Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月18日

厚揚げの作り方ステップ6つ|アレンジアイデア5つ

厚揚げはどこから発祥した食べ物なのでしょうか。また、どのような種類があるのでしょうか。厚揚げ料理には、いろいろなデパートリーがあります。その中でも、人気のある料理の一つに厚揚げのあんかけがあります。厚揚げのあんかけの手順と応用した料理を紹介します。

厚揚げの作り方ステップ6つ|アレンジアイデア5つ

厚揚げとは

厚揚げとは、豆腐を厚めに切ったものを、180℃から200℃の高温の油で、きつね色になるまで揚げます。豆腐の種類によって、食感も変わります。焼いたり煮たりといった料理以外にも、おでんの具として使用する事もあります。また、でき立ての厚揚げには、外側がカリカリとしたものが多く、それを売りにしている豆腐店もあります。

発祥地

厚揚げの発祥地は、はっきりとしていませんが、原材料である豆腐は、中国から日本に伝わりました。中国では、豆腐について書かれた文献が唐の時代(618~907年)からしかないため、それよりも以前にすでに豆腐があったという説もあります。

日本では、寿永二年(1183年)に豆腐を春日大社に奉納した記録があり、これが最古の記録とされています。

種類

厚揚げは、一般的に木綿豆腐を水切りした後に、高温の油で揚げたものになり、味しみが良いのが特徴ですが、絹とうふで作った厚揚げもあります。こちらは、なめらかな食感のものやモチモチした食感のものがあります。

厚揚げの形は、最初に小さくカットして揚げる場合と、カットせずに揚げて、後でカットする場合とあります。カットして揚げた場合は、全体的にきつね色になっていますが、後でカットしたものは、白い部分があります。

特産地

厚揚げの原材料は豆腐です。そのため、厚揚げの特産地は、豆腐の特産地でもあります。日本で一番豆腐の生産量が高いのは群馬県です。しかし、豆腐は日本全国の水が綺麗な場所で生産されていることも多く、特産地としては、水が綺麗な場所も含まれます。厚揚げは、豆腐販売とセットになっている事も多いですので、同じだということになります。

季節

厚揚げの季節は、おでんのある秋から冬と言うイメージがありますが、厚揚げのあんかけや厚揚げ焼きや厚揚げの煮つけといった料理は、年中食卓に並ぶ料理でもあります。そのため、これといった季節はありません。特に厚揚げのあんかけは、厚揚げのみだけではなく、他の料理にも応用することができます。

厚揚げのあんかけの作り方ステップ6つ

これから、厚揚げのあんかけの作り方を、6つのステップに分けてご紹介します。あんかけを作る場合、野菜を入れるのが一般的ですが、季節の野菜を入れる事も多いですので、ここでは一般的な人参と玉ねぎを使ったあんかけをご紹介します。他の野菜を使用する際の注意点としては、大きさはそこまで気にしなくてもいいですが、火がとおりやすいようにカットします。

ステップ1:厚揚げ以外の材料を切る

前述のとおり、人参と玉ねぎを使ったあんかけを作ります。まず、ニンジンは大きさにもよりますが、横に3~4カットし、それを縦に薄切りにした後、千切りにしていきます。玉ねぎは、皮をむいた後、根と頭をカットし、スライスにします。人参と玉ねぎの大きさは、フライパンで炒めただけで火がとおりやすい程度にしておくのがコツです。

ステップ2:厚揚げ以外の材料を炒める

フライパンを温め、火が通ってきたら、薄く油を注ぎ全体になじませます。フライパンに油がいらないタイプの場合は、そのまま炒めても構いません。人参から入れ、ある程度炒まってきたら、玉ねぎを入れます。一緒に炒めて大丈夫な大きさにカットした場合は、一緒に炒めても構いません。全体的に火が通れば完成ですが、焦げ目がつかない程度にします。

