Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月07日

美味しいインスタントコーヒーの入れ方|すぐ試せる7つのコツ

ホッと一息つきたいときのリラックスタイムや、朝起きた時の目覚めの一杯にコーヒーを飲む人も多いでしょう。今回は手軽に飲める美味しいインスタントコーヒーやカフェオレの入れ方を紹介します。少しの手間を加えるだけで、自宅でも美味しい一杯を作る事ができます。

美味しいインスタントコーヒーの入れ方|すぐ試せる7つのコツ

インスタントコーヒーの基本の入れ方3ステップ

美味しいインスタントコーヒーの入れ方|すぐ試せる7つのコツ

朝の目覚めの一杯や午後の至福のひとときに、コーヒーを飲む人も多いのではないでしょうか。豆を挽く手間が省けて、保存もしやすいインスタントコーヒーは、忙しい毎日でもかかさずコーヒーを飲みたい人にとって、とても重宝します。

コーヒー初心者でも分かりやすいコーヒーの基本の入れ方から、さらに美味しく飲める入れ方
の7つのコツまで紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1:インスタントコーヒーはスプーンで適量を量る

お湯とカップがあればいつでも手軽に飲めるのが、インスタントコーヒーの魅力です。

インスタントコーヒーを入れる時には、まずはカップを温めておきましょう。温めたカップ一杯に対して、ティースプーン山盛り一杯のインスタントコーヒーを入れて熱いお湯を注げば完成です。

2:お湯の温度は90度が適温

コーヒーを入れる時に使うお湯の温度は、90度がベストです。キッチンに温度計が無い時には、沸騰してから少し落ち着かせたくらいが目安となります。また、温度設定ができる電気ポットを利用するのもよいでしょう。

適温で入れると、より香り高いコーヒーを楽しむ事ができます。美味しいインスタントコーヒーを飲みたい時には、使用するお湯の温度にもこだわってみましょう。

3:しっかりかき混ぜる

インスタントコーヒーにお湯を注いだら、粉が溶けるまでしっかりとかき混ぜましょう。冷たいスプーンでかき混ぜてしまうと、コーヒーが冷めてしまうのでカップと一緒にスプーンを温めておく事をおすすめします。

インスタントコーヒーの入れ方7つのポイント

美味しいインスタントコーヒーの入れ方|すぐ試せる7つのコツ

ドリップコーヒーに比べると、インスタントコーヒーは味が劣ってしまうと決めつけてはいませんか。入れ方の工夫次第で、インスタントコーヒーはとても美味しく仕上がります。口当たりがまろやかな香り高いコーヒーを作る7つのポイントを紹介します。

どの入れ方のコツも、すぐに取り入れられる簡単な方法ばかりです。

1:水で溶かしてからお湯を注ぐ

美味しいコーヒーの入れ方のポイント1つ目が、水で溶かしてからお湯を注ぐ事です。インスタントコーヒーを水で溶かすと聞いて驚く人もいるでしょう。しかしこの一手間で、インスタントコーヒーの粉っぽさが無くなり、まろやかになります。

入れ方はティースプーン一杯のインスタントコーヒーに対して、同じくティースプーン一杯分の水を入れて、ダマが無くなるまでかき混ぜてお湯を注ぐだけです。

2:お湯の温度を低めにする

美味しいコーヒーの入れ方のポイント2つ目が、お湯の温度を低めにする事です。コーヒーを入れる時の温度は、90度がベストと先述しましたが、この温度は上回らないようにしましょう。

お湯の温度が高いと、インスタントコーヒーの苦味成分が多く抽出されます。80度くらいの温度にすると、苦味をおさえる事ができるので、好みの味に合わせて温度を調整しましょう。

3:インスタントコーヒーをから煎りして使う

美味しいコーヒーの入れ方のポイント3つ目が、インスタントコーヒーを使う前に、から煎りして使う事です。この作業をすると、コーヒーの芳ばしい香りをより感じられます。

から煎りする方法もとても簡単です。焦げ付きにくいフライパンに、使う量のインスタントコーヒーを入れて、少し色が変わるくらいまでから煎りします。煎り時間が長くなったり少量だけで煎ったりすると、焦げやすくなるので注意が必要です。

4:電子レンジで温める

美味しいコーヒーの入れ方のポイント4つ目が、コーヒーを入れた後に電子レンジで温める事です。基本的な入れ方で作ったコーヒーを、30秒ほど電子レンジで温めるだけで、苦味や酸味が抑えられたまろやかな味に仕上がります。

電子レンジさえあれば、手間も時間もかからずにすぐできるので、忙しい朝にも取り入れられるコツのひとつです。

5:フリーズドライの粉を使う

美味しいコーヒーの入れ方のポイント5つ目が、フリーズドライのインスタントコーヒーを使う事です。インスタントコーヒーには、フリーズドライのものとスプレードライのものがあります。

