Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月28日

夏バテに効く食べ物ランキング10|夏バテ解消レシピ

夏バテは食生活のバランスが崩れることで身体が必要とする栄養のバランスが崩れて体力低下、免疫力の低下を引き起こしてしまうことです。夏バテを解消させる方法はバランスの良い食生活にもどすことなので、夏バテ中でも食べられる夏バテ解消メニューをご紹介いたします。

夏バテに効く食べ物ランキング10|夏バテ解消レシピ

夏バテに効く食べ物を選ぶポイント

夏バテに効く食べ物ランキング10|夏バテ解消レシピ

暑い時期はどうしても食欲が落ちてしまいますが、体力をつけようとお肉ばかり摂ったり、食欲が無いから冷たい食べ物しか食べなかったりすると体力が落ちて夏バテになりやすくなります。偏った食事はたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が不足し、ますます食欲がなくなり疲れが溜まります。

夏場の疲れの悪循環を改善するために、こちらでご紹介する食べ物で夏バテを防止するポイントをしっかり抑えてください。

ポイント1:温かいもの

暑い夏こそ冷たい食べ物を食べたくなりますが、冷たい食べ物は内臓を冷やしてしまい代謝を落としてしまう可能性があります。代謝が落ちると体の中に老廃物が溜まり、むくみの原因になり、身体にもだるさが出てきてしまいます。

温かい食べ物を食べると代謝が上がり自然な汗をかくことができるので、この自然な代謝によって適切な体温調節ができるようになるので夏バテを防止することができます。

ポイント2:タンパク質

たんぱく質が不足すると筋力が弱まり、内臓の機能も低下するので、体調不良、疲労感が出て夏バテにつながっていきます。たんぱく質は肉や魚、卵、大豆・大豆製品、牛乳などの乳製品にも多く含まれているので、きちんとした食生活をしていればたんぱく質不足になり夏バテになることはありません。

夏場に食欲が低下して食事が摂れなくなるとどうしてもたんぱく質不足で免疫力が落ち、夏バテになりやすくなるので注意してください。

ポイント3:ミネラル

ミネラルが不足すると代謝がうまく働かず、エネルギーの効率も落ちて「だるい」「疲れやすい」という夏バテ症状が出てきます。だからといってミネラルウォーターに含まれるミネラルは直接身体に取り込むことができないのでミネラルウォーターを大量に飲んでも解消できません。

野菜や麦茶に含まれるミネラルは気軽に摂れるので、食欲がないときには疲れたときなどはサラダや麦茶などでミネラル不足を補ってください。

ポイント4:ビタミンB群

ビタミンB群は脂肪の燃焼を促してくれたり、皮膚や粘膜の機能を維持してくれたり、ホルモンバランスを整えてくれます。身体を正常に保つうえでとても必要なビタミンB群は夏バテや疲れにとても効果的です。

豚肉やぬか漬け、卵や納豆、魚や鶏肉、など食材を見ても主要な食材には必ず入っているビタミンなので、これらの食べ物をちゃんと食べて、きちんとした食生活をしていれば夏バテを避けることができます。

ポイント5:ビタミンC

ビタミンCは疲労回復だけではなく、ストレス解消や夏で疲れた肌への美容にいい効果もあります。疲れやストレスをためてしまうと活性酸素を大量に発生させてしまい疲労や体力低下を引き起こしますが、ビタミンCはこれを抑えてくれます。

疲労回復やストレス緩和だけではなく、シミ・しわやニキビ予防、寝起きの改善、免疫力を高めるなどの効果があるので、食事に一品フルーツやサラダを加えてビタミンCを取り入れてください。

夏バテに効く食べ物ランキングTOP10

ここでは夏バテの商品と感じたときに食べたい食べ物をご紹介してます。夏バテをしてしまうと胃腸も弱ってしまいます。胃腸が弱ると食べ物を食べる量が減ってしまい、栄養が偏ってしまいますので、ますます夏バテが悪化してしまいます。

