Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月29日

やかん・電気ケトルを使った白湯の作り方・白湯の5つのメリット

服薬や体調不良のときに飲むことの多い白湯ですが、美容健康に良いと女性の間で静かなブームになっています。しかし、白湯は作り方や飲み方を間違えると効果を得ることができません。今回は、やかん・電気ケトルを使った白湯の作り方を調べました。温活の参考にしてみてください。

やかん・電気ケトルを使った白湯の作り方・白湯の5つのメリット

白湯とは

やかん・電気ケトルを使った白湯の作り方・白湯の5つのメリット

白湯は体が弱っているときや薬を飲む際に昔から用いられてきましたが、さまざまな健康効果があることが話題となり、女性の間で静かなブームとなっています。

白湯とは、「水を沸かしただけで何も入れていない湯」を指しています。お湯を沸かすときはやかんで沸かすのが一番効果的だといわれてきましたが、ケトルや電子レンジで沸かしたお湯でも美容健康効果が得られます。今回はやかん・ケトルを使った白湯の作り方を紹介します。

白湯の作り方

やかん・電気ケトルを使った白湯の作り方・白湯の5つのメリット

白湯を飲む美容健康法は手軽に始めることができるため多くの人が実践していますが、ただお湯を飲むだけでは高い効果を得ることはできません。白湯を飲んでデトックスやさまざまな効果を得るには、お湯の適正温度や正しい作り方を知っておく必要があります。

ここではやかんを使った白湯の作り方・電気ケトルを使った作り方・電子レンジを使った作り方と注意点を紹介します。正しい白湯の作り方を知り、美容と健康に役立てましょう。

作り方1:やかんを使った作り方

白湯を飲み続けているのにあまり効果が得られていない人は、正しい白湯を作れていない可能性があります。やかんで白湯を作るときは、やかんに綺麗な水を入れ、やかんのふたを外したまま10分から15分ぐらい沸騰させ、水に含まれる不純物を飛ばしてから冷ますのが正しい作り方です。

綺麗な水を使うことと、やかんのふたを外したまま沸騰させるのがポイントです。沸騰したからといって、すぐに火を消してしまうのは失敗の元です。

作り方2:電気ケトルを使った作り方

やかんでお湯を沸かす時間がない人は電気ケトルを使って作りましょう。ケトルに綺麗な水を入れて沸騰させ、飲める温度まで冷まします。「ケトルを使った作り方では効果がないのでは」と心配な人もいるでしょうが、ケトルで作った白湯でも効果は期待できます。

やかんで約15分沸騰させる方法は、インドの伝統医学が推奨する方法ですが、内臓を温めて代謝を良くする効果は電気ケトルで作った白湯でも得ることができます。

作り方3:電子レンジを使った作り方

やかんでお湯を沸かす時間がない人は電子レンジで白湯を作りましょう。マグカップにミネラルウォーターを入れ、500Wの電子レンジで1分半から3分ほど温めれば完成です。電子レンジにカップに入った飲み物を温めるボタンがあれば、その機能を使うと飲みやすい温度になるよう電子レンジが調整してくれるので便利です。

白湯のさまざまな効果を得るには、飲む習慣をつけることが大事です。無理せず続けられる方法で作りましょう。

注意点

白湯の作り方はとても簡単ですが、白湯は元々インドのアーユルヴェーダという伝統医学が基礎となっており、美肌効果や便秘解消、デトックスなどの高い効果を得るためには幾つかの注意点があります。

ここでは、主に電気ケトル・電子レンジで白湯を作るときの注意点を紹介します。注意点といってもそんなに難しいことではないため、電気ケトル・電子レンジで白湯を作るときにほんの少しだけ気を付けてみてください。

注意点1:ケトル・レンジでは飲みたい量だけ作る

ケトルに入れておくと何度も温めなおしてしまいがちですが、ケトル・レンジを使って白湯を作るときは、一度に飲みたい量だけ作るようにしましょう。白湯は、インドの伝統医学の「アーユルヴェーダ」が基礎となった飲み物であるため、温めなおしたものは効果が薄れるといわれています。

