Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月26日

レモンの正しい保存方法と保存期間|色々な美味しい使い方5つ

レモンは私たちの身近にある果物ですが、保存方法によってはもっと美味しく、便利に活用できることをご存知ですか。レモンを数倍楽しむための正しい保存方法と使い方を知り、レモンの持つ美味しさと美容・健康効果を最大限に活用しましょう。

レモンの正しい保存方法と保存期間|色々な美味しい使い方5つ

レモンと保存方法にまつわる常識チェック!

レモンは、飲み物やお菓子に加えたり、料理に絞って活用したりして幅広く活用できる果物です。香りをかぐだけでも気分がスッキリする人もいるでしょう。私達にとって身近なレモンですが、その保存方法は意外と知られていないのではないでしょうか。

また、レモンの意外な性質を知れば、レモンの有効活用に役立つことでしょう。以下に、レモンにまつわる常識や、保存方法について詳しくご紹介します。

酸っぱい原因はクエン酸!

レモンには、クエン酸という酸味の成分が豊富に含まれています。レモンに含まれるクエン酸の量は、他の果物と比べると7倍近くもあり、独特の強い酸味を感じるのはそのためです。

クエン酸は疲労を回復させる効果のほかに、ミネラルの吸収を高める作用があります。水に溶けやすく、熱にも強い性質を持つため、食用ではジャム・菓子製造・清涼飲料水などに活用されています。

常温保存はNG!

レモンを常温で保存すると、2週間は保存可能だとされています。早めに利用すれば問題ありませんが、2週間の間にレモンの表面から水分が蒸発し、みずみずしさや香りが徐々に失われていきます。

保存期限が近くなったものは、食感と風味が劣化してしまいがちです。いつでも新鮮な美味しさを楽しみたいのであれば、常温保存は避けたほうがよいでしょう。

冷凍すると果汁を絞りやすくなる!

レモンを冷凍保存すると、冷凍せずにそのまま使うよりも絞りやすくなるというメリットがあります。冷凍することによってレモンの細胞壁が壊れ、絞りやすくなるので、冷凍せずに絞る時と比べるとたくさんの果汁を絞り出すことが可能です。

また、冷凍すると食感が多少劣化しますが、果汁の風味や味は損なわずに利用できるとされています。

レモンの正しい保存方法と期間を解説!

レモンの正しい保存方法と保存期間|色々な美味しい使い方5つ

レモンは常温でも2週間ほど持保存できますが、時間が経つほど劣化していくため早めに利用したほうがよいでしょう。しかし、冷凍しておけば一定の美味しさを保ったまま保存でき、活用しやすくなるというメリットがあります。

美味しいレモンが手元にある時は正しく冷凍保存し、レモンの美味しさを余すことなく活用することをおすすめします。以下に、レモンの正しい保存方法と、保存期間について解説します。

1:冷蔵庫の野菜室に保存する場合

レモンを冷蔵庫の野菜室で保存する場合は、丸ごとのレモンを一つずつキッチンペーパーに包み、ポリ袋に入れて野菜室で保存します。

保存期間は2〜3週間だとされています。カット済みのレモンであれば、ラップできっちりと包んで野菜室に入れましょう。その場合の保存期間は3〜5日ほどだとされています。

2:冷凍保存する場合

レモンを冷凍保存する場合は、丸ごとの状態で冷凍する方法と、切って冷凍する方法があります。また、レモンを冷凍した場合の保存期間は3〜4週間とされています。

レモンは常温で保存しても2週間は持つとされていますが、冷凍したほうが絞りやすくなり、果汁を効率的に絞ることができるでしょう。以下に、レモンの冷凍方法を詳しくご紹介します。

1:丸ごと保存する時

レモンを丸ごと冷凍保存する場合は、レモンをしっかりと洗って水気を拭き取り、丸ごとラップで包んだものをフリーザーバッグに入れて冷凍します。冷凍保存したレモンの保存期間は3〜4週間ほどだとされています。

2:輪切りで保存する時

レモンを輪切りにして保存する場合は、よく洗って水けを拭き取ったレモンを輪切りにし、使いやすい分量に小分けしてラップで包み、フリーザーバッグに入れて冷凍します。

保存期間は3週間ほどだとされています。くし形に切ったレモンも同じ手順で冷凍保存ができます。また、ハチミツや砂糖などの甘みを加えて冷凍してもよいとされています。

3:解凍方法

冷凍したレモンを解凍する方法は、冷凍した時のレモンの状態によって違います。まず、丸ごと凍らせたレモンは解凍せずにそのまますりおろしたり、自然解凍して絞り、果汁を利用することが可能です。

輪切りにしたものは凍ったままで使うことができ、くし切りにしたものは自然解凍して使うと絞りやすく、手軽に果汁を利用できます。

どんな料理にも合うレモンの万能調味料はこちら!

