Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月26日

ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵

ゆで卵を多めに作って余ってしまったことはありませんか。冷めたゆで卵を温めて食べたいですよね。この記事では、ゆで卵が電子レンジで爆発することなく、温められる方法をまとめています。また、一から電子レンジでゆで卵を作る方法もあります。必見です。

ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵

冷えたゆで卵を温めたい

ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵

ゆで卵を作る時、ついつい多めに作ってしまうことはありませんか。そのまま食べても美味しいゆで卵ですが、食べきれず残ってしまうこともあるでしょう。できたてのゆで卵も、時間が経てば、冷めて冷たくなってしまいます。

冷たいゆで卵が好きという方もいらっしゃるでしょうが、できれば温めて食べたいと思いませんか。そんな時はどうすればよいのでしょう。今回は、冷えてしまったゆで卵の温め方をご紹介します。

電子レンジでの加熱には工夫が必要

温める手段として、真っ先に思い浮かぶのは電子レンジではないでしょうか。余ったおかずなど、食べたい時にすぐ温められる電子レンジは今や生活必需品とも言えるアイテムでしょう。

しかし、卵に電子レンジを使うのはちょっと待ってください。ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、卵はそのまま電子レンジに入れると爆発してしまいます。電子レンジでゆで卵を加熱するには工夫が必要です。

ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法

先述のように、卵は電子レンジで加熱すると爆発してしまいます。これは、火が通ったゆで卵も同じです。爆発するととても危険ですし、庫内が粉々になった卵まみれになるので、後の掃除がかなり大変です。

しかし、ある工夫をすれば爆発させることなく温めることができます。ゆで卵を電子レンジで温める具体的な方法を解説していきます。

普通に加熱した時に爆発する理由

電子レンジは、食品に含まれる水分に働きかけ、その摩擦熱によって内側から加熱するという仕組みになっています。

卵は膜や殻に覆われているため、内側の黄身が沸騰しても熱の逃げ場がありません。その後も加熱すると、温まった内部からの圧力に耐えられなくなった瞬間、爆発してしまいます。

茹でれば大丈夫と思いがちですが、残念ながら茹でても水分は残っており爆発はします。イカやたらこ、ウインナーなども要注意です。

正しい加熱方法とは?

電子レンジの仕組みはお分かりいただけたでしょうか。では、爆発させることなくゆで卵を加熱するには、どんな工夫をすればよいのでしょう。爆発させずにゆで卵を温める2種類の方法について、詳しく解説していきます。

1:穴を開ける

まずは、ゆで卵に穴を開けておく方法です。それも、表面だけではなく、貫通するくらいの穴を幾つもあけるのがポイントです。

もしくは、半分に切ってしまっても構いません。幾つも穴を開けるよりは切る方が手軽ではないでしょうか。ただ、切っても爆発することもありますので、様子を見ながら加熱してください。

蒸気を逃がすのがポイント

穴をあけたからといって安心はできません。穴をあけるということよりも、確実に蒸気を逃がすことがポイントだからです。ですから、蒸気の逃げ道がうまくできていれば問題ないのですが、できていなければ残念ながら爆発してしまいます。

たとえ庫内では爆発しなくても、レンジから出した後や、口に入れてからも爆発してしまうことかあります。気を付けましょう。

2:アルミホイルを使う

卵に穴をあける方法のほかに、アルミホイルを使って温めることも可能です。ゆで卵をアルミホイルで包んで深めの器に入れ、水を加えます。密閉してしまわないように、ふんわりラップをしレンジで加熱しましょう。

マイクロ波を遮断

電子レンジは、目に見えないマイクロ波を発生させることにより加熱することができる製品です。しかし、アルミホイルはマイクロ波を遮断するため、ゆで卵を爆発させることなく温められるという訳です。

ただ、注意しなければならない点があります。実はレンジでアルミホイルは使用不可となっており、そのまま使うと火花が散って火災の恐れがあります。ですから、使う時はたっぷりの水を必ず入れるようにしてください。

もっとも適切なのは湯煎

冷めたゆで卵は、工夫さえすればレンジで温めることが可能です。しかし、一歩間違えると爆発してしまい、火災や怪我の恐れもあります。

適切な方法が分かってもレンジで加熱するのはちょっと怖い、なかなか勇気が出ないという方には、湯煎がおすすめです。時間はかかってしまいますが、湯煎が、もっとも適切で安全な温め方といえるでしょう。

手軽に電子レンジでゆで卵ができるアイテムはこちら

曙産業 ez egg レンジでゆでたまご1個用 ホワイト EZ-280

¥ 1,458

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ガスで1個のゆでたまご作ることを考えると電子レンジで早く作れるので大変良かったです。

ついついゆで卵を多めに作ってしまうのは、鍋でまとめて作ってしまうからという方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのは、「曙産業のez egg レンジでゆでたまご1個用」です。

「曙産業のez eggレンジでゆでたまご1個用」なら、レンジで手軽にゆで卵ができ上がります。欲しい分だけ、いつでも作ることができるので、冷める心配もありません。いつでもできたてのゆで卵が食べられます。

電子レンジでゆで卵を作る方法もある!