ここでは、野菜に火が完全に通るより、見た目が大切ですので中火で炒めます。

ステップ3:調味料を加える

炒め終えた野菜に、軽く塩コショウを振り、なじませたら、浸るくらいの水を入れ、中火で煮込みます。最終的に、人参のシンが屋や残るくらいにします。調味料は、市販のあんかけの素を使っても構いませんが、薄口醤油で下味をつけ、濃い口醤油で色をつけるというやり方もあります。

先に塩コショウをしていますので、醤油は味見をしながら調整していきますが、後で水溶き片栗粉をいれますので、やや濃いめに味をつけておきます。

ステップ4:片栗粉と水を加える

ここでは、ステップ3で完成したものに、水溶き片栗粉をいれてとろみをつけ、あんかけの餡をつくります。水溶き片栗粉を入れる際には、回すようにして、少しづつ入れて、好みのとろみをつけます。その際、味が薄くなってしまうこともありますので、好みの醤油で整えましょう。

ステップ5:厚揚げを両面焼く

こちらは、あんかけが完成するかしないかくらいに焼き始めると、あんかけが完成したときにちょうどいい焼き具合になります。温めたフライパンに、油を敷かず、そのまま焼きます。焦げ目がついたらひっくり返し、両面をしっかりと焼きます。焼き終えたら、やや深みのあるお皿に盛りつけておきます。

ステップ6:厚揚げに餡をかける

最後の工程として、できあがった餡を、焼き色のついた厚揚げにかけます。うまく焼けていると、あんかけにした際、ジューという音と、香ばしい匂いがしてきます。厚揚げは、お皿に盛りつけるだけではなく、ホットプレートやフライパンで焼いたあと、そのままあんかけにして食べる方法もあります。

あんかけ好きなあなたにおすすめアイテムはこちら

ユウキ 中華あんかけの素(顆粒)

¥ 378

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

焼きそばのあんかけソースとして使ってみたが、おいしかった。 すぐになくなるので、もっと大きなビンで出して欲しい。

あんかけ料理を作る際の味付けやとろみつけは、人によっては調整が難しいです。こちらの商品は、既に味がついており、水に溶いて煮込むだけでとろみがつきますので、とても簡単にあんかけ料理が作れます。厚揚げのあんかけはもちろん、あんかけ焼きそばなどにも使えます。

厚揚げのあんかけのアレンジアイデア5つ

厚揚げのあんかけは、厚揚げ以外にもいろいろな料理に応用がききますし、厚揚げもあんかけ以外にも応用がききます。ここでは、厚揚げのあんかけをアレンジした料理を5つ紹介していきます。料理を作る際の参考にして下さい。

アレンジ1:肉味噌

こちらは、厚揚げに肉みそを使った料理です。焼いた厚揚げに肉みそをつけて食べます。肉みそは、炒めたミンチ肉に好みの量の味噌を混ぜて作りますが、その際に水分を使って味噌をのばし、あんかけと同じく、片栗粉でとろみをつけることもできます。

片栗粉でとろみをつける際の肉みそは、あんかけの作り方で、調味料のところを味噌に変える方法もあります。その際は、あんかけですので、つけて食べると言うより、かけて食べます。

アレンジ2:茄子

厚揚げの代わりに、茄子を素揚げして、あんかけにする料理と、茄子を餡に入れて厚揚げにかける料理があります。茄子の素揚げは、素揚げ以外にも、小麦粉や片栗粉を使った揚げ出し茄子という料理もできます。

茄子を餡にいれる場合は、細目にカットし、ニンジンがある程度完成形になってから、茄子を入れます。その際、餡に茄子の色がつきますので、人によっては嫌う場合があります。

アレンジ3:カリカリ焼き

カリカリ焼きは、厚揚げをカリカリになるまで焼いても構いませんが、厚揚げではなく、油揚げを使うこともできます。どちらを使うにせよ、黒焦げにならないように、火力を調整する必要があります。

また、フライドポテトや魚のフライをフライパンで焼く事により、カリカリ焼きを作ることができます。

アレンジ4:小松菜

小松菜をあんかけに混ぜる調理方法と、小松菜にあんかけをする方法があります。小松菜を混ぜたあんかけにする場合は、すぐに火がとおりますので、とろみをつける寸前に入れます。皿うどんなどの料理におすすめの餡です。小松菜のあんかけにする場合は、あんかけ風にした肉みそをかける調理方法があります。