こちらでは夏バテで疲労を感じている胃腸でも食べれる食べ物や、夏バテを解消させてくれる食べ物を使用したメニューも紹介していきますのでぜひ活用してください。

食材1「豚肉」

豚肉に多く含まれているビタミンB1は炭水化物(糖質)をエネルギーに変えてくれたり神経の働きを回復してくれるので、疲労回復やストレスの緩和をしてくれます。冷たい食べ物やアイスやジュースなどで糖質をたくさんとる夏ではビタミンB1不足に陥りがちです。夏バテ感や疲労感を感じたときには積極的に摂取するように心掛けてください。

夏場でもさっぱり食べやすい豚肉を使ったレシピをご紹介しますのでご参考にしてください。

豚肉を使ったレシピ

暑い時にはさっぱりした料理を食べたくなります。クエン酸ですっきりのポン酢に体力回復のあらびきガーリックを足してスタミナポン酢で栄養たっぷりの豚肉をさっぱりガッツリ食べれるのでさっぱりすぎるのが少し苦手な男性にもとてもオススメの食べ物です。

ポン酢に含まれるクエン酸で疲れも取れやすくなりダイエットにもいいので夏バテをしていてもたくさん食べれます。

【材料】
冷しゃぶ用豚肉        300g
フリルレタス         4枚
糸唐辛子           ひとつまみ
薬味ネギ小口切り       大さじ2
ポン酢            大さじ4
あらびきガーリック   小さじ1

【作り方】
1.冷しゃぶ用豚肉は熱湯(分量外)で茹でておく。ザルにあけたら、水にはさらさずそのまま冷ます。
2.ポン酢とあらびきガーリックを合わせてタレを作っておく。
3.フリルレタスをひいたお皿に冷しゃぶ・薬味ネギ・糸唐辛子を盛り付ける。
  食べるまで冷蔵庫でしっかり冷やし、食べる前に2のタレをかけて完成!

出典: http://www.recipe-blog.jp/spice/recipe/88217 |

食材2「うなぎ」

ビタミンがとても豊富なのに加え、ビタミンB1、B2、D、E、などの大量のビタミン群に加えカルシウム、鉄分と体に必要な栄養素満載の万能の食べ物です。お店で食べると家計への負担が大きくなってしまいますが、ここでは家で手軽にできるウナギ料理をご紹介いたします。

うなぎを使ったレシピ

美味しいくて栄養価の高い食べ物のウナギは土用の日だけではなくても食べたい食べ物です。人数分の大きなウナギを買わなくても、とても美味しくて豪華に見えるのでどの年代にも食べやすく喜ばれるメニューです。

半分くらいまで食べてから最後に市販のおだしを入れると、食感と味を変えて楽しく食べれます。栄養満点の食べ物のウナギを取り入れて健康になってください。

【材料】
ウナギ 1尾
卵 1個
ご飯 どんぶり1杯
海苔 少し
小ネギ 少し

【作り方】
1.ウナギは酒を振りかけて、オーブンで温めてから1センチ幅に切る。
2.薄焼き卵を作る。海苔は細切り。小ネギは小口きり。
3.ご飯にすりゴマ、ウナギのたれを混ぜ、薄焼き卵、海苔、1のウナギをのせて、山椒を振る。小ネギをのせる。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/21469/recipe/267900 |

食材3「レバー」

疲労回復の食べ物で毎回上位にでてくるの食べ物がレバーです。レバーにはとても豊富な鉄分が含まれているのでなかなか疲れの取れない夏バテに最適です。この鉄分は肉類や魚介類から摂れる動物性の「ヘム鉄」なので、大豆や海藻類に含まれる「非ヘム鉄」よりも体内へのの吸収率がとても高いのが特徴です。

たくさんの食べの中でもこのレバーはとても栄養価の高い食べ物と言えるでしょう。適量を摂取して夏バテを回復してください。

レバーを使ったレシピ

レバーは臭みなどもあり苦手な人もいますが、食べやすくするために大切なのがソースです。ソースで煮込む場合はみりんの量を少し増やすとマイルドになります。

冷蔵庫保存で約一週間は持ちますが、味が染みた次の日あたりが食べ頃です。少量でも栄養価の高い食べ物なので食べ過ぎないようにおつまみや箸休めのように少量を少しづつたべるのがおすすめです。