ここまでは冷めたゆで卵の温め方についてまとめていますが、レンジでゆで卵を作ることはできるのでしょうか。もちろん、そのまま生卵をレンジで加熱すると爆発してしまいます。

しかし、ゆで卵を作る方法が無いわけではありません。電子レンジでゆで卵を作る失敗知らずの方法をご紹介します。

固ゆで卵の作り方

まずは、固ゆでたまごの作り方からです。とろっとした半熟卵も美味しいのですが、好みもありますし卵サラダなどを作る時にも固ゆで卵は便利です。電子レンジで固ゆで卵を作るには、2つの方法があります。それぞれの方法を解説していきます。

ホイルを使う

電子レンジで固ゆで卵を作る際に、重要な役割をしてくれるのがアルミホイルです。卵が見えなくなるように、ぴっちりアルミホイルで包みましょう。

マグカップや耐熱容器に卵を入れ、かぶる程度の水を加えます。ふんわりラップをし、500Wで5分ほど加熱します。終わったらそのまま冷めるまで放置し、殻をむいてできあがりです。

卵の大きさやレンジによって時間は調整してください。爆発しないように、水はたっぷり入れましょう。

専用アイテムを使う

電子レンジでアルミホイルを使うのはちょっと勇気が出ないという方には、専用アイテムの使用をおすすめします。

先ほどご紹介した「曙産業のez egg レンジでゆでたまご1個用」のような便利グッズが、さまざまなメーカーから発売されています。1個用だけでなく、4個できるファミリー用などもあります。

半熟卵の作り方

固ゆで卵の時と同じようにし、加熱する時間を短くします。調整が必要ですが、目安は3分です。余熱で固くならないように、加熱後はすぐ水にとりましょう。

また、卵を割って作る方法もあります。たっぷりの水を入れた耐熱容器に卵を割りいれ、竹串などで黄身に穴をあけておきましょう。600Wで1分加熱すれば、できあがりです。

温泉卵の作り方

温泉卵は、箸を入れると中からとろっと出てくる黄身が堪りません。大好きという方もいらっしゃるのではないでしょうか。難しいイメージのある温泉卵も、ポイントを押さえて簡単に作っちゃいましょう。

耐熱容器に卵を割りいれます。黄身に穴をあけ、たっぷりの水を静かに加えます。600Wで50秒ほど加熱し水を捨てれば完成です。目安は透明だった白身が白く変わること、30秒以降は様子を見ながら加熱しましょう。

ゆで卵はレンジで温められる!

ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵

いかがでしたか。今回は、電子レンジで作るゆで卵について詳しくご紹介しました。卵と電子レンジは危険な組み合わせとして知られていますが、コツさえつかめば便利に使えることがわかりました。

爆発を防ぐためには、その仕組みを知ることが重要です。卵に穴を開けたりアルミホイルで包んだり、たっぷりの水を張ったりと、ポイントを押さえて、手軽にゆで卵を美味しく頂きましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今回はゆで卵と電子レンジにスポットを当てましたが、もっと卵について知りたいという方には下記の記事がおすすめです。

卵の栄養や卵黄を使ったレシピ、半熟卵の基本の作り方や、アレンジレシピなどが詳しく載っています。これを機に、もっと卵に詳しくなりましょう。

Related

小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

小松菜の冷凍方法についてご紹介いたします。ほうれん草に比べて鉄分やカルシウムが豊富で、アクが少ない小松菜ですが、冷蔵庫で保存すると早い段階でしんなりしてしまうのが気がかりです。今回は生で冷凍する方法とゆでてから保存する2つの方法を説明しています。
料理
2019年03月08日
小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすを料理する際には、美味しく食べるために必ずアク抜きはするという人がいます。しかし、このなすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。なので、なすのアク抜きはする、しないの判断が必要になります。
料理
2019年01月26日
なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