ナカダイ 塩レモン 180g

¥ 540

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

どんな料理にも合わせやすく、今では我が家のマスト調味料です。 たくさんの種類があるなか、一通り試してみましたが、味のバランス等総合的にみても、我が家ではこれが一番お気に入りでした。

万能調味料としてブレイクし続けてている、塩レモンをご紹介します。塩レモンはフランスで生まれ、長く愛され続けている調味料です。絞ったレモンとはまたひと味違う深みのある味わいを活かして、お料理のレパートリーを増やしましょう。

揚げ物や焼肉と一緒に食べたり、チャーハンや炒め物の味付けに使うほか、ドレッシングに混ぜるなど、さまざまなお料理に活用できます。

レモンを美味しく頂く色々な使い方とメリット5つ

レモンといえば、飲み物・デザート・付け合せに利用する人が多いでしょう。しかし、レモンには意外な利用方法がたくさんあります。以下に、レモンのいろいろな使い方とメリットをご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

1:食材にかける

レモンの果汁は、揚げ物などの料理にかけて食べることが多いのではないでしょうか。レモンには食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果があるとされています。

料理にレモン果汁をかけて食べることは、料理を美味しくするだけでなく健康にも役立つ効果があります。食事する時には、レモンを積極的に利用してみてください。

2:蜂蜜などに漬ける

輪切りにしたレモンを蜂蜜や砂糖に浸けておけば日持ちもする上に、シロップを炭酸水で割って飲んだり、疲れた時にはおやつに食べたりなどして活用できます。

特に蜂蜜には殺菌作用があるので保存しやすくなり、抗酸化作用もあるため、レモンに含まれるビタミンCとクエン酸の効果と合わせることで、美容と健康に対する効果がアップします。

3:蒸し料理として使う

輪切りのレモンを食材にのせて蒸すことで、レモンの香りが料理全体にいきわたり、さっぱりとした蒸し料理を楽しめるでしょう。

輪切りのレモンは彩りとしても美しいので、料理を美しく飾ってくれる役割も果たしてくれます。冷凍しておいた輪切りのレモンなら、冷凍庫から必要な分だけ取り出して食材にのせるだけなので、とても簡単に利用できます。

4:煮物に使う

レモンは、煮込み料理にも活用できます。よく知られているのは、サツマイモのレモン煮ではないでしょうか。レモンに含まれる酸のおかげで、サツマイモを色ツヤよく仕上げることができます。

また、じゃがいもなどの煮崩れを防ぐ効果もあるとされているので、カレーなどを作る際にレモン汁を少量入れておくと、レモンの酸がじゃがいものペクチンの結びつきを強化し、煮崩れを起こしにくくしてくれます。

5:鍋に入れる

鍋の美味しい季節には、レモン鍋を楽しんでみてはいかがでしょうか。お好みの鍋スープやだし汁に、輪切りのレモンを浮かべるだなのでとても簡単です。

レモンに含まれるクエン酸は、水に溶けやすく熱に強いので、鍋に入れるとレモンの美味しさと健康効果を余すことなくいただけるでしょう。レモンを長時間煮込むと苦みが出てくるので、鍋に入れたら長くおかずに、早めに食べてしまうのがおすすめです。

レモンの正しい保存方法で上手に無駄なく使おう!

レモンを正しい保存方法で保存すれば、レモンの美味しさと栄養を今まで以上に有効活用することができるでしょう。

常温保存するよりも簡単で、いつでもジューシーな状態でレモンを料理に活用できるなど、メリットも多いので、上手に冷凍保存してレモンの魅力をたっぷりと楽しんでみて下さい。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

レモンの正しい保存方法を活用すれば、レモンを使った料理の幅がぐんと広がるでしょう。レモンを使ったレシピの中でも、さつまいものレモン煮やレモンカードなどは、簡単にできて美味しいのでおすすめです。特にレモンカードにはいろいろな食べ方があります。

レモンカードとはどのようなものなのか、また、さつまいものレモン煮などのレシピを以下に詳しくご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

Related

小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

小松菜の冷凍方法についてご紹介いたします。ほうれん草に比べて鉄分やカルシウムが豊富で、アクが少ない小松菜ですが、冷蔵庫で保存すると早い段階でしんなりしてしまうのが気がかりです。今回は生で冷凍する方法とゆでてから保存する2つの方法を説明しています。
料理
2019年03月08日
小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすを料理する際には、美味しく食べるために必ずアク抜きはするという人がいます。しかし、このなすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。なので、なすのアク抜きはする、しないの判断が必要になります。
料理
2019年01月26日
なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