白湯でデトックスやダイエット効果を得るため、ケトル・レンジで作るときは、面倒でもその都度飲みたい量だけをカップに入れて作りましょう。

注意点2:作った白湯を温めなおすのはNG

白湯はインドの「アーユルヴェーダ」が基礎となっており、すべてのものには「火・水・風」の3属性があるとされ、白湯は3属性が入っている飲み物です。

白湯をカップに入れて放っておくとすぐに冷めてしまいますが、冷めたものを温めなおすとアーユルヴェーダの「火・水・風」のバランスが崩れ、せっかくの効果が薄れてしまうのでやめましょう。特に、ケトルやレンジで作った白湯はすぐに冷めてしまいますが温めなおしはNGです。

注意点3:白湯を作るときに使う水

白湯を作るときに使う水は、綺麗な水を使いましょう。水道水を使ってやかんで作るときは10分から15分沸騰させるため、塩素やカルキなどの不純物は完全に飛びますが、浄水器でろ過した水を使うほうが安全です。

電気ケトル・電子レンジで作る場合は、軟水のミネラルウォーターを使いましょう。ミネラルウォーターには硬水と軟水がありますが、硬水はミネラルを豊富に含むため、かえって胃腸に負担がかかってしまいます。

カップ1杯分の白湯を手早く作るケトルはこちら

ティファール 電気ケトル 「アプレシア プラス」 コンパクトモデル

¥ 8,694

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

非常に使いやすいです。 買ってよかった。一人前の飲料用や料理に最適。

「ティファール電気ケトル アプレシア プラス コンパクトモデル」は、必要な分だけすぐに沸かすことができる便利なケトルです。カップ1杯分なら約50秒で沸かすことができるため、時間のない出勤前でも手早く白湯を作ることができます。

沸いたら自動でスイッチが切れるため電気代の節約になり、空焚きの心配もない安全なケトルです。やかんでお湯を沸かすのが面倒な方でも、ケトルなら手軽に白湯生活を始めることができます。

白湯を飲むメリット

やかん・電気ケトルを使った白湯の作り方・白湯の5つのメリット

白湯にはたくさんの効能があるため、「魔法の水」とも呼ばれています。白湯を飲むだけでさまざまなメリットがあるということがメディアなどで話題になり、起き抜けや食事の前に白湯を飲むことを習慣にする女性が増えています。

ここでは白湯を飲むとどのようなメリットがあるのか紹介します。メリットの多様性を知れば、すぐに白湯を作って飲みたくなるでしょう。

メリット1:内臓を温める

白湯を飲む最大のメリットは内臓を温めることです。白湯を飲むときは、いったん沸騰させたお湯を50℃ぐらいまで冷ましたものを飲みますが、不純物の抜けた温かい飲み物を飲むことで、胃腸を中心とした内臓が温まって新陳代謝が良くなり、消化吸収機能が回復する効果があります。

ストレスや食べ過ぎで胃腸が弱っているときは、白湯を飲んで内臓を温め、腸内環境を整えましょう。腸内環境が整うことで美容や健康に効果があります。

メリット2:代謝が良くなる

白湯によって内臓が温まると、血行が良くなるため体内に滞った老廃物の排泄が促され、むくみが解消されて基礎代謝もアップします。

人間の体は、体温維持のために摂取したエネルギーを燃やして熱に変えているため、寝ているだけでもカロリーを消費しますが、基礎代謝が上がると消費カロリーが増え、脂肪が燃焼しやすくなります。体温が1℃上がると基礎代謝は約13%アップするといわれています。白湯を飲んで代謝を上げましょう。

メリット3:ダイエット効果が期待できる

やかん・電気ケトルを使った白湯の作り方・白湯の5つのメリット

白湯を飲むことで体が温まると、ダイエット効果が期待できます。痩せやすさと体温には深い関係があり、体温があがると基礎代謝量が上がり、余分な脂肪を燃焼しやすい「痩せ体質」に変わってきます。

