Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月30日

卵のせカレーのおすすめレシピ10選|カレーのアレンジレシピ

カレーのトッピングにも色々ありますが、みなさんは好きな材料はありますか?この記事ではカレーが好きな方なら試したことがある人も多い、卵のせカレーのレシピについて紹介していきます。工夫をして楽しみながら作れる、卵を使ったカレーレシピについて紹介します。

卵のせカレーのおすすめレシピ10選|カレーのアレンジレシピ

カレーのトッピングと言えば?

カレーライスのトッピングと言えば、みなさんはどのような材料を思い浮かべるでしょうか。

トマトやナスといった夏野菜をトッピングするという方も多いでしょうが、ゆで卵や目玉焼きなどをトッピングして楽しむのもおすすめです。カレーへトッピングさせておきたい材料について紹介していきます。

オクラ

オクラは、カレーのトッピングには欠かせない材料のひとつで、夏野菜カレーにはおすすめなトッピング材料です。

オクラに含まれている栄養素は、ベータカロテン(ビタミンA)、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄分、そして食物繊維を含んでいる健康食材となっています。水分を含んで食感が悪くなるので、まずはそのまま茹でて、後から包丁で刻むようにします。

なす

夏野菜の代表的な食材であるナスは低カロリーである事が知られており、カレーにはおすすめしたい食材です。なすはアクがある食材ですので、切ったらすぐに水につけておくようにします。

材料を茹でる際にはこまめにアク抜きをしながら茹で時間を調整するようにしましょう。なすに含まれているナスニン、ポリフェノールという成分は活性酵素の働きを抑える役割もあり、ガン予防にもおすすめな食材です

トマト

トマトもベータカロチンが含まれている、健康に良い成分が豊富な健康野菜で、夏に食べておきたい緑黄色野菜です。カレーにトマトを活用する時には、トマト缶のものを使い、ペースト状に加工されているものを活用します。

材料の水分だけで調理する「無水カレー」という変わったレシピもあります。無水カレーを作りたい時は、一口大に切ったトマトを活用して調理します。

ピーマン

トマトと並んで、健康に良い栄養素が含まれている緑黄色野菜のピーマンも、カレーライスの具材として人気のある材料です。ピーマンは輪切りにしたもの、あるいは細かく切っておいたものを、他の材料と一緒に茹でて使います。

ニンジンやピーマン、じゃがいもは、カレーに入れる材料の中でも固くゆで時間がかかる具材です。時間をかけて煮込みましょう。

今回の記事で紹介させていただく中でのメイン食材の卵も、カレーライスと相性が良い食材で人気があります。カレーに加える時には別途茹でておき、ゆで卵をトッピングするか、あるいは目玉焼きをカレーの上にトッピングして活用する調理方法も人気です。

一緒に崩して食べる事で、カレールーの辛味と合わさり、おいしくいただく事ができます。トッピングを工夫すると見栄えやいろどりも良くなり、見た目にもおいしそうになります。

卵のせカレーのレシピ10選

この見出しでは卵をのせたカレーのレシピを10選、紹介していきます。お馴染みの煮込んだカレーレシピだけでなく、トッピングや材料を工夫して、ちょっと変わったアイデアカレーレシピも集めて紹介していきます。

作りなれてきたら、香辛料を加えてみたりと色々工夫してみましょう。

レシピ1:<うまうまハンバーグカレー>

ハンバーグとカレーと、トッピングに半熟のゆで卵を加えた本格的な洋風レシピです。ハンバーグに使う合挽き肉は、事前にコンソメと水を合わせて肉だけで練り合わせ、その後からレンジでチンした玉ねぎ、パン粉、牛乳、卵、ナツメグ、ケチャップ、塩、黒コショウを加えます。