アレンジ5:大根

大根は、輪切りにして、水からやわらかくなるまで湯がきます。その後、肉みそを混ぜた餡を大根にかけます。その際、他に野菜を入れるより、ミンチ肉のみで作ったあんかけ肉みその方が大根にかけた際に見栄えが良くなります。

付け合わせも考えよう

厚揚げのあんかけは、それだけでもメインになる料理です。また、豆腐を使っていますので、ダイエット料理としても最適です。ですが、それだけではバランスがわるくなってしまいますので、厚揚げのあんかけだけではなく、付け合わせの料理もきちんと考えましょう。

一汁一菜がおすすめですので、厚揚げのあんかけを汁とするか菜とするかは、自分の好みで考えてみましょう。

お茶と一汁一菜のすすめ

食卓には、一汁一菜とお茶がおすすめです。関連サイトとして、お茶についての内容と一汁一菜の内容をリンクしています。健康を考えた、これからの食事の参考にしてみましょう。

アレンジ

Related

卵のせカレーのおすすめレシピ10選|カレーのアレンジレシピ

カレーのトッピングにも色々ありますが、みなさんは好きな材料はありますか?この記事ではカレーが好きな方なら試したことがある人も多い、卵のせカレーのレシピについて紹介していきます。工夫をして楽しみながら作れる、卵を使ったカレーレシピについて紹介します。
卵のせカレーのおすすめレシピ10選|カレーのアレンジレシピ

納豆のアレンジレシピ8選|納豆好きにおすすめのレシピ本4冊

今でこそ関西でも関東でも納豆を好んで食べる人が増えましたが、ひと昔前までは関東の人は納豆を口にしませんでした。しかし納豆の健康効果や美味しさを知り、今では国民食として愛されています。納豆をご飯のおともにするだけでなくアレンジしてより美味しく食べてみましょう。
納豆のアレンジレシピ8選|納豆好きにおすすめのレシピ本4冊

貧乏人パスタの作り方6つのステップと4つのアレンジ

イタリアに実在する「貧乏人のパスタ」を知っていますか。とても手軽で美味しいと、評判が広まっています。こちらの記事では、貧乏人のパスタの作り方を詳しく紹介します。アレンジメニューもおすすめです。あなたの料理のレパートリーに「貧乏人のパスタ」を加えてみませんか。
貧乏人パスタの作り方6つのステップと4つのアレンジ

ゆで卵の人気アレンジレシピ8選|ゆで卵を料理にトッピングしよう

卵は栄養価の優等生と言われています。卵のたんぱく質にはアミノ酸が豊富に含まれており、ミネラルやビタミンも入っています。そんな卵をゆで卵にするといろいろな料理にアレンジできてとても重宝します。ここではおいしいゆで卵のアレンジ方法、トッピング方法をお伝えします。
レシピアレンジ
2019年01月29日
ゆで卵の人気アレンジレシピ8選|ゆで卵を料理にトッピングしよう

デニムシャツのコーデ10選|デニムシャツに合うヘアアレンジ

カジュアルコーデをおしゃれに演出してくれるアイテムといえば「デニムシャツ」です。普段のカジュアルスタイルにプラスするだけでこなれ感のあるおしゃれなコーデを楽しむことができます。今回はデニムシャツを使ったおすすめコーデとヘアアレンジをご紹介いたします。
デニムシャツのコーデ10選|デニムシャツに合うヘアアレンジ

基本のリボンヘアゴムの作り方・リボンヘアゴムの3つのアレンジ

リボンヘアゴムを自分で簡単にハンドメイドしたいと考えている方も多いと思います。この記事では、基本のリボンヘアゴムの作り方とアレンジ方法、必要な材料などを紹介します。リボンヘアゴムは初心者でも簡単に作ることができますので、ぜひ読んでみてください。
基本のリボンヘアゴムの作り方・リボンヘアゴムの3つのアレンジ