Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月05日

中華がゆのレシピ7選|中華料理も作りたい人にお勧めの本

日本では、病気などで体が弱った時に食べることの多いお粥。中国では沢山の具を入れてダシを効かせたお粥は、朝食の定番メニューです。そこで、しっかり味で美味しい中華がゆについて、おすすめのレシピ7選や、中華料理に関するおすすめの本をご紹介します。

中華がゆのレシピ7選|中華料理も作りたい人にお勧めの本

中華がゆとは

中華がゆのレシピ7選|中華料理も作りたい人にお勧めの本

おかゆは、日本ではどちらかといえば病気で弱っている時の食べ物というイメージが強くあります。中国では朝食として、ほとんど毎日のように食べているもので、いわゆる中国風のおかゆを日本では、中華がゆと呼んでいます。

本場の中国では毎日のように食べるものなので、中華がゆには数多くのレシピが存在していて、さまざまな味付けの中華がゆを楽しむことができます。

中華料理の一種

中華がゆは中華料理の一種で中華料理店の一部でも提供されている人気のあるレシピです。中華がゆの魅力と特徴は、中華料理で使われるさまざまなダシによる旨みでしょう。

また、中華がゆは日本のおかゆと調理方法が異なっており、米粒がまるで花が咲いたように割れることから、別名花咲粥ともよばれます。最終的に強火で炊き上げることから、日本のおかゆよりサラッとした食感も特徴の一つです。

消化が良くておいしい

調理法や味付けの異なる中華がゆですが、米をやわらかく炊き上げてあるため柔らかく非常に消化が良いです。また、中華がゆは油を使いダシも効かせてあるため旨みも大変強く、美味しくたべられます。

寝起きで調子が出ていない朝の体に、消化がよく胃腸に優しい上に、さまざまな具による旨みと栄養価の高さの中華がゆは、朝食としてもおすすめのレシピです。

中華がゆのレシピ7選

中華がゆのレシピ7選|中華料理も作りたい人にお勧めの本

中華がゆは中国では毎朝のように食べられている定番のメニューで、中国各地で食べられているものなので、数多くのレシピがあります。

数多くの中華がゆのレシピがありますが共通している特徴は、たくさんの具を入れてダシの旨みを効かせているという点です。

今回は、数多くの中華がゆのレシピの中から、特におすすめのレシピを7つご紹介します。

レシピ1:手羽元の本格中華粥

炊飯器を使って簡単に作れますが、鶏の手羽元を使った濃厚なダシの味わいを楽しめる、本格派のレシピです。にんにくや、ネギ、しょうがなどの薬味も入っているので体もしっかり温まるので寒い朝にもおすすめのレシピです。

本来の中華がゆは炊き上げるのに時間がかかりますが、炊飯器を利用することで手軽に作ることができます。手羽元から肉が簡単に外れるほどじっくり煮込まれたスープの旨みがあふれるレシピです。

1.研いだお米を炊飯器に入れたら、2合分の水(分量外)を加えて炊いてお粥を作る。

2.細切りにした生姜、ねぎ・にんにく・水を鍋に入れ、沸騰したら手羽元を加え、蓋をして25~30分弱火で煮て、灰汁をとる。

3.手羽元は骨から肉を外してスープに戻し、ねぎは取り出し、にんにくをヘラでつぶしたら、しょっぱめの塩加減にして、胡椒を振る。

4.お粥とスープを器に盛ったら、細ねぎやパクチー、漬物やザーサイなど、好みのトッピングを添えて頂く。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/12627/recipe/1157038 |

レシピ2:ホタテの中華粥

干し貝柱は中華料理では定番の材料で美味しいダシが出ますが、干し貝柱は手軽に料理できる材料ではありません。この中華がゆのレシピは、家庭でも手軽にホタテのダシの中華がゆを楽しめるレシピです。

干し貝柱の代わりに缶詰のホタテを使い、炊飯器を使うことで手軽に調理されています。しかし、中華がゆの定番の付け合せ油条を「麩」を使って再現するなど、本格的な中華がゆを楽しめるレシピです。

1.ホタテ缶は、身と汁に分けておく。卵は、卵白と卵黄に分けておく。胡麻油、醤油、生姜汁は合わせておく。

2.米、水、鶏がらスープの素、酒、ホタテ缶の身、ホタテ缶の汁半分をジャーに入れ、お粥モードで炊飯する。

3.麩は、水で戻し絞って、残りのホタテ缶の汁に卵黄を混ぜた液に浸しておく

4.塩昆布は細かく刻んで、青海苔て混ぜておく。

5.ホタテの身は、よく水気を拭き取り、卵白につけ、両面に塩昆布と青海苔をまぶしておく。

6.フライパンに油を敷き、3の麩と5のホタテを両面焼く。

7.炊き上がったお粥を器に盛り、6の麩とホタテを上にのせて、万能ネギを散らす。

8.食べる直前に、胡麻油と醤油と生姜汁を合わせたタレを軽くまわしかけ、万能ネギをかけていただきます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/163961/recipe/933782 |