白湯には腸内環境を整えて便秘を解消する効果があるため、体内から毒素がどんどん排出され、お腹周りもスッキリします。むくみも改善されれば、顔や足もかなりスッキリしてみえるでしょう。

メリット4:免疫力を高める

白湯には体内の毒素を洗い流して内臓の働きを活発にする働きがあるため、結果として免疫力も向上します。体温が1℃上がると免疫力が6倍になり、特に胃腸が温まると食べ物の消化吸収力が著しく上昇します。消化吸収力が促進されることで、体内に毒素が蓄積されにくくなります。

白湯によるさまざまな好循環により、代謝量や免疫力が高まり、痩せやすい体質や風邪をひきにくい体質に変わったり、生活習慣病の予防にも繋がったりします。

メリット5:美肌効果が期待できる

白湯を飲むと体内の老廃物が排出されるため、吹き出物や肌荒れを改善するなど、美肌効果が期待できます。また、白湯を飲むことで代謝が上がって血行が良くなり、肌に水分や栄養分が十分に行き渡ります。その結果、肌のターンオーバーが促進し、美しい肌に生まれ変わります。

肌のターンオーバーの正常な周期は約28日ですが、ストレスや偏った食生活で周期が乱れがちです。白湯を飲んで体内を正常に整え、美肌を手に入れましょう。

白湯の効果的な飲み方

やかん・電気ケトルを使った白湯の作り方・白湯の5つのメリット

白湯は美容と健康に良い飲み物ですが、だからといって一気飲みしたり、一日に何リットルも飲むのはNGです。白湯を飲んでさまざまな効果を得るためには、「温度」、「タイミング」、「量」、「飲むペース」に注意しなければなりません。

ここでは白湯を飲むときに適した温度や飲むタイミング、飲む量、飲むペースについて解説します。

飲み方1:温度

白湯は沸かしたお湯をただ冷まして飲めば良いというわけではなく、体に効果的に取り入れるためには、いったん沸騰させたお湯を50℃まで冷まして飲むことが大事です。ケトルやレンジで沸かしたお湯も、50℃まで冷まして飲みましょう。

熱すぎたり冷たすぎると、かえって内臓に負担がかかるため、せっかく白湯を飲んでも効果は薄いでしょう。白湯は50℃が適温だということを覚えておきましょう。

飲み方2:タイミング

白湯はいつ飲んでも良いというわけではなく、最も効果的なタイミングがあります。

白湯を飲む一番良いタイミングは朝起きてすぐです。起床時は体内の水分量が減少しているため、水分不足を放置しておくと健康に悪影響が出ます。朝起きてすぐ白湯を飲むと就寝中に失った水分を補給でき、血液も綺麗になります。

食事前と食事中の白湯も良いタイミングですが、食後に白湯を飲むのは消化機能低下の原因になるためNGです。

飲み方3:量

1日に飲む白湯の量は、合わせて600から800mlが適量です。1回に飲む量は200ml、1日に3から4回、タイミングを決めて飲みましょう。

1日の水分摂取量の目安は1.5から2lですが、摂取し過ぎると体内の栄養素まで流してしまったりむくみが生じたりするため、白湯を飲んでいる人は他の飲み物の量を調整し、適量を摂取しましょう。

飲み方4:飲むペース

白湯を飲むときは一気飲みは避け、ゆっくり時間をかけて飲みましょう。特に、朝は10分ほど時間をかけて飲み、胃腸の働きを少しずつ目覚めさせます。一気飲みは胃液を薄めてしまい、消化機能低下に繋がるためNGです。

白湯で「温活」をスタートしてみよう

やかん・電気ケトルを使った白湯の作り方・白湯の5つのメリット

白湯を飲むと内臓が温まり、代謝や血行が良くなって、体温を上げる「温活」に繋がります。やかんでお湯を沸かすのが難しい人でも、電気ケトルや電子レンジで気軽に「温活」がスタートできます。体を温めることは美容と健康に不可欠です。今すぐ「温活」を始めましょう。

