Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月06日

1歳でケーキを食べさせていい?・お誕生日祝いのケーキレシピ

生まれて初めての誕生日の1歳になったお祝いに、ケーキを食べさせてもいいの。そう考える両親は多いのではないでしょうか。1歳にもなると一通りなんでも食べられるようになります。しかし1歳でケーキを食べさせるのは良いのでしょうか。その疑問にお答えします。

1歳でケーキを食べさせていい?・お誕生日祝いのケーキレシピ

1歳の子供のケーキ選びの注意点

誕生日といえばケーキを用意するのが定番ですが、生まれて初めての誕生日、1歳の誕生日に1歳 ケーキは準備してよいのでしょうか。

1歳の子供には生クリームたっぷりのケーキを食べさせても大丈夫なのでしょうか。初めてのことばかりなので両親だってわからないでしょう。

1歳の子供のケーキ選びには注意点がいくつかあります。それはどのようなことなのでしょうか。

生クリーム

クリームの定義は、生乳、牛乳もしくは特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を取り出したものとされています。脂肪分は18%以上とも決まっています。

生クリームは生乳から脂肪分をたっぷりとりだしたクリームだといえます。成長期の子供は栄養素として脂肪分を必要推奨カロリーの20%から30%になるよう摂取するのが望ましいですが、これは1歳児には当てはまりません。

脂肪分の摂りすぎは1歳児にとって肥満の原因です。

砂糖

ケーキには砂糖がたっぷり使われています。スポンジにも砂糖が、生クリームにもたっぷりの砂糖が使われています。

しかし1歳児に多くの砂糖を与えるのはいけません。1歳は個人の成長差が激しい時期ですが、1歳半程度では1日のエネルギー量はおよそ800Kcalです。エネルギーのほとんどは炭水化物から摂取します。

1歳の砂糖の摂取量は4gから5gが望ましいため、ケーキを食べさせると砂糖の推奨摂取量を大きく超えます。

添加物

生クリームやアレルゲン、砂糖だけが1歳の子供にケーキをあげる時の注意点ではありません。市販のケーキは食品添加物を使用したものがあります。

美味しそうに見せるために色や香りをつけているケーキがたくさん並んでいます。食品添加物全てが1歳の子供にリスクがあるというわけではありませんが、ママがラベルの添加物をチェックしてもわからないでしょう。

ケーキに不安を残したまま1歳の子供に食べさせる親はいません。

1歳の子供でも食べられるケーキ作りのアイディア

市販のケーキは砂糖や脂肪たっぷりの生クリームが使われ、食品添加物も入っているとなると、1歳の子供には手作りのケーキが最も安全でママも安心できるでしょう。

しかしケーキといえばクリームや砂糖は当たり前のように入っています。1歳の子供のためにケーキを作るのなら、どのようなケーキを作れば良いのでしょうか。

クリームや砂糖の代用品はあるのか考えてみましょう。

アレルギー・糖分に気をつけて材料を選ぼう

1歳の子供のためにケーキを作るなら、3大アレルゲンと糖分に注意して材料を揃えましょう。1歳の我が子にアレルギーにはなってほしくありませんし、砂糖の摂りすぎで健康被害にもかかって欲しくありません。

ですからケーキ作りにはアレルギーにならない安全な食べ物を選び、砂糖も上白糖は使わず別の自然な甘みをつければ、1歳でも安全に食べることができるケーキが完成します。

生クリームの代わりにヨーグルトを使う

まずは生クリームの代わりになる食材を探しましょう。最も良いのがヨーグルトです。ヨーグルトなら整腸作用もありますし、1歳児にも安心して食べさせられる食べ物です。

生クリームの代わりにするにはヨーグルトを水切りしてクリーム状にするとよいでしょう。ホイップクリームのようにスポンジにクリームを飾り付けることができますから、一見ヨーグルトとはわかりません。