気軽に鉄分補給ができる一年中楽しめるレシピになります。

【材料】
レバー(心臓付き) 250〜350g
(A) .
うま!ソース 100ml
料理酒 30ml
水 30ml
みりん 10ml

【作り方】
1.レバーは血の塊が付いている場合は取り除き水に5〜10分ほど浸けて血抜きをします。心臓と同じサイズになるよう大体4等分にカットします。
2.計量カップに調味料(A)を全て追加、追加で入れていきます。鍋に調味料を入れて中火にかけます。
3.グツグツしてきたら【A】のレバーを入れレバーに完全に火が通るまで蓋をして10分ほど中火で煮込みます。火から下ろし冷めたらタッパーに入れ冷蔵庫で味を染み込ませます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/113969/recipe/1189868 |

食材4「豆腐」

豆腐は体を作る基本的な栄養素ということではなく身体の健康を維持増進させることができる食べ物です。ヘルシーなのに栄養価が高いので海外でも人気です。

夏バテで食欲が無くてもさっぱり食べれる食べ物です。とても栄養価の高いお豆腐をしっかりとれてメインにもなるレシピをご紹介いたします。

豆腐を使ったレシピ

夏場にはどうしても胃もたれをしてしまいそうなハンバーグも、今回はしそ入り豆腐ハンバーグでヘルシーに食べれます。お好みで唐辛子をのせた大根おろしにポン酢をかけてさっぱりと食べれるので夏場に嬉しいヘルシーメニューです。

【材料】
☆鶏挽肉 300g
☆豆腐(絹) 1/2丁
☆しそ(みじん切り) 10枚
☆塩 小1/4
☆片栗粉 小2
大根 5センチ程度
ポン酢 小1*4名分
七味唐辛子 お好みの量
オリーブオイル 大1
春キャベツ(付け合わせ) お好みの量
【作り方】
1.付け合わせの春キャベツはざく切りして水気をきっておく。
大根は皮を剥いておろし、軽く水分をきる。
2.ボウルに☆を入れ、よく混ぜる。
まとまりがよくなってきたら8等分して形を丸か楕円形に整える。
3.フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、2を並べて少し真ん中をくぼませる。
4.焼き色がついたら裏返し、アルミホイルをかぶせて3分半、再度裏返して約1分蒸し焼きにする。
5.お皿に付け合わせを盛り付け、4を置く大根おろしとポン酢、七味をトッピングして出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/244907/recipe/1268203 |

食材5「夏野菜」

夏野菜といえば、トマトやキュウリやオクラ、カボチャやピーマンなどがありますが、 旬の野菜は時期的な食べ物なので「安い」「美味しい」「栄養価が高い」など良いこと尽くめです。

旬の野菜はその時期の気候に合わせて体の調子を整えてくれる作用あるので、旬の食べ物は積極的に摂るようにしてください。

夏野菜を使ったレシピ

最近人気のタイ料理ですが、暑い国の料理だけあってお肉・お野菜をたっぷり摂れる栄養満点の食べ物が豊富にあります。難しいイメージのあるタイ料理ですが、冷蔵庫にある夏野菜を刻んで炒めるだけで簡単に作れますので、夏の定番レシピの1つにしてください。

今回は夏野菜がたっぷり摂れるガパオライスです。

【材料】
豚の挽肉 150g
◎ズッキーニ 1/3本 
◎ピーマン 2個 
◎赤パプリカ 1/2個 
◎なす 1本
にんにく 1片
●酒 大さじ1
●ナンプラー 大さじ1
●オイスターソース 大さじ1
●砂糖 小さじ1
●鶏がらスープの素 小さじ1/2
●赤唐辛子 1本
ご飯 2膳
目玉焼き 2個
バジル 適量

【作り方】
1.◎の野菜は7~8ミリ程度の角切り。にんにくはみじん切りにする
2.赤唐辛子は種を取って輪切りにし、●の他の材料と混ぜておく
3.フライパンに材料外のゴマ油を敷いて、にんにくを炒め、香りが出たら◎の野菜を入れて炒め少ししんなりとしたら、豚の挽肉を加えて炒める
4.豚肉の色が白っぽく変わり、ズッキーニやナスがしんなりしたら②で準備した炒めるタレを入れて、全体にからめながら炒める
5.皿にご飯を盛り、④をかけ、目玉焼きとバジルをトッピングしたら出来上がり

