Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

キャベツの煮物のレシピ16選|キャベツの種類と特徴・栄養素

普段食べているキャベツの千切りや煮物には実は豊富な栄養が含まれていることをご存知でしょうか。キャベツには食物繊維をはじめ、豊富な栄養素がぎっしり詰まっています。そんなキャベツの煮物のレシピやキャベツの種類をご紹介しましょう。

キャベツの煮物のレシピ16選|キャベツの種類と特徴・栄養素

キャベツの種類

キャベツの煮物のレシピ16選|キャベツの種類と特徴・栄養素

キャベツに種類があると知っていましたか。主婦であれば普通のキャベツの他に、春キャベツという柔らかい葉のキャベツがあることは既にご存知のかたも多いのではないでしょうか。

キャベツの種類によって味や特徴は変わるのでしょうか。まずはキャベツの種類について調べてみましょう。

種類1:冬キャベツ

冬キャベツは寒玉とも呼ばれることがあり、球が平たく葉の巻きつきがきつい特徴があります。葉が厚く硬いので、火を入れてもべったりせず、煮物、炒め物に使いやすいです。

生で食べるには千切りにすれば硬さはさほど気にならないでしょう。ロールキャベツやお好み焼きなど加熱調理するとよいキャベツです。

種類2:春キャベツ

春キャベツは葉が柔らかく薄いため、サラダなど生で食べるのがおすすめです。水分が多く水っぽくなりがちで、生でそのまま炒める、和えることには向きません。

1度さっと茹でてから炒める、塩揉みをして水分を出してから和えるなどの工夫が必要になります。

春キャベツは甘みがあって大変美味しいキャベツで子供でも食べやすいため人気があります。

種類3:夏キャベツ/高原キャベツ

夏キャベツは夏でも涼しい高原で栽培されます。時期、産地でキャベツの特徴は異なりますが、嬬恋の夏秋キャベツは甘さに魅力があります。

さらに日本一の生産量を誇っています。6月から9月でも平均15度から20度という涼しい高原で育てられ、それぞれの時期、標高に合わせて品種の苗を植え付けます。

1年中キャベツが食べられるのは高原キャベツがあるからです。

キャベツ煮物のレシピ16選

キャベツの煮物は好きですか。キャベツをくたくたに煮たら、キャベツの甘みが増してそれは美味しい1品になります。

そんなキャベツの美味しい煮物のレシピを今回は16選厳選してご紹介します。どれも真似したくなる、今作りたくなるレシピばかりを集めました。

スーパーが開いているなら今すぐキャベツを買ってきて煮物を作りましょう。

レシピ1:☆春キャベツとあさりの煮物☆

春キャベツの甘みを味わいつつあさりの旨味も一緒にどうぞ。

あさりを冷蔵庫で解凍しておき、春キャベツをざく切りにし、材料を調味料で煮込みます。調味料は少なめで春キャベツの甘みとあさりの旨味を煮物で感じる1品です。

1.あさり20gを冷蔵庫で解凍しておきます。
2.春キャベツ30gをざく切りにします。
3.スライス玉ねぎ15gを調味料で煮込みます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/77564/recipe/875424 |

レシピ2:ロールキャベツより美味しいキャベツ巻き

おでんにロールキャベツを作るのは面倒だという人も、このレシピなら簡単に作れて美味しくキャベツをいただけます。

キャベツの芯を抜き耐熱皿に乗せラップをかけてレンジでしんなりするまで加熱します。キャベツ1枚に豚バラ肉を2枚程度乗せてロールキャベツの要領で巻いていきます。

おでんの種と一緒に煮込みます。

これでも立派なキャベツの煮物の1品です。汁がキャベツにひたひたに浸みて美味しく仕上がります。

1.キャベツ5枚は芯を抜いて耐熱皿に乗せ、ラップをかけてレンジでしんなりするまで加熱して冷ましておきます。
2.1のキャベツ1枚に対し豚バラ肉2枚ほど乗せ、ロールキャベツの要領で巻いていきつまようじで留めます。
3.おでんの種と一緒に煮込みます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/170689/recipe/961090 |

