Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月26日

ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

おいしくてヘルシーな肉料理として人気のローストビーフの保存についてご紹介します。自家製ローストビーフは余ったときにどうすればいいか困ります。そんなときにローストビーフを上手に保存できるおすすめの保存法や、アレンジレシピをご紹介します。

ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

余ったローストビーフを保存したい

おいしい赤身を食べられるヘルシーな肉料理として人気のローストビーフはすっかり人気のメニューです。しかし、かたまり肉で作るローストビーフは余ってしまったときに困ります。余ったローストビーフの保存の仕方や、おいしい活用法を知って、気軽にローストビーフを楽しみましょう。

おすすめのレシピを参考にすれば、余ることなくローストビーフが楽しめます。どうしても残ったときのおすすめの保存法も確認してみましょう。

上手な保存で時短食材に早変わり

ローストビーフはいろいろなメニューに活用しやすい料理です。うまく保存しておけば、手軽に肉素材を使うことができるので、時短でおいしい料理を作るための素材になるでしょう。おいしくローストビーフを活用するために大切なことは、保存です。うまみをしっかり残して上手に保存すれば、手軽な料理素材として楽しめます。

ローストビーフの保存法

ローストビーフが余ってしまったときに役立つ保存方法を見てみましょう。ローストビーフは赤みがおいしく、肉のうまみを閉じ込めた料理です。上手に保存することで、アレンジ料理に使うときでも、肉のうまみをそのまま生かすことができます。

ローストビーフの特徴を確認しながら、冷蔵保存や冷凍保存のポイントを確認してみます。あなたにとってぴったりの使いやすい保存方法で、ローストビーフを最後までおいしく食べましょう。

ローストビーフの特徴

ローストビーフは自宅で手作りする場合、かたまり肉を使います。表面にはしっかり火が通っていますが、中の方は柔らかく低温でじっくり火を通しています。そのため、中の赤身の部分は空気に触れると傷みやすく、注意が必要です。

味つけの際にいろいろなスパイスや塩をすり込んでいるので、日持ちは悪くないのも特徴です。ていねいに保存することができれば、その日の内でなくてもおいしく食べることができるでしょう。

保存は切ってから?切る前?

ローストビーフの赤身の部分は、特に空気に触れると傷むのが早くなります。使う分だけスライスしたら、余った部分は切らずにかたまりのまま保存するほうが品質が保てます。また、ローストビーフはしっとりと柔らかい肉の仕上がりも重要です。スライスしたまま保存すると、乾燥により肉がパサつく原因になるでしょう。

傷みにくく、乾燥の影響も受けずにおいしく保存するには、かたまり肉のまま保存することがポイントです。

保存は冷蔵?それとも冷凍?

ローストビーフは冷蔵保存も冷凍保存もできる食材です。しかし、しばらく食べないとわかっている場合は、できるだけ早く冷凍したほうがおいしく保存できます。冷蔵保存しても一定期間はおいしく食べられますが、保存している間の乾燥はさけられません。少しでもおいしい状態のまま、冷凍保存することで、うまみをキープして保存することができるでしょう。

もし、数日で食べきるとわかっているときは冷蔵保存して使いきりましょう。

冷蔵保存する方法

ローストビーフを冷蔵保存する方法を見てみましょう。ローストビーフを冷蔵保存するときは密閉した状態で、チルド室で保存します。できればかたまりのままラップで巻いて空気に触れないようにします。さらにジップロックなどの保存袋に入れ、空気をできるだけ抜くとよいでしょう。

赤身の部分が酸化で茶色く変色することがありますが、酸味が出たり粘着きがなければ問題ありません。スライスした時も同様に密閉して保存します。

美味しく食べられる期間

ローストビーフを冷蔵保存した場合の保存期間を見てみましょう。スライスをせず固まりのまま密閉し、チルド室で保存した場合、保存期間は4日程度です。ラップを空けた時に異臭がしたり、酸味が出ているときは傷んでいます。また表面がべたべたと粘りがあるときも傷んでいるので食べないようにします。