そして良く練ってから空気抜きをしておきます。市販のルーを使ってカレーを調理し、両面を焼いたハンバーグをカレーの中に入れて煮込み、それぞれの材料を合わせましょう。

【ハンバーグカレーの解説】
・ハンバーグに使う合いびき肉は、この頃やっているように、最初に肉だけでコンソメ水とあわせて捏ねておきます。(350gほどの肉に50cc強加えてます。)
そのあと、タマネギをレンジでチンしたもの、パン粉+牛乳、卵、ナツメグたっぷり、ケチャップ塩、黒コショウたっぷりを入れ、よく捏ねて、空気抜きをしながら成形。
(チーズインでももっちろんOK!)
・カレーは、市販のルーを使ってます。使ってある具はタマネギのみ。たっぷりのタマネギを細いスライス切りにし
あめ色になるまで根気よく炒めます。(タマネギ2個使用)(タマネギ一つの具材で旨みを十分に引き出すため)
あとは、カレールーの指示通りの水、カレールーを入れるだけ。
・ハンバーグを両面こんがり焼いて(中は火を通さない)カレーの中に入れます。あとは、ぐつぐつと煮込むだけ!(30分くらい強めの弱火で)
・ハンバーグの肉汁が全てカレーに入るのでこれだけの具、味付けでもたいへんおいしく仕上がります。
・仕上げに、生クリーム、刻みパセリをかけると、より本格的に!つけあわせに、塩茹でしておいたじゃがいも、半熟ゆで卵を添えています。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/9341/blog/1504939 |

レシピ2:<トマト&卵の巻き巻きカレー>

トマトを豚肉で巻いて、爪楊枝でとめた材料とゆで卵とを使う、ちょっと変わったカレーレシピです。豚肉とトマトを巻き巻きした具材と、カレーのルーとの味をおいしく楽しむことができる夏野菜レシピとなっています。

材料のトマトは、大きなものを一個使い6等分に切り分けて使いましょう。カレーを煮る鍋には、事前に油をしいて、ニンニクを炒めておくと風味が出ておいしくなります。

・材料
トマト 大1個
卵  6個
豚肉  6枚
長ネギ  1本
鶏ミンチ  200g
にんにく  2かけ
トマト缶(400g)  1缶
水  400cc
・作り方
1.ゆで卵を作っておいたものと、トマトを6等分に切ったものに豚肉を巻き巻きし楊枝でとめる。
鍋に油を引き、にんにくを炒め、続いて小口切りにした長ネギと鶏ミンチを炒め、
トマト缶と水を入れ煮込む。
2.具に火が通ったら火を止め「香ばしい薫りの旨いカレー・ルー中辛」を入れる。
再び火を入れとろみがついたら巻き巻きトマト&卵を入れる。
豚肉に火が通ったら完成です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/19635/recipe/211685 |

レシピ3:<半熟卵の焼きチーズカレー>

半熟卵と、このレシピの味わいを豊かにする「溶けるチーズ」を使ったチーズカレーレシピです。溶けるチーズを使う事で、普段食べ慣れたカレーレシピも、フレンチなチーズリゾットに早変わりします。

作り方は、カレーに野菜を乗せて、中央をへこませたら卵を入れ、黄身を箸で一ヶ所刺しておきます。次にチーズを乗せてレンジで3分程度加熱して溶かせば完成です。

・材料
ごはん 茶碗1杯
カレー 適量
卵 1個
溶けるチーズ 適量
・作り方
1.カップにごはん、カレーをかけ、食べ易い大きさに切った野菜をのせ、中央を凹ましそこへ卵を割り入れ、黄身を箸で1か所刺す。チーズをのせてレンジで3分~加熱する。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/15308/recipe/167987 |

レシピ4:<和風ドライカレー卵のっけ丼>

和風にアレンジされたドライカレーレシピをどんぶりに盛り付け、目玉焼きを乗せてマヨネーズと一緒に食べる、ドライカレーレシピです。

牛の挽き肉やドライカレー、卵を使うため栄養満点なレシピですが、玉ねぎやトマト、グリンピースも使うため栄養の偏りも心配せずにいただく事ができます。

醤油や生姜、牛挽き肉を使う事で和風らしく楽しめるドライカレーレシピとして楽しむことができるメニューです。お好みの野菜や、卵をトッピングしてアレンジして調理するのも楽しめるでしょう。