レシピ3:キャベツたっぷりチーズワンタン鍋

キャベツの甘みが馴染んだコンソメスープにチーズワンタンを入れたキャベツの煮物のレシピです。

鍋ににんじん、玉ねぎ、じゃがいも、ウインナー、コンソメを入れて煮込みます。具材に火が入ればキャベツとチーズを包んだワンタンを入れて煮込みます。

塩コショウで味を整えパセリを振ります。

煮る時にトマトジュースを入れてもキャベツがトマトの味を吸って甘みが増して美味しい煮物になります。

1.鍋ににんじん小1本、玉ねぎ小1個、じゃがいも中4個、ウインナー6本、固形コンソメ4個を入れて煮込みます。
2.1の具材に火が入ればキャベツ小1個とチーズを包んだワンタンを入れて煮込みます。
3.塩コショウで味を整えパセリを振ります。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/38421/recipe/334425 |

レシピ4:とろとろキャベツのコンソメスープ

とろとろに煮込んだキャベツにほくほくのじゃがいも、冷蔵庫にある野菜を使って美味しいコンソメスープでキャベツを煮物にしましょう。

鍋に水とコンソメのもとを入れ火にかけます。じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、キャベツの順番に入れていき、野菜に火が入るまで煮込みます。

塩コショウで味付けをし、パセリを乗せます。

キャベツにコンソメの味が浸み、とろけて絶妙な煮物に早変わりします。硬い冬キャベツでも美味しくできます。

1.鍋に水500㏄とコンソメのもと大さじ2杯程度を入れ火にかけます。
2.じゃがいも2個、にんじん、玉ねぎ2分の1個、キャベツ4分の1個の順番で鍋に入れていき、野菜に火が入るまで煮込みます。
3.塩コショウで味付けをして最後にパセリを乗せます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/92199/recipe/619280 |

レシピ5:鶏肉とキャベツのあんかけ煮

たっぷりキャベツのとろとろ煮物、鶏の旨味もしっかり閉じ込めます。

鶏もも肉は一口大にカットし、キャベツはくし切りにします。油揚げは短冊切りにします。鍋にだし汁、醤油、砂糖、みりんと酒を入れ火にかけ、一煮立ちしたらキャベツを重ならないように並べ入れます。

蓋をして5分加熱し、鶏肉と油揚げを入れ蓋をして弱火で10分程度加熱します。火を止めて倍量の水で溶いた片栗粉を回し入れて全体にとろみをつけます。

1.鶏もも肉200gは一口大にカットし、キャベツ4分の1は3つにわけくし切りにし、油揚げ1枚は油抜きをして短冊切りにします。
2.鍋にだし汁300㏄、醤油大さじ2、砂糖大さじ1、みりん大さじ1と酒大さじ1を加え火にかけ、一煮立ちしたらキャベツを重ならないように並べ入れます。
3.蓋をして弱火で5分程度煮込み、鶏肉と油揚げをまんべんなく入れて、再び蓋をして10分程度弱火で加熱します。
4.火を止めて片栗粉大さじ1を倍量の水で溶いたものを回し入れ、鍋を円を描くように回し全体にとろみをつけます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/18877/recipe/843960 |

レシピ6:キャベツ丸ごとコンソメ煮♡

お鍋でキャベツをコトコト煮込むだけの簡単なキャベツの煮物です。

キャベツを鍋に入れ、キャベツが半分浸る程度に水を入れ中火で煮ます。沸騰したらコンソメを入れ火を弱めます。蓋もしくは落し蓋をします。

キャベツがしんなりしてきたら蓋を取りコンソメ味が濃くなるまで煮込みます。味を見てお皿に盛り、好みでコショウをかけて完成です。

キャベツのコンソメの煮物はとても簡単にできますから、料理ビギナーでも覚えられます。

1.キャベツ4分の1くらいを鍋に入れ、キャベツが半分浸る程度に水を入れ火にかけます。
2.沸騰したらコンソメを1個入れて火を弱め、蓋か落し蓋をして煮込みます。
3.キャベツが全体的にしんなりしてきたら蓋を取りコンソメの味が濃くなるまで煮詰めます。
4.味を見て、濃い目の味になっていればお皿に盛りコショウを振ります。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/139163/recipe/962407 |