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/134590/recipe/1292552 |

食材6「キムチ」

キムチには塩分のナトリウムが豊富に含まれているますが、食物繊維やカリウム、ビタミンCやビタミンB群なども含まれているバランス食品になります。発酵食品でもあるので善玉菌が豊富で整腸作用もありますが、唐辛子の量によって辛さも違うので食べ過ぎると胃が荒れてしまうこともあるので注意してください。

夏場でもさっぱり食べれて栄養たっぷりのキムチレシピをご紹介いたします。

キムチを使ったレシピ

栄養満点のキムチとこちらも栄養満点の食べ物の納豆をトッピングした冷たいうどんです。ビタミンB群、食物繊維、たんぱく質がこれ一品で気軽に摂れるので夏場にぴったりの疲労回復メニューです。キムチや納豆に味があるのでめんがつゆはお好みでかけなくても大丈夫です。

【材料】
うどん(生またはゆで) 2玉
キムチ 40g
納豆 2パック
ねぎ 1本
きざみのり 少々
めんつゆ(ストレート) 適量

【作り方】
1.ねぎは小口切り。
2.納豆は添付のたれを入れて混ぜ合わせる。
3.うどんをゆでて、ゆで上がったらざるにあげて、水で冷やす。
4.器に3を盛り、キムチ、2、1、きざみのりをのせ、食べる直前にめんつゆをかける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1282299 |

食材7「鶏肉」

鶏肉は部位によって味や食感が変わってくる食べ物なので、食欲がないときはむね肉、ささみ肉を使用した低カロリー高たんぱく質のさっぱり料理にして、胃腸が回復してきたらから揚げや照り焼きなどのがっつりと食べれるスタミナ料理などが楽しめる食材です。

鶏肉には胃腸などの身体の機能を回復させてくれる良質なたんぱく質が豊富に含まれています。夏バテで食欲がないときには鶏肉を食べることをおすすめします。

鶏肉を使ったレシピ

ベーコンの旨味と、にんにくと醤油風味が食欲そそる鶏肉ソテー。簡単調理でお弁当のおかずやおつまみにも好評な一品です。鶏肉には良質のたんぱく質がが含まれているので疲労回復効果がありますし、皮には美肌効果のコラーゲンもたっぷりです。

青ネギやニンニクも体調の悪いときや夏バテにも良く効く食べ物なので鶏肉と合わせたこの料理は夏場の疲労を回復するのにぴったりの料理です。

【材料】
鶏肉 300g
青ネギ 1束
ベーコン 2枚
☆にんにく(チューブ) 小1/2
☆醤油 大1
オリーブオイル 大1

【作り方】
1.鶏肉は一口大、青ネギは3センチ長さ、ベーコンは7ミリの薄切りにする。
2.フライパンに油を熱し、皮目を下にして鶏肉を中火で焼く。
焼き目がついたら裏返し、アルミホイルをかけて蒸し焼きする。
3.4分ほど蒸し焼きして中まで火を通し、アルミホイルを外して空いた所にベーコンを入れて焼く。
4.ベーコンに焼き目がついたら☆を入れて味を調え、青ネギを加えてざっくり混ぜ合わせて出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/244907/recipe/1286705 |

食材8「たまご」

卵は食材の中でも特に栄養バランスに優れている食べ物です。栄養価ですが、卵一つで必須アミノ酸が全て摂れてしまうほど数多くのアミノ酸が含まれていますし、各種ビタミン、ミネラルなど非常に多くの栄養素がふくまれています。

夏場の疲労を感じたら卵を摂って体力の早期回復を目指してください。

たまごを使ったレシピ

夏が旬の野菜を使って栄養価の高い料理です。キュウリとトマトでビタミンをたっぷり摂って、そこに必須アミノ酸、たんぱく質、ビタミン、ミネラル豊富の卵を加えることで簡単に夏バテなどの疲労を回復してくれる料理のでき上がりです。