レシピ3:簡単!炊飯器であっさり中華粥

下ごしらえした材料を、まとめて炊飯器に入れて作ることができる、手軽で美味しい中華がゆのレシピです。炊飯器は若干ですが圧力を高くして調理できるので、鶏肉がとろとろで柔らかく炊き上がります。

ワンポイントアドバイスに、バルサミコ酢を利用した特製のタレが紹介されています。中国ではお粥に黒酢をかけることがあるので、日本のお粥では考えられない組み合わせですが、美味しいです。

1.鶏肉の余分な油を落とし、お塩を揉み込んでおくお米を洗い、炊飯器に入れお水を入れ浸しておく。

2.沸騰したお湯に鶏肉を入れ約5分ほど湯がいて、ザルにとりお水で洗う。(臭みやアク取りです)
葱は後から取り出しやすい大きさに切り、生姜は大きくスライスします。

3.炊飯器に貝柱スープの素・お塩・お酒をいれ、鶏肉をそのまま入れます。
生姜・葱を加えて炊飯スタート!!
出来上がったら葱と生姜を取り出してください。
鶏肉をお好きな大きさにカット、お粥の上に盛りつけたら完成です!!

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/38985/recipe/439783 |

レシピ4:クリーミー中華粥

フランス料理風の技法や盛り付けを取り入れた、「新しい中華料理」をヌーベルシノワと言います。このレシピは、新たな技法を取り入れたヌーベルシノワ風の中華がゆのレシピです。

難しそうに見えるレシピですが、冷凍チャーハンと牛乳、そして食べるラー油をレンジで加熱するだけという、非常に手軽なレシピなので夜中に急におなかがすいてしまったときや、忙しい朝に手早く作りたいときにおすすめです。

1.冷凍のままのチャーハンに牛乳を注ぎ良くかき混ぜる。

2.電子レンジに入れ600Wで2分半加熱。※牛乳の吹きこぼれに注意!

3.さらに600Wで2分半加熱する。

4.食べるラー油を適量たらせば完成!

5.白髪ネギを乗せればもうパーフェクト!

チャーハンの塩分が牛乳の甘さを引き立てながらのクリーミーな相乗効果。

イタリアンのリゾットでもない、中華のお粥でもない・・・

ヌーベルシノワ風のクリーミー中華粥!

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/242965/recipe/1189093 |

レシピ5: 体に優しい中華粥♪

シンプルな材料で、シンプルに炊き上げた体に優しい味わいの中華がゆのレシピです。シンプルですが、鶏肉やごま油などの数多くの材料が使われているため、優しいながらもしっかりとした旨みが楽しめます。

八角とも呼ばれるスターアニスの、スパイシーで甘い香りが食欲を誘うので、食欲が無いときにもおすすめです。ネギやしょうがが体を温めてくれる、味わい深い一品です。

水に鶏手羽を入れてあくを取りながら煮る。火が通ったら肉を取り出し身ほぐす。鶏のスープにサッと洗った米、スターアニス、鶏がらスープの素を入れて炊く。千切りにしたネギにごま油、しょう油を合わせてネギダレを作っておく。お粥が炊き上がったら塩で味を調え、鶏肉、ネギダレ、千切り生姜、ごまをトッピング。

出典: http://www.recipe-blog.jp/spice/recipe/7711 |

レシピ6:中華粥

シンプルなレシピ名と完成写真ですが、基本に忠実に作られた本格的な中華がゆのレシピです。

他にご紹介したレシピでは炊飯器を使い、日本のお粥と同じように調理されていますが、このレシピでは米をいため油を絡ませて、強火で炊いた後に弱火で炊き上げるという、中華がゆの基本に忠実な調理方法が使われています。

本格的な中華がゆを食べたい場合に、お勧めのレシピです。

1.お米をごま油で炒めます。(ごま油が お米にまわったかな、くらい)
2.お水・ガラ顆粒・お酒類・GABAN五香粉を入れて強火にかけます。
3.沸騰したら長ネギ&鶏肉を入れて、再び沸騰したら、弱火にしてフタをしないで30分そのままにしておきます。
4.出来上がり!

お好みで豆板醤を入れて頂きます?