・材料
炊きたてご飯 どんぶり2杯分
牛ひき肉 300g
玉ねぎ 大1個
トマト 大1個
グリンピース(冷凍でもよい。) 50g
ニンニク 小1片
しょうが 小1片
サラダ油 大さじ2
卵 2個
マヨネーズ 適量
A 
しょうゆ 大さじ2
カレー粉 大さじ1
みりん 大さじ2
・作り方
1.白いご飯を炊いておき、玉ねぎ、トマトは粗みじん切り、しょうがニンニクは細かくみじん切りにしておく。
2.フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎ、牛ひき、にんにく、生姜を加え炒め、グリンピースとAを加えてその後トマトを加え馴染んだら火を止める。
3.フライパンに油を(分量外)を熱し半熟の卵焼きを作る。どんぶりにご飯、ドライカレー、目玉焼きの順に乗せてマヨネーズをかけて出来上がり☆

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/8283/recipe/7713 |

レシピ5:<カレーポテトの巣ごもり卵>

じゃが芋、カレーパウダーを使って楽しむカレーポテトのレシピです。こちらも卵をトッピングして、さらにとろけるチーズや塩コショウを加えて作ります。

皮をむいて細く切ったじゃがいもを水にさらしてから、その後水気をしっかり切って使いましょう。フライパンへバターをしいて、じゃがいもを炒めて、調味料で味付けします。

・材料
じゃが芋 2個
バター 10g程度
♪カレーパウダー 小1/2
♪しょうゆ 小1/2
♪塩コショウ 適宜
卵 2個
とろけるチーズ 大2
・作り方
1.じゃがいもは皮を剥いて細めの千切りし水にさらして水気を切っておく。
2.フライパンを熱しバターをひき、じゃがいもを炒め、♪で味付けし、ドーナツ型にまとめる。
3.穴の部分に卵を割り入れ、とろけるチーズをのせ蓋をして中火で卵白が白くなるまで焼く

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/2604/recipe/2558 |

レシピ6:<アボカドと卵のカレードリア>

アボカドと卵を使った、カレードリアのレシピです。

夕飯のカレーの残りを使い切りたい時に便利なアイデアレシピで、カレーの残りに材料を加え、オーブントースターで焼き上げます。最後にチリパウダーやパセリをトッピングさせてできあがりです。

一度煮込んだカレーを使うので味がしっかり染み込んでいて、柔らかい食感で味わえるメニューです。

・材料
カレーの残り あるだけ分
白ご飯 2人分
ハム 4~5枚
卵 2個
アボカド 1個
溶けるチーズ 適量
チリパウダー 少々
ドライパセリ 少々
・作り方
1.残ったカレーにご飯と刻んだハムを混ぜる。
2.容器に(1)・卵・アボカドを盛りチーズをのせる。
3.トースター・オーブン等でこんがり焼く。
チリパウダー・パセリを振りかけ出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/9507/recipe/250767 |

レシピ7:<カレーのっけ焼きそば>

カレーに温泉卵を乗せた、カレー焼きそばレシピです。

キャベツや玉ねぎ、にんじん、もやしなどの野菜を使うので、栄養のバランスも良く、使用する野菜の具材を変えてアレンジして調理するのも良いでしょう。

こちらも残ったカレーを使って味付けをするお役立ちレシピとなっており、夕飯で残ったカレーを整理する時にとても便利です。温泉卵と焼きそば、カレーとの味わいを楽しむ事ができるレシピです。

[カレーのっけ焼きそば、残ったカレーアレンジ料理]
・材料 2人分
市販の焼きそば     1人分
豚こま肉          50g
簡単温泉卵        2個
キャベツ          葉を1枚
玉ねぎ           1/4個
にんじん          1/4個
もやし            1/4袋
サラダ油          大さじ1
こしょう、青のり      お好みで
残ったカレー       200g
・作り方
1)キャベツは一口大、玉ねぎは薄切り、にんじんは千切りにします。キャベツの太い葉脈は薄く切って、熱が通りやすくなるようにしておきます。
2)市販の焼きそばの中華麺は電子レンジ600wで1分加熱します。
3)カレーも電子レンジで温めておきます。
4)フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、豚こま肉、玉ねぎ、にんじんを一緒に炒めます。豚こま肉の色が変わってきたら、キャベツを入れて炒めます。
キャベツに艶が出て熱が通ってきたら、温めた麺ともやしを入れ、焼きそば付属のソースをかけたら、混ぜながら炒めます。
水気が無くなるまで炒め、こしょうをふって皿に盛ります。
温めたカレーをかけ、温泉卵をのせます。青のりをちらしてできあがり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/252/blog/17604802 |