ズッキーニは夏が旬の淡色野菜になります。外見からキュウリの仲間と誤解されがちですが、実はカボチャの仲間で、カロテンやビタミンCなどが豊富で栄養価も高い野菜です。今回はズッキーニの保存方法や保存期間、ズッキーニの活用レシピをご紹介します。
料理
2019年01月25日
ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

スーパーや魚屋さんで魚を買うときには「これを3匹ください」で注文が完了する魚ですが、本当は魚の形や大きさ、調理方法でそれぞれ数え方が違うのをご存知でしょうか。こちらでは魚の数え方について、関連する歴史や由来についても広く浅くご説明いたします。
料理
2019年01月26日
魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

おいしくてヘルシーな肉料理として人気のローストビーフの保存についてご紹介します。自家製ローストビーフは余ったときにどうすればいいか困ります。そんなときにローストビーフを上手に保存できるおすすめの保存法や、アレンジレシピをご紹介します。
料理
2019年01月26日
ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

食パンの賞味期限って意外と早くていつの間にか切れてしまってたり、食べきれなかったりということはないでしょうか。せっかく買った食パンを最後までおいしく食べきりたいものです。そんなあなたのために食パンの上手な保存方法と活用方法をご紹介します。
料理
2019年01月25日
賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

お米の水加減は分かっているようでなかなか難しいですが、こちらの記事を読むと米と水の割合を知ることができます。炊き込みご飯の水加減も同じく食感を左右するものなので、しっかりと水加減を覚えて美味しい炊き込みご飯にチャレンジしましょう。レシピも色々紹介しています。
料理
2019年01月25日
炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

パンを長持ちさせるポイントや、パンの賞味期限のことについて、ためになる情報をたくさんお届けします。他にもすぐにでも作りたくなるパンのレシピもたくさん紹介します。世界中で愛されているパンを美味しく食べるためにぜひ知っておいてください。
料理
2019年01月25日
パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

スープを作るときどうしてもたくさん作ってしまいませんか。そんなときは冷凍でストックしましょう。大量に作っても冷凍保存するだけでいつでも使うことができます。この記事では上手なスープのストック方や冷凍できるスープのレシピを紹介します。
料理
2019年01月25日
スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

油揚げは最も冷凍に適した食材です。冷蔵庫で腐らせるのはもったいないので、上手に冷凍して便利に使いきりましょう。油抜きは冷凍前後のどちらがいいのか、保存期間や油抜きの方法とコツ、お勧めの油揚げなど、美味しく体に良いレシピやマクロビ料理のコツもご紹介しています。
料理
2019年01月25日
油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは日持ちする食材ではありますが、いつまでも日持ちするわけではなく、保存状況によってはすぐに傷んでしまうこともあります。なので、傷んでしまう前に、じゃがいもを、より長く保存するためには冷凍保存をすることがオススメです。
料理
2019年01月25日
じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

にんにくは少量しか使わないことが多く余ってしまいがちです。にんにくは保存方法が主に3つあります。中でも長期保存が可能な冷凍がおすすめです。適切な冷凍保存方法を選べば、調理の手間が省けます。にんにくのレシピと併せてお読みになり、日々の料理にお役立て下さい。
料理
2019年01月26日
にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

冬のシーズンになると何となく恋しくなってくる料理の一つが鍋料理です。日本の冬の定番料理を土鍋で作ると美味しいです。今回はおすすめの人気な土鍋について12選をご紹介しつつ、土鍋で作れるおすすめな料理のレシピを5選お送りします。
料理
2019年01月26日
おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

生のままでも、すりおろしても、加熱調理しても食べることができる長芋。長芋は色々な料理に使うことができる、万能食材です。そんな長芋を長持ちさせるためにも、便利な冷凍保存の方法をご紹介いたします。また、冷凍長芋のアレンジレシピもご紹介いたします。
料理
2019年01月25日
長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

手軽に使うことができ、中華料理を作る時に欠かせない鶏ガラスープの素の特徴や、鶏ガラスープの素がない時に代用できるもの7つを紹介しています。また鶏ガラスープの素の代用品で作るレシピ5選や関連している記事も併せて紹介しています。
料理
2019年01月25日
鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

冷凍した切り干し大根を使って、バリエーション豊かなおかずを作ってみませんか。適切な方法で冷凍保存をしておけば水で戻す必要もなく、使いたいときにすぐに使える食材に変身させることができます。切り干し大根を便利に使える冷凍保存法を紹介しますので活用してみてください。
料理
2019年01月26日
切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