出典: http://www.recipe-blog.jp/spice/recipe/4373 |

レシピ7:プチっと炊飯器で本格的な中華粥

エバラのインスタントの鍋物用のダシと、炊飯器を利用して手軽に美味しい中華がゆを作ることができるレシピです。材料をセットして炊飯器をお粥モードでスイッチを入れるだけなので、非常にお手軽でおすすめです。

中華がゆとはいえお粥なのでヘルシーで、エバラのプチッとシリーズにはコラーゲンもたっぷり、しょうがも入っていて体も温まるので女性にうれしいレシピです。

お粥を手軽に作りたいときにおすすめのお粥釜

炊飯器を利用すると手軽にお粥を作ることができます。しかし、炊飯器にご飯が残っている場合は使えませんし、お粥が残っている間はご飯を炊くことができません。

そこでおすすめなのがお粥釜です。お粥を炊くことしかできませんが、お粥専用なので美味しくお粥を炊くことができて、炊飯器にご飯が残っていてもお粥を炊くことができるので、大変便利です。

使い方も簡単で、洗ったお米と水を入れてタイマーをセットするだけなので、誰にでも簡単に使えます。

他の中華料理も作ってみたい人におすすめの本5冊

中華がゆのレシピ7選|中華料理も作りたい人にお勧めの本

中華がゆだけでも数多くのレシピがありますが、そのなかでもお勧めのレシピを7つご紹介しました。しかし、中華料理には、四川料理、広東料理、潮州料理、順徳料理など、大まかな体系だけでもたくさんの種類があります。

それぞれの体系の中には、さらに数多くの料理のレシピがあり、美味しい料理は数多くあるので、中華がゆから他の中華料理にも興味が出て、他の中華料理を作ってみたい人におすすめの本をご紹介します。

本1:中華料理名人になれる本

菰田欣也の中華料理名人になれる本

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

作ってみたいレシピが沢山あったので購入しました。 酢豚、マーボー豆腐、チンジャオロース、他5品ぐらい作りましたが、 全て美味しくできました。

陳健一に師事した、四川料理の料理人菰田欣也氏の著書です。中華料理店の高火力、本格的な中華なべや蒸篭などの器具、そして多くの調味料が無ければ美味しい中華料理は作れない、という認識を覆す一冊です。

この本で紹介されているレシピは、すべて家庭にある普通のフライパンや普通の鍋で作ることができます。

本2:中華のきほん、完全レシピ

中華のきほん、完全レシピ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ひとつひとつの行程全部の連続写真、説明文にはちょっとしたコツも細々と載せられていて、基本でありながら全ての応用へ通じる内容です。

隠れ家のようなオシャレな本格中華レストランの「Wakiya一笑美茶樓」を主催する上海料理の料理人の脇屋友詞氏の著作です。

中華料理には数多くのレシピがありますが、家庭でも作りたい得に人気のレシピを厳選して、料理学校で学んでいるかのように作ることができる本です。

本3:基本の中華

口コミ

このレシピで作った麻婆豆腐がおいしくて、もう何年も作っています。

中華料理といわれて思い浮かぶような、定番の料理を基本的な調味料と調理器具で作ることができるレシピ本です。

他に使い道の無い特殊な調理器具や、調味料を使う事無く、スーパーの惣菜やレトルトで見かけるような中華料理を作ることができるようになります。

本4:プロ式 中華料理の作り方

プロ式中華料理の作り方

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

レシピだけでなく中華料理に使用する調味料や中華料理の道具についても載っているので購入して良かったです。

中華料理としては基本の調理器具や調味料を利用した、タイトルの通り「プロ式」の中華料理を作ることのできるレシピ本です。

タイトルに偽りは無く、難易度は高いですが本格的な中華料理を作ることができるので、腕に自信のある人は挑戦してみても楽しいでしょう。

本5:ケンタロウのいえ中華

ケンタロウのいえ中華

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

特別な調味料がなくても出来るのがよい。 どれもが簡単、おいしそう。

料理研究科のケンタロウ氏の著作です。調理技術が高いわけでもなく、調理器具や調味料も一般的なものしかない、日本の一般家庭向けにアレンジされた、手軽に作れる中華料理のレシピ本です。

使い切るのが難しい調味料などを買う必要が無いため、手軽に美味しい中華を楽しむことができておすすめです。

中華がゆの作り方のコツをつかもう

中華がゆのレシピ7選|中華料理も作りたい人にお勧めの本

消化がよく、ヘルシーで体に優しいのに、中華がゆはダシが効いたしっかりした味わいでおいしいです。本場中国では毎朝のように食べることもある定番の朝食メニューになっています。

作り方のコツを覚え、美味しく毎日の健康維持に役立てましょう。

他の中華料理もマスターしよう

中華料理には中華がゆ以外にも美味しい料理が数多く存在しています。中華がゆから、他の中華料理に興味が出た人におすすめのチャーハンとギョーザに関する関連記事があるので、ご紹介します。

Related