油をゴマ油など栄養価の高い油をしようするとさらに消化吸収がよくなるのでおすすめです。夏野菜のきゅうりとトマトに栄養満載の卵加えて炒めることで簡単でバランス良い食事ができます。

【材料】
きゅうり 2本
トマト 2個
たまご 3個
醤油 砂糖 各大さじ1

【作り方】
1.きゅうりとトマトは、一口大に切る。たまごは、溶いておく。調味料は混ぜておく。
2.温めたフライパンに油を入れて、たまごを入れ、一回かき混ぜてすぐに取り出す。そのフライパンに野菜を入れてさっと火を通す。
3.野菜の入ったフライパンにたまごを戻して、調味料を加える。かきまぜたら完了

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/22503/recipe/9699 |

食材9「果物」

果物には豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれているのに加えて夏の暑い日、食欲がないときでも手軽に摂れる食材です。

水分も程よくあるので食べやすいのに加えて栄養も豊富なので体力低下ときにとても重宝します。暑くて食欲がないときには果物から水分と栄養を摂って身体の中から元気にしてあげてください。

果物を使ったレシピ

夏場に嬉しいフルーツポンチは果物の缶詰を汁ごと使用できるので疲れていても簡単に作ることができます。炭酸とフレッシュフルーツを合わせるだけで華やかでおいしいデザートができ上がりるので食欲がないときに見た目も楽しい一品です。

貧血予防や消化を助けたり、疲労にも美容にもおすすめの食べ物です。

【材料】
桜桃缶詰(410g) 1缶
キウイフルーツ 1個
イチゴ 12粒
バナナ 1本
広島レモンの果汁 (お好みで) 小さじ1
炭酸水 100cc

【作り方】
1.器に、桜桃缶詰の汁を入れる。
2.フルーツをサイコロ状、またはスライスし、食べやすい大きさに切る。
3.カットしたフルーツを、汁の入った器に入れる。
4.食べる直前に、炭酸水を加えて出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/202636/recipe/1039193 |

食材10「唐辛子」

唐辛子に含まれているカプサイシンは食欲を増進させてくれます。唐辛子を食べると体内のエネルギー代謝が活発になるので唐辛子は夏バテの疲労感を和らげてくれるおすすめ食材です。

唐辛子を使ったレシピ

ジャガイモはビタミンCと食物繊維が豊富で、牛肉のたんぱく質やビタミンととても相性がいいです。そこに食欲を増進させてくれる唐辛子を加えることで、夏に嬉しいスタミナ料理のでき上がりです。

ほくほくのジャガイモと、唐辛子の辛味のきいた牛ひき肉の炒め物です。口をひりひりさせながらどうぞお召し上がりください。

【材料】
ジャガイモ 大1個(小なら2個)
牛ひき肉 100g
鷹の爪 5本
塩 小匙1
醤油 大匙1
油 大匙2
ニンニク 1かけ

【作り方】
1.ジャガイモの皮をむき1㎝角の拍子木切りにし水から茹でる。沸騰して10分~12分(中火)柔らかくなったらざるにあげておく。
2.鷹の爪は種を取り小口切りに、ニンニクはみじん切りにする。
3.フライパンに油大匙2を入れ、鷹の爪とニンニク、塩小匙3/4を弱火でじっくり(唐辛子のうまみがしっかり出るように)炒める。
4.③にひき肉を入れて炒める(弱火~中火)肉に火が通ったら味をみて、必要ならば更に塩小匙1/4を足す。
5.④に①のジャガイモを加えて、味がなじむように(焦げないよう気をつけながら)弱火~中火で1分半ほど炒める。
6.火を止める直前に醤油大匙1を回し入れて、軽く混ぜ合わせる。お皿に盛って完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/202662/recipe/1039493 |

夏バテしやすいあなたにおすすめのアイテムはこちら

夏バテをしやすい人は「まだ大丈夫」と無理をしてしまう人です。Amazonでも「ボディタオル」部門で売上ベストセラー第1位を獲得するほど大人気商品の「クールコアタオル」をおすすめします。このタオルは水に濡らして絞って振るだけで冷たくなり何回でも使うことができます。