レシピ7:キャベツと豚肉のさっぱりみぞれ煮

風邪をひいた時や予防したい時に大根おろしたっぷりのキャベツの煮物が効果的です。

キャベツを一口大にカットし鍋に入れます。キャベツの上に豚肉を乗せ、その上で大根をおろします。水、酒、ポン酢とほんだし、生姜チューブを混ぜ合わせて鍋に入れて煮込みます。

豚肉に火が入れば完成です。

キャベツに出汁が浸みこみくたくたになって美味しい煮物になります。煮物にするとキャベツはかさが減るのでたくさん食べることができます。

1.キャベツ8分の1個は大き目の一口大にカットし鍋に入れます。
2.1のキャベツの上に豚こま切れ肉50gを乗せて、その上で大根2分の1本をおろします。
3.水100㏄と酒大さじ2、ポン酢大さじ3、ほんだし小さじ1と生姜チューブ10cmを混ぜて2へ入れて煮込みます。
4.3の豚こま切れ肉に火が入れば完成です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/189155/recipe/1131131 |

レシピ8:厚揚げとキャベツの煮物

めんつゆと醤油と砂糖で作るキャベツの煮物はとても簡単です。

厚揚げは食べやすい大きさにカットします。キャベツはざく切りにします。鍋にキャベツと砂糖、めんつゆと水を入れて火にかけます。

沸騰したら厚揚げを加え、落し蓋をして中火で10分煮込みます。醤油を加え、落し蓋をしてさらに中火で10分煮込み煮汁が少し残る程度まで煮詰めます。

キャベツにもしっかり味が入る、ボリュームのある煮物が完成です。

1.厚揚げ1パックに熱湯をかけて油抜きをして食べやすい大きさに切ります。
2.キャベツ400gはざく切りにします。
3.鍋にキャベツと砂糖小さじ2、めんつゆ3倍濃縮大さじ2と水カップ3を加えて火にかけます。
4.沸騰したら厚揚げを加え落し蓋をして中火で10分程度煮込みます。
5.醤油大さじ1を加え、さらに落し蓋をして中火で10分煮込み、煮汁が少し残る程度まで煮詰めます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/22442/recipe/799910 |

レシピ9:バーミキュラで丸ごとキャベツ煮込み

下ごしらえをして蓋を閉めて煮込むだけでできるキャベツのとても簡単な煮物料理をご紹介します。

キャベツを4つにわけます。間に塩コショウで味付けした豚バラ肉を挟みます。鍋にバターを入れ、キャベツをいれます。オリーブオイルは全体的に回しかけます。

蓋をして弱火で70分煮込みます。途中でコンソメを入れて馴染んだら完成です。

コンソメの味と豚肉の旨味を吸い込んだキャベツが美味しい煮物のレシピです。

1.キャベツ1玉は4つにわけ、間に塩コショウをした豚バラ肉200gを挟みます。
2.鍋にバターを溶かし、キャベツを入れ、オリーブオイルを全体に回しかけます。
3.蓋をして弱火で70分煮込み、途中コンソメ1個を入れて馴染めば完成です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/270919/recipe/1259127 |

レシピ10:鶏もも肉とキャベツの卵とじ煮

シンプルな炒め煮でも卵で閉じれば風味も豊かになります。卵のまろやかさがキャベツの甘みをさらに引き立てる煮物です。

鶏肉は1mに、キャベツはざく切りにします。フライパンに油をしいて中火で鶏肉の皮目から両面焼き、キャベツを加えて軽く炒めます。

調味料を加えてひと煮たちさせたら火を止め、溶いた卵を加え、蓋をして弱火で3分程度煮込み、火を止め1分蒸らして完成です。

甘めの卵とキャベツの煮物が相性抜群です。

1.鳥肉は1m角に、キャベツはざく切りにそれぞれします。
2.フライパンに油を引いて中火で鳥肉を皮目から両面とも焼いて、キャベツを加えて軽く炒め足します。
3.Aの調味料を加えて一煮立ちさせたら火を止めて、よく溶いた卵を加えます。
4.蓋をして弱火で3分間煮込み、火を止めて1分間蒸らしたら出来上がりです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/193344/recipe/1083816 |