レシピ8:<ネギ豆腐トマト卵カレー餡かけ>

あんかけで楽しむ、ちょっと天津飯やカニカマ丼のような中華風カレーレシピです。ご飯ではなく、豆腐のあんかけ具材として使うため大変ヘルシーですし、見栄え良く仕上がります。

調味料には醤油、片栗粉、カレー粉、にんにくチューブ、鶏ガラスープの素、オイスターソース、濃縮トマトペーストを使います。色々な調味料を使い、カレーをベースとした深い味わいを楽しむことができるお手軽本格レシピです。

・材料
・小葱   1/2袋
・絹豆腐  2/3丁
・卵    2個
・醤油      小さじ1
・片栗粉     小さじ1
・カレー粉    小さじ0.5
・大蒜チューブ    小さじ1
・鶏ガラスープの素  小さじ0.5
・オイスターソース  小さじ1.5
・濃縮トマトペースト 大さじ1

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/200435/blog/17341338 |

レシピ9:<豚コマとプルーンで簡単濃厚カレー>

隠し味にカリフォルニアプルーンを使った濃厚カレーレシピです。トッピングの材料として半熟卵を加えて、楽しむ事ができるレシピとなっています。

調味料Aは、豚肉を炒める時に使う調味料で、調味料Bは、その後でカレーを煮る時に使う調味料です。たくさん材料を揃えなければいけませんが、作った後の喜びもひとしおでしょう。

【材料】(4~5人分)
豚こま切れ肉 300g
玉ねぎ 中4個
セロリ 1本
りんご 1/2個
にんにく 1片
生姜 1片
鷹の爪 1本
オリーブオイル 大さじ2
*豚肉の下味用
小麦粉 大さじ2
カレー粉 大さじ1
塩 小さじ1/4
コショウ 少々
酒 大さじ3
オリーブオイル 大さじ1
■ 調味料A
ケチャップ 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
カリフォルニア プルーン 4個
赤ワイン 1/3カップ
■ 調味料B
水 6カップ
コンソメ 1個
カレールゥ 1個(2皿分)
ターメリック 小さじ1
■ (大人用にお好みで加えて下さい)
カイエンヌペッパー 小さじ1/8
インスタントコーヒー 小さじ1/8
黒胡椒 適量
■ トッピングに
半熟卵 人数分
ピスタチオ 適量

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/157371/blog/16577871 |

レシピ10:<20分でドライカレーと温泉卵>

シンプルなドライカレーレシピですが、温泉卵と一緒においしく楽しむことができるカレーレシピです。盛り付けをちょっと工夫すると、温泉卵とドライカレーとのコントラストが映えて、見た目にも食欲をそそるおいしそうなレシピとなっています。

具材には合挽き肉と玉ねぎ、にんじんを使います。調味料にはチューブタイプのにんにくと、ケチャップ、中濃ソース、カレーパウダーとカレールウを使いましょう。

20分で速攻*ドライカレー
《材料》3〜4人分
・合い挽き肉……………300g
・玉ねぎ……………1/4個
・人参………………1/2本
・サラダ油…………大1.5
・にんにく(チューブ)………4㎝
・カレーパウダー…………大2
・ケチャップ、中濃ソース…………各大2
・水……………………250cc
・カレールウ……………1個
《作り方》
⑴ 玉ねぎと人参をみじん切りにする。
⑵ フライパンにサラダ油を熱し、⑴をしっかり炒める。
ほとんど煮込まないのでここでしっかり炒めます。焦げないようヘラで混ぜて炒めて下さいね。
⑶ 更に挽き肉を加えてしっかり炒めます。
⑷ 挽き肉の脂が透明になったら、にんにくとカレーパウダーを加えまたまたしっかり炒めます。
カレーパウダーは炒める事で香りを引き出し、粉っぽさをなくします。
⑸ ケチャップ、中濃ソースを加えグツグツ炒め軽く酸味を飛ばし、水とカレールウ加えます。あとはトロミがつくまで煮込みます。
数分混ぜればトロミがつきます。焦げないようここでも注意します。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/123285/blog/16309948 |