ズッキーニは夏が旬の淡色野菜になります。外見からキュウリの仲間と誤解されがちですが、実はカボチャの仲間で、カロテンやビタミンCなどが豊富で栄養価も高い野菜です。今回はズッキーニの保存方法や保存期間、ズッキーニの活用レシピをご紹介します。
料理
2019年01月25日
ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

スーパーや魚屋さんで魚を買うときには「これを3匹ください」で注文が完了する魚ですが、本当は魚の形や大きさ、調理方法でそれぞれ数え方が違うのをご存知でしょうか。こちらでは魚の数え方について、関連する歴史や由来についても広く浅くご説明いたします。
料理
2019年01月26日
魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

おいしくてヘルシーな肉料理として人気のローストビーフの保存についてご紹介します。自家製ローストビーフは余ったときにどうすればいいか困ります。そんなときにローストビーフを上手に保存できるおすすめの保存法や、アレンジレシピをご紹介します。
料理
2019年01月26日
ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

食パンの賞味期限って意外と早くていつの間にか切れてしまってたり、食べきれなかったりということはないでしょうか。せっかく買った食パンを最後までおいしく食べきりたいものです。そんなあなたのために食パンの上手な保存方法と活用方法をご紹介します。
料理
2019年01月25日
賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

お米の水加減は分かっているようでなかなか難しいですが、こちらの記事を読むと米と水の割合を知ることができます。炊き込みご飯の水加減も同じく食感を左右するものなので、しっかりと水加減を覚えて美味しい炊き込みご飯にチャレンジしましょう。レシピも色々紹介しています。
料理
2019年01月25日
炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

パンを長持ちさせるポイントや、パンの賞味期限のことについて、ためになる情報をたくさんお届けします。他にもすぐにでも作りたくなるパンのレシピもたくさん紹介します。世界中で愛されているパンを美味しく食べるためにぜひ知っておいてください。
料理
2019年01月25日
パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

スープを作るときどうしてもたくさん作ってしまいませんか。そんなときは冷凍でストックしましょう。大量に作っても冷凍保存するだけでいつでも使うことができます。この記事では上手なスープのストック方や冷凍できるスープのレシピを紹介します。
料理
2019年01月25日
スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

油揚げは最も冷凍に適した食材です。冷蔵庫で腐らせるのはもったいないので、上手に冷凍して便利に使いきりましょう。油抜きは冷凍前後のどちらがいいのか、保存期間や油抜きの方法とコツ、お勧めの油揚げなど、美味しく体に良いレシピやマクロビ料理のコツもご紹介しています。
料理
2019年01月25日
油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは日持ちする食材ではありますが、いつまでも日持ちするわけではなく、保存状況によってはすぐに傷んでしまうこともあります。なので、傷んでしまう前に、じゃがいもを、より長く保存するためには冷凍保存をすることがオススメです。
料理
2019年01月25日
じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

にんにくは少量しか使わないことが多く余ってしまいがちです。にんにくは保存方法が主に3つあります。中でも長期保存が可能な冷凍がおすすめです。適切な冷凍保存方法を選べば、調理の手間が省けます。にんにくのレシピと併せてお読みになり、日々の料理にお役立て下さい。
料理
2019年01月26日
にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

冬のシーズンになると何となく恋しくなってくる料理の一つが鍋料理です。日本の冬の定番料理を土鍋で作ると美味しいです。今回はおすすめの人気な土鍋について12選をご紹介しつつ、土鍋で作れるおすすめな料理のレシピを5選お送りします。
料理
2019年01月26日
おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

生のままでも、すりおろしても、加熱調理しても食べることができる長芋。長芋は色々な料理に使うことができる、万能食材です。そんな長芋を長持ちさせるためにも、便利な冷凍保存の方法をご紹介いたします。また、冷凍長芋のアレンジレシピもご紹介いたします。
料理
2019年01月25日
長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

手軽に使うことができ、中華料理を作る時に欠かせない鶏ガラスープの素の特徴や、鶏ガラスープの素がない時に代用できるもの7つを紹介しています。また鶏ガラスープの素の代用品で作るレシピ5選や関連している記事も併せて紹介しています。
料理
2019年01月25日
鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

冷凍した切り干し大根を使って、バリエーション豊かなおかずを作ってみませんか。適切な方法で冷凍保存をしておけば水で戻す必要もなく、使いたいときにすぐに使える食材に変身させることができます。切り干し大根を便利に使える冷凍保存法を紹介しますので活用してみてください。
料理
2019年01月26日
切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵

ゆで卵を多めに作って余ってしまったことはありませんか。冷めたゆで卵を温めて食べたいですよね。この記事では、ゆで卵が電子レンジで爆発することなく、温められる方法をまとめています。また、一から電子レンジでゆで卵を作る方法もあります。必見です。
料理
2019年01月26日
ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