夏場ついつい無理や我慢をしてしまうあなたには、こちらの商品で火照ってしまった身体を素早くスールダウンすることをおすすめします。

夏バテ解消のためのコンビニメニュー

最近のコンビニのお弁当は食の偏りを抑えてバランス良く栄養が摂れるように考えられています。夏バテ解消の食べ物の選び方としては主食のお弁当はお野菜・肉・魚がバランス良く入っている幕の内弁当や鮭弁当など、少し食欲がないときにはトロロ蕎麦や山菜蕎麦、冷やし中華などの麺類もおすすめです。

サラダ類も豊富にそろっていますし、カットフルーツも手軽に摂ることができるので、気力がないときはコンビニを活用してください。

夏バテ対策の食べ物を選ぶポイント

夏場はどうしても「冷たい飲み物」「アイス」「素麺」「すいか」など、食べやすいものに走ってしまうので食や栄養の偏りがでてきてしまい、体力や免疫が低下して夏バテの症状に陥りがちです。

食欲が落ちているときは食べられるものに栄養のある食材を少しプラスしていくだけで徐々に体力は回復していきます。栄養のある食べ物を効率よく摂っていく方法をご紹介いたしますので疲労回復解消に役立ててください。

タンパク質

たんぱく質とは肉・魚・枝豆どの大豆製品・乳製品・卵などに含まれる栄養素になります。どうしても冷たいアイスを食べたいときは氷系のアイスより乳脂肪分の多いソフトクリームを選んでたんぱく質を摂るように心がけるようにしてください。

素麺にツナ缶を入れてもいいですし、そこに卵黄を入れて混ぜても美味しくたんぱく質が摂れます。食べるときにたんぱく質を意識をすると自然と選ぶものも変わってくるので体力も回復します。

野菜

夏が旬の夏野菜を選んでこの時期に足りないビタミン、ミネラルの豊富に含まれている食べ物を摂るようにしましょう。特にトマトは栄養価のバランスが良いので食べる気力が無いときはトマトジュースを飲むことをおすすめします。

生野菜をサラダで食べるのもいいですが、サラダに豚肉のしゃぶしゃぶをプラスしたり、じゃが芋やナスやパプリカなど温野菜サラダにすると内臓を冷やさず高い栄養がとれるので試してください。

食べ物の量

体力が落ちて胃腸も弱っているときに元気のあるときと同じくらいの食事の量を摂ってしまうと胃がびっくりしてしまい、さらなる食欲低下につながってしまう恐れがあります。いくら栄養のある食事を心がけても今体調に見合っていない食事の量を摂ることは逆効果になってしまうので注意してください。

無理は禁物ですが食べるものに気をつけないと疲労は回復をしていかないので、食事の量より食べ物の質を意識するようにしてください。

食べ物で夏バテ対策して夏を乗り切ろう

夏バテ解消の一番の効果としてはバランスよく食事を摂ることがとても大切だということがわかりました。

しかし暑くなるとどうしても水分が中心の生活をしてしまい、水分で満腹感がでてしまうので食事の量が減ってしまい栄養価のバランスがさがってしまい夏バテになってしまうので、食欲がなくなる前にさっぱり食べれる夏のお気に入りメニューを探してください。

食べ物以外の夏バテ対策も

体温の調整がうまくいっていないと夏バテになりやすいです。お風呂ではぬるめのお湯で半身浴をして体の中からゆっくり体温を上げてバランスの良い体温調節を心がけるようにしてください。

夏バテ防止には、こまめな水分補給と上手な体温調節、バランスの良い食事や質の良い睡眠などがとても大切です。食事以外でも日常生活を規則正しく過ごすことをおすすめします。

Related

かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

かまぼこは正月のおせち料理や長崎ちゃんぽん、丼物、おでんなどの料理に多く使用される魚の練り物です。栄養価が高く低カロリー食品です。かまぼこは板に載せて販売しています。おせち料理などで使用すると余ることがあります。余りは冷凍保存できます。その方法を紹介します。
レシピ
2019年05月21日
かまぼこを冷凍保存するコツ|おすすめのかまぼこレシピ6選