カレー専用の業務用スパイスセット

タイトルを入力してください神戸スパイス スパイス 5点セット【100g各1袋】 コリアンダーパウダー ガラムマサラ ターメリックパウダー クミンシード カイエンペッパー スターター スパイスセット 業務用

Amazonで見る

口コミ

すぐになくなる量ではないが、余りもしないベストな量。 スパイスカレーを作って見たいと思ったら、本セットがベストチョイスだと思う。 この5種類だけでも、かなり色々なカレーが作れる。

カレーのおいしさをさらに引き出す、厳選5種類の業務用スパイスセットです。カレー用スパイスセットですので、気分や料理に合わせてお好みのスパイスを選び、自由自在な組み合わせが可能です。

5種類のスパイスセットはインド料理、中国料理、コリアン料理にも使われる事がある、業務用の本格派となっているのが特徴です。カレー作りに慣れてきたら、ぜひ活用してみたい特製スパイスセットです。

カレーのアレンジレシピ8選

次はカレーのアレンジレシピを8つ紹介していきます。オリジナルなカレーだけではなく、カレーを使った調理など、いざという時に覚えておきたいアイデアレシピばかりです。

いつものカレーに飽きてきた、という方にもおすすめしたい、ひと味違ったカレーレシピについての解説をしていきます。

レシピ1:<海老と卵のレッドカレー炒飯>

エビと卵を使った、レッドカレーチャーハンの中華風カレーのレシピです。トッピングにはむきエビを使って、卵、玉ねぎ、ピーマンの具材も併せて使用します。

カレールーには、レッドカレー味のメーカー市販品を活用しましょう。普通のカレーとはひと味違うピリ辛カレールーを使った、体が温まるホットメニューです。

『海老と卵のレッドカレー炒飯』
(材料)2人前
・ごはん・・・茶碗2膳(300g)
・むき海老・・・100g
・卵・・・1個
・玉ねぎ・・・1/4個
・ピーマン・・・1個
・オリーブオイル・・・大さじ1
・ハウス エスニックガーデン レッドカレー味・・・大さじ2
(作り方)
1.むき海老は背ワタを取り、酒と塩少々(分量外)をもみ込み、半分は小さく刻んでおく。
2.玉ねぎとピーマンはみじん切りにしておく。
3.フライパンにオリーブオイルの半量を熱する。卵を溶いて加えて炒め、半熟になったら一旦取り出す。
4.残りのオリーブオイルを熱し、海老、玉ねぎ、ピーマンを加えて炒める。
5.ごはんを加えて炒め、ほぐれたら卵を戻し入れる。
6.エスニックペーストを加えて混ぜれば完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/142700/blog/17329400 |

レシピ2:<ネギの卵とじカレーうどん>

カレーうどんに、ネギの卵とじを加えたカレーうどんレシピです。カレー粉を使って調理しますが、夕飯で残ったカレーを再利用して調理する事もできるでしょう。

調味料として和風だしやみりん、醤油を使っていますが、無い時にはめんつゆを代用する事もできます。調味料の加減はお好みで調整してみましょう。

・材料(2人分)
たべやすく斜め切りにしたネギ200g ・食べやすく切った油揚げ60gくらい ・とき卵2~3個分 ・うどん2人分 ・オリーブオイル又はサラダ油大3 ・生姜とにんにくのみじん切り小1強ずつくらい ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・カレー粉大1 ・薄力粉大3 ・水800ml ★和風だし10g ★みりん大4 ★醤油大4 ・お好みで七味唐辛子
※水、和風だし、みりん、醤油をめんつゆで代用していただいてもOKです。
その際は味を見ながらお好みの量に調節してください。
・作り方
①材料を切るなど準備をする。
②厚手の鍋にオリーブオイル、にんにく、生姜、赤唐辛子を入れ
強めの火にかけ炒める。香りがたったらネギも入れ炒め、
しんなりして1/3量くらいになったら、カレー粉と薄力粉を入れ、
さっと炒める。水を入れ、強火にし、煮立ったらアクをさっととり、
★と油揚げを入れる。油揚げに火が通ったら、とき卵を少しずつ回し入れ、
半熟くらいで火からおろす。
③うどんを茹で、湯をよく切り、器に入れ、
熱々の②を注ぎ、お好みで七味を振って出来上がりです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/126231/blog/17201255 |