スライスして保存したローストビーフもきれいに密封できれば2~3日保存が可能です。乾燥しないように注意します。

冷凍保存する方法

ローストビーフを冷凍保存する方法を見てみましょう。冷凍したローストビーフは、一度解凍すれば再冷凍ができません。使いたい分だけ切り分けて小分けのかたまりにしておきます。表面の水分をよく拭きとってからラップで巻いて空気に触れないようにします。さらにアルミホイルをまきます。

最後にジップロックなどの保存袋に入れ、しっかり空気を抜いて冷凍庫へ入れましょう。アルミホイルをまくことで冷凍やけを防ぎましょう。

解凍方法

ローストビーフの解凍は自然解凍が一番です。電子レンジなどを使って急いで解凍すると、中まで火がとおりすぎてしまうのでうまくできません。食べる前の前日に冷蔵庫へ移しておけば、翌日には解凍されて使うことができます。どうしても急ぎたいときは保存袋のまま流水に当てて解凍しましょう。

お湯を使うと表面ばかりが温まり、ドリップが出る原因になるのでやめましょう。

保存期間

ローストビーフは冷凍保存することで2週間~3週間程度長持ちします。冷蔵庫で保存するときは数日間になるので、冷凍のほうがおいしく楽しめる期間がかなり長くなるでしょう。ただし日持ちするとはいえ、早めに食べるほうが品質の劣化を防げます。

また、どうしても長く保存したいときは市販の真空パックシーラーなどを利用するとよいでしょう。

肉料理を満喫しよう

肉の本 今夜は、お肉を食べよう。

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

レシピはどれを作ってもおいしく、 「こんなに簡単でいいのかな?」と時に心配になりながらも(笑) 自分で自分を褒めたくなります。 焼き豚、など、日常の食卓に取り入れやすいものばかり。

もっと肉料理を楽しみたい方におすすめの一冊をご紹介します。大の肉好きである作者行正り香さんのレシピ本です。ローストビーフのほか、ミートボールや焼き豚、ローストポークなど、がっつり肉を食べられて、手軽に作れるレシピが載っています。お肉は私たちの体を作る大事な栄養です。

肉料理を食べて元気で若々しい毎日を楽しみましょう。肉の部位や肉料理に欠かせない潮の話も掲載されていて、肉好きには欠かせない一冊です。

ローストビーフを使ったレシピ5選

ローストビーフを使ったおすすめのレシピを見てみましょう。ローストビーフが余ったときはちょっとだけアレンジして新しい食べ方を楽しんでみませんか。いつものローストビーフが、また別のメニューに変身します。また、ローストビーフは本来肉のうまみを持っている料理です。アレンジすることで手軽に肉のおいしさを取り入れられる時短料理につながります。

忙しいときでも、簡単にボリュームのあるメニューが作れるでしょう。

レシピ1:ローストビーフのバゲットサンド

ローストビーフを具材にしたボリューム満点のバゲットサンドを作りましょう。ローストビーフの赤身がきれいで見た目にも華やかな一品です。バルサミコ酢や赤ワインを使って、ローストビーフによくあうソースを作ります。さらに、具材にはオリーブオイルで炒めた玉葱も加えましょう。

ローストビーフの肉の味が具材の野菜や濃厚なソースでとてもおいしくまとまるサンドのレシピです。

材料
1.ローストビーフ 150g
2.バゲット 1本
3.レタス 2枚
4.玉ねぎ 1個
5.☆マテルネ プラムコンポート 大さじ2
6.☆バルサミコ酢 大さじ1
7.☆赤ワイン 大さじ1
8.☆しょうゆ 大さじ1
9.オリーブオイル  適量

作り方
1.☆は混ぜ合わせる。玉ねぎを薄切りにし、フライパンにオリーブオイルを熱しサッと炒める。☆を加えひと煮立ちしたら火を止める。
2.バゲットは切り込みを入れてカットする。
ローストビーフはスライス、レタスは挟みやすい大きさにちぎる。
3.バゲットにレタス、ローストビーフ、1を挟む。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/52489/recipe/1053595 |