水切りヨーグルトに少し砂糖を入れてもよいでしょう。

砂糖の代わりにてんさい糖・メープルシロップを使う

ケーキに必須の砂糖にはてんさい糖やメープルシロップを使うとよいでしょう。先ほどのヨーグルトクリームにもてんさい糖やメープルシロップで甘みをつけるとなお良いです。

てんさい糖とは甜菜から作られた砂糖で、上品な甘さがあります。精製されていないため、ゆっくり消化するのが特徴です。

メープルシロップは基本的に無添加で、ミネラルなどの栄養を含んでおり、1歳の子供にも優しい甘味料です。

小麦粉の代わりに米粉を使う

1歳の子供には3大アレルゲンが心配だという場合、小麦粉の代わりには米粉を使ったケーキを作りましょう。最近ではスーパーで米粉も手に入りやすくなっています。

米粉でできたホットケーキミックスなどもすでに販売されており、米粉を使ったレシピなども多くネット状に掲載されていますから、その用途は多様です。

小麦粉の代わりに米粉を使ってケーキのスポンジを焼けば、1歳の子供でも安心して食べることができます。

フルーツの皮を器にゼリーケーキを作る

米粉でなかなか上手くスポンジが焼けない、という場合は、フルーツの皮を器の代用にしてゼリーケーキを作りましょう。

ケーキのスポンジを焼かなくても良いので、スポンジに使う甘みを抑えることができますし、ゼリーなら離乳食が終わっていない1歳の子供でも簡単に食べることができます。

ゼリーケーキは混ぜて冷やし固めるだけの簡単なケーキなので、1歳の誕生日の当日でも簡単に作ることができます。

メロンのゼリーケーキ

メロンを器にしたゼリーケーキは見栄えも良く豪華で、1歳の子供も簡単に食べられるゼリーとフルーツなので、安心のケーキです。

作り方はメロンの上から2㎝程度のところを切り種を出し、汁を取り出しておきます。その後丸くくり抜けるスプーンで身を取っていきます。

汁に水を足して鍋で寒天を煮溶かして、メロンの器にくり抜いた丸い身を詰め、煮溶かして冷ました汁を入れて冷蔵庫で冷やし固めます。

メーブルのゼリーケーキ

メープルシロップを使うと、色々なゼリーケーキができます。

ヨーグルトムースにメープルシロップ、豆乳を入れて、溶かしたゼラチンを入れて冷蔵庫で冷やします。冷やしたヨーグルトムースの上に好みのフルーツを並べます。

リンゴジュースと溶かしたゼラチンを混ぜ合わせ、フルーツの上に回しかけます。そのまま冷蔵庫へ入れ固まるまで待ちます。

メープルシロップは1歳児が食べても安心な甘味料なので、ママも安心して作れます。

スイカのゼリーケーキ

スイカはそれだけで甘みもあり、色鮮やかでゼリーケーキにすると迫力満点です。

まずはスイカを半分にカットします。その後果肉を取り出しジューサーにかけます。果汁半分に寒天を入れ寒天を煮溶かして、残りの果汁を入れ混ぜます。

スイカの皮にあら熱が取れた果汁を入れたら冷蔵庫で冷やし固めます。

いつも食べている小さなスイカが大きな状態でゼリーになって出てくるので1歳の子供もびっくりでしょう。

市販の1歳用ケーキキットで作る

我が子には自家製の安全なケーキを食べて欲しいと思いつつも、若干準備が面倒だと思うママも多いでしょう。そんなママには1歳用の市販のケーキキットが販売されています。

市販のケーキキットを使えば、材料を混ぜて、レンジで加熱するだけで1歳でも安心して食べることができるケーキを作ることができますから、お菓子作りが苦手というママにはおすすめです。

子供の食べ物の添加物が知りたいあなたに贈る1冊!

添加物の怖さを教えてくれる1冊です。スーパーで普通に販売されている加工食品にはどれだけ添加物が入っているのか、安さの代償は何かを教えてくれます。

子供に安心安全な食べ物を教えてあげる、食べさせてあげたいママならば、添加物の怖さを知っておく必要があるでしょう。

誕生日ケーキを引き立てる可愛いグッズ

1歳の子供のために自家製の安全なケーキを焼いたのなら、そのケーキを一層引き立たせてくれるアイテムを準備して、子供がより喜ぶよう仕上げましょう。

ケーキを引き立たせてくれるアイテムとはどのようなものがあるでしょうか。1歳の子供のケーキでなくとも他のケーキでも活躍するアイテムですから、ぜひ覚えておきましょう。

ケーキトッパー

ケーキトッパーとはケーキの上に飾られるモチーフのことです。最近ではSNS上で話題になっています。

布やドライフラワー、レースなどを使って自作することもできるケーキトッパーは、1歳の誕生日であれば年齢を示した数字のモチーフを作り飾ると、より効果的です。

女の子の場合はレースやリボンなどを使ってハート型のケーキトッパーを飾れば愛らしくてよいでしょう。

ケーキスタンド

ケーキを盛り付ける台のことをケーキスタンドと呼びます。ケーキスタンドはショッピングモールでも見かけることができます。

材質も木製やプラスティック、銅などさまざまで、高さもそのケーキスタンドによって異なりますから、高ければ高いほどケーキの見栄えはよくなります。

またケーキスタンドは1段だけではなく数段にわかれているスタンドもあり、複数のケーキを盛り付けることもでき、豪華さを演出できます。

ガーランド

ガーランドはケーキパンティングとも呼ばれる、シンプルなケーキもガーランドをつければ簡単に可愛い、または個性的なケーキにデザインすることができるアイテムです。

最もシンプルなガーランドは、ストロー2本に紐を結び、紐に三角の色とりどりの紙を貼り付けていきます。凝ったものは他に多くあり、金具を使って英数字が記されている、絵がぶら下がっているガーランドがあります。

このガーランドはケーキに刺して使います。

1歳の子でも食べられるケーキで誕生日を祝おう

いかがでしたか。我が子がもうすぐ初めての誕生日、1歳の誕生日を迎えるというママには必見の記事だったのではないでしょうか。

市販のケーキがいかに1歳の子供に悪影響かわかったことでしょう。手作りケーキで代用するアイテムがわかったところで、自家製ケーキを作れるでしょうか。

腕に自信のない人は市販のキットも販売していますし、肩ひじ張らずに自信のある人もない人も1歳の子供のためのケーキを焼いてあげましょう。

1歳を最高の誕生日にする方法とは

1歳の誕生日を最高の日にするためには、自家製ケーキを焼くだけではいけません。他にも部屋の飾りつけ、風船を飛ばす、いつもの椅子を可愛くするなどがあります。

また家族写真を撮るのも後々になって記念に残るでしょうし、手形足形をとるのは昔からの風習です。

ゲストを大勢招くのも最高の誕生日になる方法です。パパとママだけでなく祖母祖父、義理の両親も呼ぶと、賑やかになり子供にとって笑顔の絶えない1日になります。

ケーキ

Related