ケトルで手軽に白湯ダイエットをしてみよう

朝の忙しい時間帯に、10分から15分かけてやかんで白湯を作るのは難しいという人も多いでしょう。そんな人には、お湯を沸かす時間が大幅に短縮できる「電気ケトル」がおすすめです。

短時間でお湯を沸かすことができるケトルで手軽に「温活」、「白湯ダイエット」を始めましょう。

Related

かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

かまぼこは正月のおせち料理や長崎ちゃんぽん、丼物、おでんなどの料理に多く使用される魚の練り物です。栄養価が高く低カロリー食品です。かまぼこは板に載せて販売しています。おせち料理などで使用すると余ることがあります。余りは冷凍保存できます。その方法を紹介します。
レシピ
2019年05月21日
かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

エビの背わたはエビの消化管ですが、背わたを取りのぞくことは、見栄えだけの問題ではなく、料理の風味・食感などにも大きく影響します。また、臭みを取る下処理も、省くことができない工程です。この記事では、エビの背わたの取り方、下処理の仕方を紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
殻付きでも簡単!エビの背わたを綺麗に取る手順3つ

一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

家族と離れての一人暮らしは、食事も自分で何とかしなければなりません。そして、一人暮らしの食事は「自炊」と「外食」の二つがありますが、自炊のほうが効率が良いという見方があります。この記事では自炊のポイントとおすすめレシピを紹介していますので、参考にしてください。
レシピ
2019年02月05日
一人暮らしの食事は自炊がお得!|おすすめレシピ21選

揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

揚げ物の調理は手間です。だからといってまとめて作りすぎると急いで食べる羽目になりますよね?そんな時は冷凍保存を活用しましょう。冷凍焼けや変質が気になりますが、ポイントを押さえてうまく冷凍保存すれば劣化を防ぐことができます。長く美味しく揚げ物を楽しみましょう。
レシピ
2019年02月04日
揚げ物を冷凍するときのポイント5つ|解凍方法4つ

厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

冷凍に向かないと考えられている厚揚げについてみてみましょう。冷凍のコツをつかめば、厚揚げはとても手軽に冷凍保存し、おいしく食べられる食材です。冷凍するからこそ、味わうことができる厚揚げの良さがあり、おすすめの冷凍厚揚げレシピもご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
厚揚げの冷凍保存方法やおすすめレシピ5選|レシピ本3選

にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

にんにくは肉や魚の臭みを消したり、味わいを良くしてくれます。にんにくは美味しいだけでなく栄養価も高く、おすすめな野菜のひとつです。保存方法を知っていれば、長く楽しむことができます。美味しく栄養価の高いにんにくの保存方法やレシピなどについて紹介します。
レシピ
2019年02月05日
にんにくの保存3つの方法|にんにくを使ったレシピ

激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

韓国料理やタイ料理など、激辛料理に使われているスパイスと言えば唐辛子です。辛党の人にとって人生になくてはならない唐辛子ですが、実は世界には日本でお目にかかる唐辛子以外にもたくさんの種類があります。今回はそんな唐辛子についての記事です。
レシピ
2019年02月04日
激辛種類の唐辛子ランキングTOP15|唐辛子食品TOP10

餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

余ってしまいがちな餃子の皮を冷凍することで、1か月ほど冷凍庫で保存をすることができます。賞味期限内でも冷蔵庫だと固くなってしまい、使い切れずについ廃棄してしまうことも多いでしょう。餃子の皮の冷凍保存方法と解凍方法のポイントをご紹介いたします。
レシピ
2019年02月04日
餃子の皮の便利な冷凍方法5ステップ|解凍方法5ステップ

美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

日本全国でいろいろな銘柄のブランド米が栽培されています。次々に新しい品種が登場してくるので、美味しいお米を選ぶにも迷うことが多いです。そこで美味しいお米として人気の銘柄や、美味しいご飯の炊き方など、美味しいお米の情報をいろいろとお届けします。
レシピ
2019年02月01日
美味しいお米35選|人気のあるおすすめの種類は?

マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

ころんとした丸い形がかわいいマッシュルーム。その昔には缶詰のスライスしか目にする機会がありませんでしたが、今は生のマッシュルームもスーパーで簡単な手に入るようになりました。身近な食材となったマッシュルームの保存方法やおいしいレシピなどを、ご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
マッシュルームの保存方法3つとポイント|おすすめレシピ4

エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

淡白でクセがないエリンギは、使いやすくおいしい人気のキノコです。たくさん置いておきたいエリンギですが、どんな保存方法があるのか、賞味期限はどのくらいなのか気になるところです。そんなときに役立つエリンギの保存方法や賞味期限、良品の見分け方についてご紹介します。
レシピ
2019年02月05日
エリンギの保存方法と賞味期限5つ|新鮮なエリンギの見分け方

春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

パリッとした皮の食感が醍醐味の春巻きですが、作り過ぎたり、揚げてしまったものの、多過ぎて残ってしまって困ったことはありませんか。春巻きは冷凍しておけば、再加熱の仕方次第で、パリッとした食感を再現できます。この記事では保存方法や再加熱の調理法を紹介していきます。
レシピ
2019年01月31日
春巻きの4つの冷凍方法|保存期間と3つの解凍・調理方法

キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

もともとは朝鮮半島の伝統食品であるキムチですが、今や、日本でもすっかり市民権を得ていて、日本の一般家庭の食卓にも普通に並ぶようになっています。それだけポピュラーな存在でありながら、意外と知られていないのが、その賞味期限や保存法です。
レシピ
2019年02月04日
キムチの賞味期限はいつ?キムチを保存する3つのコツ

パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

皆さんは、パスタをどのように保管しているでしょうか。日持ちするパスタですが、保存方法を間違うと台無しになってしまうことにもなりかねません。この記事では、パスタの保存方法のコツをご紹介しています。さらにパスタの簡単レシピもご紹介します。ぜひ参考にしてください。
レシピ
2019年02月04日
パスタのおすすめの保存方法5つ|簡単レシピ4選と賞味期限

宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

気軽に、安上がりに飲める「宅飲み」が人気です。気取らないところが宅飲みの良さではありますが、ちょっとだけおつまみにも気を配りたいところです。気の利いた美味しいおつまみがあれば、宅飲みは、もっと楽しくなるでしょう。簡単にできる絶品おつまみをご紹介していきます。
レシピ
2019年02月05日
宅飲みのおつまみレシピ56選|お酒がすすむ簡単絶品おつまみ

ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

料理にごぼうを入れるだけで風味や旨味が増して美味しくなります。しかし、ごぼうは長いから使いきれないという人は多いでしょう。今回は、ごぼうの栄養を残したまま美味しく保存できる、冷凍保存の仕方を紹介します。冷凍ごぼうは手軽に使えて便利なので、ぜひお試しください。
レシピ
2019年02月05日
ごぼうの上手な冷凍保存の方法とおすすめレシピ5選

ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

ハンバーグを作りすぎた時に、どのように保存していいかお困りの方もいるでしょう。冷蔵や冷凍で正しく保存することで、時間のない時のおかず作りや、お弁当のおかずを用意するにも役立てられます。この記事では、保存方法や冷凍したハンバーグのアレンジレシピを紹介します。
レシピ
2019年02月04日
ハンバーグの冷凍方法と調理方法|アレンジレシピ4つ

じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選

普段じゃがいもをどのように保存していますが?じゃがいもは正しく保存すれば2ヶ月ほど持ちますが、間違った方法では却って保存期間を短くしてしまう可能性もあります。どんな調理法にも使える万能な食べ物です。腐らせたり変色させたりすることのないようにしたいものです。
レシピ
2019年02月01日
じゃがいもの保存方法と保存期間|じゃがいもの人気の品種5選