レシピ2:フライパンひとつ!簡単ローストビーフ丼

ローストビーフで簡単な丼を作りましょう。ローストビーフは手軽にフライパンで作ります。火加減がポイントで強すぎず、弱すぎず、うまく調節して火を通します。最後は余熱で中までじっくり火を通しましょう。

できたローストビーフはご飯の上に盛り付け、お好みのソースをかけて完成です。ローストビーフのたれのほか、ポン酢やごま油などを使って和風にアレンジしてもおいしいです。

材料
1.牛モモかたまり 300〜400g
2.にんにくチューブ 2cm程度
3.塩胡椒 たっぷり
4.オリーブオイル 適量
作り方
1.牛肉全体にチューブにんにくを塗り込み、塩胡椒をたっぷりまぶす。
2.常温で30分〜1時間ほど置いておく。
(味を落ち着かせるためです。あと、冷蔵庫から出したばかりの冷たいお肉だと中まで火が通りにくいためです。)
3.オリーブオイルを熱したフライパンで、表面→裏面→側面→側面と、強火で1分ずつ焼いて、焼き色をつける。
4.今度は弱火で蓋をして、表1分→裏1分、蒸し焼きにする。
5.アルミホイルを二重にして包み、さらに布巾やタオルで包んで熱を閉じこめる。
6.30分ほど放置するだけ〜!
刺し身包丁で薄く切ります。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/173746/recipe/938153 |

レシピ3:余ったローストビーフでパエリア

ローストビーフのうまみをいかしてパエリアを作りましょう。にんにくとお米を炒め、ローストビーフとミニトマトを加えて煮込みます。サフランを加えて香りよく、本格的なパエリアにしましょう。

ローストビーフは赤みに火がとおりますが、加熱している過程で、うまみが米にしっかり染みこみおいしいパエリアになります。もし余分のローストビーフがあれば、スライスしてトッピングすれば、より華やかでローストビーフが楽しめます。

材料
1.米 0.5合
2.ローストビーフ 適量(本レシピでは2mmスライス4枚)
3.ニンニク 1/2片
4.タマネギ 1/4個
5.ミニトマト 4個
6.セリ 2〜3本
7.サフラン ひとつまみ
8.水 150cc
9.塩 適量

作り方
1.(下準備)
ニンニク、タマネギはみじん切りする。
サフランはお湯に浸して色をつけておく。
ローストビーフは食べやすい大きさに切る。
ミニトマトはへたを取り、半分に切る。
2.冷たい状態のフライパンにオリーブオイル(分量外)とニンニクを入れ、きつね色になるまで弱火で炒める。タマネギを加え、中火できつね色になるまで炒める。
3.米を入れて油とよくなじませ、サフランスープを加えてひと煮立ちさせたら、ローストビーフとミニトマトを入れてふたをして弱火で20分煮る。
4.ふたをとり中火で30秒〜1分火を通しておこげを作り、お好みでせりをトッピングして完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/138753/recipe/855403 |

レシピ4:和風たたき風ローストビーフ

ローストビーフで和風のサラダにアレンジします。一般的なローストビーフは赤ワインなどを使い、西洋の味付けで楽しみます。今回は、醤油やみりんを使って和風の味付けにアレンジしましょう。サラダを盛りつけ、和風ドレッシングをかけて完成です。

たたきを作るイメージで、一緒に食べる野菜をアレンジしても楽しめます。

材料
1.牛塊肉 300g
2.玉ねぎ 1/4個
3.にんにく(チューブ)、塩、こしょう 適量
4.ベビーリーフ、ラディッシュ 適量
5.サラダ油 大さじ1
6.<A>醤油、酒、みりん、ポン酢 各大さじ2
作り方
1.牛肉はにんにくを塗って塩、こしょうを振り常温に戻す。玉ねぎはスライスして<A>と合わせておく。
2.サラダ油を強火で熱したフライパンで、(1)の牛肉を4面とも焼き色がつくまでこんがり焼いたら、蓋をして弱火にし、両面を各2分ずつ蒸し焼きにする。
3.アルミホイルで(2)をしっかり包んで蓋をして、そのまま完全に冷めるまで放置する。
4.小鍋に(1)の玉ねぎと合わせた<A>を入れて火にかけ、ひと煮立ちさせて冷ます。
5.ベビーリーフとラディッシュを敷き詰めた器に薄く切った(3)を並べて(4)をかける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/18071/recipe/1140921 |