真空凍結乾燥製法を取り入れているフリーズドライは、素材そのものの香りや風味を楽しむ事ができます。入れ方のコツを取り入れながら、インスタントコーヒーの選び方にもこだわってみると、より美味しく飲める事でしょう。

6:スプーン一杯の麦茶を加える

美味しいコーヒーの入れ方のポイント6つ目が、コーヒーを入れる時に麦茶を加える事です。ティースプーン一杯の麦茶の量でかまいません。

この入れ方を取り入れるだけで、麦茶の芳ばしい香りと、コーヒーの香りが相乗効果となり美味しいインスタントコーヒーに仕上がります。麦茶の量を増やしたい時には、コーヒーの温度がぬるくならないように、温めた麦茶を使いましょう。

7:水はミネラルウォーターを使う

美味しいコーヒーの入れ方のポイント7つ目が、ミネラルウォーターを使う事です。コーヒーのほとんどを占める水は、味を大きく左右すると言っても過言ではありません。

美味しいインスタントコーヒーを飲みたい時には、水選びにもこだわりましょう。ミネラルウォーターの中でも、軟水を使うと酸味を感じられるまろやかな味になります。硬水を使うと苦味を感じられる香り高いコーヒーを楽しめます。

インスタントコーヒーはスティックタイプが便利

マキシム/ブラックインボックスアソート50本入

¥ 1,296

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

このお値段で50杯のコーヒーが飲めます。 インスタントコーヒーをたくさん飲んできましたが、今までのインスタントに比べてお味はワンランク上だと思いした。

毎日おいしいインスタントコーヒーを楽しみたいあなたにおすすめなのが「マキシム/ブラックインボックスアソート50本入」です。4種類のブラックコーヒーがそれぞれ個包装されているので、手軽にコーヒーを入れられます。職場やアウトドアで、コーヒーを飲みたい時にも便利です。

フリーズドライ製法を取り入れているこのアイテムは、コーヒー本来の風味や香りを存分に感じられます。

一手間で変わる!美味しいカフェオレの入れ方レシピ

美味しいインスタントコーヒーの入れ方|すぐ試せる7つのコツ

コーヒーの苦味や酸味をマイルドにするのが、カフェオレの魅力です。ブラックコーヒーに牛乳や砂糖を入れる事で簡単に作れるカフェオレですが、作り方次第で味わいが変わります。

コツさえ掴めれば、プロ顔負けの美味しいカフェオレを作る事も可能です。少しの一手間で、美味しいカフェオレに変身する入れ方のレシピを紹介します。今回紹介するのは、ホットカフェオレの作り方です。

1:牛乳と水を入れる

美味しいインスタントコーヒーの入れ方|すぐ試せる7つのコツ

最初にカップの中に、牛乳と水を入れます。カップ一杯に対して、牛乳150cc・水50ccがベストです。牛乳は生乳100%のものを使うと、より美味しく仕上がります。

カフェオレを作る時に使うカップは、電子レンジにも対応している耐熱性のあるものを選びましょう。

2:インスタントコーヒーと砂糖を入れる

美味しいインスタントコーヒーの入れ方|すぐ試せる7つのコツ

牛乳と水をカップ内でよくかき混ぜたら、次にインスタントコーヒーと砂糖を入れます。インスタントコーヒーはティースプーン3杯、砂糖はティースプーン2杯がおすすめです。好みの味に合わせて調整しましょう。

この時点では、インスタントコーヒーと砂糖はかき混ぜません。

3:電子レンジで加熱する

美味しいインスタントコーヒーの入れ方|すぐ試せる7つのコツ

インスタントコーヒーと砂糖をカップに入れたら、かき混ぜない状態で電子レンジに入れます。600Wで2分を目安にして温めましょう。コーヒー少し焦げたような香りを感じられたら、電子レンジから取り出します。

最後にインスタントコーヒーと砂糖がしっかりと溶け切るまで、かき混ぜたら完成です。

インスタントコーヒーは手軽に美味しく飲める!

美味しいインスタントコーヒーの入れ方|すぐ試せる7つのコツ

手軽に楽しめるインスタントコーヒーは、入れ方次第でとても美味しく仕上がります。まずは基本的な入れ方をマスターしてから、一工夫した美味しいコーヒーの入れ方のコツを取り入れていきましょう。

コーヒーの苦味や酸味は、入れ方次第で調整できます。使用するお湯の温度や使う水の種類にこだわって、自分好みのコーヒーに仕上げていきましょう。自宅でも、プロ顔負けの美味しいコーヒーやカフェオレを楽しんでみませんか。

この記事に関する情報もチェックしよう!

美味しいインスタントコーヒーの入れ方|すぐ試せる7つのコツ

今回紹介したのは、基本的なコーヒーの楽しみ方です。コーヒーはアレンジ次第で色々な楽しみ方ができます。コーヒーが大好きな人にもぜひ参考にして欲しい、コーヒーの楽しみ方やアレンジをまとめた記事を紹介します。新しいコーヒーの味わい方を知りたい人にも必見の内容です。

Related