レシピ11:豚肉とキャベツのすだち蒸し煮

豚肉とキャベツを蒸した煮物です。

キャベツ、ネギ、豚肉は適当にカットし、すだちをスライスして浅めの鍋に盛り付けます。お酒、お湯、白だしを回しかけて蓋をし、火にかけ蒸し煮にします。

めんつゆとすだちの搾り汁、ごま油、ラー油は好みでのつけダレでいただきます。

1.キャベツ3ぶんの1玉、ネギ1本、豚肉160gを適当にカットし、スダチ3個をスライスして浅めの鍋に盛り付けます。
2.お酒とお湯を1:1にしたもの、白だし少々を回しかけ、そのまま蓋をして蒸し煮にします。
3.めんつゆ100㏄、スダチ絞り汁3個、好みでごま油、ラー油をつけダレにします。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/92306/recipe/1052804 |

レシピ12:抗酸化作用に優れた「ロールキャベツ」

キャベツの煮物は和風のものが多いと思われがちですが、ロールキャベツも立派な煮物です。

ボウルに豚ひき肉、塩コショウを入れこねます。馴染んだら卵を入れパン粉を入れ、練りあがったら俵型に整形します。

湯を沸かしキャベツの葉をしんなりするまで茹で、干瓢を水洗いし柔らかくなるまで煮て、整形した肉を茹でたキャベツで包み干瓢で縛ります。

トマト缶を鍋に移しロールキャベツを入れて中火で15分ほど煮込みます。

1.ボウルに豚ひき肉200gと塩コショウを入れよくこね、馴染んできたら卵1個を加え、さらにパン粉大さじ2を加え、練りあがったら俵型に成型しておきます。
2.湯を沸かし、キャベツの葉6枚を茹でておきます。
3.予め干瓢6本を水洗いし、柔らかくなるまで茹でます。
4.1で成型した肉を2で包み、3で縛ります。
5.トマト缶1缶は鍋に開け、スープストックを作り、4を入れて中火で15分程度煮込みます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/241666/recipe/1171260 |

レシピ13:豚こまキャベツのミルフィーユ

キャベツと豚肉を煮込むだけの簡単煮物、煮あがる頃にはとろとろのキャベツが絶妙です。

キャベツは1枚ずつ剥がして洗います。玉ねぎは薄切りにします。厚手の鍋に水大さじ2を入れ、キャベツを大きめにちぎって敷き詰め、豚肉を乗せ塩コショウをして玉ねぎを乗せます。

それを繰り返し、最後にキャベツを乗せて蓋をし強火で加熱、弱火で40分蒸し煮します。ソースを作り、鍋に加えたらさらに蓋をして10分程度煮込みます。

1.キャベツ2分の1玉は1枚ずつ剥がして洗います。玉ねぎ2分の1個は薄切りにします。
2.厚手の鍋に大さじ2の水を入れ、キャベツを大きめにちぎって敷き詰めその上に豚こま切れ肉300gを乗せて塩コショウをし、玉ねぎをのせ、同じように繰り返し重ね、最後にキャベツを乗せて蓋をして強めの中火で2分加熱し、弱火で40分程度蒸し煮します。
3.ケチャップ大さじ4、砂糖大さじ1、酒小さじ1、カレー粉小さじ1、ウスターソース小さじ1を混ぜ合わせ、ソースを鍋に加えたら煮汁をすくってかけソースを全体に伸ばします。さらに蓋をして10分煮込み鍋の中で切り分け粗びきコショウとパセリを振ります。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/19510/recipe/175879 |

レシピ14:シューファルシ(キャベツの肉詰め)