レシピ3:<卵とろ~んなドライカレー>

卵がとろーんとしたレシピ写真が食欲をそそる、見た目にも良いドライカレーレシピです。子供から大人まで気軽に楽しむことができるメニューで、家庭向きなドライカレーレシピになっています。

調味料にはケチャップとウスターソース、カレールウ、チューブにんにく、酒を使っています。トッピングには半熟目玉焼きを使用します。

■材料(4人分)
炊き立てのごはん・・・お好みの量
合挽きミンチ・・・300g
玉ねぎ・・・1個
人参・・・1本
チューブにんにく・・・15cm
酒・・・大さじ1
*カレールウ・・・2片(刻んでおく)
*ケチャップ・・・大さじ1
*ウスターソース・・・大さじ1
*水・・・200ml
サラダ油・・・大さじ1
半熟目玉焼き・・・お好みで
■作り方
①玉ねぎと人参は皮を剥いて微塵切りにします。
②フライパンにサラダ油をひいて加熱し、玉ねぎがしんなりし始めるまで①を炒めます。
③ミンチを加え、両面に軽く焼き色をつけてからほぐします。
④酒を加え、アルコールの香りがなくなるまで炒めたら、*を加えて混ぜます。
⑤焦げ付かないように時々まぜながら煮込み、水分が飛んだら火を止めます。
あたたかいご飯を器に盛り、⑤をのせてできあがりです♡

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/256950/blog/17188584 |

レシピ4:<カレー豆腐の卵とじ>

カレー豆腐を材料に使い、卵とじにしたレシピです。カレー豆腐はパックから出して4等分にして切っておきます。

材料にはごぼうも使いますが、ごぼうはたわしでこすり洗いしてからピーラーでカットし、水にさらしておきましょう。

調味料には和風だし、醤油、みりん、日本酒、砂糖、七味唐辛子を使用しています。このレシピも和風だし、醤油、みりんがない時はめんつゆで代用可能です。

[カレー豆腐の卵とじ]
・材料 
カレー豆腐/鶏もも肉/卵/カニカマボコ/玉ねぎ/ゴボウ/小ねぎ/天かす/和風だし/しょう油、みりん、日本酒、砂糖/七味唐辛子
・作り方
1)カレー豆腐はパックからだし、4等分に切っておきます。
2)ゴボウはたわしでこすり洗いし、ピーラーでテープ状に切って水にさらしておきます。玉ねぎは薄切りにし、小ねぎは3cmに切ります。カニカマボコは4等分し、縦に細く切ります。鶏もも肉は1cmちょっとの角切りにします。卵はボウルに割り入れ、溶いておきます。
ごぼうはテープ状に切ることで熱が入りやすくなります。そして、ごぼうを入れると旨味がぐっと増します。
3)フライパン(直径26cm)に水気を切ったゴボウ、玉ねぎを入れ、和風だしを加えたらフタをし、弱『ふわふわ卵のオムカレー』めの中火で煮立てます。煮立ったら鶏もも肉を入れ、砂糖を加えます。鶏もも肉の色が変わったら、しょう油、みりん、日本酒を入れます。カレー豆腐を入れ、フタをして温めます。
4)カレー豆腐が温まったらカニカマボコ、天かすをちらします。溶き卵の2/3を回しかけて小ねぎをちらします。卵が固まってきたところで残りの溶き卵を回しかけ、お好みの具合に固めて皿に盛ります。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/252/blog/17042452 |

レシピ5:<濃厚カレーヨーグルト卵チャウダー>

材料にはあさり、玉ねぎ、卵を使う、ちょっと変わったカレーチャウダーメニューです。調味料には無調整豆乳、有塩バター、片栗粉、塩・黒胡椒、カレー粉、コンソメ、ニンニクチューブ、無糖ヨーグルトとを使います。