スウェーデン料理のレシピ20選|食べられるお店3選

スウェーデンはスカンジナビア半島に位置します。長くつ下のピッピやニルスの不思議な旅など、児童書やアニメで小さい頃から親しんでいる方も多いのではないでしょうか。そのスウェーデンの家庭料理や伝統料理のレシピ、スウェーデン料理を堪能できるレストランをご紹介します。
レシピ
2019年03月25日
スウェーデン料理のレシピ20選|食べられるお店3選

ゆで卵の栄養分を詳しく解説|活用した健康レシピ10選

家庭でもよく口にする卵ですが、どのような栄養が含まれているか、ご存知でしょうか。この記事では、卵の栄養素から、ゆで卵を使った活用レシピまで紹介します。卵の魅力を知るきっかけにし、日々の生活に取り入れる参考にしてみてください。
レシピ
2019年03月14日
ゆで卵の栄養分を詳しく解説|活用した健康レシピ10選

ウェイパーがない時の代用品6選|ウェイパーを使う料理は?

売っているのは見かけてもなかなか手が出せなかった味覇は、便利だとかおいしいとかは聞きますが使い方がわからなければ手は出しにくい物です。ここではウェイパーの特徴をはじめとしてレシピも数個紹介しています。ウェイパーの使い方を覚えてレシピを増やしてみましょう。
レシピ
2019年03月14日
ウェイパーがない時の代用品6選|ウェイパーを使う料理は?

ささみを使うスープのレシピ10選|ささみのスープに合うサラダ

ささみは高タンパク・低脂肪・低カロリーでダイエット食材としても人気があります。ささみをおいしく食べるために、ささみを使うスープのレシピ10選や、ささみの栄養素などをご紹介します。さらに、ささみのスープに合うサラダもご紹介しますので、ぜひご覧ください。
レシピ
2019年03月08日
ささみを使うスープのレシピ10選|ささみのスープに合うサラダ

白髪ねぎを使ったおすすめレシピ8選|効能3つと調理道具

季節も変わり、寒さが強くなる一方になりました。これから風邪などの対策に備える人も多くなるなかで、ねぎについて紹介していきます。なぜ、ねぎがいいのか。記事をご覧になればその魅力に引き込まれ、重要性がわかってきます。ぜひ、一度ご覧になってください。
レシピ
2019年03月08日
白髪ねぎを使ったおすすめレシピ8選|効能3つと調理道具

チーズフォンデュトーストレシピ10選|チーズフォンデュ料理

チーズフォンデュトーストとは、チーズフォンデュをトーストの上にのせて食べるおいしいメニューです。朝食などにぴったりのおいしさとボリュームで、大人気のレシピです。今回は、チーズフォンデュトーストのレシピ10選と、アレンジレシピ4選をご紹介していきます。
レシピ
2019年03月07日
チーズフォンデュトーストレシピ10選|チーズフォンデュ料理

キワーノの食べ方とアレンジレシピ8選|「悪魔の実」のお味は?

別名を悪魔の実と呼ばれる南国のフルーツのキワーノは、見た目はモンスターの卵のような形をしています。食べるとどのような味がするのでしょうか。見た目も中身も刺激的な味なのでしょうか。この不思議なフルーツの食べごろやおいしく食べられるレシピなどをご紹介します。
レシピ
2019年03月07日
キワーノの食べ方とアレンジレシピ8選|「悪魔の実」のお味は?

ブロッコリースプラウトのレシピ10選|相性の良い食材3つ

栄養価の高いブロッコリースプラウトは、天然のサプリメントとして注目を集めています。ブロッコリースプラウトを毎日の食卓に取り入れられるように、色々なレシピをピックアップしてみました。ブロッコリースプラウトは、和食や洋食どちらにも手軽に取り入れられる万能野菜です。
レシピ
2019年02月04日
ブロッコリースプラウトのレシピ10選|相性の良い食材3つ

カッサータのおすすめレシピ10選|イタリア発祥のスイーツ

イタリア発祥のスイーツ、カッサータの作り方やアレンジレシピをご紹介します。ドルチェ好きが多いイタリアの家庭でよく作られるカッサータは、中に入れる食材によって多様な顔をもち、自分の好みにあったカッサータを作ることができるので、手作りにおすすめのスイーツです。
レシピ
2019年01月31日
カッサータのおすすめレシピ10選|イタリア発祥のスイーツ