レシピ5:簡単豪華★ローストビーフde巻き寿司

ローストビーフでお寿司を作るレシピです。ローストビーフがあれば簡単に肉巻きずしが作れます。麺つゆとマヨネーズをベースに、ローストビーフとバランスがとれる酢飯を作りましょう。ラップの上にローストビーフや酢飯、玉ねぎをのせて巻いていきます。なじむまでラップをまいて、切り分けるときもラップごと切ると崩れにくく、きれいに盛り付けられるでしょう。

材料
1.ご飯 2膳分
2.ローストビーフ薄切り 短いの30枚
3.黒コショウ 少々
4.玉ねぎ 1/3個
5.サンチュ 1枚
6.★A マヨネーズ 大さじ2
7.★A めんつゆ 大さじ1.5
8.★A レモン汁 小さじ2
9.★A 塩 小さじ1/2
10.★A わさび 濃さッジ1/2~
11.★B めんつゆ 小さじ2
12.★B レモン汁 小さじ1
13.★B わさび 少々
14.★C めんつゆ 小さじ2
15.★C マヨネーズ 大さじ1
16.★C わさび 少々
作り方
1.玉ねぎをスライスして水にさらし、水を切って★Bに漬けておきます。
ご飯に★Aを混ぜておきます。
2.マキスの上にラップをのせて、ローストビーフを並べて黒コショウを少々ふります。
3.2にご飯をのせます。(手前1cm 、向こう側3~4cmはのせないようにします。)
4.3にサンチュ→玉ねぎとのせて巻いて、ラップごと切ります。
5.★Cを混ぜてソースにして頂きます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/12778/recipe/227104 |

上手に保存してローストビーフを楽しもう

自家製のローストビーフは一度は作ってみたい憧れの料理です。しかし一度にたくさんできるので余った時のことを考えると、なかなか踏み出せないと考えている人も多いでしょう。ローストビーフはうまく保存すれば、おいしさを損なわずにほかのレシピに活用できる時短素材になります。

自分にあった保存方法を活用して、もっと幅広い食べ方でローストビーフを楽しみましょう。豪華な食事も手軽に楽しめるはずです。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

いろいろな食材の保存法を知りたい方はこちらの記事もチェックしましょう。みんな大好きカレーの冷凍保存や、ブリの冷凍法を紹介している記事です。どちらも身近で人気のある食材ですが、余ってしまうとどうすればいいか悩みます。

上手な保存法や活用レシピで、食材をおいしく楽しむ方法を見てみましょう。

Related

小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

小松菜の冷凍方法についてご紹介いたします。ほうれん草に比べて鉄分やカルシウムが豊富で、アクが少ない小松菜ですが、冷蔵庫で保存すると早い段階でしんなりしてしまうのが気がかりです。今回は生で冷凍する方法とゆでてから保存する2つの方法を説明しています。
料理
2019年03月08日
小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすを料理する際には、美味しく食べるために必ずアク抜きはするという人がいます。しかし、このなすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。なので、なすのアク抜きはする、しないの判断が必要になります。
料理
2019年01月26日
なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

ズッキーニは夏が旬の淡色野菜になります。外見からキュウリの仲間と誤解されがちですが、実はカボチャの仲間で、カロテンやビタミンCなどが豊富で栄養価も高い野菜です。今回はズッキーニの保存方法や保存期間、ズッキーニの活用レシピをご紹介します。
料理
2019年01月25日
ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

スーパーや魚屋さんで魚を買うときには「これを3匹ください」で注文が完了する魚ですが、本当は魚の形や大きさ、調理方法でそれぞれ数え方が違うのをご存知でしょうか。こちらでは魚の数え方について、関連する歴史や由来についても広く浅くご説明いたします。
料理
2019年01月26日
魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

