦してみてください。山葵の新たな魅力に触れることができます。

・エバミルク         1缶(175g)
・豆乳            400cc
・砂糖            50g
・ハウス特選本香り 生わさび 小さじ2~3

1.砂糖とわさびをすり混ぜ、エバミルクを少しづつ加えながら完全に溶かし、豆乳を加える。
2.金属製の容器に入れて冷凍庫へ。固まり始めたらミキサーで撹拌し、3~4回繰り返す。

出典: http://s.recipe-blog.jp/spice/recipe/13348 |

レシピ10:濃厚カシスジェラート

ジェラートのおすすめの作り方10品目は濃厚カシスジェラートです。こちらのジェラートは甘いスイーツではなく、さっぱりとしたジェラートとなります。

こちらは、すっぱいけれど濃厚でさっぱりしているカシスのジェラートです。レシピではアイスクリームメーカーを使っていますが、お持ちでない方は通常のジェラートと同じ方法で作ってみてください。

<材料>
(ヨーグルトベース)
.無糖ヨーグルト...200g
・グラニュー糖...30g
・練乳...20g
・レモン果汁...10g
・植物性生クリーム...50g

(カシスベース)
・カシスピューレ...100g
・はちみつ...20g

1.ヨーグルトベースの全てを混ぜ、冷やしておきます。
カシスベースの全てを混ぜ冷やしておきます。
2.アイスクリームメーカーを使用。(こちらのメーカーのものは使用前に8時間凍らせてから使用)ヨーグルトベースを入れ数分回します。
3.ヨーグルトベースが固まってきたらカシスベースを入れ更に回します。お好みの固さになったら完成!柔らかめが好きな方はそのまま、固目が良い場合はバットに移し冷やして下さい。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/52987/recipe/785012 |

ジェラート作りの強い味方をゲットしよう

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ775

Amazonで見る

口コミ

ポタージュスープを作りたくて買いました。片付けも楽でパワーもあり使い勝手が良いです

液体や粉などを混ぜて作るジェラートは道具はあまり必要ないですが、フルーツを使ったジェラートにはフードプロセッサーがあると便利です。

こちらのブラウンハンドブレンダー マルチクイックは、ハンドブレンダー・フードプロセッサー・泡立て器がセットになっている商品です。業界初の機能として、握る強さで早さを自由自在に調節できる機能が搭載されています。また、ワンタッチでアタッチメントを交換することができ便利です。

ジェラートの作り方が載っている本2選

ジェラート作りに興味が湧いてきたら、ジェラートのレシピ本を読んで、ジェラートについて知っていきましょう。初心者の方にも嬉しい、おうちで簡単にできる作り方のジェラートの本や基本的な作り方が載っている本をご紹介します。

作り方を覚えて、おもてなしとしてだけでなく、おうちのデザートとしてもジェラートを取り入れていきましょう。

本1:ジェラート教本

ジェラートの作り方が載っているおすすめの本1冊目は「ジェラート教本」です。こちらの本は基本的なジェラートを作る技術だけでなく、お店を経営する方に向けての知識も掲載されているお得な一冊となっています。

多彩なバリエーションのジェラートは70種類以上掲載されています。フルーツの使い方も分かりやすく掲載されているので、美味しいジェラートを作るためには欠かせない1冊です。

本2:おうちで作るイタリアンジェラート

おうちで作るイタリアンジェラート

Amazonで見る

口コミ

レシピには、分量や混ぜるコツが豊富な写真付きで紹介されてますので、子供から大人、ズボラ男から街のシェフまで、幅広い方々に楽しめる一冊と思います。

ジェラートの作り方が載っているおすすめの本2冊目は「おうちで作るイタリアンジェラート」です。お菓子好き・イタリア好きが高じて、イタリアにお菓子修行に行った著者、その方がジェラート作りを分かりやすく解説している一冊です、

専用の機械がなくても、なめらかな舌触りのジェラートを自宅で作ることができます。本書では、素材の性質によって「混ぜる・練る」の作業を分けて掲載されているので、初心者の方でも簡単に作られます。

ジェラートの作り方をマスターしよう

ジェラートの作り方レシピ10選|おすすめレシピ本2選

ジェラートのレシピはいかがでしたでしょうか。ジェラートを簡単に自宅で作ることができるレシピとおすすめの本をご紹介しました。

ジェラートというと夏限定というイメージがありますが、その季節にしか味わえない果物や野菜を使って1年を通して楽しむことができるスイーツです。ぜひ、ジェラート作りをマスターして、豊かな食卓を手に入れましょう。

おすすめのスイーツの作り方をご紹介

ジェラート以外にも自宅で簡単に楽しめるスイーツはたくさんあります。

お菓作りに興味が持った方は、ぜひ、下記の関連記事も合わせてご覧になってみてください。お祭りの定番であるりんご飴の簡単レシピやりんごスイーツから、大人な味わいを楽しむ白ワインを使った作り方をご紹介しています。

お菓子作り初心者の方も、少しずつ作り方のレパートリーを増やして、腕を上げていきましょう。

Related