寒い冬に食べてみたい、体を芯から温めるカレー風味なクラムチャウダーレシピで、子供でも食べやすく調理できます。豆乳が嫌いな人でも、この調理方法ならいただきやすく調理できるでしょう。

・材料
・あさり   200g
・玉ねぎ   1/4個
・卵     1個
・無調整豆乳 150㏄
・有塩バター 10g
・片栗粉   小さじ1
・塩/黒胡椒  各軽く4ふり
・カレー粉  小さじ0.7
・コンソメ  小さじ0.5
・大蒜チューブ  小さじ1
・無糖ヨーグルト 大さじ2

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/200435/blog/17002829 |

レシピ6:<カレー卵炒め>

カレーパウダーを使った、ほうれん草とソーセージのカレー卵炒めのメニューです。調味料はカレーパウダーとあらびきブラックペッパーを使います。

野菜炒めのようなレシピですが、カレーパウダーを使う事でカレーの香りがするレシピです。ソーセージに焼き色が付いた頃に、ほうれん草の茎、葉っぱの順番に加えて炒めましょう。

カレー味がほうれん草の苦味やしぶみを打ち消してくれるため、野菜嫌いな子供も食べやすいレシピです。

・材料2人分
ほうれん草    1束(200g)
ソーセージ    ミニサイズ8本くらい(50g)
卵        2個
水        大さじ1
オリーブオイル  小さじ2と大さじ1
A
カレーパウダー  小さじ1/2
あらびきブラックペパー 適量
・作り方
1.ソーセージは斜め半分に切る。
 ほうれん草は長さ3センチに切り、茎と葉を分けておく。
 卵を溶きほぐし、水と混ぜ合わせておく。
2.フライパンにオリーブオイル小さじ2を入れて熱し強火にして、
 卵液を一気に流し入れ、半熟のスクランブルエックにして取り出しておく。
3.同じフライパンにオリーブオイル大さじ1を入れて熱し、
 ソーセージを入れて炒める。
4.ソーセージに焼き色が着いてきたら、ほうれん草の茎、葉の順に加えて炒める。
 ほうれん草全体に油を絡めるようにして炒めたらAを加え、
 全体に混ざるように炒め合わせ、2を戻し入れ、サッと混ぜて火を止める。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/37584/blog/17353756 |

レシピ7:<半熟卵のカレーおにぎり>

子供から大人まで食べやすい、半熟卵のカレー風味おにぎりのレシピです。調味料にはカレー粉、塩コショウ、お好みでソースかケチャップを使って作ります。

卵は半熟に茹でておき、ご飯でたまごを包んでおにぎりにして完成です。カレーと卵との組み合わせを手軽に楽しむことができるお手軽レシピです。

おにぎりのレシピであれば、屋外でのランチやハイキング、もちろん職場でもいただく事ができるし、食事の場所を選ばず便利です。

〈具材〉
玉子(半熟に茹でたもの)
カレー粉
塩こしょう
お好みソース(ケチャップでも可)
〈作り方〉
①ご飯にカレー粉、塩こしょう、お好みソースを混ぜる。
②軽く握り、半分に切った玉子を包んで成形し、出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/250487/blog/16973439 |

レシピ8:<ふわふわ卵のオムカレー>

オムレツとカレーライスのいいとこどりのような、お得でおいしいレシピです。ふわふわとした卵の食感と、カレーライスの味わいとを両方楽しむ事ができる、おしゃれなレシピとなっているのが特徴です。

材料にはカレーの残りを使用しますが、残飯整理だとは感じさせないメニューです。世代を問わず楽しむことができるカレーレシピになっています。

『ふわふわ卵のオムカレー』
使用した材料
材料 分量(2人分)
カレー(残り) 適量
卵 4個
牛乳 大さじ2
ごはん 丼2杯分
バター 20g

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/187559/blog/16059215 |

卵のせカレーを作ってみよう

卵のせカレーは栄養豊富なメニューで美肌効果、疲労回復などの健康効果があり、体に必要な栄養がたくさん含まれています。「究極の健康食」と言われるほど栄養満点なカレーですが、そこへさらに卵をプラスし、さらに栄養豊富なメニューにする事ができます。