多少手間がかかると思われる煮物ですが、慣れると簡単です。野菜がたっぷり摂取できる1品です。

鍋に湯を沸かし、キャベツの表面前後を10分程度煮込みます。葉を切り取らないよう開いていき、途中でキャベツの芯を取り、ファルシの半分を中心部に丸めておきます。

キャベツの葉でつつみ、その周辺に薄くひき肉を伸ばしキャベツで包むを繰り返します。圧力鍋で加圧後40分加圧、その後予熱で加圧します。

1.大きな鍋に塩大さじ1を加え湯を沸かし、キャベツの表面前後を10分程度茹でます。
2.茹で上げ、葉を切り取らないよう開いていきます。
3.開いている途中で茹でられない部分に到達したらキャベツの底を芯から切り取ります。
4.ファルシ500gと全卵1個、パン粉適量を中心部に丸めておきます。
5.キャベツの葉でつつみます。
6.周辺に薄くひき肉を伸ばし、キャベツで包むのを繰り返します。
7.元通りの形に戻し、最後はつまようじで数か所留めます。
8.皮を剥き厚めの輪切りにしたにんじん500gを鍋の底に敷くように並べ、キャベツを入れ白ワイン100mlを注ぎます。
9.圧力鍋で加圧後40分加熱、その後予熱で加圧します。
10.圧力が完全に下がったら蓋を開けフォークを使って鍋からすくい出します。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/48281/recipe/1049545 |

レシピ15:ミートボールキャベツのトマト煮込み

キャベツの旨味を引き立たせるよう炒めてたっぷり煮込んだミートボールとキャベツの煮物です。

ボウルにミンチ、玉ねぎ、パン粉、牛乳、塩コショウを入れ練って、3cmほどのボール状に丸めフライパンで表面を焼きます。

鍋にサラダ油を熱し、キャベツを入れて炒め、しんなりしたら水とローリエを加えて煮込みます。そこへトマトソースを入れて煮込み、ミートボール、コンソメ、ケチャップ、砂糖で味を整えます。

1.ボウルにあいびきミンチ200gと玉ねぎ2分の1個のみじん切り、パン粉大さじ4、牛乳大さじ4、塩コショウを入れ、粘り気が出るまでねって、直径3cm程度のボール状に丸めてフライパンで表面をこんがり焼きます。
2.鍋にサラダ油を熱し、キャベツ4分の1個を6cm角に切ったものを入れて炒め、しんなりしたら水300㏄とローリエ2枚を加えて5分程度煮込みます。
3.2にトマト缶1缶を入れ10分程度煮込み、ミートボール、顆粒コンソメ小さじ2、ケチャップ大さじ1、砂糖小さじ2で味を整え30分程度煮込みます。
4.器に盛り付けパルメザンチーズをかけます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/95221/recipe/1127504 |

レシピ16:春キャベツでフレンチ:ポテ

フランスの料理ポトフは日本で言うところのにくじゃがのような煮物です。キャベツもたっぷり食べられます。

厚手の鍋にサラダ油を熱し、ベーコンに焼き目をつけます。玉ねぎ、にんじん、セロリ、にんにく、キャベツを入れかぶるくらいの水を入れ蓋をし、1度沸騰したらとろ火にして60分煮込みます。

芋類やソーセージは最後20分くらいで入れます。塩コショウで味を調えて完成です。

1.厚手の鍋にサラダ油を熱し、厚切りベーコンソーセージ、または塩豚600gを焼き目をつけます。
2.皮を剥いて大きめに切った芋以外の野菜、玉ねぎ、にんじん、セロリ、にんにく2個ずつ、キャベツ2分の1個を入れて、かぶるくらいの水を入れて1度沸騰させたらあとはとろ火で60分以上煮込みます。
3.ジャガイモ、カブ4個は最後20分前に入れます。塩コショウで味を整えます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/81036/recipe/1054688 |

キャベツ料理をもっと知りたい人はこちらの1冊を!

キャベツ料理 ‾野菜がおいしい毎日のおかず‾ (丸ごと野菜COOK BOOK 2)

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

昨日は友達が来たので「じっくり焼きステーキ」とワインでおもてなし。まるでレストランみたいだって、私が作ったことにすごくビックリされました。これで、もうキャベツ1個完食。

大人気の野菜料理研究家のレシピブックです。おもてなしにぴったりのレシピから、栄養豊富なキャベツをそのまま摂取できる生で食べるキャベツのレシピ、煮込んだ甘みのあるキャベツのとろとろなレシピまで多彩なレシピが掲載されています。

キャベツの美味しさをここぞとばかりに広げてくれるテクニックが披露されています。野菜嫌いの子供を持つ両親などには強いレシピ本になるでしょう。

キャベツに含まれる栄養素

1年中スーパーで手に入り、リーズナブルな価格で販売されているキャベツにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。