食パンの賞味期限って意外と早くていつの間にか切れてしまってたり、食べきれなかったりということはないでしょうか。せっかく買った食パンを最後までおいしく食べきりたいものです。そんなあなたのために食パンの上手な保存方法と活用方法をご紹介します。
料理
2019年01月25日
賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

お米の水加減は分かっているようでなかなか難しいですが、こちらの記事を読むと米と水の割合を知ることができます。炊き込みご飯の水加減も同じく食感を左右するものなので、しっかりと水加減を覚えて美味しい炊き込みご飯にチャレンジしましょう。レシピも色々紹介しています。
料理
2019年01月25日
炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

パンを長持ちさせるポイントや、パンの賞味期限のことについて、ためになる情報をたくさんお届けします。他にもすぐにでも作りたくなるパンのレシピもたくさん紹介します。世界中で愛されているパンを美味しく食べるためにぜひ知っておいてください。
料理
2019年01月25日
パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

スープを作るときどうしてもたくさん作ってしまいませんか。そんなときは冷凍でストックしましょう。大量に作っても冷凍保存するだけでいつでも使うことができます。この記事では上手なスープのストック方や冷凍できるスープのレシピを紹介します。
料理
2019年01月25日
スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

油揚げは最も冷凍に適した食材です。冷蔵庫で腐らせるのはもったいないので、上手に冷凍して便利に使いきりましょう。油抜きは冷凍前後のどちらがいいのか、保存期間や油抜きの方法とコツ、お勧めの油揚げなど、美味しく体に良いレシピやマクロビ料理のコツもご紹介しています。
料理
2019年01月25日
油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは日持ちする食材ではありますが、いつまでも日持ちするわけではなく、保存状況によってはすぐに傷んでしまうこともあります。なので、傷んでしまう前に、じゃがいもを、より長く保存するためには冷凍保存をすることがオススメです。
料理
2019年01月25日
じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

にんにくは少量しか使わないことが多く余ってしまいがちです。にんにくは保存方法が主に3つあります。中でも長期保存が可能な冷凍がおすすめです。適切な冷凍保存方法を選べば、調理の手間が省けます。にんにくのレシピと併せてお読みになり、日々の料理にお役立て下さい。
料理
2019年01月26日
にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

冬のシーズンになると何となく恋しくなってくる料理の一つが鍋料理です。日本の冬の定番料理を土鍋で作ると美味しいです。今回はおすすめの人気な土鍋について12選をご紹介しつつ、土鍋で作れるおすすめな料理のレシピを5選お送りします。
料理
2019年01月26日
おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

生のままでも、すりおろしても、加熱調理しても食べることができる長芋。長芋は色々な料理に使うことができる、万能食材です。そんな長芋を長持ちさせるためにも、便利な冷凍保存の方法をご紹介いたします。また、冷凍長芋のアレンジレシピもご紹介いたします。
料理
2019年01月25日
長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

手軽に使うことができ、中華料理を作る時に欠かせない鶏ガラスープの素の特徴や、鶏ガラスープの素がない時に代用できるもの7つを紹介しています。また鶏ガラスープの素の代用品で作るレシピ5選や関連している記事も併せて紹介しています。
料理
2019年01月25日
鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

冷凍した切り干し大根を使って、バリエーション豊かなおかずを作ってみませんか。適切な方法で冷凍保存をしておけば水で戻す必要もなく、使いたいときにすぐに使える食材に変身させることができます。切り干し大根を便利に使える冷凍保存法を紹介しますので活用してみてください。
料理
2019年01月26日
切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵

ゆで卵を多めに作って余ってしまったことはありませんか。冷めたゆで卵を温めて食べたいですよね。この記事では、ゆで卵が電子レンジで爆発することなく、温められる方法をまとめています。また、一から電子レンジでゆで卵を作る方法もあります。必見です。
料理
2019年01月26日
ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