夏カレーに使いたい野菜も、茹でる事で健康効果が現れるものもあります。色々な具材が含まれている卵カレーはおいしく、健康にも良いレシピと言えるでしょう。

おすすめのカレーの付け合わせ

カレーと一緒に併せて食べたいメニューにはサラダがおすすめです。カレーの副菜としてサラダが備えられていると見栄えもよく、全体的に食欲をそそるメニューになります。

カレーのレシピにおすすめなサラダ料理のレシピを、下記で紹介している関連記事で見る事ができますのでぜひ参考にしてみてください。カレーとサラダを一緒に献立作りができれば、家庭でもレストランのような本格レシピが楽しめます。

カレーアレンジ

Related

納豆のアレンジレシピ8選|納豆好きにおすすめのレシピ本4冊

今でこそ関西でも関東でも納豆を好んで食べる人が増えましたが、ひと昔前までは関東の人は納豆を口にしませんでした。しかし納豆の健康効果や美味しさを知り、今では国民食として愛されています。納豆をご飯のおともにするだけでなくアレンジしてより美味しく食べてみましょう。
納豆のアレンジレシピ8選|納豆好きにおすすめのレシピ本4冊

貧乏人パスタの作り方6つのステップと4つのアレンジ

イタリアに実在する「貧乏人のパスタ」を知っていますか。とても手軽で美味しいと、評判が広まっています。こちらの記事では、貧乏人のパスタの作り方を詳しく紹介します。アレンジメニューもおすすめです。あなたの料理のレパートリーに「貧乏人のパスタ」を加えてみませんか。
貧乏人パスタの作り方6つのステップと4つのアレンジ

ゆで卵の人気アレンジレシピ8選|ゆで卵を料理にトッピングしよう

卵は栄養価の優等生と言われています。卵のたんぱく質にはアミノ酸が豊富に含まれており、ミネラルやビタミンも入っています。そんな卵をゆで卵にするといろいろな料理にアレンジできてとても重宝します。ここではおいしいゆで卵のアレンジ方法、トッピング方法をお伝えします。
レシピアレンジ
2019年01月29日
ゆで卵の人気アレンジレシピ8選|ゆで卵を料理にトッピングしよう

厚揚げの作り方ステップ6つ|アレンジアイデア5つ

厚揚げはどこから発祥した食べ物なのでしょうか。また、どのような種類があるのでしょうか。厚揚げ料理には、いろいろなデパートリーがあります。その中でも、人気のある料理の一つに厚揚げのあんかけがあります。厚揚げのあんかけの手順と応用した料理を紹介します。
レシピアレンジ
2019年01月29日
厚揚げの作り方ステップ6つ|アレンジアイデア5つ

カレーにおすすめの具材10個|カレーに合う隠し味4つ

カレーの具材として、相性がぴったりな食材にはどのようなものがあるかご存知でしょうか。あなたが今まで想像もしなかった食材もきっとあるはずです。今回は、カレーの具材としてぜひおすすめしたい食材や隠し味をご紹介します。ぜひご参考にしてください。
料理カレー具材
2019年01月25日
カレーにおすすめの具材10個|カレーに合う隠し味4つ

デニムシャツのコーデ10選|デニムシャツに合うヘアアレンジ

カジュアルコーデをおしゃれに演出してくれるアイテムといえば「デニムシャツ」です。普段のカジュアルスタイルにプラスするだけでこなれ感のあるおしゃれなコーデを楽しむことができます。今回はデニムシャツを使ったおすすめコーデとヘアアレンジをご紹介いたします。
デニムシャツのコーデ10選|デニムシャツに合うヘアアレンジ

基本のリボンヘアゴムの作り方・リボンヘアゴムの3つのアレンジ

リボンヘアゴムを自分で簡単にハンドメイドしたいと考えている方も多いと思います。この記事では、基本のリボンヘアゴムの作り方とアレンジ方法、必要な材料などを紹介します。リボンヘアゴムは初心者でも簡単に作ることができますので、ぜひ読んでみてください。
基本のリボンヘアゴムの作り方・リボンヘアゴムの3つのアレンジ