食卓にサラダとして並ぶ回数も多いキャベツですが、リーズナブルなだけではなく、栄養も豊富です。抗がん作用もありますから、見逃せません。

そんなキャベツの栄養素について触れていきましょう。

栄養素1:ビタミンK

キャベツにはビタミンKが含まれます。ビタミンKは血液凝固作用を持っており、止血がスピーディになり、かすり傷などが早く治癒する効果を期待することが可能です。

あまりビタミンKというビタミンは知られていませんが、このビタミンがなければ人間は怪我をした際に血が止まらなくなる恐れがあるので、摂取しておきたいビタミンです。

栄養素2:ビタミンU

ビタミンUを含んでいるのがキャベツの特徴の1つでもあります。ビタミンUは別名キャベジンとも呼ばれており、胃や十二指腸の健康を保つことに多いに効果を発揮してくれるビタミンです。

胃腸薬で市販されているキャベジンも、この成分が名前の由来になっています。とんかつなどの揚げ物の付け合わせでキャベツの千切りが多いのは、揚げ物による胸やけをキャベツが予防してくれる効果が期待できるからです。

栄養素3:ビタミンC

ビタミンCの含有量はキャベツは100g中44mgと大変優れています。成人の1日のビタミンCの推奨摂取量はおよそ100㎎ですから、キャベツの大き目の葉をおよそ3枚食べれば1日分のビタミンCを摂取することが可能です。

食べる部位によってはビタミンCの含有量が異なるので注意が必要です。緑色の濃い外側の葉の部分の方がビタミンCが豊富です。

ビタミンCを多く摂取したいと思うのなら、緑色の部分を摂取しましょう。

栄養素4:イソチオシアネート

大根やわさびなどに含まれている辛み成分をイソチオシアネートと呼びます。もともとグルコシノレートという糖分が変化することにより辛み成分になります。

イソチオシアネートには殺菌効果や解毒効果があり、がんの予防、食中毒の予防の働きを持っています。

栄養素5:カリウム

カリウムは生命を健康に維持するために必要不可欠な栄養素です。カリウムには血圧を下げる効果がありますから、高血圧予防のためにキャベツを食べるのもよいでしょう。

またカリウムが不足すれば筋肉の動きが悪くなり、だるさを感じるようになります。低カリウム血症と呼ばれる症状に陥ることもありますから、カリウムはしっかり摂取しておきたい栄養素です。

栄養素6:食物繊維

野菜ですから、当然キャベツも食物繊維が含まれていると思う人も多いでしょう。キャベツの食物繊維量はどれくらいなのでしょうか。

実際キャベツには食物繊維は100gあたり1.4gも含まれています。これは大根、白菜の食物繊維量と同じレベルで、野菜の中では特に多いというわけではありませんが、食物繊維を補おうという点からすれば妥当な範囲です。

栄養素7:カロテン

キャベツには体内でビタミンAに変換されるβカロテンが100g中49μg含まれます。野菜の中でこの値はそれほど多いというわけではありません。

しかしキャベツはビタミンCやビタミンBも豊富で、ビタミンAも適度に含まれていますから、キャベツ1つでバランスの良いビタミンを摂取することが可能です。

キャベツの煮物を美味しく作って食べよう

キャベツは栄養豊富で味も淡白なので、どんな味付けにも応用が効く万能な野菜です。煮物にすれば硬い葉もしんなりくたくたになって汁を吸って美味しい煮物になります。

洋風にも和風にもアレンジの効くキャベツの煮物を作ってたっぷり食物繊維やその他栄養素を摂りませんか。ビタミン類は水溶性のものが多いですから、キャベツの煮物を作った場合は汁やスープも残さず飲み干したいところです。

煮物を色々作ってみよう

キャベツだけでなく、他の野菜や食材でも煮物を色々作ってみましょう。洋風にアレンジしたレシピや和風の煮物など多数ありますが、パッと思いつくものであれば和風であればひじき煮があるでしょう。

誰もが1度は食べたことのある煮物です。切り干し大根も煮物の1つですし、和風の煮物は考えていくと幅広いパターンがあります。加えて洋風の煮物も覚えていけば、冬場には温かい煮物料理でもてなすことができます。

Related