怪味ソースの活用レシピ16選|話題の万能ソースを活用しよう

人気調味料の怪味ソースについて紹介します。怪味ソースを買ったものの持て余している方も、初めて怪味ソースを食べる方にもおすすめの、怪味ソースに合うおすすめのレシピ16選や、その他万能調味料についても紹介します。自炊初心者の方にもおすすめです。
レシピ
2019年02月05日
怪味ソースの活用レシピ16選|話題の万能ソースを活用しよう

天ぷらの上手な揚げ方5つのコツ|サクサク天ぷらを作ろう!

「天ぷらに求めることは?」と聞かれたら皆さんはどう答えるでしょうか。多くの方が、「サクサクに揚がっていること」とおっしゃるはずです。しかし天ぷらの揚げ方はアバウトな方が多いのではないでしょうか。今回は5つの天ぷらのサクサクに揚げるコツを紹介します。
レシピ
2019年02月05日
天ぷらの上手な揚げ方5つのコツ|サクサク天ぷらを作ろう!

おすすめのきんぴらごぼうアレンジレシピ10選|保存方法

家庭料理の定番であるきんぴらごぼうですが、作り方に自信はありますか?きんぴらごぼうの基本レシピから、作りすぎた場合のアレンジレシピなど、きんぴらごぼうについてご紹介します。たくさんのアレンジレシピから自分好みのアレンジを見つけましょう。
レシピ
2019年02月05日
おすすめのきんぴらごぼうアレンジレシピ10選|保存方法

レンジを使ったとうもろこしレシピ10選とアレンジレシピ5選

とうもろこしの食べ方について紹介しています。茹で方、レシピ、便利な調理器具などすぐに役に立つ情報ばかりまです。旬の時期でなくても、冷凍食品や缶詰などが年中通して、お手頃な値段で購入することができるとうもろこしは、食卓には欠かせない野菜です。
レシピ
2019年02月05日
レンジを使ったとうもろこしレシピ10選とアレンジレシピ5選

きゅうりメロンのおすすめレシピ6選|栽培する時のポイント

皆さんは「きゅうりメロン」をご存じですか。ブドウの実ほどの大きさですが、すいかのような模様を持つ愛らしい姿をした食べ物です。本記事では、きゅうりメロンの概要やおすすめレシピ、栽培方法を紹介しています。簡単に育てられるため、ぜひご家庭で育ててみてください。
レシピ
2019年02月05日
きゅうりメロンのおすすめレシピ6選|栽培する時のポイント

冷凍ハンバーグを美味しく焼く10の手順|アレンジレシピ9選

冷凍保存に適しているハンバーグは、作り置きおかずとして重宝されています。今回は冷凍保存しておいたハンバーグを、より美味しく食べられる解凍や調理方法のコツをピックアップしてみました。美味しく食べられるアレンジレシピも紹介した冷凍ハンバーグ特集です。
レシピ
2019年01月31日
冷凍ハンバーグを美味しく焼く10の手順|アレンジレシピ9選

カルビを使った人気のレシピ5つ・カルビにあう献立5つ

カルビを使った人気のレシピ5つ、カルビにあう献立5つとは、どのようなものでしょう。カルビをいただくときは、カルビにあう献立も一緒に考えます。そこで、この記事ではカルビを使った人気のレシピ5つ、カルビにあう献立5つをまとめてみたので見てみて下さい。
レシピ
2019年01月29日
カルビを使った人気のレシピ5つ・カルビにあう献立5つ

一汁二菜のおすすめレシピ21選|一汁二菜の献立のポイント5つ

一汁三菜はよく聞きますが、一十二菜とはどのような献立なのでしょうか。一汁三菜は作るのに時間がかかるけれど、一汁二菜なら主菜と副菜を揃えるだけで、栄養面も簡単に考えることができます。今回は古くから食べられてきた一汁二菜について考えてみましょう。
レシピ
2019年01月30日
一汁二菜のおすすめレシピ21選|一汁二菜の献立のポイント5つ